ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

井上岳志が長濱陸を8回TKO、日本S・ウェルター級V1 BOXINGNEWS

 

>日本S・ウェルター級タイトルマッチが10日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のセミで行われ、王者の井上岳志(ワールドS)が挑戦者1位の長濱陸(白井・具志堅S)に8回1分52秒TKO勝ち。初防衛に成功した。

 

フィジカルの強い井上は低い姿勢からパワーパンチを打ち込むボクシング。2015年全日本ミドル級新人王の長濱は右ストレート、アッパーで井上を止めようとしたが、瞬間的なスピードとスキルでチャンピオンに一日の長があった。井上は接近してのボディブローとアッパーをダブルで打ち込むなど、序盤から試合を優位に進めた。

 

 中間距離を保てず、パンチをなかなか打てない長濱は4回にペースアップを試み、左ボディブローなどを決めるものの、形勢を変えることはできない。逆に井上が近距離でショートパンチ、ロングからフックを決め、長濱の左目下が腫れていく。5回終了時の採点は49-46×2、50-45で井上がリードした。

 

 試合が後半に入ると、井上がさらにピッチを上げ、長濱は追い込まれていく。粘る長濱に対し、井上は7回からKO狙い。8回、長濱をロープに追い込んで連打を決めたところでストップとなった。井上は11勝6KO1分。陣営は来年のチャンピオンカーニバル前にもう1試合はさむ方針。プロ初黒星の長濱は7勝3KO1敗1分。

 

…なるほど、初防衛戦とはいえ、アマチュア実績抜群のチャンピオンの技巧とパワーが挑戦者を痛めつけ続けた、という内容かな?

 

これ、無敗対決と言うことでしたが、最後はKOを奪いに行ったチャンピオンが貫録を見せつけたってことですが、井上選手、これは大物の香りがしますねぇ

 

歴代スーパーウェルター級日本チャンピオンのなかでも、かなりの上位に食い込んできそうな雰囲気漂わせてますなぁ

 

今後が楽しみっ

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。