ひふみ塾 世回りブログ

夜回り、防犯パトロールを通じて地元の少年達の非行防止や立ち直り支援など幅広く少年問題に関われたらと立ち上げました!

子ども達の未来のために、勉強しながら、食や医療などの真実や嘘を暴いて行こうと思います!

夜路死苦お願いします!


テーマ:

明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰さんの著
『日本人の原点がわかる国体の授業』より転載

************

日本の皇族の方々を、私たちは詳しく知る機会はありませんが、誰よりも熱く日本のために尽くしてくださる、そういう貴重な存在なのです。

そして、皇族の中心に立たれた天皇という存在もまた、特別な存在ですが、どうして天皇がおられるのか、天皇陛下とはどんな存在なのか、ということを知る内容をご紹介します。


◇「天皇とは何ですか」という質問に一言で答えるとしたら「祈る存在」です。

何を祈っているかといえば、国民一人ひとりの幸せです。

たとえば、アメリカの大統領は国民の幸せを祈りません。ハリウッド映画などで大統領が祈っているシーンを見たことありますか? おそらくないはずです。

その時何を祈っていたかというと、「自分の罪が許されること」です。自分の身の安寧は祈っても、大統領が国民一人ひとりの幸せを祈るシーンはない。道徳の問題というより、アメリカにはそういう習慣がないからです。

ところが日本の天皇は、皇紀2673年間、どの時代においても、天皇が国民の幸せを祈らない時代はありません。その伝統がいまだに続いているということが東日本大震災で証明されました。天皇皇后両陛下が被災地にお出ましになり、避難所を御訪問になった時の映像を、よく覚えていらっしゃると思います。皇后陛下のお言葉がありましたよね。「生きていてくれてありがとう」


これはもう身内にかける言葉なんですよ。親が子供にかける、もしくは子が親にかける言葉です。愛に満ちた、大変美しい光景でした。天皇と国民が一体となるような美しい映像を眼前に見たことを、多くの日本人が忘れないでしょう。

私は東北の被災地にボランティアで訪問した時、近くにいた中年のご婦人に声をかけたことがあります。


「そういえばこの避難所に先週、天皇陛下がいらっしゃいましたね」と尋ね、その方が「そうなんです」と答えたのですが、そのご婦人は、その瞬間に泣き出してしまいました。周りの方もみんな「そう、そう」と言って、これまた泣きはじめる。驚いて「どんな様子だったんですか」と聞いたら、陛下のお姿を見たとたん、全員が泣いていたそうです。

その方は、家族もみんな亡くなってしまい、「なぜ自分だけが生き残ってしまったのか」「どうやって死のうか」とばかり考えた夜もあったそうです。そんな時、天皇陛下のお姿を見て初めて生きる望みが湧いてきたというのです。お愛想や他人事ではなく「他人なのに自分のことを本当に心配している人がいる」ことがわかり、「だったらもう少し頑張れる」と思ったそうです。


これはとてつもなくすごい話で、人を本当に救うのは理屈ではない、ということです。

その方に「では普段から陛下を尊敬なさっていたんですか」と聞いたら「そうじゃないのよ。どちらかというと『天皇なんかいなくてもいい』と思っていました。でも初めてわかったわ」と。

何がわかったかというと、天皇が国民にとって父母のような存在であるということです。天皇が存在することが、どれほどありがたいことか、この方は肌身で知ったのでしょう。


天皇皇后両陛下にお会いするだけで涙が出る。なぜ涙が出るのか、それは祈って下さっているから。そして、愛してくださっているからなのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

ひふみ塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。