K’s 伝記~理美容人の為の情報発信ブログ~

中小サロンの活性化が私たちの使命です!
理容美容業界人=理美容人を元気にしたい!!
そんな想いで毎日ブログを更新中(*^_^*)


テーマ:
昨夜乗った代行の運転手さんとの会話。
 
私の車の中の音楽は『君の名は』のアルバムが流れています。
そこで「『君の名は』を観ましたか?」と運転手さんに聞いたところ、
「観ていない」との返事でした。
 
しかし運転手は、「『君の膵臓を食べたい』という本にはまっていまして、
すごく面白いですよ」と教えてくれました。
 
『君の膵臓を食べたい』という本は以前テレビで紹介されていて、
なんだかすごいタイトルだなぁという印象で全く読む気になれませんでした。
 
しかし数日前電車の中でその本を読んでいる女子高生がいて、
女子高生がこんな難しそうな本を読むんだなぁと興味を持った矢先の
運転手さんの話だったので、大いに盛り上がりました。
 
運転手さんは熱く語ります。
「膵臓病の女子高生の話なんですよ。昔の人は内臓の病気になると、
動物のその部分の臓器を食べると治ると信じられていたというところから
話は始まっているんですよね~」
 
などなど本の核心には触れずにうまく本のあらすじを解説してくれました。
 
「『きみすい』と言って高校生の間ですごく流行っているらしいのですが、
あの本の深いところは高校生には分からないでしょうね」
 
 
運転手さんの意味深な発言に違和感を感じたものの、
話題は『きみすい』から長渕剛になり、
「長渕のストレートな歌詞が心に響くんですよね~」などと会話が弾んだのでした。
 
年齢は38歳。年も近く、会話も面白かったので間もなく自宅に到着というところで
「ではまた来年!!またお願いしますね!」といったところ、
運転手さんから意外な返事が戻ってきました。
 
運転手「いや、実は私今日で代行辞めるんです」
 
私「ありゃそうなんですね~。残念だなぁ」
 
運転手「私、甲状腺に病気を持っていまして、
     明日から放射線治療が始まるんです。」
 
私「 (゚Д゚;) あっあぁ・・・そうなんですね。」
 
運転手「だから『きみすい』とか共感しちゃうんですよ」
 
私「(;゚Д゚)  あっ・・・あ~ん。なるほど」
 
運転手「最後のお客様が黒崎さんで本当に良かった」
 
私「(T_T) いやぁ私もあなたで良かった」
 
運転手「『君の名は』観てみますね。あっ観に行けないから小説読みます。」
 
私「私も必ず『きみすい』読みますね。良い本を紹介してくれてありがとう。」
 
そう契りを交わしたところでちょうど自宅に到着しました。
 
運転手さんは車のカギを渡すと丁寧にお辞儀をして、笑顔で帰っていきました。
 
 
今年最後のネタは「歯科助手のおっぱい」で終わらせようとしたのですが、
運転手さんと話をしながら今年の締めくくりがおっぱいで良いのか反省し、
最後に運転手さんのことを書かせて頂きました。
 
 
運転手さん、元気になって復帰してくださいね。
また車の中でお互い感想を語り合いましょう
 
年の瀬のなんか切なくもあったかい経験でした。
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年末最後に今年一番下らないネタを書きたいと思います。
下ネタが嫌いな人は読まないで下さい!

最近なぜか歯科助手の女の子と話す機会が多いのです。この前行ったキャバクラの女の子も歯科助手でした。

そこで今まで歯医者に行くたびに気になっていた「あの事」を聞いてみました。

私「あのさぁ歯科助手やっているとお客さんの頭におっぱいあたらない?あれ、意識しているの?」


歯科助手「あ~それね!だって当たっちゃうんだもの。しょうがないですよ!」


彼女達はあたっていることを分かってはいたようです。しかし、問題はこの後の一言。



歯科助手「男の人っておんなじこと聞いてきますよね!」


私「なんですと!Σ( ̄□ ̄;)」

歯科助手「おじさんは皆同じ質問してきますよね~。」

私「(-_-#)」


歯科助手「この前来たお爺ちゃんは、下手でも良いからおっぱいが大きい子を助手につけろ!って指名してましたよ(笑)」

なるほど、歯医者にささやかな喜びを見出だしていたのは、私だけでは無かったようです。

ガーゼで目を覆われた状態で、口を開けて治療を受けている男の大半が、実は歯の
治療なんてほとんど気にせずに、全神経を頭に集中させているという事実が明らかに!!

早速今年の忘年会の話のネタにしてみたところ、非常に高い確率で歯科助手のおっぱいアタックは男性客の心を掴んでいるようでした。

それにしても男って本当にバカですよね!

ウルフルズの名曲「バンザイ」の一節。

「良い女を見れば振り返る~ホントスケベ俺の頭のなか~」

まさにその通り!(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさて、出国前からドタバタしましたが、

何とか当日を迎えることが出来ました。

 

 

栃木県宇都宮から成田に移動します。

 

 

さて、皆様だったら何で移動しますか?

 

 

電車

 

高速バス

 

自家用車

 

 

 

成田になんかしばらく行ったことがない私は、

成田までの交通手段すら悩むのです。

 

 

そこで海外旅行(特にタイ)が大好きなMATUUUU先輩に相談したところ、

 

 

「俺は自家用車がお勧めだね」

 

 

との回答があり、自家用車で行ってみることにしました。

 

 

 

しかし調べてみると、車で行くのもわからないことだらけ。

果たしてどこに駐車するのだろう。。。

 

 

ネットで検索するとウジャウジャ出てくる成田周辺の駐車場

 

しかも最安値だと3日間で1800円

高いところは5000円オーバーも。

 

 

飛行機のチケットでの苦い経験をもうしたくないので、

とにかく聞くことにました。

 

 

またまた、海外旅行(特にタイ)が大好きなMATUUUU先輩に聞いたところ

 

「俺はサンパーキング使っているよ」

 

 

とのことで、私も速攻でサンパーキングを予約。

 

http://www.sunparking.co.jp/index.html

 

洗車なしで3日間3800円。

 

まぁ成田の駐車場では普通の価格帯ですね。

 

 

 

これでとりあえず準備完了。

 

 

 

 

そしていざ当日。

車で初の成田。

 

 

 

昔だとすごーく遠いイメージだったのに、

なんと2時間ちょっとで着いちゃいました。

 

 

 

これは大正解ですね。

そして駐車場もキレイでスタッフさんも親切でほっと一安心。

 

 

 

 

そしていよいよ空港へ。

 

 

 

今回成田からは9人で出発だったのですが

JAL組は2人だけ。

 

 

他は素直にフィリピン航空を予約したようでした。

 

 

初対面の仲間にもかかわらず、いきなり行動を乱してしまったようで

なんだかすごく申し訳ない気持ちになりましたが、

もう一人のJAL組が旅行慣れした明るい女性だったので救われました。

 

 

 

 

JAL組のmisaさんは、神奈川県で一人でサロン経営している美容師さん。

色々な国に旅行しているので、空港の手続きとかも全部教えてくれました。

 

 

 

 

海外旅行に不慣れな私は、ずっとmisaさんに頼りっぱなし。

全く頼りがいのない男となっておりましたてへぺろ

 

 

 

それにしても空港って時間がかかりますね。

9:30の飛行機なのに7:00には空港に入りました。

 

 

早すぎじゃね?と思いましたが、

全く時間は余らずちょうど良い感じでした。

 

 

空港には2時間前には入りましょう。

 

 

 

そしてJAL。

 

 

 

最高です。

 

 

 

 

なんと機内であの映画を観れました。

 

 

 

 

「君の名は」

 

 

観たかったのですが、なかなか映画を観るタイミングがなくて、

まさか飛行機の中で観れるとは!!

 

 

さらに、以前妻が観たいと言っていた

 

 

植物図鑑も観れました。

 

2本見てちょうど5時間。

飛行機はフィリピンに到着したのでした。

 

 

 

日頃忙しなく生きている私にとって、

JALの飛行機の中での5時間は

なんだか、もう・・・最高にリラックスできたひとときでした。

 

 

 

フィリピンについてその話をすると、

フィリピン航空の機内ではこういう映画は観れなかったそうで

5時間が長かったという仲間のコメントに

キャンセル料とられたけど、なんか得した気分になれたのでした。

 

 

JALで良かった照れ

 

 

 

 

しかし、この後「君の名は」と「植物図鑑」で

すっかりほっこりモードになってしまった私は

フィリピンの現実とのギャップに苦しむことになるのでした。。。びっくり

 

 

【今回の教訓】

 

JALだと最新の映画が見放題。

 

しかも早くからチケットを取れば、

フィリピン航空よりも安く買える場合もあるようです。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私、人生で初めて国際線のチケットの手配をしました。

 

本当に何もわからない中での手配でそれはもう大変だったし、

失敗もしました。

 

フィリピンでのお話の前にまずは出国までの流れをお話します。

 

 

NPO法人「アクション」さんから

 

フィリピン航空 

行き/成田発9:30  マニラ着 13:30

帰り/マニラ発14:00  成田着 20:00

 

の便のチケットをとるか、同じような時間にJALもあるので、

JALでも良いですよ。

 

との連絡が来ました。

 

んじゃ、まぁたぶんみんなフィリピン航空を使うんだろうなぁと思い、

早速「フィリピン航空」で検索。

 

フィリピン航空のHPにたどり着くも、自動翻訳が微妙で

初めての私はものすごく不安な気持ちになり一度クローズ。

 

JALのHPに飛びました。

さすが日本の航空会社!!

HPも見やすくサクサクッと進みます。

 

しかし、上記の時間帯の便がない。

おかしい。

 

 

 

 

どうしたんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

あっ!!

 

 

 

 

行き先がマニラではなく

マカオになっている(ーー;)

 

 

 

 

 

 

危なくマカオに行くところでした。

(ちなみにマカオってどこだっけと思い調べたら、中国でした(笑))

 

 

行き先を修正すると、ほぼ同じ時間帯の便が確かにありました。

順調に登録をしたのですが、途中で携帯がフリーズ。

 

 

まっ良いか、と再度やり直して、

無事にチケットの予約が出来ました。

 

 

ついでにJALのマイレージクラブにも登録もして、

これにて完了。

 

 

やればできるグラサン

 

 

 

 

ほっと一安心してしばらくたったある日。

JALから「搭乗5日前」の確認メールが届きました。

 

 

なぜか2通。

 

 

 

んっ?

 

 

 

なぜだ?

 

 

 

予約サイトには1つしか予約は表示されません。

にもかかわらず、通知メールが2通。

 

 

 

 

嫌な予感がしましたガーン

 

 

もしかして、フリーズした時の登録も生きていたのかもしれない。。。

 

 

 

慌ててJALのサービスカウンターに電話して確認。

 

 

 

電話応対してくれた女性は、テンパっている私の話をしっかり聞いて、

的確に対応してくださいました。流石!!稲盛哲学の実践者たち!

 

 

 

その結果、やはり2重で予約をしていたことが判明滝汗

 

 

すぐにキャンセルを依頼するも、キャンセル料が2万円かかるとのこと

 

ゲッソリ

 

色々言っても、私に非があることを指摘され交渉には応じてもらえず。

 

 

結局52000円で行けたはずのフィリピンが、

実質72000円になってしまいました笑い泣き

 

 

海外旅行に慣れていない私が受けた最初の洗礼でした。

 

 

 

そしてネットでのクレジットカードの決済は怖いですね。

ボタン一つで5万でも10万でも払ってしまう。

 

すでに引き落としも完了しているので、

一度払ったお金を取り戻すのは非常に大変です。

 

 

 

最初はワクワク・ウキウキちゅーだったハサミノチカラツアーでしたが、

 

実は私は搭乗5日前から

 

ドキドキ・ザワザワ滝汗で当日を迎えるのでした。。。

 

 

【今回の教訓】

 

航空機チケットの予約はキャンセル料20000円取られるので、

慎重に取りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。

 

アメブロ復活します。

 

会社のオフィシャルのブログもあるのですが、

こちらはもう少し主観的な記事を書いていきたいと思います。

 

良かったら読んでください。

 

 

さて、しばらくブログをお休みしていた間に、

色々なことがありました。

 

「ハサミノチカラ」との出会いもその一つです。

 

フィリピンのNPO法人「アクション」と日本人美容師さんが協力して

立ち上げたプロジェクトです。

 

http://actionman.jp/

 

フィリピンの子供たちを支援することが目的の団体ですが、

「ハサミノチカラ」は、まさに鋏を通して子供たちに夢を与えたい!!

という方々の活動でもあります。

 

主な活動の一つに、毎年11月に日本から美容師さんたちが2泊3日でフィリピンに行き、

貧困層にホームステイしながらボランティアカットをするツアーがります。

将来美容師になりたいと夢を持つ子供が現れてほしいという目的があります。

実は初めての出会いは2年ほど前でした。

活動を知って、刺激を受けて共感もしました。

 

しかし昨年のフィリピンツアーには参加しませんでした。

費用の問題・スケジュールの問題・・・様々ないかない理由がありました。

 

「ハサミノチカラ」プロジェクトの中心人物の一人でもある

神奈川で美容師をやっているヒロシさんにその旨を伝えると、

 

「みんな良いって言ってくれるけど、実際に行く人って少ないんだよね」

 

との言葉が返ってきました。

 

ドキッとしました。

 

そうなんですよね。

 

世の中社交辞令だらけ。

 

言葉の重みがだんだん薄れていく自分。

 

行動できない自分。

 

言い訳している自分。

 

『絶対来年こそは行ってやる!!』

 

そう心に誓い、今年の参加表明となりました。

 

 

 

11月23日に帰国したのですが、やはり行って良かった。

大きな気づきと多くの仲間との出会いがありました。

 

 

 

とても一度には書ききれません。

自分の備忘録代わりに明日から具体的な体験談を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
凄く久々の更新です。

実は新たなブログを立ち上げようと準備していたのですが、
やはりこのK’Z伝記も残した方がよさそうなので、
来年からはまた更新していこうかと思います。


さて、今年も忘年会やら同窓会やらに参加させていただいたり
自分で企画もしました。









今年は私が企画した忘年会は、
ホテルを使う機会が多かったのですが、
色々な反省がありました。


自分自身の反省と共に、
皆さんが今後企画するときの参考になればと思い、
ホテルでの宴会のポイントをまとめてみました。



1、ドタキャンは必ずいる!!

  事前に会費の回収が難しい忘年会や同窓会の幹事の頭を悩ませるのが、
  当日のドタキャンです。お店からすれば、当日になっての人数の変更は
  食材の準備等の関係上、出来ないのは理解できます。
 
  単価の高いホテル等での宴会でのキャンセルは結構きつい。

  そこで料理を予定の人数の9割程度に抑えるという技を覚えました。

  30人予定なら27人分の料理を頼むのです。
  飲み放題だけ人数分を頼めばホテルも認めてくれます。

  そうすることでキャンセルが出た場合の損害を防ぎます。
  全員来た場合でも、宴会料理は基本多めで余るもの。
  何とかなるものです。


2、移動が多いか少ないかでスタイルを変える。

  今年の一番の反省は、毎回テーブルスタイルにしてしまったことです。
  忘年会や同窓会は多くの仲間との交流を求め席の移動が激しく、
  テーブルに並んだ料理も、後半はどれが誰のだか分からなくなってしまいます。
 
  そういう時はビュッフェスタイルの方が良いなぁと感じました。
 
  式典やパーティーならばテーブルに座ってゆっくり料理を楽しむ方が
  良いと思いますが、ホテルでの飲み会はビュッフェスタイルが良い!!!

  これは間違いない
  

3、2次会がある場合はまとめて最初に集金する。

  事前に2次会まで予定している場合は、会費は1次会の受付時に
  集金したほうが混乱が無くてよろしいと思います。

  今回の同窓会では2次会費を最初に回収しましたが、
  酔っぱらう前にすべての清算が出来たので混乱がありませんでした。

  幹事もお酒を楽しみたいですよね

  そういう時は事前にお金は回収してしまいましょう。
  


4、幹事への労いは忘れない。

   今回、同窓会の幹事をやって感じたのは、
   幹事への労いの言葉の嬉しさでした。

   基本ボランティアで引き受けてくれている幹事に対しては、
   感謝の言葉が一番のプレゼントですね~

   そうすれば基本目立つのが好きな幹事タイプの人間は、
   また次回も面倒な幹事役を喜んでやってくれるはずです(笑)

      
5、出欠連絡はやはり往復はがきが良い!!

   今回の同窓会の出欠連絡は経費節約の為、
   メールでの回答を求めましたが、これが大失敗


   返信用のはがきを付けて無理矢理返事をさせないと、
   バックれるやつが非常に多く出てきます


   さらに今はPCメール・携帯メール・ライン・フェイスブックのメッセ・・・
   などなど様々な連絡手段が存在し、統一しないとあっちこっちから
   連絡が入りパニックになります


   しかもGメールだと、アドレス帳に載っていないメールは
   迷惑メールに振り分けられる可能性も高く、
   今回は数千通の迷惑メールから拾い上げるハメになり、
   かなり苦労しました

      
   古典的かもしれませんが、返信用はがきを準備するのが、
   もっとも楽かもしれません。








拙い内容でしたが、私の今年の反省を書いてみました。


私の最終的な幹事としての目標は、
出された料理が全て無くなる宴会です。

毎回残った料理を見ると心が痛くなります。

これからも気づいたことを書いていきたいと思いますので、
興味があったら参考にしてくださいね~


それでは今年も一年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。


良いお年を~
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


なんと、発売からまだ2日しか経っていないのに、
早くも追加注文が


ヘアーズホーム ワハ 
発売日にご購入後、早速お客様に紹介して頂き、
半分以上は売れてしまったという恐るべしニュータイプ

ありがとうございます





今日だけでも多くのサロン様よりご注文頂きました。
松岡さん、渡辺さん、野尻さん、古澤さん、
大塚さん、和田さん、小倉さん、
ありがとうございます


「SAY56」は、
理美容室専売品です。
納品済のサロン様から順番にご紹介していきますので、
「SAY56」を使ってみたい方は、
是非お取り扱いサロンまでお問い合わせください。
もう少したったらリストを作成しますね~。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【過去の記事も読んでね】

シャンプー開発物語
  「オリジナルシャンプーを創ろうと思ったきっかけ」
シャンプー開発物語2
  「開発する際のコンセプト」
シャンプー開発物語3
  「ノンシリコンだから良いってもんじゃない」
シャンプー開発物語4
  「高級アルコール系界面活性剤の長所と短所」
シャンプー開発物語5
  「研究員との戦い」
シャンプー開発物語6
  「オレフィンスルホン酸との出会い」
シャンプー開発物語7
  「オレフィンスルホン酸との別れ」
シャンプー開発物語8
  「非イオン界面活性剤アルキルグルコシドとは」



  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





    「SAY56」
    は、優しいシャンプーなんです。

     1技術者に優しい(手荒れ軽減処方)

     2、髪に優しい(マイルドな洗浄力・ノンシリコン)

     3、頭皮に優しい(弱酸性)

     4、地球に優しい(生分解性が高い)

     5、お財布に優しい(低価格)











    なぜこういうことが言えるのかというと、理由の一つは、
    主成分の「アルキルグルコシド」が凄いからです。

    どれくらい凄いかっていうと・・・


    SAY56の生みの親、橋本氏もニヤついてしまう位に
    凄いんです


    詳しいことはバックナンバーに書いてありますので
    興味があったらご覧ください。








    髪に関わるプロとして、自信を持って勧めたい。

    その為にも、より多くのサロン様に
    取り扱って頂きたいと思っています。








    なんかブログの調子が悪いので、
    今日はこの辺で終了~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!!
ご無沙汰しています。









株式会社クロサキ
代表取締役・・・









黒崎英典です







突然ですが、








クロサキオリジナルシャンプー




「SAY56」




7月16日に発売になりました






いやぁここまでの道のりは本当に長かった。。。





もともと商品名は



「清五郎」




のはずだったのに、
アンケート取ったら大ブーイング




でも、やっぱり想いとしては創業100年を超える弊社を作った
創業者「清五郎」にこだわりたくて・・・



せいごろう



SEIGOROU



SEI-GORO



SEI 56



SAY 56


という感じで、最終的に



「SAY 56」



となったのでした






ちなみに



SAY  =  髪に語りかける



56   =  ペーハー5.6(弱酸性)




という無理やりの意味も持たせました(笑)






また、今回のターゲットの客層は特殊で、






妻や母親の買ってきたシャンプーを使用している男性







であり、このターゲットが「SAY56」を使用するには、






1 自分で買う



2 妻や母親が買ってくる





という2パターンが考えられるので、
悩んだ結果ダブルブランドを立ち上げました。





1 自分で買う



















2 妻や母親が買ってくる







です!!



カッコいいっすよね~



今回ロゴマークを作ってくれたのが、
地元栃木のちょっと変わった印刷屋


「印刷工場 みやもと」 さん。




この印刷屋さんは、ただ印刷するだけじゃなく、
色んな販促のアイディアも教えてくれたりしてくれるんです。



今後、みやもと印刷さんと組んで、
もっともっと色んな販促物を御用意していきますね~






キャラクターも現在制作中です







こちらも、これまたすごい人に依頼ちうですw






さて、取り急ぎ今日は発売のお知らせまで。






明日から少しずつ商品情報等をお知らせしていきますね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰しています。
またまたサボってしまいました(^_^;)

シャンプー開発物語も
近々アップしますねq

今回は久々に妻の頭を使って
新メニューの実験をしたのでご報告を!


最近会社の上に引っ越してから、夜時間があるときに
気軽に妻の髪を染めてあげられるようになりました。




夏に向けてウエラが創った色レシピを基に

12/33 : 99/81
   4    :    1


最近めっちゃヒットした『泡カラー』と


先日お客様から教わった『グロスカラー


を贅沢に両方一度に試してみました


それにしても計算式が難しい。。。


12/33 + 99/81 + グロス +   ファイケラ +  6%
 32g + 8g    + 10g  +    5g    +  72ml

合計 127g


あっているかな(-_-;)



根元2cm位が新生部で、
既染部は11レベルくらいと診断。



まずは教わった通り、グロスを軽くベースに塗布。


軽くと言われたけど、塗りムラがないようにするには
結構手間が掛かるような気がしました。


根元リタッチ後、既染部へ残液塗布で対応。


と、まぁこんな感じで無事終了~


かと思いきや、根元がリフトアップしてこないんですよね。


結構放置時間置いたのですが、
新生部と既染部で少々段差が付いてしまいました


まぁ妻の許してくれる範囲だったので良かったのですが、
何がいけなかったのだろう。。。

艶も出たし手触り感も良かったです。
でも色が気になってしまって、結果はいまいちかなぁ。


最初のカウンセリングが失敗ですかね?
12/33がベースだから上がってくれると思ったんですけどね

仕上がりの写真載せようと思ったのですが、
「あんたあたしのスッピン載せる気じゃないでしょうね!!」
と指摘されビビってしまい、
後ろからも取るのを忘れてしまいました

それにしても昨夜は花粉がひどかった
鼻栓しながらカラーしてました



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。