東雷太郎オフィシャルブログ

山口県のマジシャン、東雷太郎です。TYS週末ちぐまや家族にも出演中です。
マジシャン、リポーターとしての活動や、日々の何気ない出来事を、感じたままに綴っていきたいと思います。


テーマ:
今現在、全然違う職種で掛け持ちの仕事を5つしています。

家事はアウトソースすることなく、楽しくこなしています。

特にアイロンがけと料理は大好きです。


まぁまぁ忙しいですが、その中でも月30~50冊ぐらいは本を読むようにしています。

「そんな時間があるねーー!」って言われてます。
(もしかしたら暇人と思われてて揶揄されているのかもしれませんが笑)

よく同世代の人と話していると「仕事が忙しくてそんな時間がない」とか「仕事から疲れて帰ってきてそんな気力がない」などの理由を聞きます。

しかし、それは逆の意味で非常にもったいないし、非効率なような気がします。

忙しいから時間がないのではなく、準備や勉強量が少ないから時間に追われて仕事が忙しくなっているのではないかと思います。

米国大統領だったリンカーンはこういっています

「木を切るのに6時間使えるなら、そのうち最初の4時間は斧を研ぐために使う」

効率的に仕事をするための道具や知識の準備を怠らないことを教訓にした格言です。

刃がボロボロになった斧で木を切ってもヘトヘトになるだけです。

それだったらしっかり準備をして、実際の行動を楽ちんにしたほうが体力的、精神的にも健康です。


これと同じように多くの人は忙しいから勉強する時間がないのではなく、勉強する時間がないから日常が仕事に追われているのではないでしょうか?

知識や技術は斧の先と違って消耗されません。

もっと楽チンに仕事する方法はないか?

もっと効率良く働ける方法がないか?

と考えながら仕事することは、結果的により多くの成果を生むことが多いような気がします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
山口県出身の小池龍之介氏の座禅セッションを受けてみたかったので、先日山口県小郡のとあるお寺で座禅セションを受けてきました。

初めて小池龍之介を知ったのは、「貧乏入門」という本がきっかけ。

6年前ぐらいに買って読んで、それまでモヤモヤしていたモノに対する考え方を上手に文章にされていて一気にファンになりました。

それからというもの年に1~2回は必ず読む愛読書になっています。


長時間の座禅セッションに参加してみた感想は、足が痛くなって、非常に疲れた印象です。

また私の心が汚れているからでしょうか、座り続けていると不快が気持ちがふつふつと湧いてくるようになり正直「早く終わって~~」という懇願の気持ちでいっぱいになりました。

正直、座禅をやったからといって特別な力が湧いてくるわけでもなく、対費用効果的には良いのか悪いのかわかりません。

とここまでディスってみたものの、そのセッションが終わってからというもの毎日座禅をしています。

その時はすごく疲れてきっていて「本当に座禅なんて効果あるのか!?疲れるだけやん!」と思っていましたが、次の日寝て起きたら、なんだかスッキリしている感じがしました。

脳みそが明晰になった感じがします。

しかし、それは本当に座禅のおかげかどうか微妙なので検証すべく、自宅でも毎日座るように心がけています。

またセッションの中で小池さんが話されていいた説法はとても論理的非常にわかりやすく腑に落ちました。

もしかしたら似たようなことを考えていたからかもしれません。

また機会があれば(座禅は苦痛だけど)参加してみたいと思っています。


ではでは







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近はブログの更新してないねーと言われたのでまた努力して書いてみたいと思います。

山口県は梅雨入りしたけど、夜はまだ肌寒く、薄着で寝るにはまた早いといった感じです。

衣替えはほとんど終わり、冬の服はクリーニングに出してきました。


梅雨といえば雨ですよねー。

雨の必需品といえば傘です。

山口県って石川県より気候がいいので、石川県に比べてあまり傘を使う機会に恵まれないのですが、石川県では「弁当忘れても、傘忘れるな!」と言われるほどよく雨が降ります。

というわけで今日は傘の話題。

日本国は世界で一番傘の消費が多い国だそうです。

確かに一年を通してまんべんなく雨が降るので必需品ですね。

僕も今まで一体何本の傘を消費してきたことか・・・

特に100円や数百円で売っているような傘は少し強い風が吹くとすぐに親骨が折れて使えなくなり、その度に買え変えることが多かったような気がします。

本当にモッタイナイ・・・

せっかく雨に恵まれた気候の国に住んでいるのだから、ちゃんと質の良い傘を手に入れて、愛着を持って長く使おうという気持ちが20代中頃から芽生え始めて、いつの間にか傘のコレクションが増えていきました。

基本的に、傘は用途によって使い分けています。

例えば、風が強い日には親骨がカーボン製の突風にも堪えられるような16本傘を、また雨が降るか降らないかの微妙な降水確率の時はまるでステッキのような細さとエレガンスさをもっている英国のファックスアンブレラを、フツーの雨の時は歩いていて気持ちが晴れるようなデザインを兼ね備えたマリアフランチェスコの傘などを使っています。

また家に傘を忘れた場合の時用に、常に車に傘を常備してあります。

カーボン製の傘は骨が釣竿のようにすごくしなやかで、風速30メートルの日に試しにさしてみたのですが全然問題ありませんでした。

後者に紹介した、フォックスアンブレラやマリアフランチェスコの傘などは傘の実用性を遥か超えた値段だと思いますが、少々高くても一生使っていけるならとても良い買い物だと思うので、オススメです。


どうせ雨が降ってお世話になるのならしっかりこだわって使っていきたいと気持ちからいつの間にか傘マニアになりつつ今日この頃ですw


最近は男性用の日傘を探しているのですが、なかなかオシャレな傘が見つからず、デパートや専門店に行く度に目を光らせています!




ではでは




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山口市は地元の人には公務員の街と言われている。

だから選挙が近づくと飲食店に来客数が激減するらしい。

私も肌感覚ではそのように思う。

昨年までマジックバーをやっていたけど、その時も選挙の前はお客様が激減した。

今のお世話になっているお店でも昨年に比べて公務に就いているお客さまが少なくなっているような気がする

公務員は選挙が忙しくなると、飲みに出なくなるのかなー。

早く選挙が終わって、人が街に出てきてほしいなー





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マジックを始めたのは12歳のころ。

始めたといってもおもちゃ屋にいってマジックコーナー手品用品を買うぐらいだった。

確か一番初めに買った商品はチャイナリングという輪っかが繋がる手品グッズだったと思う。

当時は、中学生ということもありポーカーサイズのバイシクルというトランプを手にいれるが難しかった。

今と違ってインターネット環境もないし、そもそもどうやって入手すればいいのかわからなかった。

16歳のころ、たまたま某飲食店でマジシャンとしてアルバイトをさせてもらうことになった。

フツーに時給700円だったけど、マジック用品を好きなだけ買ってもいいという条件だったので、好きなだけトランプを変える環境になったことは大変嬉しく思った。

今では人前で見せるが当たり前の環境になったけど、当時は一般のお客様にみせるのは稀なことだったからとても緊張していた覚えがある。

極端な話、話すことと身体の動きに大きなギャップがあるから、緊張して手が震えたりどもったりしていた。

当時、マジックをする自分の体のコントロールがが思い通りにならなくてとても悔しい思いをしたことを覚えている。

あれから15年も経つ。

いざ時が経ってみれば早いものだ・・・

人前でマジックするというのは、身体にも心にも非常に負担がかかる。

マジックをやり始めた人が一番初めに体験する大きな壁が精神と肉体のギャップだと思う。

言っていることと体の動きが全く逆のことをしていることも多いので、非常に体に負荷がかかるので、技術的なことがうまくてもここを乗り越えないとなかなか先へ進めない。


いざ過去を振り返ってみると高校生にしてはとても貴重な経験値を積めたのではないかと思う


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。