ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
…さて、入院生活もまもなく1週間になります

で、昨日、地元で知り合いなったボクシングマニアのA氏より、たいへん貴重なる(^_^) 入院のお見舞いをいただきました…

それは…



{568F5558-8A92-4B9F-BA72-36E5DB27EB0F}




{A63E7A4C-4E44-4ED9-B321-EA5C4D85AB1C}




{36D7C0B9-49CE-4580-885F-90F9E2E26C13}




{6C8F2425-F77F-4215-94B5-5CCF7F1EFA2B}





{0128F711-1C3C-47B7-80DC-82323C579D14}






…懐かしのボクシングマガジンであります



で、なんと、その量ですが…





{2DE26A03-569F-47A3-BBF8-F20369543806}


…なんと段ボール箱 満載2箱であります


…ゔ


ここには書けませんが、A氏とはある共通の趣味を通じて知り合った背景ありまして、まぁ、驚きの出会い方をしております


なんとなく知り合って、ボクシングの話をしているうちに、なんとなく 気づいたらしく…


「あんた、まさか higege91 かいっ⁈」


…⁈


たまげました


僕はボクシングブログ書いてるなんて話はしてなかったのですが、どうにも、僕の言葉の端々から higege91 の 断片が出ていたらしいのですが…


さて、Aさん こんな貴重なるお見舞いいただき、ありがとうございました


退屈なる病床生活がこれで楽しくなりそうです


懐かしのボクシングマガジンでありますが、日本ボクシング史における、軽量級黄金期とも言える時代のものが多いですね


渡久地、川島、鬼塚、辰吉、ユーリ…



どうもありがとうございました



携帯更新

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{D86E8B02-E367-41F0-9807-2F9A863A912A}

…ボクシングマガジン  5月号 読みました

識者による、ロマゴン×シーサケット の採点 の再検証特集…

かなりたくさんの方々が寄稿されてますが…

ほとんど、みんな ロマゴンの 勝ち とみてますね〜

ただ、シーサケットの善戦は間違いないにしても、ロマゴンの明白なる負けを唱えた方はおいでにはならないですね

いやぁ、一体、何が起こったんでしょうか…?

不可解…

2-0 でしたが、まぁ、もう 終わってしまったことだけれど、いまなお、納得いかないなぁ

井上尚弥選手と無敗対決させたかった〜とみんな嘆いておりますが、まぁ、仕方がないですけど…

ただ、シーサケット2 の実現は確定的として、これの結果と内容次第で ロマゴンの評価もまた変わりますからね〜

さて、入院も5日目に入りました

身体がガチガチに固まってきて、痛くなってきましたね

ちょっと散歩したいね〜

携帯更新


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{EDE71856-F23F-4CA2-901A-145C94347B3D}

…泣ける

病床の一冊は キイス と ヘミングウェイ であります

読書なんて ついつい 敬遠 しちゃう時代になりました

インターネットの世界は無限にして、あらゆる分野に対応してますからね〜

あぁ、文庫本なんてずいぶんと捲っていなかったなぁ…なんて、恥ずかしながら感じ入りまして

お腹をいたわりながら、さて、今日も活字を味わいますかぁ

携帯更新
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
村田諒太、世界初挑戦のウラ話 金メダルから5年  デイリー新潮

> クラスきっての美少女は高嶺の花。そこで、そこそこイケてる娘にアプローチしたけど、キス直前で“ごめんなさい。好きな人ができたの”。でも、失恋の傷癒えぬ僕は、意外な形で出会った彼女と恋に落ち――なんて喩(たと)えは失礼だろうか。

 ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級2位の村田諒太(31)の世界初挑戦が決まった。5月20日に東京・有明コロシアムで、同級1位のアッサン・エンダム(33)と王座決定戦を行う。

 ボクシングライターの話。

「この階級でいま圧倒的に強いのは、3団体統一王者のゴロフキンですが、村田なぞ歯牙にもかけてくれません。そこで陣営は、WBO王者のサンダースに照準を絞り、昨春から交渉を重ねてきました」

