ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

PICT0138
ああ、己が拳2つのみで戦うスポーツ… 『拳闘』、またの名を『ボクシング』…
  後楽園ホール病の三十路男が探求するのは、その闘いの源泉たるボクサーたちの心の中… 
さらに、その死闘の渦中へとリング外から飛び込もうとする無謀な試みブログ…
管理人へのメッセージはこちら higege92@yahoo.co.jp

NEW !
テーマ:


西新宿にある、もうやんカレー、食べちゃいました…

ランチバイキングは¥1050で食べ放題…

食い過ぎた…

もう仕事にならない…

すんません…

ボクシングネタ、書けないかも…




しかし、このカレーは美味いなぁ…

僕はチキンが大好きですっ

あぁ、しょうもない更新ですいませんっ

満腹過ぎるBGMはなぜか、ザ・バンドのミュージック・フロム・ビック・ピンクっ
PR
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

村田、9・5メキシコ王者とプロ5戦目 日刊スポーツ


>ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダルで、WBC同級11位の村田諒太(28=三迫)が、9月5日に東京・代々木第2体育館で、メキシコ同級王者アドリアン・ルナ(24=メキシコ)とのプロ5戦目に臨むことが24日、発表された。

 都内のジムで会見した村田は「相手はまとまっている印象。左フックが得意なのかなと思った。強いと思うが、つまずく相手ではない」と力強く話した。試合は、WBC世界フライ級王者・八重樫東、同ライトフライ級王者・井上尚弥(ともに大橋)と同じ興業となる。豪華な顔ぶれに「尚弥、八重樫さん、(八重樫と戦う)ローマン・ゴンザレスの輝きに負けない試合をしたい」と意気込んだ。


…お疲れさまです


仕事で一瞬だけPCを開けたので即行更新しますっ


へぇ、村田選手、次はメキシコナショナルチャンピオンが相手ですかぁ…?


強そうですねぇ


相手は階級下ではなくてミドル級みたいだから、まぁ、これは楽しみな一戦ですねぇ


さらに、「八重樫×ゴンザレス」&「井上初防衛戦」と同じ興行ってことで、これは一粒で3度もおいしいですねぇ


ちょーっと行けるか分からなかったのでチケットはまだ手に入れてないのですが、行きたいなぁ…


やはり、「八重樫×ロマゴン」の緊張感たるや半端じゃないだろうしなぁ…


あぁ


うぅ


ぐむむ…


あ、話は戻りますが、村田選手、このあたりのクラスとなれば苦戦も充分ありえますが、しかし、世界と言うなら圧倒したいですよねぇ


さて、お手並み拝見!!!


御愛読感謝


つづく

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
以下はスポーツ報知より抜粋…

荒川「ホッ」446日ぶり勝利!再起戦で元王者対決制した

◆報知新聞社後援 プロボクシング「ダイナミックグローブ」 ▽10回戦 ○荒川仁人(判定 3―0)近藤明広●(23日、東京・後楽園ホール)

 元東洋太平洋・日本ライト級王者でWBC世界同級10位の荒川仁人(32)=八王子中屋=が、446日ぶりの白星で再起戦を飾った。元チャンピオン対決となった元日本同級王者の近藤明広(29)=一力=との10回戦で、3―0の判定勝ち。今年3月に米ラスベガスで元世界2階級制覇のホルヘ・リナレス(帝拳、ベネズエラ)に敗れて以来の試合で健在をアピール。荒川の戦績は25勝(16KO)4敗1分け、近藤は19勝(8KO)4敗1分けとなった。

…荒川選手、近藤選手に勝ちましたかっ

これで世界戦線生き残り…ですかね?

でも、近藤選手も好きなボクサーだけに複雑ですが、勝者が眩い光を浴びるがプロボクシングの必然…

いや、敗れても素晴らしいファイトをみせればチャンスが広がるがプロボクシング…

荒川選手は2連敗を喫してますが、アメリカの地で確かに評価を高めましたからね…

荒川選手、再起おめでとうございますっ

近藤選手、復活を期待しておりますっ

取り急ぎの、携帯更新

あ、日本ライト級チャンピオンの加藤選手、V7達成おめでとうございますっ

あ、仕事仕事っ

仕事に戻らにゃ
PR
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
以下はデイリースポーツより抜粋…

