ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

PICT0138
ああ、己が拳2つのみで戦うスポーツ… 『拳闘』、またの名を『ボクシング』…
  後楽園ホール病の三十路男が探求するのは、その闘いの源泉たるボクサーたちの心の中… 
さらに、その死闘の渦中へとリング外から飛び込もうとする無謀な試みブログ…
管理人へのメッセージはこちら higege92@yahoo.co.jp

NEW !
テーマ:
{655FD3BD-8433-4F4E-87AD-9AE0C5E2F068}

なんだか、孤独を感じる風景だなぁ〜

今日はいろいろ微妙な1日だったなぁ〜

誰もいないホームで、ジャブを放つ真似事をする




…僕は右構えのサウスポーなんです(笑)




携帯更新

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
伊藤、2度目の防衛もファンに謝罪「ひどい試合をしてしまった」 スポーツ報知

>東洋太平洋スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(25)=伴流=が2度目の防衛に成功した。挑戦者で同級15位のアーニー・サンチェス(24)=フィリピン=に11回1分32秒TKO勝ちをおさめた。伊藤の戦績は19勝(9KO)1敗1分け、サンチェスは15勝(6KO)8敗1分けとなった。

 伊藤は初回から積極的に攻めた。鋭いジャブや右ストレート攻め立てた。4回終了時のジャッジは2者が40―36、1者が40―37でいずれも伊藤を支持。サンチェスが相打ち覚悟で振り回し、伊藤の顔面をとらえる場面もあった。だが王者有利は変わらず、8回終了時は80―72、80―73、79―73でリードを広げた。

 迎えた11回、伊藤が左ボディーを効かせて連打。するとレフェリーがストップを宣告した。伊藤はなかなか仕留めきれなかったことに「ひどい試合をしてしまった。すいません」とリング上で頭を下げた。「イメージしていた展開と違った。良くない試合だった。もっとアピールしたかった」と反省モード。それでも夢の世界へ「色んな方々とスパーリングをしても、世界に通用するのは分かっている。世界には必ず行けると思っているので、来年には絶対挑戦したい」と気合十分だった。

…ちょっと時間がかかってしまったけれど、はい、きっちり倒しましたぜ、ってな感じでしょうか?

おめでとうございます

でも、今、内藤律樹選手ともう一度戦わば、果たして、どんな結果になるのでしょうかね?

あるいは、日本チャンピオンの尾川選手と戦わば・・・

かつては、東洋太平洋タイトルの方が日本タイトルよりも格上ってな風潮ありましたが、今はそうでもないといいますか、見る側も、その強さを評価して決める時代になりましたね

すなわち、伊藤×尾川×内藤…ならば?




う~ん



わからん




国内スーパーフェザー級といえば、そりゃぁ、内山選手に三浦選手の元世界チャンピオンコンビが存在しますから、先の国内実力者3人衆は第2グループなんですよね~?

贅沢っ

でも、内藤選手って完全にライト級に移動しちゃったのかな?

どうだったけな?

まぁ、でも、見たいね

この3人衆の戦い、その三つ巴をね~

御愛読感謝

つづく
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊藤、速攻KO宣言!「左鍛えて」レベルアップ サンケイ

プロボクシング・東洋太平洋Sフェザー級タイトルマッチ(28日、東京・後楽園ホール)前日計量が27日、東京都内で行われ、王者の伊藤雅雪(25)=伴流=はリミットの58・9キロで一発クリア。同級15位のアーニー・サンチェス(24)=フィリピン=は40分後の再計量でリミットちょうどでパスした。
 計量失敗で苦しむ挑戦者を尻目に、一発でクリアした伊藤は「世界が近づいている。スリリングな試合を心がけて早い段階で倒せるようにしたい」と力強く話した。
 試合に飢えていた。昨年12月のV1戦直前に右手首のじん帯を損傷。ドクターストップを振り切ってリングに立ち、ベルトを守ったが、代償は大きかった。再発を繰り返し、4月のV2戦が延期になった。
 世界挑戦を実現させるため、大きな決断を下した。5月に約3年務めた「エスパック」を退社。空いた時間を患部の治療とケアに費やし、半年以上も苦しんだ故障が完治した。「右が使えない間、左を鍛えてパンチのパワー、精度が増した。自信がある」。“けがの功名”でレベルアップした伊藤が、V2戦を世界への足掛かりにする。