 一旦は交渉成立寸前までこぎつけ、村田もサンダース対策の練習まで積んでいたというのだが、

「アメリカで大人気の現WBO世界スーパーウェルター級王者がミドル級に階級を上げるという話が持ち上がり、サンダースがそちらに変心してしまったのです」

 しかし、捨てる神あれば拾う神あり、である。

「ややこしい話なので詳細は省きますが、ゴロフキンが強すぎるおかげでWBA正規王座が空位となって、1位のエンダムと2位・村田との間で王座決定戦が催されることになったのです」

 しかも、本来は挑戦するべき立場にもかかわらず、ホームの有明で戦えるのだ。興行としてもこれほどオイシイことはない。その上、

「エンダムは、強豪ひしめくミドル級で1位を張る選手ですから強いには強いですが、35戦で既に2敗しているし、昨夏のリオ五輪に出場して1回戦負けを喫した。世界戦としてはくみしやすい相手と言えます」

 もっとも、

「村田も、プロ転向後12戦無敗を誇るとはいえ、これまで大した相手と戦っておらず、しかも凡戦ばかり。どれだけ強いのか、疑問の声も少なからず上がっているわけですが……」

 七転八倒のラブストーリー、はたしてその結末は? 



…こんな書き方されて、ムカつきますが、しかし、完全否定できない部分も無きにしも非ず

WBAの承認料かせぎに端を発した スーパー制度 の隙間に乗っかれた部分は確かに否定できないし、天下の最強チャンピオンであるゴロフキンが君臨する以上、この路線は致し方ないのはボクシング好きにしかわからないかぁ

かといって、井岡選手がお金を払ってロマゴンから逃亡した事実や、亀田兄弟が絶妙なマッチメイクを駆使して実績を残した事実と同列にしてもらうのは困る…

が、村田選手はその強さを認めさせるには、まずはエンダムに勝つことであり、そして、その先に待っているはずの真のビッグマッチにたどり着くことであります

実力を示すだけ

ただ、勝ち続けることでしか、こんな記事の嫌味な不毛を正すことはできないのであります

さぁ、燃え上がってきましたかっ⁈

村田よ、もっともっと、ぐつぐつ、ギラギラと、メラメラと、煮えたぎれよ、燃え上がれよ〜っ‼︎

携帯更新


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
…ただいま 午前4時13分

入院中の病室は4人部屋だ

僕を除いた3名はみな1人では用をたすことも、歩くこともできなくなってしまった老人の方々だ…

身体の自由は効かなくなっても、でも、意識や記憶はこの現実世界との接点を彷徨う

マサユキ、どこにいったんだ⁈

マサユキ、マサユキなんだろう⁈

マサユキ、お前は本当に変わったやつだな

…と、寝たきりの老人は叫ぶ

今はさっきも言った通り、午前4時だ

マサユキとは、その老人の息子に違いない…

さて、延々と マサユキ を大声で呼ばれては、とても寝つけない

マサユキ、いないじゃないかっ⁈

マサユキ〜っ‼︎

混濁と混乱…

僕はただただ、その老人の見たことのない息子の姿を想像するほかはない…

マサユキ〜っ‼︎

やがて、寝たきりの、別の2人の老人もうめき始める…

ぐ…

ゔ…

ぐぐぐ…

マサユキ〜っ‼︎





…眠れない

…本も読めない

…あぁ、お腹も痛くなってきた



マサユキ〜っ‼︎



今夜は眠れそうにない

…が、腹を立てても仕方がない

悪意はまったくないのだ





…しかし、とはいえ、毎晩毎晩、この現象に遭遇するとなると、これはこれで問題だなぁ〜


ただいま、午前4時30分…


まだマサユキさんは老人を夢の世界へ誘ってはくれない…


マサユキさんを呼び続けて、ついに疲れて眠り落ちてくれないと、たぶん、僕は眠れない…



まぁ、いいか



実家の両親のことを思い出すと、イライラも薄らぐ…



まぁ、いいか…


じきに眠れるさ



携帯更新


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊藤雅雪 TKO勝ちで初防衛に成功「キリッとしたボクシングができなくて不甲斐ない」スポニチ

> ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦(日本ボクシングコミッション未公認)は13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・伊藤雅雪(26=伴流)がロレンゾ・ビラヌエバ(31=フィリピン)に9回1分40秒TKO勝ちして初防衛に成功した。東洋太平洋同級王座も保持する伊藤は23戦21勝(10KO)1敗1分け。フィリピン同級2位のビラヌエバは35戦32勝(28KO)3敗となった。

 米合宿でサウスポー対策を十分に練ってきたという伊藤は2回、右カウンターで腰を落としたビラヌエバに左を当て、ダウンを奪う幸先良い立ち上がり。しかし3回、相手のパンチを右目に受けてから「ずっと二重に見えていてヤバい」と思わぬアクシデントに見舞われた。その後も右ストレートやアッパー、ボディーでダウン寸前まで追い込みながらも、「パンチが凄く硬くて、今までやった中で一番パンチがあった」ビラヌエバを攻めきれなかったが、9回に右ストレートで尻餅をつかせる2度目のダウン。さらに右カウンターで3度目のダウンを奪い、ノーカウントでレフェリーストップを呼び込んだ。「(目の異常を感じた時は)俺、こんなところで負けるのかと不安になったけど、気持ちで負けないように頑張った。最後は気持ちで右ストレートを振り抜いた。結果的に倒せて良かったが、キリッとしたボクシングができなくて不甲斐ない」と振り返った。

 控え室では右目を冷やしながら「ちょっと目が痛い」と明かした。それでも「年内に世界を獲りたい」と意欲的。WBO4位、IBF10位、WBC14位にランクされており「今年は大きい試合をやりたい。夏か秋、決まれば“オオッ”となるカードがあると聞いている」と話した。


…東洋太平洋と併せて二冠チャンピオンの伊藤選手、WBOアジアのタイトルの初防衛達成はTKOでしたかぁ

なかなか安定感出てきましたかな

ただ、同級日本チャンピオンの尾川選手の評価は高いですね

伊藤選手が勝てなかった元日本チャンピオンの内藤選手に2度勝ってますから、ぱっと見しちゃうとその評価はあちらに軍配上がっちゃう

ただ、チャンピオンになるとボクサーは段違いに強くなりますから伊藤選手も一戦ごとに変わっているはず

尾川×伊藤 も ゴールデンカードですが、それぞれ 世界が視野に入ってますから、それはさすがにないか…?

スーパーフェザー級は世界挑戦内定気味の三浦選手を筆頭に盛り上がってきましたなぁ

内山選手の進退も気になりますが、さて、どうなりますでしょうか?


さて、個人的な話題になりますが、入院2日目に入りますが、病院のベッドは非常にヒマであります

で、ついついテレビを観るのですが、これが高いっ‼︎

700分? 前後で 千円… 

これ、すぐになくなっちゃいます (´д`lll) 



なるべく持ってきた文庫本を読んで過ごします


携帯更新


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

内山高志の進退を13日にも話し合い 渡辺会長「色々候補ある」 スポーツ報知

 

>プロボクシング、ワタナベジムの渡辺均会長(67)は12日、所属する前WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(37)と13日にも進退について話し合いの場を持つことを明かした。

都内での東日本協会理事会後に「タイミングが合えば13日に話す予定。ノンタイトル戦をやってから世界戦などいろいろ候補はあるが(選手以外の)他の道も考えられる。よく話し合いたい」とした。また同門の元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(36)について会長は「(現役を)やるつもりだと思う」と話した。

 

…そうですねぇ

 

ぼちぼち決めないといかんのかもしれません

 

コラレス2から4か月半ですからねぇ

 

僕は年齢のこともあるし、もう充分かな? と感じる部分あるのですが、しかし、もったいないのかな? とも感じちゃう(汗)

 

ご本人はどう感じているのか、そこなんですよねぇ

 

どうするのでしょうか、現役続行ありますでしょうか?

 

可能性は半々くらいかなぁ?

 

そして、河野選手、現役続行っぽいって記事にありますねぇ

 

いやぁ、すごいですねぇ

 

もうやると断言されたら応援するしかないでしょっ⁉

 

さて、個人的な話題になっちゃうのですが、実は今日からちょいと 入院 します~

 

まぁ、ちょっと持病が悪くなる兆候ありまして、早めに対処って意味ですのでさほど深刻でもないのですが…

 

おとなしく読書でもしながら過ごしますよぉ

 

御愛読感謝

 

つづく

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【二十歳のころ 具志堅用高(1)】“世界”獲ってもとんかつ店でバイト…店主が僕を守ってくれたサンケイスポーツ

> 大型連載の第2回は、世界王座防衛13度の日本記録を持つプロボクシング元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏(61)=白井・具志堅スポーツジム会長=が登場。五輪を目指して沖縄から上京したはずがプロの世界に身を投じ、当時国内最速の9戦目、21歳で世界チャンピオンに上り詰めた。その過程には自らの努力はもちろん、“運命的”な巡り合いもあった。

 人との巡り合いというのは、つくづく大事だね。不思議なものだと思う。

 18歳(昭和49年)でプロ入りしてから22歳で5度目の防衛(昭和53年)をするまで、4年間お世話になったのが飯田橋(東京都千代田区)にあったとんかつ店の「ひろかわ」。僕のアルバイト先だ。店主の卯木(うき)照邦さんには、すごくよくしてもらった。

 店の近くのアパートに下宿しながら、昼の11時から午後3時くらいまで働いた。最初は皿洗いから始まり、出前もやった。とんかつも揚げられるようになったね。月給は4万円くらい。生活が派手じゃなかったから、それで十分だった。

 アパートの6畳一間には電話もテレビも、冷蔵庫も洗濯機もなかった。早起きしてロードワークして、アルバイトの後はジムで練習の毎日。本当にボクシング漬けだった。そんな生活でも、不満はなかったな。卯木さんはボクシングの経験はないけど剣道の達人だったから、僕の気持ちや立場をよく分かってくれていた。

 21歳で世界王者になってから、店にもいろいろな電話がかかってきた。中にはうさんくさい人もいたみたい。でも、卯木さんが全てシャットアウトしてくれた。「交通事故にでもあったら大変だ」と、“出前免除”にまでしてくれた。卯木さんのもとで働いていなかったら、ベルトは取れなかったかもしれない。

 アパートは2人住まいで、一緒に住んだのは新潟出身の6~7歳年上の人だった。彼にも助けられたよ。夜遊びなどせず、夜11時には就寝。誘惑なんか、入り込む隙間もなかった。ベルトを取った後も「女に気をつけろ」とか「お金を借りに来る人がいるから相手にするな」とか、何かと忠告してくれた。

 ある人に一度だけファイトマネーの80万円を貸したことがあったんだけど、返ってこなかった。「ああ、言われたことは本当だな」と思った。

 僕自身、努力も人一倍したという自負はあるけど、それだけでは世界王者にはなれないんだろうね。出会った人との運があるかないか。高校受験で地元の公立高に落ちてしまったとき、中学の担任の先生が興南高を勧めてくれなければボクシングをすることもなかった。選手にしても、どこのジムに入るかによってチャンピオンになれるかなれないかが変わってくる。

 プロ入りの時も、そう。巡り合いがなかったら、世界王者・具志堅用高はいなかった。上京した時は大学進学が決まっていたし、何よりも「オリンピックで金メダルを取る」ことが夢。プロになるつもりなんてなかったんだから。



…いまや、お茶の間を笑いの渦に巻き込む ヘンなおじさん と化している具志堅さんですが、我々のようなボクシングマニアにとっては 稀代のレジェンドであります

カンムリワシ …のニックネームは実に秀逸でありますなぁ

さて、そんな具志堅さんの愛弟子である比嘉選手がついに世界挑戦を果たしますが、WBCチャンピオンのエルナンデスは強いですなぁ

エキサイトマッチで王座戴冠試合見ましたら、まぁ、技巧派にして、しかし、チャンスとみるや一気呵成の猛連打っ

無敗のナワポーンが滅多打ち…

このナワポーンですが、かなりアグレッシブなファイタータイプでいいボクサーなんです

つまり、比嘉選手はナパポーンに若干似ていると言えなくもない

さぁ、どうなりますでしょうか?

