ZACグループ代表取締役社長・金森秀晃オフィシャルブログ

株式会社ZAC社長 金森秀晃のブログ。
人事制度構築、教育・研修サービスとその現場から得た気付きについて綴っています。
企業研修・コンサルティング・スクールのことから、大好きなおやつの事まで幅広いブログです。

NEW !
テーマ:

こんにちは!
コンサルティング事業部、榊原ことバリーです。
今日も金森社長ブログをジャックします!


先日、A病院のB事務長、C看護部長と先輩の4人で
研修の事前打ち合わせの席上、目的・目標の明確化について説明差し上げた時のことでした。

 

C看護部長
「なるほど、コミュニケーションにも目的や目標がないと確かに、ふんわりしてしまうかもしれません」

 

B事務長
「…C部長、この間の会議で採用の方針を確認しましたけど、ここにも目的と目標を設定しませんか?」

 

と、お二人がやり取りされた瞬間、部屋の空気が変わりました!

 

C看護部長
「それ、必要なことですね!」

現場業務だと明確でも…

病院や介護福祉施設、調剤薬局には「人を救う」「楽にして差し上げる」「穏やかに過ごしてもらう」といった目的は明確にあるかと思います。

それが例えば、現場を外れて採用になると、
「即戦力」「辞めない人」「コミュニケーションの取れる人」といった、
現場からの漠とした欲求に対し、
「担当者が良いと思った人」「すぐ採れる人」を採用してしまっていませんでしょうか?
(現場のひっ迫と、売り手市場の業界で必死になって動いていらっしゃると、
そうなってしまうのは仕方ないかもしれません(><) )

 

でも、ここに目的と目標を設定し、それを達成できるための人財確保と位置付ければ
現場とのミスマッチも減り、
被採用者も「何をすればいいのか」が明確となり、
採用担当の方も「どんな人を探せばいいのか」がわかって、
効率化が進むかもしれません。
例えばB事務長・C看護部長がその場でおまとめになった一部として…

 

法人としてより地域貢献したい

5年後に訪看ステーション併設の特養を作りたい

そのために今の師長を老健の看護部長に育てたい
(3年後には認定看護管理者を取らせたい)

2年以内に、研修で抜けがちになる師長の穴を埋められる人財を確保したい

部長候補として有力な師長は救急外来を主担当にしているので、
救急の経験豊富な人がいい
C看護部長の経験からすると、救急で●年勤務した人がいい

 

と、目的・目標から考えた「欲しい人財の基準」を瞬く間に明確にしてしまわれました!

目的・目標で…

帰り道に先輩と、

 

バリー
「僕もつい、自分のやりやすさやその場を凌ぐことを考えて仕事をしてしまいますけど、
客観的な目的・目標で計画建てて、目標達成に徹底的にこだわること、
自分以外の基準に合わせて仕事をしようとする姿勢って大切だと
B事務長、C看護部長に教わった気がします」

 

先輩
「そうだね、それに目的・目標を設定するだけで共通言語が出来るから、
スタッフ全員のベクトルを一方向にまとめていくことも出来るようになるのかもしれないね」

 

と、学びを振り返ることが出来、
お客様・現場は学びの宝庫だな、と感じたバリーでした。

 

こうした、人事における課題や解決事例を共有してみませんか?
医療・介護人材育成大会議、申し込み受付中!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「形骸化しない仕組みを作りたい」
「作った制度をしっかり浸透させたい」

 

そんな思いをお持ちの人事担当者の方は、多いのではないでしょうか?

 

私も今まで300件以上の評価制度構築に携わらせて頂いておりますが、
そうしたご要望はほぼ100%のお客様より頂いて参りました。

 

それについて、私が答えを申し上げるとしたら・・・
実は、
人事評価制度の浸透度というものは「構築」段階で9割が決まる
といっても過言ではない!と考えております。
(300件以上の制度構築に携わらせて頂いた中での統計として)

 

もう少し詳しく申し上げると、
“どんな願い、どんな思いを込めて作られた制度なのか”
これを語ることができる人間が、院内・社内にどれだけいるかで、
事実、評価制度の浸透度は大きく変わってきます!

