ZACグループ代表金森秀晃オフィシャルブログ「リアルライフ」

飯田橋 神楽坂の癒し業界ベンチャー企業株式会社ZAC社長のブログ。
メンタルトレーニングのこと、企業研修・コンサルティング・スクールのことから、大好きなおやつの事まで幅広い起業家メンタルトレーナーのブログです。

NEW !
テーマ:

僕はカウンセラーでもあるので

セクハラやパワハラで悩んでいる被害者の方から相談されることも多いのですが

今回は「法人におけるパワハラ・セクハラ対策」をお届けしたいと思います。

 

近年、弊社のクライアント様からも「パワハラ・セクハラ研修」の依頼が増加しております。

では、どんな対策をたてれば良いのでしょうか??

 

①法人の方針を明確化する

 

まず事業主が「セクハラ・パワハラは絶対に許さない」という

法人の方針を明確に、施設に打ち出すことです。

 

これは口頭ではなく書面化し(就業規則、社員手帳、掲示板等)、

社員に周知徹底することが必要です。

その際、加害者には法的責任追求・懲戒処分等など断固たる姿勢を取ることを

明記すると効果的です。

 

②実態を調査する

現状を把握することで、原因を探ることもできますし、

実態にマッチした対策が可能となります。

女性従業員、派遣社員がすぐに辞めてしまう場合には、

退職者にアンケートをとるなど調査の範囲を広げることも必要です。

現状の把握はどんなことにおいても大切ですよね!

 

③社員研修を行う

社員に対して少なくとも1年に1度はセクハラやパワハラに関する研修を行い、

企業方針の周知を徹底させることが大切です。

特に管理職の知識の欠如や認識の甘さは、

セクハラやパワハラの問題を誘発する原因にもなります。

 

コミュニケーション研修や管理職研修なども合わせて実施することをおススメします。

 

④相談窓口を設置する

実際に問題がが生じた場合、

社内で気軽に相談できる対策がとられていなければ、

法的問題に発展した時に、企業が訴えられる可能性が高まります。

 

まずは社内に専門の相談窓口を設置しましょう。

ハラスメントは職場の上下関係に乗じて行われることが多いので、

被害者の上司・管理者はもちろんですが、

同じ部署内の人間などが、相談員であることは好ましくありません。

 

他の部署と癒着のない専門の部署を設け、

社外の専門家(相談員)を配置することが適切です。

 

あなたの組織は大丈夫ですか??

 

弊社は人事コンサルティングファームとして、研修はもちろん事前調査や分析

また外部相談員の請負いなどトータルサポートさせて頂いておりますので

お気軽にお問合せくださいませ。

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Q.

コンプライアンス研修は義務化されているけれど、正直、幅が広くてどこに焦点を絞ったらよいかわかりません。

個人情報保護、虐待、ハラスメント、インフォームド・コンセント、倫理、労務、診療報酬のルール、危機管理、訴訟対策・・・

毎年何をしたらよいか迷ってしまい、毎回個人情報保護の話になってしまうので、

スタッフが飽きてきてしまっております。どうしたらよいのでしょうか?

 

 

A.

 

確かに、コンプライアンスというのは領域が広いため、少々わかりにくい分野ですよね。

いきなり何かやってと言われても困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

コンプライアンスがわかりにくい背景としては・・・

その規範の対象が多種多様にあるからです。

 

コンプライアンスの対象となる規範

法規範(法律、条令、その他政府の規則)などの大きなくくりから、

社内規範(社内ルール、業務マニュアル)などの小さなくくり。

その他、倫理規範、企業倫理、社会的規範などもあてはまってきます。

 

うーん、

確かにわかりにくいですね・・・笑

 

 

そんな時こそ、一度シンプルに考えてみましょう。

 

当然、「こういうところに気をつけましょう」という形の研修は重要な要素ではあるのですが、

それ以前に、そのコンプライアンス違反が起こる原因、本質について

考えていくべきなのではないでしょうか?

 

 

私の考えるその「本質」とは?

 

 

"社内規範"を形作る、"人事評価制度"と

それを効果的に運用するための"コミュニケーション"です。

 

 

人事評価制度は、組織がスタッフに求めることを明文化したメッセージシートのようなものです。

そこにリスクマネジメントができる人材としてのあり方を明確に打ち出すことが大切です。

 

ただ、それだけが渡されても、そのメッセージシートに意義を見出し、

徹底させる情熱と技術がなければ、

形骸化された、絵に描いた餅で終わってしまいます。

 

 

その技術こそが、コミュニケーションスキル!