…さぁ、サンチェスは再計量でギリギリのパスだったとするならば、勝機は余計に高まっているような気がしますが、まぁ、油断は禁物ということですね

伊藤選手、その逸材ぶりは承知の事実でありますが、その伊藤選手を破った前の同級日本チャンピオンの内藤選手が尾川選手に敗れる波乱がありまして、また、世界チャンピオンとして日本ボクシング界を牽引してきた内山選手と三浦選手が世界王座からそれぞれ陥落…ということで、新旧実力者の活躍と転倒が目まぐるしい展開ですねぇ

伊藤選手、ここは世界に向けて頭一つ抜け出したいところですが、しかし、先の元チャンピオンたちとの国内最強対決をクリアしてから世界へ挑んでほしい気もしますが、まぁ、それは酷ということか?

ならば、東洋太平洋の防衛戦は圧倒的な勝ち方…を見せねばボクシングファンは納得せんでしょうねぇ

スーパーフェザーは群雄割拠ですので、ここはど派手に頼みますぜ

話はずれますが、まぁ、返す返すも世界ランカーの仲村正男さんの突然の引退は本当に残念でしたが、余計に伊藤選手の活躍と才能には大いに期待が集まりますね

セミには元日本スーパーフライ級チャンピオンの戸部選手が登場、敵地で(南アフリカ?だっけか)WBAの地域タイトルを奪取しての復活ですから、まぁ、期待値大きいですぜ

日本チャンピオンの石田選手がタイトル返上しちゃいましたから、王座決定戦のチャンスが到来する可能性ありますよね?

こちらも、その、勝ち方に注目ですな

御愛読感謝

つづく



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{22CEBC60-3348-4449-90DC-47095FA0C537}

ロマゴン×クアドラス…

あぁ、実現するんだなぁ〜

これも、夢のカードだよなぁ

いやね、僕はこれ、どっちもあると思ってるのよ

無敗対決だけれど、4階級目となるロマゴンと、ナチュラル階級のクアドラス…

距離と体躯でクアドラス優位、潜って打ち合ったらロマゴン…?

いや、打ち合ってもクアドラス優位かもよ〜

パワーだってクアドラス優位の線が強いでしょう⁉︎

う〜ん

じゃあ、パウンド・フォー・パウンドのロマゴンが優位なポイントってどこなのよ⁉︎

…ん、尋常ならざるなる当て感と重いコンビネーションか?

しかし、クアドラスは速射連打の技巧派、打ち合いに付き合いはしませんぜ、たぶん…

んから

いやぁ

どうなるかなぁ…?

でも、本当に戦うんだよなぁ⁉︎

いやぁ、本当に楽しみっ‼︎

で、これに絡みますぜ、日本の至宝、井上尚弥選手がっ‼︎

燃えちゃうなぁ

携帯更新


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
林翔太と上野則之で日本フェザー級王座決定戦 BOXINGNEWS

>日本ボクシングコミッションは日本フェザー級1位の林翔太(畑中)と同級7位の上野則之(RK蒲田)による王座決定戦を承認した。決定戦はIBF世界同級挑戦者決定戦に出場する細野悟(大橋)の王座返上によるもの。7位の上野の出場は、3月28日に細野が福原力也(ワタナベ)と防衛戦を行う時点で、勝者が上野と対戦することが大橋、ワタナベ両ジムで確認されていたため。27勝17KO5敗1分の林はタイトル初挑戦。18勝5KO13敗5分の上野はOPF1度、日本タイトル3度の挑戦経験があり、2012年9月にOPBF王者の大沢宏晋(ロマンサ雅)に挑戦して以来のタイトル戦となる。また、決定戦の勝者は3ヶ月以内に3位の元WBA世界S・バンタム級チャンピオン下田昭文(帝拳)と対戦を義務付けられた。


