ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

ロマゴンまさかの初黒星 殿堂入りレフェリー「これはジャッジのミス」 スポニチ

 

>18日(日本時間19日)に行われたWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチでローマン・ゴンサレスはシーサケット・ソールンビサイとフルラウンドの激闘を演じた。初回にダウンを喫しながらも、さらに、偶然のバッティングで目尻をカットする不運に見舞われながらも、ゴンサレスが至近距離での打ち合いを制して初防衛に成功。試合終了直後は誰もがそう思った。

しかし、リングアナウンサーのマイケル・バッファーはスコアカードを読み上げた後、「New!」と新王者誕生のコール。聖地マディソンスクエアガーデンの観衆はゴンサレスのキャリア初黒星という結果にどよめいた。ジャッジのスコアは1者が113―113、2者が114―112でシーサケットを支持。この2―0の判定をどう見るか。多くのファンは首を傾げたことだろう。元レフェリーのジョー・コルテス氏(71)もそれは同じ。過去に数多くの世界戦を裁き、現在は解説者を務めるコルテス氏。予想だにしなかった番狂わせを次のように分析する。

「ゴンサレスの明らかな勝利であることは間違いない。自分の採点では6ポイント差でゴンサレスの勝利。3人のジャッジは私や観衆とは違った見方をしたのだろうが、彼らはミスを犯したと言えるね。思うにジャッジのポジションが良くない。これは私が言い続けていることだが、リングサイドの低い位置で試合を見ていると、有効なパンチを見逃してしまう。私はより高い位置で試合を観戦していたので、ゴンサレスの有効打はしっかりと見えていたよ」。

このコメントは米国のボクシングサイト「ファイトニューズ・ドットコム」が19日に掲載したもの。ジャッジの座る位置が試合の勝敗に影響を与えたというコルテス氏。これは現場を知る人物の興味深い意見だ。さらに殿堂入りの名レフェリーはゴンサレスにこのようなエールを送っている。

「実際には試合に勝利したのだから、ゴンサレスは落胆するべきではないね。シーサケットと再戦するべきだよ。ムハマド・アリを思い出してほしい。アリは初黒星の後も第一線で活躍し続けていた。私は今でもゴンサレスが全階級を通じて最強のボクサーであると考えているよ」。

 

…同感っ‼

 

僕もゴンザレスが追い上げ切った…っていうふうに見えましたけれどねぇ

 

いやぁ、ちょっと「?」な結果でありましたよ

 

…でもね、ロマゴンのスーパーフライ級王座戴冠戦であったクアドラス戦でありますが、逆に、あれはクアドラスの勝ちもあったかなぁ~? って思うところもありますので、本当に悔しいのでありますが、まぁ、「良いときも悪いときも」ってことで、あの日は追い風、今回は逆風ってことだったと思うと、まぁ、仕方がないかな~って割り切るしかないような気もしてきます

 

さぁ、しかし、ロマゴンの「商品価値」の暴落を指摘する声もありますが、しかし、ここから這い上がって欲しいですねぇ

 

敬虔なクリスチャンであり、非常に理性的なる歴史的名チャンピオンであることには変わらないわけですからね

 

スーパーフライはやっぱりしんどい…ってのは確かにあるかもしれない

 

いつかのノニト・ドネアもフライから始まってバンタムまではイケイケドンドンでしたが、スーパーバンタムからフェザーに上がった時にはさすがに相手の分厚さの前に苦しい場面が増えましたね

 

まぁ、パッキャオってのは超特別だったってことだったのですねぇ

 

ロマゴンの4階級制覇も十分すぎる実績でありますし、この逆境を機にさらに強くなる可能性ありますよ

 

王座返り咲きを大いに期待しております

 

僕は大好きですよ、ロマゴン

 

いつかの新井田豊戦は生観戦しましたが、あの迫力、あの的確さ、あの連打、あの重さ…は今なお鮮明であります

 

あの時、ロマゴンを見ていたどこかの観客の方の漏らした声が蘇ってまいります

 

-----あれはミニマムのパンチじゃない、あれはミドルのパンチだ…

 

いやぁ、復活せいよ、我らがロマゴンよぉ

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。