さて、今日は内視鏡検査なんです〜



お尻からカメラが…


で、お腹の中をカメラが  クネクネ… と…



ぐぐぐ…




頑張りますっ


携帯更新
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尚弥‘二刀流‘で米へ殴り込む オーソドックス+サウスポー スポニチ

 

>ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が、24歳の目標に米進出を改めて掲げた。5度目の防衛戦を控え、10日の誕生日も横浜市内のジムで練習。9月に米国での試合オファーが届いており、「まずは5月だけど、次は米国。そういう話があると気持ちも高まる」と話した。

「具体的に話が来ていて(興行には)スーパーフライ級のトップ選手がほぼ出ると聞いている」と前WBC同級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア、帝拳)らと共演する可能性も明かした。

練習では弟の元東洋太平洋同級王者・拓真と12ラウンドのマスボクシングを実施。ラウンド中、左構えに再三スイッチしては右フックや左ストレートを披露した。相手を幻惑するためのスイッチではなく、「左ストレートで倒せたら」とオーソドックスとサウスポーの“二刀流”にも意欲を見せた。

11日からはアマチュアの元世界ユース銅メダリストでプロ7戦全勝のジェイド・ボーニー(フィリピン)とスパーリング。来週には下半身強化のため2度目の走り込み合宿も行う予定だ。

 

…さぁ、どんな勝ち方を見せてくれるのでしょうか?

 

ビックマッチの模索が今回は実を結ばなかったけれど、まぁ、焦ってはいけない

 

アメリカ進出は秒読み

 

確実に勝ち、着実にレベルアップすることを心掛けたいですなぁ

 

さて、私事ではございますが、急遽、明日、内視鏡検査になっちゃいました

 

今日は食事制限っ

 

御愛読感謝

 

つづく

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
>WBA世界S・バンタム級タイトルマッチが9日、エディオンアリーナ大阪で行われ、挑戦者8位の久保隼(真正)が王者ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)に11回5秒TKO勝ち。新チャンピオンに輝いた。
 
真正ジムは一時代を築いた3階級制覇王者、長谷川穂積が昨年引退。後継者世界チャンピオンを誕生させようと久保を世界戦の世界タイトルマッチを組んだ。

 

 身長で王者を大きく上回る久保は序盤から右ジャブで距離を取りつつ、攻めるときは左で攻めるボクシングを展開した。セルメニョの右スイングを警戒しながら、左を上下に打ち分けるあたりは落ち着いた試合運び。セルメニョは4回、ヒッティングで右目下をカットした。

 

 前半戦は久保が優勢に試合を運び、セルメニョは徐々にボディも効いてきた印象だ。しかし7回終了間際、セルメニョのワンツーが決まって久保がダウン。ここはゴングに救われたが、挑戦者がこの試合初めて大きなピンチを迎えた。

 

 久保はこのピンチをしのぐと冷静に立て直し、本来の距離を取ったボクシングを機能させ、セルメニョにダメージを与えていく。王者の右をもらうシーンもあるが、押しているのは久保だった。

 

 迎えた11回、セルメニョは開始ゴングに応じず、そのまま棄権。久保陣営はわけがわからず最初はきょとんとしていたが、主審が久保のTKO勝利を宣言して歓喜に包まれた。

 

 12勝9KOで無敗のままチャンピオンになった久保は「うれしいというより、今日勝ててほっとしている」と初々しいコメント。それでも戴冠早々にIBF王者の小國以載(角海老宝石)、WBC王者のレイ・バルガス(メキシコ)との対戦を希望するあたり、なかなか意欲的なチャンピオンの誕生だ。