…こうきましたかぁ

いやぁ、上野選手、なんと息の長いフェザー級でしょうか⁉

石の上にも…じゃありませんが、ずーっと戦い続けていると、こうしてまたチャンスが巡ってくるんですねぇ

個人的には確か、当時、松田直樹さんがチャンピオンだった時の日本のタイトルマッチに挑んだ時だったかなぁ、物凄い激闘だった記憶あります

実にしぶとくて、キレのあるボクシングでしたね

しかし、まだチャンピオンにはなれてないんですよね

また、そんな上野選手と戦う林選手にとっても大チャンスでありますなぁ

前チャンピオンの細野選手、日本では頭一つ抜けてましたから、これを攻略すすrのは難しかった…が、王座決定戦となるとこれはまたとない大チャンスでありますな

勝ったらチャンピオンの両者、まさに、「死にもの狂い」の一戦になりますなぁ

そして、これに勝った新チャンピオンは元世界チャンピオンの下田選手と戦うことを義務付けられた、とありますなぁ

いやぁ、下田選手、細野選手にこそ接戦で敗れましたが、もう一花咲かせてほしいですな

これは嬉しい指名戦ですな

ぐぬぬぬぬっ

こりゃぁ、ベテランたちの「死にもの狂い」に、思わず萌えちゃう展開が待っていそうだっ

石田匠が日本王座返上、荒川仁人が塚田祐介とV1戦 BOXINGNEWS

>日本S・フライ級チャンピオンの石田匠(井岡)が22日付けで5度防衛していた同王座を返上。スタイリッシュなボクシングでデビューから22勝11KO無敗の石田はWBA同級2位、WBC6位、IBF5位、WBO6位につけており、今後は世界挑戦に照準を絞る。現在、日本ランキング1位は中川健太(レイスポーツ)で2位は翁長吾央(大橋)。翁長は8月2日、沖縄でOPBF同級王座への挑戦が決まっている。3位は船井龍一(ワタナベ)。

日本ライト級王者の荒川仁人(ワタナベ)が9月24日、後楽園ホールの「DANGAN166」で同級7位の塚田祐介(吉祥寺鉄拳8)と初防衛戦を行う。これまで日本、OPBF王座を獲得してきた34歳のベテラン荒川(27勝16KO6敗1分)は4月、京都で徳永幸大(ウォズ)を下して2度目の日本王座を獲得。8勝3KO5敗の27歳、塚田はタイトル初挑戦。


…おっ

石田選手も王座返上ですか?

こちらも王座決定戦発動ですね

そして、激闘辞さぬ技巧派ベテランサウスポー、荒川選手、初防衛戦ですかぁ

どうなるかなぁ~?

御愛読感謝

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
岡田博喜、5度目防衛もKO逃し「自分にガッカリ」 日刊スポーツ

>王者岡田博喜(26=角海老宝石)が5度目の防衛に成功した。

 初挑戦の同級3位青木クリスチャーノ(27=駿河)を迎え撃ち、9回にバッティングで青木が前頭部をカットでドクターストップ。9回51秒負傷判定となったが、3~4ポイント差の3-0で勝利した。

 岡田は初回から右ストレートや左ボディーなどで確実にポイントは奪ったが、体を大きく振りながら出てくる相手にてこずった。6回にはバッティングで左まぶたをカット。「やりづらかった。体を素人のように振ってきて、ジャブが当たらなかった。頭も痛くて」。デビューから13連勝となったが4連続KO防衛は逃した。「もう少しうまくやりたかった。サイドに動くとか、終わって思う。自分にガッカリした」と喜びはほとんどなかった。


…岡田選手、初回にいきなり右拳を痛めたそうですが、まぁ、しんどい展開も、しかし、きっちりポイントはものにしたそうで、さすがの一言ですね

非常にまとまりのよい、バランスの良いチャンピオンですよねぇ

安定感抜群ですなぁ

世界挑戦直前と言われる小原選手(元日本&東洋太平洋同級チャンピオン)とついつい比較したくなりますが、まぁ、個人的にはパワーで小原選手、コンパクトさで岡田選手とみてますが、いざ、戦わば互角かなぁ~って思ってます

どうですか?

今後が楽しみですね

高山樹延、王座統一できず「ひどいボクシング」 日刊スポーツ

>暫定王者高山樹延(30=角海老宝石)が王座統一に失敗した。V2戦となる正規王者ジャック・ブルベイカー(24=オーストラリア)との対戦で、終始ペースを取られて、11回にダウンを奪うも1-2で判定負けした。

 初回からジャブ、右フックで先手をとられた。4回の公開採点は1-1も、流れは変わらずに反撃も単発に終わる。右まぶたをカットし、8回の採点では1-2とリードされた。9回には鼻血を出し、10回には棒立ちになる場面も。劣勢も相手のスタミナが切れ、11回右アッパーでダウンを奪った。しかし、最終12回もあまり手が出ず、逆転はならなかった。

 終始相手に先手をとられて守勢に回った。ガードをしながらも、リーチのある右の大振りフックを何十発も食った。「効いてはいなかったが、集中力を切らされた。あれよあれよという間に終わった。ポイントを取られているのは分かっていたのに。ひどいボクシング。打ちにいくと返され、お釣りをもらってペースダウンした。見ていた人も歯がゆかったのでは」と完敗を認めた。

 サバサバした表情だったが、途中で涙が落ちた。鈴木会長は「10回は止めようかと思った。11回もぐらっとしたらタオルを投げるつもりだった。よく盛り返した」と感心した。しかし、プロデビューした記念日に、5年ぶりの黒星で2敗目となり、王座からも陥落となった。


…かなりのピンチがあったものの、しかし、ギリギリの可能性を残す、非常にきわどい内容だったようですねぇ

ダウンを奪うも、しかし、TKO負け寸前の状態にも陥った、と

判定こそ1-2ですが、しかし、これが中立あるいは敵地だったら判定はブルベイカーのユナニマスだったのかもな?

執念の激闘も及ばず…ということで、非常に残念ですが、また、再起していただきたいね

国内ウェルター級代表であることに変わりはないのですからね

御愛読感謝

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
村田諒太 ラスベガスで1回TKO勝ち 初の世界挑戦へ強烈アピール スポニチ

>ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBC同級4位の村田諒太(30=帝拳)が23日(日本時間24日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでプロ11戦目となる73・4キロ契約10回戦に臨み、元WBC米大陸同級王者のジョージ・タドニッパ(37=米国)に自身プロ最短となる1回1分52秒TKO勝ちを収め、プロデビューから11連勝(8KO)とした。タドニッパは42戦34勝(24KO)3敗3分け1無効試合1無判定試合。

 村田がラスベガスで試合をするのは不完全燃焼の判定勝ちに終わった昨年11月以来2度目。前回の会場はトーマス&マックセンターだったが、今回はWBO・WBC世界スーパーライト級王座統一戦、テレンス・クロフォード(28=米国)―ビクトル・ポストル(32=ウクライナ)の前座として、昨年5月のフロイド・メイウェザー―マニー・パッキャオなど数々の名勝負が行われてきた名門MGMのリングに上がった。

 うっすらとひげを伸ばした村田は笑顔こそ封印したものの、会場内を見渡す余裕をのぞかせながら入場。1ラウンド、いきなり前進して手数を出してきたタドニッパの攻撃をブロックで冷静に防ぎ、鋭いワンツーで相手を後退させると、右ストレートから返しの左ボディーでダウンを奪った。さらに起き上がった相手をコーナーに追い詰め、右の打ち下ろしから左ボディー2発で相手の膝を折り、ここから右を5発打ち込んだ時点でレフェリーが試合を止めた。武器の右ストレートの他に「左フックで倒すイメージはまだないけど、左ボディーなら倒せる」と話していた村田は今年に入ってから3試合連続KO勝ち。初の世界挑戦実現へ、ボクシングの本場で強烈にアピールした。


…その立ち上がり、荒々しく攻めたててきたダドニッパに対して、堅いガードで対応しながらも、手数はそこそこ出しながら冷静に様子見…が、ふいにねじ込んだ左ボディーにタドニッパは悶絶 

立ち上がって再開するも、村田選手の猛攻の前にタドニッパは防戦一方、で、ここでレフェリーが割って入って試合終了となりましたが、まぁ、いい勝ち方でしたぁ

良かったですね

ダメージも浴びず、一番いい勝ち方ですな

すぐに世界…となるかどうかはわかりませんが、接近したのは確かですね

倒して勝つ

お見事っ‼

まぁ、現役ミドル級の、バリバリの世界ランカーとやってないってな話もありますが、それを乗り越えてから世界挑戦が相応しい気もしますが、果たして…

さて、で、今日はちょーっと忙しいのでこの辺でっ

ただいま、朝6:30ですが、もう出なくちゃいかんのです

御愛読感謝

つづく
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
井岡 婚前旅行後は年末の統一戦へ「完全に切り替える」 スポニチ

>プロボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔(27)が23日午後、婚約中の歌手谷村奈南(28)とともに羽田空港発の航空機で米ロサンゼルスに旅立った。

 井岡は「次は統一戦か?」の問いに、「僕自身はいつその試合が決まってもいいように準備していくだけ」と話した。陣営は大みそかに予定する次戦で、WBAスーパー&WBO王者のファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との統一戦実現を目指している。「自分もそのつもりでいる。この旅行を終えてから完全に切り替えてやっていきたい」と意気込んでいた。


…幸福の絶頂に近づきつつある感じの井岡選手

タレントとの結婚にボクシングトレーナーでもあるお父さんは猛反対...なんて記事もありましたが、もう、婚前旅行出発って感じで、また、婚約指輪もお渡しになっているということで、これは「確定」ですね~

おめでとうございますっ

さて、昨日は、その記事にも登場のWBAスーパー&WBO世界フライ級チャンピオンのエストラーダの名前が挙がってますが、このエストラーダも井岡戦に前向きっていうことが一部報じられているわけですが、しかし、ファイトマネーや開催地や時期などの交渉等はこれからのはずで、まぁ、まだ実現するかはわかりませんねぇ

エストラーダと戦ってくれたら、いつかの最強ロマゴン逃避の件で失墜した評価の一部は、例え、負けようとも回復することは間違いありませんが、しかしながら、ボクシングマニアはまだまだ懐疑的かな~?

なんだかんだとかこつけて、交渉決裂…っていう記事がまた紙面を賑わすんじゃないの?って思っている方々が大多数じゃないかな?

だって、これまでの経緯がね~

あ、でも、まぁ、これ以上ぶつくさ書くのは今日はやめよう

だって、井岡大先生の婚前旅行の門出…ですものね

明るい未来の出発の日ですものね

でも、伝説の頂点はエストラーダ撃破を現実のものとして、そして、自他ともに認める「唯一無二」の存在になれた時でしょうか?

それでは、気をつけていってらっしゃいませっ‼

御愛読感謝

つづく
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
エストラーダ側は井岡戦に前向き、10月末開催を希望 BOXINGNEWS

>WBAがフライ級“スーパー”王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ=写真左)vs同級“レギュラー”チャンピオン井岡一翔(井岡=写真右)の統一戦をオーダーしたことを受け、エストラーダ側が動きを見せている。エストラーダの共同プロモーター、フアン・エルナンデス氏(ボックス・ラティン・スポーツ)は、右拳の負傷でブランクをつくっているエストラーダがダイレクトに井岡との統一戦へ向かう意向を明かした。ESPNデポルテスなどが伝えた。

 主に米国内で活動するエルナンデス氏は21日、「1週間前にフアン・フランシスコのドクターから9月のリング復帰は無理だといわれた。これで当初9月24日カリフォルニアで予定されたドニー・ニエテス(フィリピン=WBO世界L・フライ級王者)の挑戦を受けるプランはなくなった。そこへちょうど井岡戦の通達が届いた。交渉期間は8月末まで。こちらとしては10月末開催をメドに折衝したい。もし話がまとまらなければ、入札に持ち込まれるだろう」と語っている。

 井岡はここ数年、大みそかに試合をすることが恒例となっており、時期に関しては両者の間に溝がありそう。メキシコでエストラーダをプロモートするサンフェル・プロモーションは、まだ発言を控えている。

…きゃぁ~

井岡大先生に、世界的に名を売る大チャンス到来ですねぇ

おめでとうございますっ

そりゃぁ、パウンド・フォー・パウンドと賞賛されるロマゴンの方が評価は高いですが、しかしながら、WBAスーパーにして、同級WBOチャンピオンのエストラーダはロマゴンのスーパーフライ転向を以って最強の評価は間違いなしですぜ

これに勝てば唯一無二…ですよね

夢がかないますね

フライ級最強の称号はいただきですな





…って、さぁて、いつかのロマゴン回避みたいな、交渉決裂、でも、まぁ、お目こぼし料は払いましたから問題なし…みたいなこともありえますかね?

お金を払ったら、なぜか急にエストラーダがWBAスーパーベルトを返上とか、あるいは、スーパーフライに転級とか、そういうウルトラC発動なんてありそうじゃないですか?

まぁ、期待しないで続報を待ちましょうか

とりあえず、前の記事のコメント欄でも盛り上がってましたので、井岡大先生の話題ですので更新しておきました

御愛読感謝

つづく

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
村田、自然体+野性で3戦連続KOだ スポーツ報知

>ボクシング12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBC世界同級4位の村田諒太が、自然体&野性のボクシングで3戦連続KO勝利を呼び込む。23日(日本時間24日)のジョージ・タドニッパとのプロ11戦目に向け、当地で行われたプレスカンファレンスに出席。健闘を誓った。

 地元メディアを前に村田は「戦う準備はできている」と英語で堂々とあいさつした。試合会場になるボクシングの聖地、MGMグランドガーデンアリーナのすぐ隣で行われたが、あえて視察は封印した。村田は「当日になったら緊張感は出てくるもの。今からだと疲れるので(気持ちを)上げないようにしている」と説明。「こういう(会見などの)イベント形式というのはアメリカらしい感じがする」と楽しむ余裕さえ見せた。

 世界挑戦に向け、さらなる進化を模索している。村田は前回5月の試合後に、はだしでのランニングを始めた。理由は「足裏の感覚を落としたくない」からだ。練習前にも素足で動く時間をつくっている。足裏の感覚を研ぎ澄ませることで、体重がしっかり乗ったパンチにつなげる狙いだ。理論家だが、こうした野性的な感覚も養うことでレベルアップを図っている。

 今回の興行は、メインイベントで28勝(20KO)のWBOスーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米国)と28勝(12KO)のWBC同級王者ビクトル・ポストル(ウクライナ)の王座統一戦が行われる。無敗同士の対戦で注目度も高いだけに、アンダーカードに出場する村田も好試合を見せれば世界挑戦に向けての大きなアピールとなる。村田は「倒そう、見せよう、と思うと良くないこともある」と自然体を強調しながら「お客さんに喜んでもらえる試合をしたい」と野心もチラリ。本場のファンにインパクトを残すべく熱い口調で語った。

…いい勝ち方したいですねぇ

話題のビックマッチのアンダーだけにその注目度は高いですぜ

世界のミドルはゴロフキンを筆頭に盛り上がっておりますが、アジア人には「無縁」だと思われている階級であります

そうか、アジア全体像を含めて村田選手はミドル級にあっては希望の星…といえますねぇ

ご存知、パッキャオがその全盛期を過ぎ(一旦引退も今秋復活か?)、となると、村田選手がミドル級で世界チャンピオンになればアジア圏においてのトップスターに躍り出ることは間違いないですね

で、最近の村田選手、いい勝ち方が続いていますからね

ジャブが伸びて、コンビネーションがいいんです

危ない被弾も見受けられないですねぇ

この際、その勝ち方のハードルを上げてゆくべきですね

僕の期待値は心の中で上げてます

だって、ミドル級で世界を獲ろうってんだから、判定でも何でもいいや…ってわけにはいかない

理想に近づく勝ち方、理想のボクシングの体現、理想の心構えの構築…

これ、全部必要だもの

全部いただかなくちゃミドル級世界王座は獲れないっ‼

プレッシャーになる?

それくらい跳ね返してくれるさ

…と、いうことで、大いに期待しますぜっ

がんばれ~‼

御愛読感謝

つづく
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。