 

場づくりを含めた1対複数から1対1のコミュニケーションまで、

幅広く対応していくことが非常に重要と言えるのではないでしょうか。

 

 

そんな背景から、コンプライアンス研修の中に、

コミュニケーションの要素を組み込んでいただく法人様が非常に増えてきております。

 

 

何か雑多な問題を解決したいと思ったらまず、

雑多な問題が起こる要因・本質に迫ってみると、

案外すっきりと解決策が見つけ出せるのかもしれません。

 

 

簡単なようでなかなか難しいことですが、

もし何かご不明な点、ご相談等ございましたらお気軽に

弊社無料コンサルティングまでご相談ください。

 

http://f-zac.com/ serviceconsul.html

 

 

株式会社ZAC⇒こちら

金森秀晃オフィシャルブログ→こちら

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■   資料無料配布中!

http://f-zac.com/downloads/ consept.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

運は作り出すことができる

あなたはこう聞いてどう感じましたか??

 

ええ??運が作り出せるなんて嘘でしょ!

創り出せるならその方法を教えてくれ!

 

そうですよね!

誰だって運が悪い人より運が良い人になりたい。

僕だってそうです。

 

さて、世の中の富裕層の約9割は自分が
「最高に運がいい」と信じていると言われています。

それは、
彼らが「運」を作りだす方法を知っているから
といえるのではないでしょうか。

つまり、「運」は確率。

試行回数と精度を高めることで

「運」は確実にあげることができます。

 

これは科学!

試行回数が多いということは、
設定をして区切って、
考える回数を物理的に増やすということ。

運をあげたいと思ったら、
まず、考える数を増やすことから考えましょう。

つまり分母を圧倒的に増やしていくことから始めませんか??

 

きっとあなたの運も開けていくはず!

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の研修・コンサルティングのコンセプトは

「研修やコンサルティング会社に頼らない、人財育成と組織の仕組を作る」こと。

変化≒成長!

僕は正直、お金に興味はありません。

(「手段」としてのお金は大好きです!!)

繰り返し、研修を受講していただくことの方が

無尽蔵に稼ぎ出すことはできるでしょう。

 

しかし、僕はファミリーのみなさまと共に成長し

高め合い

ファミリーが幸せになるお手伝いとサポートをし

ファミリーのなりたい姿へ無理なく、無駄なく導いてあげること。

 

質の高い

ホスピタリティに溢れた

医療・介護サービスの提供(つまりエンドユーザーさまの笑顔)が僕の一番の願いです。

 

そのための研修やコンサルティングサービス!

質の高いサービスのためには人財を育成する仕組が必要です。

それは緊急ではないかもしれません

時間がかかることかもしれません

ですが、これは一番大切なこと!

 

この価値に気づいてくださっているファミリーがいる限り僕は戦い続けます。

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃
株式会社ZAC⇒こちら


■ 研修サービスのご案内はコチラ!
⇒http://f-zac.com/service.html

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!
⇒http://f-zac.com/hrm.html

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!
⇒http://f-zac.com/hideakikanamori/
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

リオ五輪!柔道・水泳・体操と連日メダルの報道に胸を躍らせている人も

多いのではないでしょうか?

 

時差があるため、なかなか睡眠不足気味の方も

チラホラ??

 

私たちは、なぜ、オリンピックを見て、感動するのでしょうか?

 

アスリートたちの大活躍に、どうして胸を躍らせるのだろうか? 

 

そこに、私たち人間誰にとっても参考になり、

インスピレーションともなる「生き方」が表れているからではないかと僕は思うのです。

 

「遠い目標」のために、「今、ここ」を頑張る。

それが、アスリートの生き方。

 

メダルを獲得することはもちろん、

オリンピックに出場すること自体が、若いアスリートにとっては遙かに遠い目標。

 

僕も空手家ですので、そのスポーツマン精神は非常に共感することころが多いです。

 

 

その、最初は幻のような目標に向かって、

少しずつ、自分の技を磨き、体力を高め、運動能力を積み上げることで、

初めてオリンピックへの出場が可能になります。

 

 

このような、「遠い目標」を目指して「今、ここ」を努力するという生き方は、

私たち一人ひとりにとっての1つのインスピレーションとなるのです。

 

仕事をするうえで、苦しいことはたくさんあるでしょう。

時には辞めたいと思ったり、

逃げ出したいと感じることもあるでしょう。

 

僕だって毎日戦っています・・・・

 

でも、遠い目標があればこそ!耐えられる。

 

何よりも毎日の努力に、意味が生まれる。

僕が大切にしているルーティンなんかもそうです。

 

遠い目標は、社内の立身出世だけとは限りません。

 

自分で会社をつくって大きくするという夢を持つ人もいるだろうし、

イノベーションを起こすこと、

世のために人のために役に立つことを目指す人もいるでしょう。

それはなんだって良い!!!

 

 

それは、漠然とした抽象的なイメージかもしれないし、

鮮明で具体的な課題かもしれない。

 

遠い目標があるからこそ、今、

ここの苦しさに耐えられる。

オリンピック出場のアスリートたちから学べる生き方が、ここにあると僕は思う。

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

 

次ページ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

この間は、オフィスの近くのお寿司屋さんで

スキンヘッドの外人さんが出てくるなり

"4文字言葉"を口にしてしまう暑さでした滝汗

なかなか、辛いものがあったようです…

 

辛いと言えば、先日久し振りにテレビを付けたら「イッテQ」をやっていたのですが、

その時は「出川哲朗のはじめてのおつかい」という企画があって、面白くて見ていました。

 

この企画、すごいと思うのが出川さんのおもいきりの良さ!

要は英語が全然しゃべれない出川さんが海外の町で、

スタッフから提示されたお題を道行く人にひたすら聞いて回り、

このお題を実行するというもの。

 

でもめちゃくちゃな英語であっても、笑顔がなんだか気落ち悪くても(失礼!)、

とにかくアタックし続けるうちに親切な人にあたって、助けてくれるんですよね。

 

諦めない執念!これはZACの研修でも提供しているところです。

出川さんは人を変えていきますが、職場ではそんな事は出来ません。

それに、医療・介護の現場で働く皆さんに言ってわからない人はいません!

 

ただ、その時の状況や感情でうまく指摘を受け取り、咀嚼することができないだけなんです。先日も、OJTトレーナー研修後のある介護主任の方からこんなお話を聞けました。

 

「OJTを担当するようになってから2年目だけど、1年目に担当した子たちがなかなかうまく動いてくれなかったんです。でも、ZACさんにコミュニケーションの取り方を改めて見直してもらって、諦めずに動いてくれるようになるまで丁寧に伝え続けたら、その中の一人が何も言わなくても率先しておむつ交換や汚物清掃を買って出てくれるようになったんです!

嫌なことを進んでやってもらえるかどうかは相手次第だと思い込んでいましたけど、諦めないことで伝わるんだと実感できました、ありがとう!」

 

お礼を言うべきはこちらの方です!その「諦めずに続ける」ようになって頂けた、成長して頂けたということだけで、僕はすごく勇気づけられました。

ZACの研修サービスはこの方のように「人を諦めない」人を育て、定着させるための仕組み作り!

それがこうして実を結んだというのは本当に嬉しいことです。

さて、現場応対のためになかなか集合研修が難しいという病院・介護施設の方に向けて、

ZACでは

Leaders Educational Colledge(LEC)」という新サービスの提供を始めました。

これは弊社銀座研修ルームへ1~2名の方が定期的に来ていただき、

組織の「リーダー」になって頂くための研修プログラムです。

 

仕事と人材のマネジメント能力を鍛え、組織を経営する力をがっちり身に着けて頂く月1回、半年間の基礎コースです。

 

  • 将来リーダーとしての活躍を期待する社員の方
  • 現リーダー職の方

先行申し込みを只今受付中!この機会にぜひ!ご検討ください。

 

後日…金森社長から

おんなじことを取り上げてた人がいるよ!

と教えて頂いて、「かぶった!」とちょっと複雑な思いのバリーでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「自分の思いと異なる他人の言動」に接すると

あなたはどうでしょうか??

 

 

「なんでだよ!こうするべきだろ!」

「常識はこうでしょ!なんでそうするんだよ?バカじゃないの!!」

 

僕たちは不平・不満をついつい抱きがちです。

相手を責めるような言動をとってしまったり

傷つけることを言ってしまったり

そうしたことが積み重なり・・・・

やがてそのひずみは大きくなり、

不和が生じてくるのではないでしょうか??

 

自分も相手も気持ちよく過ごすためには

一度、自分自身の心の中を冷静に見つめてみましょう。

 

「こうあるべき」というあなたの「思い込み」が

そのイライラの原因になっていることが

多いなぁ・・・と気づくことができるかもしれませんね。

 

自分自身の心がけ次第で、いつでも、どこでも、誰にも

思いやりは発揮できるものです。

 

あなたのその「こうあるべき」という思い込みに

心が支配されてしまう前に

ちょっと一息、深呼吸!

違った景色が広がりはじめますよ。

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の会社の社是は「人の困難を希望に変える」

これからの日本を生きる僕たちは、まさに困難な時代を生き抜く戦士!!

正社員になれば安定した生活が手に入る。
そう信じている人は多い。
確かに正社員になれば、

仕事内容と月々の報酬が固定化されることは確かですね。


だがそれを安定した生活と呼んでもいいのでしょうか??

僕は決してそう思いません。

 

まず、安定と言うからには長期的な見通しが必要なんです。

 

 

就職して正社員になっても、
保証されるのは「今」の待遇だけ!

 


5年後10年後の待遇など誰も保証してくれないし、
その時に会社があるかどうかさえ分からない。

 

そんな時代ではないでしょうか??

 

 

更に、豊かになった僕たちには安定した生活には、

収入以外の要素も必要!!

 


たとえば会社員になると、苦手なことや、
やりたくない仕事でも、黙って従わなくてはならないですよね?


ストレスを抱えながら送る生活を、

満員電車に揺られながら通勤し続ける生活を
安定した生活と呼んでもいいのだろうか。

 

長期的な保証と、精神的なゆとり。
その両方があって、初めて安定した生活が成り立つのではないでしょうか?


しかしそれは、正社員になれば自動的に手に入るものではありません。

これから求められるのは「強い個人」

会社に守ってもらおう!

安定と保証を求めよう!

そんな人間は生き抜くことができない!

 

だからこそ!「困難を希望に」変えていける強い個人を育成していきたい!

 

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Q. 研修の効果を、数値化して効果検証をしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか? 効果測定の方法を教えてください。

 

A.

 

研修の効果検証については、色々と悩まれる法人様も多いですよね。

 

そんなときに私がお勧めしているのは、

「数値」に拘らず、何か目的と目標、そのための具体的方策(これが研修に当たるのかもしれません)を設定したときに、 一緒に「評価基準」を設けておくことです。

 

そもそも、研修の効果を測定できないのは、 元々明確な評価基準を設けていないからと言えるのではないでしょうか。

 

例えば、非常に単純な例でお話ししてみましょう。

 

目的は、「質の高い医療サービスを提供する」こと。

 

その目的を達成するにあたっての課題は、

「管理者が組織の問題を自分(個人)ごととしてとらえられていない、

当事者意識をもって課題解決にあたれないこと。」

 

それを解決するための目標設定としては、

「管理者が当事者意識をもって、課題解決にあたり、

結果に対して責任をもてるようになること」

 

具体的方策として、

「そのための管理者研修を行う」ことにしたわけですが、

このとき、あなたはこの研修の成否を計るために、

どのような評価基準を設けますか?

 

多くの方は、ここで明確な評価基準を設けることをしません。

 

実はこの点が、「研修効果がでない」「続かない」一つの大きな要因なのです。

(研修を提供するプロがこちらを設定していないケースもありますが、

それでは結果がでるわけもありません・・・)

 

例えばここで私どもが評価基準を設定するとしたら・・・

「課題解決のために、管理者が自ら経営者(上司)に相談・質問にくる回数が増える」

などが上げられます。

 

連続性のある研修では「次の研修で、こんな発言が出てくるようになる」 等を設定することもございます。

 

こうして、理解・定着の発露としての「行動」をモニタリングする基準を 細かく設けていくことが、教育・研修における重要なポイントになります。

 

 

是非、皆さんもトライしてみてくださいね!

 

 

余談ですが・・・ 実は、人事評価制度というものは、

本来こうした目標の設定、

課題の特定、具体的方策、評価基準と検証、

このサイクルを「自然と」回す仕組みを作ることでもあります。

 

それができる仕組みであれば、実は内容や項目は

最初からそこまで精度に拘る必要はありません。

 

大切なのは、検証・修正ができる仕組みが作れるか否か。

 

こちらをポイントにして評価制度の見直しを図ってみてはいかがでしょうか?

 

お困り・お悩みのことがございましたら、

いつでも弊社の無料コンサルティングまでお問い合わせください!

http://f-zac.com/serviceconsul.html

 

株式会社ZAC⇒こちら

金森秀晃オフィシャルブログ→こちら

 

■ 研修サービスのご案内はコチラ! ⇒http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ! ⇒http://f-zac.com/hrm.html

 

■   資料無料配布中! ⇒http://f-zac.com/downloads/consept.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕は、法政大学卒業後、野村證券本社勤務となりました。

トップセールスだった経歴があるため

僕は営業マンの方からの相談を受けることが多く

先日も金融業界のトップセールスマンたちで構成されている

MDRTでの講師も務めさせていただきました!

 

 

みなさんのお悩みをお聞きすると、

「会話の間に起こる沈黙が怖い」

という方がたくさんいらっしゃいます。


沈黙が続くと気まずいなと思って、
人と話すことを避けてしまったり

営業という仕事がいやになってしまったり・・・・

 

間が空かないように必死に話して、
ついついしゃべり過ぎてしまう・・・・

 

 

あなたも思い当りませんか?


でも、間は必ず起こるもの。

むしろ、この間が大切だったりするのです!


一呼吸置いて落ち着く時間が
必要なんです。


話題を変える準備をしたり、
相手からのお話しを引き出す時間になります。

 


間が空いたら「どうしよう」ではなく。


相手を感じる時間。


そう考えてみてはいかがでしょうか?


自然に、次に話す一言や行動が
決まってきますよ。

 

 

一呼吸

を大切にできる人間は「営業を征する」

 

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

株式会社ZAC⇒こちら
 

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

 

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

 

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。