ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

おはようございます

 

今日は朝から掃除、洗濯、と一生懸命励みまして…

 

さて、で、今、やっとパソコンを開いたところですが、まぁ、ウォード×コバレフ2の結果が出るまではボクシングネタは上がりそうにありませんねぇ

 

ってことで、今日の一曲でお茶を濁したいと思います(汗)

 

 

 

 

これ、物凄く色っぽい一曲だと思うんです

 

♬ メイク・ノー・ミステイク

 

ご存知、ローリングストーンズの名ギタリスト(名バッキング)であります、キースのソロデビューアルバムからの一曲であります

 

オヤジ・バラードにおける、まさに、珠玉の一曲だと思うわけです

 

どうです?

 

カッコいいですよねぇ

 

カッコよく歳をとる…っていうことの代表例の一つだと思います

 

NO ROCK NO LIFE っ‼

 

でありますなぁ

 

 

 

 

さらに大好きな一曲…

 

♬ テイク・イット・ソー・ハード

 

これ、キースの初ソロアルバムからの最初のシングル曲だったんですが、初めて聴いた時、やっぱりストーンズ・サウンドはキースの存在がどれだけ大きかったか?って感じたわけですが、でも、やっぱり、ミック・ジャガーのパフォーマンスと融合して初めてストーンズになりえるのだなぁ、と痛感した一曲わけですね

 

 

 

 

…うふふ ってことで、ミックのソロ作品も貼ります

 

♬ スロー・アウェイ

 

僕はこの曲好きなんですが、でも、、まぁ、ストーンズのブルージーな渋さはかけらもない

 

ミックは時代感覚が鋭いのだと思うわけですが、僕は好きだけれど、ソロ作品は不変な力強さは生まれなかったなぁ

 

そういう意味ではキースの方が普遍性を秘めている

 

つまり、ロックの王道をソロでも貫いている感じあります

 

ただ、アーティストとしての歴史的存在感はミックは史上ベスト3でありましょうなぁ(個人的なランキングですが)

 

ってことで、ふいに、大好きなキースとミックのネタでありました

 

貼り付けたどの曲も1980年代後半で、僕が高校生だった時かな?

 

いやぁ、懐かしいのう~

 

御愛読感謝

 

つづく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。