 

 なおWBAのS・バンタム級はスーパー王者にギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)が君臨する。3度目の防衛に失敗したセルメニョは26勝15KO6敗1分1無効試合。

 
{415E93B1-A6AA-4CAB-AC5A-4C7D21EB9724}
 
久保選手、序盤は距離を残して打たせず打つを実践するも…

 

{8C3427A7-5BE3-40CC-82BB-DF45931D5F82}

 

古豪セルメニョは大味なる右を振るい続けて…

 

7Rには久保選手は右を喰ってダウンっ

 

…が、これを凌いで復活

 

そして、接戦の状況から残り2ラウンド…という11ラウンド開始直後、なんとチャンピオンはコーナーから出ずにグローブを外し始めてしまい…

 

 

{6275A8F5-4C25-4B12-9C72-B70CCAD19E4E}
 
WBA世界スーパーバンタム級新チャンピオン 久保隼~‼

 

 

{F9D6C6C4-E111-4CD2-A717-734E72CB8053}
 
…となったわけでありますが、内容はちょっと微妙~⁉
 
世界の冠を掲げるにはちょっと味の薄い内容だったかなぁ? と感じたのは僕だけではなかったかと思いますがいかがでしょうか?

 

37歳セルメニョの鈍さと諦めの良さも納得いかないし(11R終了時点で2者が1ポイントチャンピオンリードだった)、久保選手の踏ん張りは見応えあったものの、しかし、WBAスーパーバンタム級にはスーパーチャンピオンとしてギジェルモ・リゴンドーが存在していることを勘案すると、第2タイトルの位置づけにもなってしまうし、少し両手放しで万歳三唱とはいかない気持ちが残るのは確かだ

 

まさに、WBAスーパーバンタム級の歴代チャンピオンに李列理さんがおいでになりましたが、時のチャンピオンであったプーンサワットを後楽園ホールで攻略した一戦と比較してしまうと、やはり、李さんが成し遂げた達成感には及ばなかったと断じるのは、厳しすぎる見方かもしれない…が、あえて申し上げれば、それが僕の本意であります

 

これはWBAという老舗団体の拝金主義の弊害であるとも言えますが、リゴンドーこそが真のチャンピオンであることは事実であり、その破格の強さも確かなのでどうにもしっくりこない

 

久保選手、記事にもありますが、バルガスや小國選手らの他団体世界チャンピオンの名前を挙げてさらなる精進を誓ったそうですが、それ以前に、スーパーチャンピオンであるリゴンドーの名前を挙げるべきではないか? とはついつい考えてしまう

 

第2チャンピオン(正規という名の第2王座)…などと呼ばれることはもちろん不本意でありましょう

 

ぜひ、反骨精神を発揮して奮起していただければ、と思います

 

一般的には文字通りの「世界チャンピオン」でありますが、我々ボクシング好きにとってはまだまだ「これからの世界チャンピオン」であることは間違いありません

 

敢えて、申し上げます

 

久保隼選手よ、おめでとうございます

 

本物の、真の世界チャンピオンに早くなってくださいっ‼

 

でも、テレビ中継に登場したお父さんの喜びようは最高でしたなぁ

 

ああいう姿は本当に感動的であります

 

久保選手、確かにそのサウスポースタイルと距離感はなかなかのものでありましたが、思い切りのよい一発を打ち込む勇気と力強さがこれからの課題かもしれませんねぇ

 

また、オーソドックスの右をまともに喰いすぎてましたので、これの対策も課題でありましょう

 

でも、今、戦たっから小國選手の鋭さに軍配が上がりそうな気がしますが、こんな僕のイメージを覆す進化を果たしてくださいませっ‼

 

ちょっと、喜びに水を差すような書き方になってしまいましたが、おめでとうございましたっ

 

でも、セルメニョのおっさん、もうちょっと期待してましたぜ~‼

 

御愛読感謝

 

つづく

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。