ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

PICT0138
ああ、己が拳2つのみで戦うスポーツ… 『拳闘』、またの名を『ボクシング』…
  後楽園ホール病の三十路男が探求するのは、その闘いの源泉たるボクサーたちの心の中… 
さらに、その死闘の渦中へとリング外から飛び込もうとする無謀な試みブログ…
管理人へのメッセージはこちら higege92@yahoo.co.jp

NEW !
テーマ:

三浦11・22同級1位のメキシカンとV3戦!八重樫倒したロマゴンとW世界戦 デイリースポーツ


>ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(30)=帝拳=が11月22日、指名挑戦者で同級1位のエドガル・プエルタ(メキシコ)と横浜国際プールで3度目の防衛戦を行うことが30日、都内で発表された。当日は八重樫東(大橋)から同世界フライ級王座を奪取したローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の初防衛戦(相手未定)とのダブル世界戦として行われる。

 三浦の相手のプエルタは32歳で、世界初挑戦。帝拳プロモーション代表で元世界王者の浜田剛氏によると「ファイターで、打ちに来る相手」という。

 昨年大みそか以来、約1年ぶりの防衛戦となる三浦だが「これから7、8キロ減量します」と余裕の表情。対戦相手は映像で確認しており「接近戦がうまい。右アッパーを打ってくるので気をつけたい。(接近戦で)ガードが下がったところで右でも左でも当てたい」と、戦略の一端を明かした。


…やっと決まりましたかっ


でも、三浦選手は激闘が多いのでしっかりダメージ抜かないとですからしょいがないかぁ


指名試合ですかぁ


とにかく、ランキング1位と戦うってのが威勢よくていいじゃぁないですかぁ


さて、すいませんが、仕事がありますのでこのへんで…なんですが、なんだか「打ち合い上等」な一戦になりそうな感じぷんぷんですねぇ


ボンバー炸裂期待しておりますぞ


御愛読感謝


つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ロンドン五輪バンタム級銅メダルの、清水選手がアジア大会のライト級で銅メダル以上を確定させたみたいですね
やりましたな

おめでとうございますっ

今年からヘッドギアなしになってどうかと聞かれ、僕は石頭なんで大丈夫、と仰った清水選手(笑)

金メダル獲っていただきたいですなぁ

取り急ぎの、携帯更新
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
以下は時事通信より抜粋…

大竹が王座返上=日本Sバンタム級

 日本ボクシングコミッションは29日のランキング委員会で、日本スーパーバンタム級王者の大竹秀典(金子)が、同日付で王座を返上したことを報告した。所属ジムによると、将来の世界王座挑戦に備えるためとしている。

…おおっ

チャンスのあてがついたんですかねぇ⁉︎

ならば、世界前哨戦で早目に外国人と戦っておきたいですよねぇ

で、注目の後継チャンピオンを決める王座決定戦ですが、これが小國×石本になるらしい…とボクシングニュースに出てます

これ、かなり素晴らしいカードですなぁ~

ときめきますねぇ

現状、スーパーバンタムは和気選手が抜け出ていますが、実力者が多いから勢力争いが楽しいですなぁ

っと、取り急ぎ携帯更新でしたっ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

川内が準々決勝へ=アジア大会・ボクシング 時事通信


>ボクシングは28日、男子ライトウエルター級の2回戦が行われ、川内将嗣(自衛隊)がパキスタン選手に判定勝ちし、準々決勝に進んだ。同ライトフライ級2回戦では柏崎刀翔(同)がフィリピン選手に判定で敗れた。


…アジア大会ですが、非常に盛り上がっている印象あるのですが、残念ながら、ボクシング競技はテレビ録画中継もなく、ダイジェスト映像さえお目にかかったことありませんし(実際はどうなのかな?)、どうも微妙な扱いみたいですよねぇ


この記事もたったの3行かぁ…(汗)


体操競技に、競泳競技はメダルラッシュに大騒ぎ…


が、ボクシングは…


ううむ


やはり、メダルに絡めないと注目は集められないのでしょうねぇ


まぁ、それはボクシングに限らず、言い方は悪いですが、地味な競技は仕方がないのでしょうねぇ


さて、アマチュアボクシングも大きく変化してますよねぇ


大きくはヘッドギアがなくなったことですよねぇ


これでガンガン打ち合うのだから大変でありますねぇ


で、勝てば勝つだけ減量状態を維持しながらダメージと傷は引き摺っていかねばならないわけで、やはり、かなり過酷でありますよねぇ


川内選手といえば、日本を代表するアマチュアボクサーでありますよねぇ


勝ち続けて欲しいですねぇ


そして、「石頭」の清水選手にも頑張っていただきたいですねぇ!!!


こうなったらメダルを獲って世間をあっと言わせていただきたいですっ!!!


頼みますっ


必勝っ


御愛読感謝


つづく

いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:


大森駅あたりを歩いてロケハンしていたら…

おおっ

竹原さんに畑山さんのジムじゃあないですかぁ…⁈

ふうん

街を歩いてロケハンしてますと、ふいにボクシングジムに出くわしますよねぇ…

なかなか渋い場所だなぁ

さて、元世界チャンピオンのお二人は中においでになったのでしょうか?

ふいに浮かぶは竹原さんの世界を獲ったボディブローに、畑山さんの坂本さんを倒したワンツーであります(笑)

お、仕事、仕事…

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
{87B95755-7381-4B4F-9424-160FBE8738E6:01}

丸の内のオアゾビルのロビーで、手塚治虫先生の作品が展示されてました~

生原稿もあったなぁ

あぁ、何と言っても、手塚先生は日本を代表する天才ですよねぇ

僕が1番ショックを受けたのはブッタですね~

ーーー哲学

と言うものを無意識のうちに勉強させて貰っちゃいまして、まぁ、今なお、不意に読みたくなりますね

奥が深いなぁ~

ヒョウタンツギ の置物が売ってまして、思わず手に取ったのですが、我慢しました(笑)

だって、家に大きなクッションありますし…

本当は欲しかったんですが…

あ、若い方はヒョウタンツギを知らないかぁ…

上の写真の中にいますよ

さて、仕事に戻りますか~

携帯更新


いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
以下はイーファイトより抜粋…

藤本京太郎にOPBF王座決定戦の打診

9月10日に日本ヘビー級王座2度目の防衛に成功した藤本に、OPBFタイトルマッチのオファーが舞い込んだ
 日本ヘビー級王者・藤本京太郎(角海老宝石ジム)に、OPBF(東洋太平洋ボクシング連盟)ヘビー級王座決定戦のオファーが来ていることが分かった。

 2012年12月31日に藤本を破ってOPBF王座についたソロモンハウモノが、指名期限である2013年2月28日までにOPBF王座の防衛戦を行わず、さらに試合の予定もないことから、OPBF本部はソロモンハウモノの持つOPBFヘビー級王座は空位とする方針を決めた。

 そのため、12月13日(土・現地時間)ニュージーランド・ウエリントンにて、同級2位ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)と同級3位・藤本で王座決定戦を行いたいとのオファーが角海老宝石ジムにあった。パーカーはWBA世界ヘビー級15位、WBO同級14位にランクインしている世界ランカーで、戦績は10勝(9KO)無敗。K-1に出場したフランソワ・ボタと2013年6月に対戦し、2RでTKO勝ちを収めている。

 藤本サイドは「慎重に検討して対処したい」としている。

…え⁈

京太郎さんたら、石田選手に再戦をアピールされたら、もう日本人とは戦いたくない、日本タイトルにも興味はない、強い外国人と戦いたい…って仰られてましたよね(笑)

まぁ、いざ、理想に近いお話が舞い込むと、慎重に検討したい、とは、なんだか拍子抜けしちゃいますが、ならば、このニュースがわざわざ記事になっているとこをみると、なんだか、大人の事情もありそうな感じですな…

相手はオリンピアンみたいですし、まぁ、弱くはなさそうですがね、間違いなく…

さてさて、京太郎さんは日本タイトルは返上して、世界を獲るために敵地で東洋太平洋に挑むのでしょうか…?