大竹氏、方向性の違いで亀田ジムを退職…関係者「亀田ファミリーに大竹さんは猫に小判だったね」

 ボクシングの元3階級王者・亀田興毅(27)の復帰に向け尽力していた大竹重幸氏(56)が20日までに亀田ジムを退職した。

 大竹氏は「(復帰を巡る)方向性の違いで離れることになりました。興毅君には『お世話になりました』と言ってもらった。ぜひ4階級王者を目指してほしい」と話した。

 元協栄ジムで佐藤修、坂田健史ら世界チャンピンオンを育てた実績を買われ、亀田ジムから新会長候補として擁立された。実績、人柄ともに申し分ないことから、一時は「大竹会長」での出直しが有力視されたものの、東日本ボクシング協会理事会から「首のすげ替えだけでは認められない」と却下された。

 同理事会は興毅らの復帰条件を事実上「移籍」に限定。大竹氏は、まずWBAから指名されている同スーパーフライ級王者・河野公平(ワタナベ)戦を実現するため、自らのパイプで移籍先を探り、下交渉も進めていた。

 ところが7月4日、大竹氏が所用で日本を離れている間に興毅が「UNITEDジム」(三好渥義会長)と移籍話をまとめ、一方的に発表。寝耳に水の事態が大竹氏にはこたえたようだ。

 あるジム関係者は「亀田ファミリーに大竹さんは猫に小判だったね」とつぶやいた。

…亀田三兄弟に大竹さんは猫に小判、とは、なんとも的を得た表現ですね

やはり火中の栗は拾うべからず…であります

ただ、大竹さんほどの実績と人望があっても協栄ジムから離れなくちゃならなかった真相はわかりませんが、とにかく、何か、世知辛い印象残りますねぇ…

しかし、恩人に寝耳に水の仕打ちとは、さすがの亀田三兄弟…

まさに、恩を仇で返す…とはこのことでありますな

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(14)

テーマ:


眼下に広がる大東京…

ふいに、思考が巡る…

この世界とはなんぞや…?

果たして、僕は本当に存在しているのか…?

存在とはなんぞや…?

果たして、僕は本当に生きているのか…?

生きるとはなんぞや…?






ぐぐぐぐぐっ…





かなり疲れてます(涙)

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今月号のボクシングビート誌の、興味深い記事…

クラシック6階級による国内ランキング…



お、井岡選手より井上選手の方が上位ですか…⁈

個人的には納得…



バンタム級は山中選手最強に異議なしっ

あ、でも、亀田三兄弟の順番、面白いですな…

三男→次男→長男…という評価なんですね(笑)

まあ、最近の試合振りからしたらそれが妥当かな…

でも、戸部選手の方が亀田興選手より低評価は違和感あるかな…?

日曜日も仕事っ

明日の祝日も仕事三昧っ

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


美味い美味い…

マジで、美味い美味い…

が、気持ちは晴れない…

なぜなら、元日本ライト級チャンピオン対決となる荒川×近藤も、東洋太平洋スーパーライト級チャンピオンの小原選手に元日本スーパーライト級チャンピオンの岩渕選手が挑む一戦も生観戦できないから、どんだけ美味い美味い冷やし中華を食べても気は晴れないのであります…

ううむ

美味い、これは美味いっ

…って激情が盛り上がるわけですが、不意に、あぁ、生観戦は無理…と我に返るとガッカリしちゃうわけであります

どんだけ美味くとも、気が晴れない…

働かざる者、食うべからず…であります

…が、それにしても、切ないなぁ

チャンピオンにまで登りつめた拳士たちの、自身のボクサー人生を賭した勝負の一戦が観れないなんて、切ないよなぁ…

ううむ

ぐぐぐぐぐっ…

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
以下、時事通信より抜粋…

帝里、王座獲得ならず=テテに判定負け―IBF・Sフライ級

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級王座決定戦12回戦は18日、神戸市の神戸ポートピアホテルで行われ、同級6位の帝里木下(千里馬神戸)は同1位のゾラニ・テテ(南アフリカ)に0―3の判定で敗れ、王座獲得はならなかった。
 帝里は序盤から右ジャブを浴び続けて劣勢に回り、反撃もなく最後まで決め手を欠いた。判定は、ジャッジ3人全員が8点差以上をつける大差となった。

…そうですか

ホームアドバンテージは活かせなんだか…

残念でした…

先ずは休養してください

テテ、パワーあったのかな、やっぱし…

取り急ぎの、携帯更新
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード