1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-03 13:47:54

最近、腑に落ちたこと。

テーマ:ブログ

「我が体を全て敵に任せ、敵の好むところに来たるに従い勝つを真正の勝ちという。」

 

幕末の三舟と謳われた剣客、山岡鉄舟は、その剣法邪正の弁において、このように書いている。100戦して100勝するためにはこのような戦い方が求められると言う。これを「箱の中の品物を取り出す時に、その箱の蓋を開け、中身をあらため、その品物が何であるかを知るようなものだ。」とも表現している。鉄舟は禅の心得もあるため、まさに禅問答のようだが、「戦っていれば相手が勝ちを急ぐ場面が必ず現れる。そこに乗じて勝つのを真正の勝ちという」ということなのだが、ここにおいて最も印象的なのが、「我が体を全て敵に任せ」という部分である。

 

「人を切る」という、極めて能動的な行為、それが剣術であるはずだ。そこにおいて、受動性「受け身」のイメージは存在しない。しかし、鉄舟は、剣の勝負において、ある種の「受け身」が求められると言うのである。非常に逆説的であるが、極めて重要な指摘だと思う。鉄舟の換言を元にして表現すれば、「箱の中の品物を取り出す」(勝負に勝つ)ということは、箱を叩き壊す事ではない。確かに叩き壊せる箱であれば、叩き壊して中の品物を取り出すことができる(勝負に勝てる)かもしれない。しかし叩き壊せない箱であれば中の品物を取り出すことはできない(勝負に負けてしまう)。このような戦い方をしていては、100戦100勝はできない。箱の中の品物を取り出すには、箱を開けなくてはならない。その「開ける」という、ある種受動性のある行為が必用なのだ、と言っているのだ。これでもまだ禅問答の域を出ないだろうか?(笑) さらに言えば、剣を好き放題に、自分の思うままに打ち込んでいては、100戦100勝はできない。敵を切るためには、敵を観察し、見極め、適応すべきである。その意味で、能動の中にも受動性がなければならない。そう言っているのだと思う。鉄舟は、「この論理は人間として世間を生きていく上で全てに通じている」と言っているが全く同感である。

 

 

ビジネスの世界で、今まで様々な人間を見てきた。極めて優秀で結果を残す人間。さほど優秀でもないのに輝かしい実績を残す人間などなど。しかし私が最も興味深かったのは、極めて優秀であるにも関わらず、組織で結果を残せない人間だ。

 

ピーター・ドラッカーは、その著作『経営者の条件』で言う。上司は部下の強みを生かすことを考えなくてはならない。そしてそれと同様に、部下も上司の長所を生かすことを考えなくてはならない、と。優秀であるのに結果を残せない人間は、まさにここにおいて欠ける部分があるからこそ、目覚ましい結果を残すことができないのではないだろうか、と私は考えている。一人一人のビジネスパーソンは当然、何をしたいか?どうあるべきか?どうなりたいか?そんな個人の目標や欲がある。もちろんあって当然である。しかし、だからこそ、上司は部下の長所をよく調べ、どう生かすかを考えるべきであり、また、部下は上司を良く観察し、その長所が生かされるように貢献すべきなのである。この、他者を考えるという、ある種の受動的行為、「受け身」の行為を行なわない者、それが優秀であるのに組織で結果を残せない人間であるのではないか、と思う。

思い返してみると、ピーター・ドラッカーの多くの教えは、様々な立場における、ある種の「受け身」の大切さを教えてくれているのではないか、という気がしている。「なされるべきをなす」(The First question to ask is what needs to be done.)という教えなどはまさにそうだろう。

 

山岡鉄舟の「剣禅話」では、鉄舟がライバルに勝利するために修業を重ね、禅僧から授けられた公案に懊悩しつつも、最後の最後で100戦100勝の奥義にたどり着く様が語られている。このように、目標を徹底して追及する過程で、「受け身」というエッセンスにたどり着けるのかもしれないが、ある種の矛盾をはらむアプローチのため、気付けない人間は一生気付けないのかもしれない。何か最近、自分の中で腑に落ちたため、ここに書き留めておこうと思う。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-24 23:53:23

A先生

テーマ:ブログ
A先生が退職した。
ここ2年ほど英会話スクールで英語を習い続けている。元来英語を学ぶことが、特に英語ネイティブから学ぶのが苦手だった。学校で英語を言語ではなく、一つの勉学として学んだからだろうか。理解できない、話せない、など言葉に詰まる状況に陥ると、相手から、こんなこともわからないのかとバカにされているように感じてしまうのだ。しかし、必要に迫られていることもあり、またコンプレックス克服のためにも、英語を習おうと思い立った。
A先生は、英会話スクールの、最初の体験レッスンを担当してくれた先生だ。今でも覚えている。A先生でなければ私はスクールに通うどころか、英語を学ぶことすら諦めていたかもしれない。彼はそのレッスンで「バカ」にするどころか、理解できず、話せずにいる私を温かい眼差しで、ただ見守ってくれた。まるで歩くことを学び始めた子供を温かく見つめる母親のように、見守ってくれた。その眼差しにほだされて、私はその教室に通うことに決めた。それ以来、私の指名はA先生だ。

そんなA先生。22年間勤めたその英会話スクールを辞めるという。これからは大学で教鞭を取るとのこと。キャリアの方向性で様々なやり取りがA先生と英会話スクール側であったことは想像に難くない。しかし、いつもの温かい眼差しを崩さずに、私に退職の予定を伝えてくれた。

迎えたA先生最後の授業。テキストのタイトルは「Describe the worst experience you have had with a customer or client.」だった。私はA先生に、拙い英語で私の「Worst experience」を話し始めた。

それは会社を創業して3年目、3店舗を展開している時の体験だった。当時、私は神楽坂の店舗の店長を務めていた。金曜日の繁忙日。新入社員にレジの打ち方を教えながら、私は接客にあたっていた。その日の営業もピークに達し、新入社員がレジを1人で打った、その時に事件は起きた。彼はコース料理の人数を打ち間違え、ある団体のお客様に、いただかなくてはいけない額の半額程度で代金を請求していた。お客様に、その必要のないお釣りをお返ししようとした時に、私がその間違いに気がついた。すぐに計算をし直し、お客様に正確な会計額を伝えた。すると幹事の方が、
「ふざけるな!もうお金は割り勘で集めてしまったんだ!今更そんなことを言われても払えるわけないだろ!」
と言い、取り合ってくれない。
「本当に申し訳ありません。しかしなんとかお代を頂戴願えませんでしょうか?」
と平身低頭にお願いをする。しかしご理解いただけない。押し問答が10分以上は続いただろうか。最後にその方は、
「そんなに金が欲しいのなら土下座しろ!土下座をしたら払ってやる!」
と言った。
私はした。土下座をした。その店舗の全社員、アルバイトが見ている前で、土下座をした。
「じゃあ払ってやるよ!ほら拾え!」
と、彼はお金を投げ捨てた。私はそのお金を拾い上げた。
「二度と来ないし、絶対に許さないからな!」
そう言い捨てて、彼は帰っていった。

翌週、私は予約時にもらっていた名刺を頼りに、彼の会社を訪ねた。しかし、会議中とのことで会ってはもらえなかった。その翌日も、そのまた翌日も訪ねたが会ってはもらえなかった。私はお詫びの品を受け付けの方に渡し、今回の件を終わらせることにした。当時、私は懸命に何かを学ぼうとしていたのかもしれない。土下座をする必要はもちろんなかっただろう。そして翌日にお詫びに行く必要もなかったかもしれない。しかしとことんまでそのクレームと向き合ってみたかったのだ。このクレームを通して、商売人としての、何か「覚悟」のようなものが私に備わったかもしれない。しかし、私の「Worst experience」であることには間違いない。会計を間違えた新入社員も、ほどなくして退社していった。

A先生はいつものように、温かい眼差しで私の話を聞いてくれた。そして
「最後に私もこんな話をあなたに共有したい。」
と言って話し始めた。

それは今から22年前。A先生がその英会話スクールで働き始めた、24歳の時のこと。ある生徒を指導していると、いつにも増してその生徒が文法の間違えを犯す。その間違いを、つど正してあげていると、彼が突然、
「私の間違いを正すな!あなたは私の話をただ聞いていればいいんだ!」
とA先生を怒鳴りつけた。A先生は狼狽した。いつもはそのような態度を見せない生徒ではあったが、それ以上指導するのが恐ろしくなり、その授業の終了と同時にボスにその旨を相談した。
「もうあの生徒の指導をすることはできません。」
しかしボスの答えは「No」だった。無理やり教室に戻らされ、次の時間も同じ生徒を受け持たされた。A先生は、なんとかその授業をやり過ごし、終了のチャイムとともに教員室に戻ろうとした、その時だった。その生徒が呟いた。
「今日は最悪な日です。最愛の17歳の娘の妊娠を、今日の朝、知らされたのです。」


A先生は言う。人は誰しも怒りを感じることがある。そしてその怒りを誰かにぶつけてしまう。その怒りをぶつけられた人間は当惑する。そんな時、その怒りに対して怒りで対応すると、往々にして後悔せざるを得ない結果となる。人は後になってそのことに気づく。そもそも、誰かの我々に対しての怒りは、実は我々が原因では無いのかもしれないのに。ぶつけられた怒りの原因は、また別にあるのかもしれないのに、と。
「あなたの、そのお客さんも、何か別の大きな問題を抱えていたのかもしれないね。」
そう言って、A先生はいつものように優しく微笑んだ。

人の怒りに触れるということはしたくないものだ。その怒りに根拠が無いと思える時はなおさらだ。しかし、その怒りに対して心を痛めるのではなく、さらには怒りで対応するのでもなく「その人が何か別に大きな問題を抱えているのかもしれない」と、ある種慈しみの心を持って対応すれば、どれほど無用な争いが回避できるかわからない。そしてどれほど多くの人と、心の奥底でつながり合えるかわからない。

A先生、多くの学びをありがとう。
All the best to you!

私はこれからも英語を学び続けようと思っている。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-07-18 23:28:36

その裏のロジック

テーマ:ブログ

先日、名刺を恐ろしく下に、こちらが相当に腰を折り曲げなければならないほど下の位置に差し出す、若いセールスパーソンと名刺交換をした。おそらく彼は、働くその企業での新入社員研修で、名刺は相手より下に差し出すべきである、と指導され、それを深く考えもせずに、ある種盲目的にそれを実践しているのであろう。

営業先での名刺交換で、自らの名刺を相手より下に差し出すということ。それはアポイントを受け入れてくれた先方への感謝の念と、それに伴う恐縮の意であるはずだ。それを伝える一つの手段として、相手より下へ名刺を差し出すのであろう。しかし、それがあまりに下過ぎては、自らのルールを相手に「押しつける」形となり、むしろ相手に不快感を抱かせてしまう。大切なのは「感謝と恐縮の意」を伝えることであり、「下に名刺を差し出す」ということではないのだ。

おそらく、真に優秀な人間と、学歴だけが良い人間との分かれ目は、ここにあるのであろう。決まりきったルールをルールとして順守するだけではだめだ。さらにはビジネスにおいてもそのルール、ベストプラクティスをそのままに受け入れるだけではだめだ。ルールがルールとして必要とされた、その文脈こそを読み解くべきなのだ。ベストプラクティスとなった、その裏に隠されたマーケットの真なる需要こそを読み解くべきなのだ。

例えばスターバックス。彼らが96年に日本に進出してから、多くの高価格帯のコーヒーチェーンが誕生した。しかし、それらはスターバックスほどうまくはいかなかった。おそらく模倣したチェーンは、スターバックスの成功を「高価格帯コーヒーチェーンの成功」として理解したに違いない。しかし、私はそうは思わない。スターバックスの顧客が買っているのは「高級なコーヒー」ではない。「場所」だ。しっかりと食事をするわけではないので食事メインのお店では追い出されてしまう、しかしファミレスで時間を過ごすのはさみしい。さみしさを感じずに時間をつぶしたい。その需要に応えたのだ。その意味では、実はスターバックスは、高価格帯コーヒーチェーンと競合しているのではなく、むしろ快適性を打ち出している「まんが喫茶」などと競合している、と言えるのかもしれない。

この情報社会において、表面上だけの理解だけではだめなのだ。常識的なことをそのままやっているだけではだめなのだ。その裏にある、隠されたロジックを見出すべきなのだ。ビジネスの現場ではさらにそこから仮説を導き出し、実際に試して、そのフィードバック情報から実行策をアジャストしていくが、この裏のロジックを探し出すということ、ここにこそ、生身の人間がバリューを出せるポイントがあると思う。

しかし残念ながら、このようなことを今までの日本人は少々苦手にしてきたのかもしれない。儒教を文化の背景に抱え、先生の言うこと、親の言うことを疑う事を禁忌とし、ルールを押し付け、その論理を説明せず、論理を問われればどやしつける。そんな「伝統」が日本の教育に、文化に、そして和食調理の世界に、色の濃淡はあれ今でも残っていると感じる時がある。しかし、まさにコペルニクス的転回が求められはするが、その分伸び白も大きく残されているとも言える。少子高齢社会の日本が力強く成長するために、さらにはグローバル経済の中で勝ち抜いて行くために、こんな素養を身につけておきたい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。