こんにちは

加藤です


先週の週末は三日連続で天城流湯治法の錬堂先生セミナーに参加していました。


錬堂先生とお会いするのはおよそ半年振りですが、技の切れがより鋭く、正確性が増していたように感じました。


65歳にして更に進化を続けていらっしゃる錬堂先生。


是非ご縁のある方はお会いしてみてくださいね。


⇒⇒⇒天城流湯治法


さて、今日は養成コース受講生の感想文の紹介。


福島県で鍼灸院をされている曳地先生。

とても穏やかで、やさしい先生。


物静かな先生ですが骨ストレッチで有名な松村先生とも親交のある実力派の先生なのです。


いつも、受講日の前日には「お世話になります」メールをうださり、受講日終了後にはその晩にはお礼のメッセージを下さいます。


私たちは治療師、セラピスト以前に人間なのですからこのような、人との繋がりを大事にされる先生はそれだけで人を癒す力が備わっていますね。


人とのつながりを、ないがしろにして、技術だけを学べばいいという感じの先生も時にいらっしゃいますが、そのような先生とお会いすると


「自分も出来てないよ」


と教えられていると感じるので私自身、常に反省しています。


こちらの曳地先生も福島でコーチングを開催募集しておりますので、ご縁のある方はどうぞお問い合わせの上、ご指導を仰いでみてくださいね。


⇒⇒⇒福島市 按鍼堂


では、曳地先生の感想文


~~~~~~~


ひふみ健康院加藤先生

いつも大変お世話になっております。

先日受講させて頂きました理学操体養成コース (基礎科 4単位目) の感想を寄稿させて頂きます。


このような文章を書くのが大変苦手ではございますが、加藤先生をはじめ、読んで下さる皆様に何かしら伝われば幸いです。


はじめに個人的な意見ですが、他の講習会の報告を拝見させて頂いているとその内容の羅列が多く、投稿者の心の動きが感じられない・・・と思うことがしばしばです。


もちろん大切なことを伝えて下さってますし、非常に参考になることは言うまでもありません。


今回は誤解を恐れずに、私の心の動きを感じてもらえるような、そんな報告にしたいと思います。


先ずは簡単な自己紹介を。

私は福島市で治療院をやらせていただいております。同じ養成コースに通う皆さま、ご卒業された皆様と決定的に異なることが、私が弱視(視野狭窄)ということです。


今のところ幸いにして、人混みを歩くとき以外は白杖無しで生活できています。

そんな私が理学操体養成コースを受講するに至った経緯は、加藤先生の理学操体DVD2が一つのきっかけでした。


もう三年以上前になると思います。


それ以前から操体法についてはある程度の知識は持っていたものの、果たしてその基本理念や操法に心から共感できていたかと問われれば、必ずしもそうではなかったと思います。


そうした中で出会った理学操体のDVD、見た瞬間、下品ですけども「うわ!なんだこれ!」が、口から発せられた言葉だったのを覚えています。

次の日から早速それらをまさに見よう見まねで臨床に取り入れ、時にはうまくゆき、時には結果がでない。


それでもただひたすら臨床にあたっておりました。


そこからDVD1や、後に発売された続編を購入。


さらに様々な手技のDVDを購入し・・・そうです。行き詰まるのです。


今思うと、手技という引き出しは増えますが、軸が定まらない・・・非常につらい時期でした。


そのようななか、昨年末、仙台の操体医学院で行われた天城流湯治法セミナーにて加藤先生とお会いしました。


三日間のセミナー終了後、 私の肩に手をのせ、優しくも熱いお声かけを頂戴したこと、今でも覚えております。


「来年は先生のセミナーに参加させてくださいm(__)m」


とっさに私の口から出た言葉です。


加藤先生は、「来なくてもいいの。みんなちゃんと出来ているんだよ~」と言ってくださいました。


DVD購入から出会いまで三年、「遅い!」「福島ならすぐ行けばいいじゃん?」などと言われそうですが、三年たってからの入門が、実はとても意味のあることだったと、この時期で良かったと心から思います。


三年前から始めた八光流柔術の稽古にて、少なからず「触れかた」や「肚」の使い方、「相手との関係」「目つけ」が理解出来てきた今、そう、今だからこそ養成コースの講義にて、理学操体の、加藤先生のおっしゃること全てが「スゥ~」っと腑に落ちるのを感じるのです。


無駄なことなど無い。


大阪の山本先生をはじめ、同席させて頂いた先生方との出会いもまた必然だったのでしょう。


養成コースでは、毎回本当に充実しています。幸せすぎてコワイです(笑)

自院での臨床においても、自分の心の置き所や手技のポイントなどなど、今まで以上に余裕をもって臨めております。


この文章をここまで読んで下さる方でしたら、どこかしら理解して頂ける部分があるのではないでしょうか?


全国各地で様々なセミナーが行われてます。どのセミナーでも、すばらしい出会いや学びがありますよね。


どこで学ぼうとそれは間違いでは無いと思います。


私は加藤先生に出会いました。


今、加藤先生のもとで学ばせて頂いてます。


ただそれだけの事です。


でも本当に有り難い。

死ぬほど幸せな理学操体養成コース!!

読んで下さった方といつかお会い出来ることがあれば

きっと共感して頂けると確信してます






AD