石田選手よりも、やっぱり、強そうな外国人と戦いたいなら仕方ないかぁ…

石田選手派な僕は本当に残念でなりません…

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
以下は日刊スポーツより抜粋…

清水聡、2年ぶり勝った 

 ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水聡(28=ミキハウス)が、2年ぶりの試合で勝利した。

 カザフスタン選手と対戦。1回に左フックでスタンディングカウントをとられたが、2回から反撃。効果的なボディー攻撃で相手を追いつめた。苦しくなった相手が頭を下げて、バッティングの反則を繰り返し、3回39秒で失格となった。

 清水は五輪以来となる試合で勝利して「ちょっと最初はすごく硬くて。2回から体が動くようになった。相手は体力がなかったが、僕は体力があるので。2年間、試合をしていないから緊張しました」。ロンドン五輪時代と違って、ヘッドギアなしのルールとなっているが「特に関係ないです。僕、石頭なんで」と笑っていた。

清水選手って、いいキャラしてるんですよねぇ(笑)

ーーー僕、石頭なんで

最高(笑)

でも、ロンドン五輪ではバンタムで、今はライトなんですよね

そもそも、かなり無理してバンタムで戦っていたってことですよねぇ

減量苦から解放されるも、しかし、対戦相手はデカくなるわけですね、当たり前ですが…

さてさて、是非ともメダルを獲っていただきたいですねぇ

それにしても…

ーーー僕、石頭なんで

(笑)

最高っ

携帯更新
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ジョニゴン×アルセ…

これ、な~んだかミスマッチな感じあるんですが、しかし、楽しみ…(笑)

10月4日なんですよねぇ

WBC世界フェザー級タイトルマッチとなりますが、ジョニゴンはもとバンタムで、アルセはなんとライトフライ…

まぁ、体躯的にジョニゴン有利だと思いますが、どうなりすかね?

2階級制覇のジョニゴンと5階級制覇のアルセの激突(笑)

しかし、両者ともなかなかいいおっさんって感じで、ちょっと胸が熱くなるなぁ

そういえばここ最近の海外モノのタイトルマッチで特に感動したのが、ジョニゴンのマレス初回KOですねっ

アルセも沈むかなぁ…?

いやぁ、切ないよなぁ

いやいや、アルセの連打がジョニゴンを滅多打ちにする可能性だってありますよ、そりゃぁ…

地味~に、お楽しみにしとります(笑)

携帯更新



いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

辰吉次男・寿以輝、プロテスト受験!吉井会長「父親よりパンチ力は上」 スポーツ報知


>プロボクシング元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(44)の次男・寿以輝(じゅいき、18)が、11月にプロテストを受験することが25日、分かった。同24日に大阪・松下IMPホールで所属する大阪帝拳ジムの主催興行があり、試合前に観客には非公開で行うことが濃厚。階級は未定だが、合格なら来春にも“浪速のジョー・ジュニア”がデビューする。

 寿以輝は昨年1月に父と同じ大阪帝拳に入門。当時85キロあった体重を半年で20キロ減量した。未成年のため受験には親の同意書が必要で、21日に両親の了解を得た。父からも吉井寛会長に「プロテストを受けさせたいと思いますので、よろしくお願いします」と連絡があったという。「もっと早く受けたかったので、うれしいです。もちろん(世界王者に)なりたい」と意気込んだ。

 吉井会長は「打ち方とかオヤジそっくり。オヤジよりパンチ力はすごい。ケタ外れ」とポテンシャルの高さを評価。偉大な父と比較されるが、寿以輝は「何とも思っていない」と、きっぱり。国内初の親子世界王者という夢へ走り始めた。


…ははぁ


長男は結局プロボクサーにはなりませんでしたが、次男はこの道を選びましたか…


ただ、アマチュア経験は確かなかったような…


日本のボクシングの世界において辰吉さんは破格のレジェンドでありますから、まぁ、比較されることのストレスはどうしても発生するとは思いますが、まぁ、そこは腹を括っての決断があったのでしょうからねぇ…


それにしても、どんなタイプのボクサーなんでしょうかねぇ


父親譲りの「天性型」なのか、あるいは、「努力型」なのか、いや、その双方を兼ね備えているのでしょうか…?


非常に楽しみですよね


しかし、「茨の道」でありますよぉ…


記事に当時85キロあった身体を絞って20キロ落とした…とありますが、別の記事にはバンタム級で戦うとありましたから、とすると、現在65キロだとして、そこから約54キロのバンタムまで落とすとなると、さらにさらに約10キロ以上の減量が待っている(汗)


凄いですねぇ


気が遠くなる…(笑)


頑張って欲しいですね


御愛読感謝


つづく

いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード