ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
1999年 11月号のボクシングマガジン より

{6F7764C7-F14F-425F-8213-9E68B50ACF48}



当時、WBCフライ級チャンピオンだったパッキャオは減量失敗で王座剥奪された上、メッグンにKO負けを喫したのですなぁ

あぁ、しかし、後のパッキャオが全世界のスーパースターとなるとは、この時点では誰一人想像できなかったんだろうなぁ

いやいや、わからんもんだなぁ〜

わからんもんだ…

携帯更新


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
おはようございます 

またまた病床から懐かしのボクシングマガジンを開いてのあれこれ…

日本のボクシングファンが もっとも感動した世界タイトルマッチのひとつだと挙げるのは、やっぱりこれですかね〜〜?

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

チャンピオン シリモンコン・ナコントンパークビュー

×

辰吉丈一郎


{8EC04D20-7687-4FF5-993B-519EC43BEC2C}



1997年 1月号のボクシングマガジン



{EC650971-9BED-423F-89B3-8D7D2B2171D4}


タイからやってきた無敗の若き天才 シリモンコン 有利の下馬評を覆した辰吉さんの闘魂は壮絶でしたね〜〜

あのボディブロー…


{4BEF803C-1339-4899-9580-11D7FAF3B616}


あぁ、あの興奮は日本プロボクシング史上 最高の極致の一つかもしれないですね


{1BD39F98-C82A-4AE6-8D51-1123B705D397}

これ、最終決着した7ラウンドの約2分間を見るだけでも鳥肌ですなぁ

まさに 文字通りの 紙一重 の勝負でした…

効いていたのは辰吉さんで、まだ、余力を残していそうなのはチャンピオンのシリモンコン

が、半ば意識もまどろんでいそうな辰吉さんの、執念の、奇蹟の左ボディブローが突き刺さって…





凄い試合だったなぁ〜〜〜

まさに、神話 伝説 の 一戦でしたなぁ

次は…

1987年9月号のボクシングマガジンから…



{35EA6CA6-37B9-46A8-83CB-D233D9205C8B}


我らが浜田さんの王座陥落の記事かぁ


{0202BD3F-0EB9-426A-A26D-1089C3884FF3}

両国国技館で浜田さんがアルレドンドをわずか1ラウンドでぶっ倒した時、僕は15歳でした (^_^)

{4E061301-F1D8-49F6-82F8-D4A5EFC27820}

浜田さん、初防衛は果たすも、アルレドンドとのリマッチでは壮絶な最期を遂げるのですよね〜

浜田さんといえば強打者過ぎるゆえの 拳の骨折 との戦いが有名ですなぁ

怪我をしてしまった間、サウスポーの浜田さんは残った右を延々と淡々と磨き続けたのですよね〜

いゃ、男は黙ってサッポロビール じゃないけど(古過ぎて通じないか?) 、浜田さんには高倉健的なる昭和男のダンディズムがバリバリに溢れてます

あの立派な もみあげ …

さらに あの 胸毛 …

いやぁ、当時 ちょっと毛深いだけで 浜田 だ 浜田みたいだ …って感じでよく悪ふざけしたなぁ〜

あ、浜田さん すいません ^^;

でもね、本当にこの頃の世界チャンピオンは国民のヒーローだったんですよ 今以上に…

だから誰でも知ってるし、知らない人はほとんどいなかったです

世界タイトルマッチは一家揃ってお茶の間観戦ってのが日常だった感じありますよ

具志堅さんのタイトルマッチなんか本当にそうでした

あ、輪島さんもそうだったと思いますが、ちょっと幼過ぎて記憶ないです ^^;

さて、記事の話題に戻りますが、浜田さんの陥落は本当に悔しかったなぁ

悔しいから貼り付ける動画は浜田さんがアルレドンドを痛快にぶっ倒した3分間にしますわっ(^_^)




で、悔しい繋がり…

あぁ、これも悔しかったなぁ

{B3236266-F66F-4428-93AC-EC4916C7C6CA}

1997年9月号のボクシングマガジン…

WBC世界ライト級タイトルマッチ

チャンピオン スティーブ・ジョンストン

×

挑戦者 坂本博之

{4FF60104-5546-4522-AAF3-829ADB37127A}


平成のKOキング こと 坂本さんの世界初挑戦はアメリカの技巧派チャンピオンのジョンストンでしたね


{B74849AC-359E-41B5-866C-78148E2C7FF1}

この一戦はあまり名勝負としては語られないけれど、僕はとても印象深い…

それというのも、テレビの前で フルラウンド ずーっと坂本さんのパンチが当たるように祈り続けたながら 拳を握り 歯ぎしり し続けたわけです

当たらない

打てども打てども当たらない…

いやぁ、スーパーストレス たまりまくりました (^_^)

坂本さんといえば 孤児院出身の苦労人で、その背景も有名ですが、僕がボクシングを物凄く好きになったのは坂本さんを知ったからと言っても過言ではないのです

なんせ、僕の後楽園ホール初観戦は坂本さんメインの角海老興行でしたし

坂本さんがまだ日本チャンピオンになる前だったかなぁ〜?

東洋ランカーの外国選手を倒していたような…

まぁ、とにかく、僕は とにかく 坂本さんに 世界チャンピオンになって欲しかったわけっ

いやぁ、4度 の チャンスがありましたがダメでしたね

ジョンストン、 バサン 、セラノ、そして、これも伝説となっている畑山さんとの一戦…






坂本さんのKO集 貼らせていただきます

本当に熱いボクサーでしたぁ〜

って、今も 熱い方ですよね

さまざまな施設を積極的に回られて子供たちのために頑張られてますね

さて、入院生活は9日目…

ですが、もう退院できそう

まもなくだな

携帯更新



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。