こちらは、評価制度構築中の薬局様の若手薬剤師の方の感想文です。

 

 


「ステージごとの役割が明確になったことで、目指すべき目標がはっきりして、
わかりやすくなったこと改めて感じました。また、話し合いの中で、
店長さん達は「このステージだったら、このくらいのことはやってほしい」と
期待を込めて役割や知識レベルを設定していたのが印象的でした。
そういった思いを込めて作られた評価制度であることを他の社員の人たちにも知って欲しいと思いました。
その上で、期待に応えられるような目標を立てて働くことが会社への貢献に繋がると思いました。」

 

人事評価制度が形骸化しないポイントは、
構築の「前・後」を作ることとかねてより申し上げておりますが、
http://f-zac.com/hideakikanamori/2016/09/28/key/
この方の感想は、構築段階で巻き込む重要性・意義について、
改めて我々に気付きをもたらしてくださったような気がします。

 

構築段階で巻き込むというと、
「巻き込んでいるつもりだけど・・・実際どうなんだろう」と
思われる方もいらっしゃるかもしれませが、
何より重要なのは、
何のためにどんな思いで作られたものかを、
どれだけ多くの方が知っているかどうか、
それが、巻き込むことができているかどうかの指標になるのかもしれませんね。

 

それにしても、こんなに真摯な思いでプロジェクトに向き合ってくださる方がいる
経営者の方は幸せ者ですね♪
(もちろん、普段からスタッフの方に愛情を注がれているからこそだと思いますが(^^))

 

評価制度構築をツールに、カウンセリングの力で、
こんな素敵な会社、組織をどんどん増やしていきたい!
と決意を新たにさせていただきました!
ありがとうございます!

 

気付きを与えてくださる皆さんに感謝して、
今日も一日頑張ります(^^)/

 

 

人事コンサルタント
金森秀晃

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デキないことや分からないことを指摘された時、
人にはふたつの捉え方があると言われているそうです。
 

①指摘されたことに凹む
「ああ、また言われてしまった・・・、なんて自分はダメなんだろう(T_T)」

②指摘されたことに奮起する
「よ~し!伸びしろを教えてもらえた!」
 

という感じです。

どちらの捉え方が良い・悪いということはないのですが、
どちらの捉え方をした方が成果がでやすいか?
このブログをご覧になっている方ならお気づきかと思います^^
 

そうです!
②指摘されたことに奮起する
の方ですよね。
 

②の場合だと、デキない事や分からないこと=自分の伸びしろ
と捉えているので、デキない・わからない原因を探すのではなく、
どうやったらデキる・わかるようになるか?という思考回路を創ることができ、行動をとりやすくなるんです。
 

そうは言っても、やっぱりデキない事があると凹むのもまた事実だったりしますよね。
凹むことそのものは、みなさんにあることだと思いますので(僕も含めて 笑)
自分は凹むもんだ、と想定して準備をしておく、これからまずは始めてみてはいかがでしょうか?
 

デキないことを発見⇒分解(どこがどういう風にできてないのか)⇒手順を決める(いつまでにどのようにやるか)
このサイクルを回してみるのがポイントです^^
 

人事コンサルタント
金森 秀晃

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

「諦めることは選択よ。運命じゃないわ。」

 

ディズニー映画「ダイナソー」

の劇中に出てくる明言の一つです。

(僕にディズニーは似合わないでしょうか。笑)

​​

​​

自分にとって都合の悪い事が起こると、私たちはつい、

 

「これはそういう運命だったんだから、仕方かったんだよ」

「そうだよ、私は悪くない」

「そうそう、俺のせいじゃないよ」

 

なんて、諦めたくなりますよね。

(僕は諦めることを正当化したくなる気持ちがむくむくとわいてきます。笑)

 

 

でも、そこで楽な方に流れたくなる気持ちをぐっとこらえるときに

ふと思い出すのがこの言葉。

 

「選択であって、運命ではない」

 

この言葉を聞くたびに、未来は今の自分の一挙手一投足、

言動によって生み出す、作り出すことができるのだという

気力がわいてくるような気がするのです。

 

 

こうした話をすると、とかく大きな選択を考えてしまいますが、

実際のところ、本当に小さなことの積み重ねだと思うのです。

 

 

例えば・・・

・今日、この本を読もうと思っていたけど、眠いから仕方ない

・今日、これをやろうと思っていたけど、疲れているから仕方ない

・今日、これを言いたいと思っていたけど、忙しそうだったから仕方ない

 

 

これも、すべて、こういう運命だから仕方ないよなんていってしまえばそうなってしまうかもしれませんが、

主体的に「でも、こうするんだ」という選択をする積み重ねをしていくことが

自分の心と未来をつくっていくのかもしれません♪

 

そうはいっても、眠いときはこたつにくるまって寝ていたいと思ってしまう僕ですが、

なんとか日々、頑張っていこうと努力をしておりまして・・・笑

その結果、毎日少しずつ「肚が作られていく」ような気がしております。

 

皆さんも是非、明日を変える選択を一緒に作っていきましょう♪

 

 

人事コンサルタント

金森秀晃

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「社長、わたしは仕事に負けてました!!!」

先日、オフィスに着くなり、一人のスタッフが僕に興奮気味で話しかけてきました。
 

よくよく話をきいてみたところ・・・
弊社では社員が毎日朝礼で「3分間スピーチ」を行っているのですが、
そのスタッフはイレギュラーで自分に順番が回ってきた朝に
「うわー!!、急だし話すネタがないよーー!」と叫んでしまったそうです。

と同時にその瞬間、
「あ!自分はいま仕事に負けちゃってる!」と思ったのだそうです。
 

その理由は、
3分間スピーチの本来の目的を忘れて、3分話すことが目的になっていたからです。

スピーチの目的は、「スピーチによって、聴き手に気付きを与えて行動や思考の変容をもたらし、よし!今日もやるぞ!」という空気を創ることです。

そのスタッフは、ネタがない、ということは「今日私は何も考えずに仕事しようと思ってます」と宣言してるようなものだとちょっと悔しそうに、でも熱っぽく話してくれました。
と同時に、その気付きをもとにスピーチをして、その場にいた皆の目の色が変わっていったことも話してくれました。
(転んでも、ただでは起きない、ZACイズムです 笑^^)
 

たかがスピーチ、されどスピーチ。
ひとつの行動にどのような意味づけをしているかによって、とる行動が変わってくるのだとそのスタッフの姿勢から改めて学ばせてもらったように思います。
 

そして本来ならば「自分がなんにも考えていない」なんて話したくない事かもしれません。
しかし上手くいかなかったことを材料にして前に進もうとしている姿勢が垣間見え、僕もますます頑張らなければ!!
そう思わせてもらいました(^O^)/

 

人事コンサルタント
金森 秀晃

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
コンサルティング事業部、榊原ことバリーです。
今日も金森社長ブログをジャックします!

先日のお休みに、国立新美術館で行われていた安藤忠雄展を見に行ってきました!
「-挑戦-」と副題の付けられた展覧会はまさに挑戦の連続で、
安藤忠雄氏のこれまで手掛けた住宅、ショッピングセンター、宗教建築や美術館など、大小さまざまな全く見たこともない建築を写真やビデオ、模型で展示していて、圧倒されてしまいました!

 

また、今でこそ氏は世界をまたにかけ、広く活躍していらっしゃいますが、それまではとても苦労なさったことも紹介されていました。
彼が大学を出ていないこと、独学で建築を学んだと、僕はこの展覧会で初めて知りました!

 

中でも印象に残ったのは、パネル展示中の
「最初の10年は、設計の仕事を得るにはどうしたらいいのか、見つかっても厳しい予算や敷地条件でどう実現するかの連続だった」
という回顧です。

 

世界的建築家でさえ、最初は手探りでヨチヨチ歩きだったのか・・・(゚д゚)!

誰もが最初は「ハイハイ」や「つかまり立ち」から!

医療・介護の業界では皆さんが日々経験を積まれ、現場技術をブラッシュアップしていらっしゃいます。
どんどん、そんな日々を積み重ねていくうちに、自分の出発点を忘れていってしまう…なんていうこともあるのではないでしょうか。
僕はあります!

 

先日、アルバイトの学生さんが帰った後に先輩と
「枠無しで4UP印刷するだけなのに、5回も失敗するなんて!
なんであんなに簡単なことが出来ないんでしょう?」
と話していたら、
「榊原さん…入った初日、同じことを榊原さんに頼んだら失敗していたよ?」
と、笑いながら指摘されてしまいました!(><)
先輩は続けて、
「誰だって生まれてすぐに歩けるようになるわけじゃない、ハイハイやつかまり立ちで練習してから、歩けるようになっているはずだよ。
同じように、始めてやることを最初からきれいにできるはずなんてないんだから、
失敗こそ大切にして、ちょっとずつ積み重ね続けること、
それがミリ単位の成長を積み重ねる、って金森社長がいつも言っていることだと思うよ」
と、話してくれました。

 

僕はこのとき、はっとしました。
こうやって「ヨチヨチ歩き」を見守られていたんだなと。

自分の成長を忘れ、相手の成長を忘れてはいませんか?

僕がそうだったように、今当たり前にできていることが以前は出来なかったこと、
後輩や部下と接するとき、それを忘れて「なんでできないんだ!」と思ってしまうことってあるのではないでしょうか。
でも、誰もが至らない自分を受け入れ、少しずつ前に進んでいると信じれば、変わってくるかもしれません。
安藤氏の回顧に、そう学ばせてもらいました。

 

いつか、同じように世界を股にかけるようなコンサルタントになれるかな!?
少なくとも、その最初の四半歩くらいは踏めた気になったバリーでした。

 

こうした、人材育成における課題や解決事例を共有してみませんか?
医療・介護人材育成大会議、申し込み受付中!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

この人について行きたいと思える上司って、どんな上司でしょうか?

 

・優しい上司?
・頼りになる上司?
・導いてくれる上司?

 

皆さん、​「​クリミナルマインド​」​という海外ドラマ、ご存じでしょうか?


アメリカのBAU(FBIの行動分析課)を題材とした刑事ドラマで、​僕も​好きで、よく観るのですが・・・
そこに出てくる、ホッチナー特別捜査官(FBI行動分析課のリーダー)が​カッコイイのなんの!!
(すべてのキャラクターに味があっていいのですが)

 

​中でも僕が好きなシーンがありまして・・・

部下のジャロー捜査官は各州の警察からの強力依頼を精査し、
FBIの行動分析課で、どの案件を取り扱うかを決めていく担当者なのですが、
その中で、「60人もの方が行方不明になっているにも関わらず、
行方不明者がホームレスや娼婦のため捜索願いが1件も出ておらず、
捜査対象になっていない」という案件を知ることになります。
(事件性があるかどうかが不明瞭なので現地警察も動くに動けないという状況)

 

ジャロー捜査官は、
本当に“事件”なのかが不明瞭な状態でチームを動かしてよいのか・・・
という思いも抱えつつ、このままどんどん人が消えていったら・・・
という不安を、上司であるホッチナー特別捜査官に伝えたところ、
「現地警察の要請無くしては動けないが、事件の可能性を訴えることはできる」ということで現地へ。

 

自分の判断が正しいかどうか不安に思い、その心中を現場に向かう機内でホッチナー特別捜査官に打ち明けたとき、

ホッチナー特別捜査官が言った一言!!

 

(事実はどうあれ)
「私が敬意を払っている人間が、
60人の安否を心配しているのであれば、行く価値がある」

(か・・・かこよすぎます、ホッチナー捜査官!!)

 

そこでジャロー捜査官が、目を潤ませてほほえみ返すというシーンがあるのですが、
いやぁ、これぞ上司力だな!!思わされるのです。

 

「信頼しているぞ」という言葉をかけるよりも、
信頼を行動で示し、その根拠を語る。
そしてそのすべてに責任を負う覚悟をもっている。

 

私もこうした上司でありたい!とこのシーンを観る度に思います!

日々精進ですね。

 

 

人事コンサルタント
金森秀晃

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

やれどもやれども、仕事が終わらない・・・
休日も自宅でパソコンをパチパチ・・・
頑張っている方ほど、上記のようになっている方は多いかもしれません。
 

こうなると
「成果をだすために、少しでも効率を上げねば!!」
ということで、効率アップを試みる方が多いのですが、
効率をアップさせるだけでは、ますます疲弊してしまうことがあるんです(T_T)

疲弊しないで成果を出すためには、「効率」ではなく「効果」に着目します。
言葉自体は1文字違いなんですが、その意味合いはかなり異なります。
 

▶効率の考え方とは、基本的に「時間を短縮すること」です。
一般的には時短をすることによって、より多くのタスクをこなそうとすることを言います。
 

▶効果とは、もっと上を目指す発想です。
方法としては「同じ時間でより多くのアウトプットを出す」
もしくは「より良いものを提出する」のが基本です。
 

両者の大きな違いは、目指す視点をどこに置いているか?だと思います。
効果の場合は効率よりも、より長期的視点から考えます。
つまり、「自分の思い描く未来を実現するために、今何をやるべきなのか?」を考えて行動する、ということです。
ですので未来の実現のために、自分一人では太刀打ちできない⇒部下をふやす⇒部下も同じ成果を出せる様な管理の仕組みが必要
という感じです。

逆に効率とは、たいてい今、目の前の時間を短くすることに重きが置かれています。

効率の事例を挙げてみると、
例えば「本をたくさん読めるように、速読を学ぶ」とか
「ショートカットキーを覚える」
「便利グッズを取り入れる」などです。
どれも時間短縮に重きが置かれており、目の前の事への対処になります。
 

対して効果の例でいうと
「マニュアルを作成する」ことがあげられます。
これなら一度作ってしまえば、自分だけでなく、同僚の習熟時間も短縮することができます。
さらに改訂していくことで、仕事の質も高めることができるのではないでしょうか。
もちろん、一時的に作るときの労力はかかりますが、長い目で考えると、
少ない労力でより多くの成果を獲得できるようになると思います。
 

もしもいま、仕事が終わらないよーー!(+_+)
と感じているのであれば、目の前の事だけではなく、
ついつい後回しにしてしまいがちは
「思い描く未来のために何をすべきか?」から必要な「効果」について、ちょっとだけでも考えてみてはいかがでしょうか?
 

人事コンサルタント
金森 秀晃

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

12/2(土)、チャリティークリスマスパーティーを開催しました(^^)/
100名以上の方々が集まったこのパーティー!
おかげさまで、皆さんの温かい思いが溢れる、最高の時間になりました♪
ご参加いただいた皆様、どこまでも誠実に運営に携わってくれた
LEC塾生のみんな、本当にありがとうございます!!

参加費の一部(500円)が重症心身障害児を守る会に寄付されるという今回のイベントでしたが、
集まった寄付金はなんと!合計65,000円!!
主催者として、責任をもって、皆様のお気持ちを守る会の皆様に届けさせて頂きます♪


今回、定員の関係でやむを得ず、お断りせざるをえなかった方もいらっしゃいますので、
(申し訳ありません!次回はぜひ!!)
当日の温かいパーティーの模様をダイジェスト版でご紹介したいと思います!


AM11:30 直前MTGでは、運営メンバー一同、
チャリティー先のエンドユーザーの方々への思いを込めて、精神統一!
思いをひとつにしました。


開始前の入念な打ち合わせの様子!
真剣そのもの!

 


14:00 あっという間に開会!!

名司会者!徳澤さんと尾形先生!
最強コンビが開会前から閉会まで盛り上げてくれました!
(入念な準備、お疲れ様でした(^^)/)



チャリティー企画一発目は、チャリティークリスマスコンサート!
僕のサプライズバースデーパーティーでも演奏を披露してくれた
オーボエのプロ奏者、小林恵さんと
介護士でもあり、ギター奏者でもある大八木さんとのセッション!


美しい音色に思わず司会の尾形先生も子どもたちとダンス♪
最高のクリスマスプレゼントをありがとうございました!



続いて、大盛り上がりの「お菓子つかみ取り大会」!!
凄まじい勢いでお菓子がなくなっていきました。笑
恐るべし!!子どもパワー!!!


合間では、ハンドリフレブースも大忙し!!
ハンドメンバーの中溝さん、石原さん、中尾さん、レジェンドのO様、お疲れ様でした(^^)/
最高のおもてなしをありがとうございます!
皆さんの癒やしのパワーで会場全体が優しさで包まれました。




続いて、白熱のものまねじゃんけん大会!
どんな無茶振りにも全力で答えてくれた黒澤弁護士!
個人的には、滑りきってくれたサンシャイン池崎が好きでした。
力の限り盛り上げてくれてありがとう!




寄付先の重症心身障害児(者)を守る会について、
なぜ支援が必要か、支援するにはどうすればよいのか、
わかりやすく話してくれた、長田さん!
会場を惹きつけるアイスブレイクトークもさすがでしたね♪
(準備段階でも役割を果たそうと懸命に走り回ってくれてありがとう!)

 

ハンドへの思い、ボランティアへの思いを僕からも少し
お話しさせていただきました(^^)
ボランティア要請の数に比べて、ボランティアの担い手が圧倒的に足りていない現状を変えたい、
手を差し伸べることができる人材の育成が急務だと改めて感じております。


本業も多忙な中、当日助っ人で来てくれたヤス、
チャリティーに意欲を燃やし、みんなを引っ張ってくれたマサノブ、
ボランティア責任者であり、ハンドのトップ講師 三上先生、
あなた達の情熱が、この会の原動力です。


広報、中継で準備段階からクリパを盛り上げてくれたアヤコ、
受付メンバーのみなさんもお疲れ様でした!



見事なクローク裁きを見せてくれた、齋藤さん、曽川さん、松原さん、
会場を華やかにする装飾で力を発揮してくださった都築さん、
司会横で全体管理、タイムマネジメントを買って出てくれた乾さん、
縁の下の力持ちとして、会の運営を支えてくれてありがとう!
当日参加は叶いませんでしたが、広報活動や準備段階のチェックを
担ってくれた植木さん、近藤さん、ありがとう!

また、今回運営リーダーとして、
誰よりも強い思いで、誰よりも行動をして、
誰よりもコミュニケーションをとって引っ張ってくれたマユコ。
誰よりも一皮むけたあなたを見ることができて、僕も嬉しくなりました!


皆様、ご参加いただきまして、本当にありがとうございました(^^)/

ボランティアは継続が肝。
今後も誇れる塾生達と様々なイベントを開催していく予定ですので、乞うご期待♪


人事コンサルタント
金森秀晃

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、集団コーチング中にこのような質問をされたことがありました。
 

「私の上司は、とにかくいろいろな仕事を振ってくるんです。

会議の資料作り、自分の抱えている件の下調べ、先方との打ち合わせ場所の設定・・・
私だって自分の仕事がないわけじゃないのに、正直それくらい自分でやってよ!と言いたくなります。
どうしたら上司から余計な仕事を振られずにすむでしょうか?」
 
ぼくも証券マンだったときに、この方と同じように考えていた時期がありましたので
この気持ちよーく分かります(^^)
 
組織で働いている人には、ふたつの責任があるとドラッカーは言っています。
①相手も自分と同じ人間である」と認める
②コミュニケーションについての責任(説明責任)
 
つまり
①相手も自分と同じ人間である」と認める
⇒たとえ上司であっても、間違えることがあることがあるように、自分にもそれがあることを認める、ということ。
 
②コミュニケーションについての責任(説明責任)
⇒もし上司が部下の能力を考えなかったり、手の空いている人に所かまわず振るようなことがあれば、説明・伝える必要がある。
ということです^^
 
どんな形であれ上司の仕事をとっているというのは、むしろ良いことだと思います。
なぜなら、仕事の価値は、他の人ができないことをやることにあるからです。
上司から仕事を振られる=上司でければできない仕事を代わりにやっているということですので、基本的には良いことだと思います。
 
無茶ぶりと感じられるときは、上司の意図が良くわからない時なのかもしれません。
ふたつの責任を果たそうとすることで、無茶ぶりのモヤモヤを解消するきっかけになれば幸いです(^^ゞ
 
人事コンサルタント
金森 秀晃
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。