ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

亀田ジムから17日にも聴取…大毅世界戦混乱問題 スポーツ報知


>日本ボクシングコミッション(JBC)は16日、IBFスーパーフライ級王者の亀田大毅(亀田)が3日のIBF・WBA同級王座統一戦で試合後に規定の見解が覆り、負けながら王座保持となった問題で、一両日中に亀田ジム側から事情聴取を行うことを明らかにした。

 JBCは亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャー、興行主の亀田プロモーション社長でもある前WBA世界バンタム級王者・亀田興毅の3人の出席を求めているが、この日、亀田側から届いたメールに、そのうちの1人が欠席し、代理人の弁護士が聴取に応じるとの返答があったという。引き続き、3人全員の出席を要請する。

 聴取後はJBC内の協議を経て、今週末にも亀田側関係者への処分を含めた対応を取る見通しだ。また、東日本ボクシング協会はこの日、都内で定例理事会を行い、JBCの対応が決定するまではこの問題について事態を静観することを決めた。


…もう、本当にしつこくてすいませんが、この話題(汗)


だって、ボクシングを愛する者としたら、これって避けては通れないですよねぇ…


で、JBCの聴聞に亀田興選手が弁護士を立てて自身は立ち会わない的なニュースは昨日触れましたが、それじゃぁ納得できないのはJBC…


で、今朝のこの記事ですが、東日本ボクシング協会はこの問題を「静観の構え」…ってありますが、JBCだけが矢面に立って交戦している印象ありますが、この際、JPBAもズバッと批判していただかないと…


つまり、不正あるいは、かなりの理不尽が起きている可能性があるとして、そのJBCの追求に歩幅を合わせないと言うことは、亀田ジムとの間に、切っても切れない、何か巨大なる負の遺産があるんじゃないか…?なんて、僕は想像しちゃいます…


そんなことはない…と思いたいですが、結果的に、協会はなんだかんだと亀田兄弟に関して、これまで「大目に見てきて」しまった過去は否定できませんしねぇ…


さて、今日にも聴聞…なんて記事もありますし、亀田興選手はちゃんと出向くのでしょうかねぇ?


まぁ、社長…と名乗っている以上、不通ならば対応せねばならないはずですが…


仕事に励みますっ


御愛読感謝


つづく





PR
いいね!した人  |  コメント(17)

[PR]気になるキーワード