2013-06-20 23:33:55

Arthur's Theme(Best That You Can Do)

テーマ:ジャズ&洋楽訳詞全集
ジャズ&洋楽訳詞 “Groovy Groovy ~and all that jazz~”


Arthur's Theme(Best That You Can Do)
(Christopher Cross, Burt Bacharach, Carole Bayer Sager, Peter Allen)


Once in your life you find her
Someone that turns your heart around
And next thing you know you're closing down the town...


※「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」の英語歌詞はこちら



一生に一度、君も出会うよ

心を変えてしまうような人に


すると今度は

何も手に付かなくなってしまうんだ


たとえその人が 街から離れたところに行ってしまっても

その人への想いはずっと心にある


そして自分自身にこう問いかけるだろう

“一体、僕に何が起こったんだ?” ってね



月とニューヨークの街の間で

どうしていいか悩んでしまうなんて


おかしいなことだって分かるよ

でも本当なんだ


もしも月とニューヨークの街の間で

どうしていいか分からなくなったら


君にとって一番の方法は 

君に出来る最高な方法は


心が求める相手と 恋におちることさ...



アーサーは 好き勝手なことをして

人生は全て思いのまま


けれど彼の心の奥を探れば分かるよ

本当にヤツって ただの少年なんだ


その日、その時を

目一杯生き、楽しんでいる


周囲の期待なんて

笑い飛ばしながらね



月とニューヨークの街の間で

どうしていいか悩んでしまうなんて


おかしいなことだって分かるよ

でも本当なんだ


もしも月とニューヨークの街の間で

どうしていいか分からなくなったら


君にとって一番の方法は 

君に出来る最高な方法は


心が求める相手と 恋におちることさ...




(日本語訳:東エミ)






今日の曲は、1981年に公開された
Steve Gordn(スティーブ・ゴードン)監督&脚本の映画
『ミスター・アーサー(Arthur)』の主題歌、
「Arthur's Theme(Best That You Can Do)」です。

「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
というタイトルの方が
日本では定着しているかもしれません。


“アーサーのテーマ”とタイトルになっているように、歌詞も
映画の主人公であるアーサー(財閥の御曹子で優雅な独身生活を過ごす放漫息子)への
メッセージソングになっています。

ミスター・アーサー - goo 映画
ミスター・アーサー - goo 映画


で、この曲を歌うは、天使のような美しいハイトーンボイスで
1980年代AOR(Audio-Oriented Rock)を代表するシンガーの一人となった
Christopher Cross(クリストファー・クロス)。

一度聴いたら忘れない声ですよね。
この美声とは対照的に大柄なボディーなのも、印象に残りますが(笑)。

アメリカ南部の州、テキサス・サンアントニオ出身のクリストファー・クロスは、
1979年にアルバム『Christopher Cross』でデビュー。
このファーストアルバムの邦題は『南から来た男』と付けられています。
彼のトレードマークは、他のアルバムジャケットにも多々登場するフラミンゴ。

Christopher Cross/Christopher Cross

¥528/Amazon.co.jp


幼い頃、父親の仕事の関係で
東京に住んでいたこともあったみたいですね。

とにかく、還暦まで間近のクリストファーですが、
今もその美声は健在です!


さて、「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」を作ったメンバーの中に、
あのBurt Bacharach(バート・バカラック)がいます。
と言うのも、前述した映画『ミスター・アーサー(Arthur)』の音楽監督を
バートが務めているからなんですね。

バート・バカラックと言えば、数々の名曲を残しています。
当ブログで訳詞済みのものとしては、

「Alfie」
「Raindrops Keep Falling On My Head(雨に濡れても)」
「That's What Friends Are For」
などがあります。





Arthur: The Album/Original Soundtrack

¥1,321/Amazon.co.jp


ヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス/クリストファー・クロス

¥2,520/Amazon.co.jp



Arthur's Theme (Best That You Can Do)/Christopher Cross
透明感のある美しい声ですね!




こちらは英語の歌詞が表示されます。さあ、ハリきって一緒に唄ってみましょう!






本東エミのジャズ&洋楽訳詞集!
【曲名リスト】ジャズ&ボサノヴァ訳詞
【曲名リスト】洋楽訳詞

【曲名リスト】ウェディングソング訳詞
【曲名リスト】クリスマスソング訳詞

テレビTV番組で使用された訳詞一覧は コチラ!

「歌詞・フレーズ」部門でランキング1位も!
Could you please press these buttons?
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ 歌詞・フレーズへ
Press? Yes, please!
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
Thank you for your clicks!

















AD

コメント

[コメントをする]

1 ■I love NYC

こんにちは!
この歌、知ってはいたけど改めて聴きました。
歌詞の内容が・・・気持ちがわかるなぁ・。。。
なんだか似てるなぁって思った。
何も考えず、恋に落ちたらわかるのかな・・・

歌のレパートリーに入れよう!!
あぁぁぁ切ない。。。

2 ■名曲です!

好きですね~この曲。タイトルに曲が
ピッタリな感じがします。
ところでバカラックはとても好きな
作曲家で、カーペンターズがカバー
していますよね。またエルビス・コステロ
とのアルバムはお気に入りです。

3 ■Re:I love NYC

>little bondさん
改めて聴くと、良い曲であることを再認識しますよね。
You get caught between the moon and NYC...ってすごく想像をかき立てられます☆

ぜひレパートリーにしてください♪

4 ■Re:名曲です!

>いくもさん
ほんと、タイトルと曲の雰囲気がすごくしっくり来る感じがしますよね~。
バカラックは独特の世界感を持っていて、どの曲も洗練されていて好きです。

しかし、この「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」を聴くと、同時にフィル・コリンズの「Stay With Me」が頭で流れて困ります(笑)「Stay...」も好きですが☆

5 ■わっ!

久しぶりに聴いた懐かしい名曲。

大好きでした。
音楽というのはその曲を聴いた頃の様々な思い、切なさや苦しさ、ときめきなど一気に甦って参りますから不思議ですね。

ちょっとドキドキしております(笑)。
素敵な音楽をありがとうございます。

6 ■Re:わっ!

>A・Dupinさん
コメントありがとうございます^^

>音楽というのはその曲を聴いた頃の様々な思い、切なさや苦しさ、ときめきなど一気に甦って参りますから不思議ですね。
本当、おっしゃる通りだと思います。

音楽は生きることに直結していますね♪
no music, no life.

7 ■この曲、大好きなんですが・・・

この曲、大好きなんですが
サビの部分の歌詞(あえて直訳しますが)

“月とニューヨークの間で捕まえられたら”
“それは狂っているけど真実なんだ”
“君にできる最良のことは恋に落ちること”

このあたりのニュアンスがどうも腑に落ちません。
自分の頭が固すぎるのでしょうか?

8 ■Re:この曲、大好きなんですが・・・

>souljazzsax 日暮龍一さん
確かにサビの部分、理解しづらいですよね。。

この曲、映画のストーリーに沿って書かれていると思うので、リンクしてある映画解説を一度読んでいただけたら、歌詞の輪郭がクリアに見えてくるかもしれません。

私なりの解釈としては、まず
“月とニューヨークの間で捕まえられたら”
“それは狂っているけど真実なんだ” については、、、

映画のあらずじをふまえて言うと、NYの大富豪の御曹司である主人公のアーサーが、父の命令で別の大富豪の娘と婚約させられる中、自ら別の女性(リンダ)に惹かれてしまい、父の言いなりなるか、リンダにするか悩むという背景をもとに

「華やかで悩みなど吹き飛ばす快楽に満ちたNYの夜にいても、外に出る気すらおきず悩むことがある」 と言うことを表現している。

そしてそれを解決するベストな方法は、心が本当に求める相手と “恋に落ちること” (選ぶこと) だと説いている、と解釈します。

ただ、ここまで訳詞で言い表すとなると日本語が明らかに多くなり、原曲の歌詞とのバランスが崩れるので、今回の訳詞がギリギリの私の表現となりました。

ふーーーー、深いですね...

9 ■ありがとうございます!

>ジャズ&洋楽訳詞(東エミ/Emi East)さん

わざわざご丁寧な回答をいただきまして、どうもありがとうございます。
東エミさんの解説でサビの歌詞が何を象徴しているのか、ようやく分かりました。
おかけで長年のモヤモヤが晴れました!

やはり映画の主題歌は、ストーリーを知らないと理解が難しいものですね。

歌の世界は実に深いですね、あらためて痛感しました。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード