観た映画などを ゆる~く語ってます

興味を持った映画等の感想を
ぬるくゆる~く記録していきます。
観るのは新旧問わず!
主にレンタル中心で、時々、映画館


テーマ:

怪獣映画の元祖ともいえる「キングコング」
その最新版がコレで、以前からゴジラ絡みでリニューアルされると
聞いていたので結構期待しておりました。
前作(05年版)では島を出るまではめっちゃ面白かったのになぁ・・とちょい不安もあったが・・。

キングコングで僕が最初に観たのは76年版だったかな?
確かこのバージョンではエンパイアには登ってなかったと思うし
恐竜も出て来なかったはず。
その後、キングコング2なんて微妙なものもあったけど、この時は
便乗して出たファミコンソフトの方が印象深かった。

キングコングって日本ではあちらさんほど人気が無いような印象だった。
というかライオンなんかと違って、ゴリラにカッコ良いというイメージは
あんまし無かったように思う。

さて、前置きが長いのでこれくらいにして本作の感想に入ります。
冒頭から日米の兵隊さんがなかなかの格闘戦をしている。
これも緊迫した闘いだったが、そんなお前ら小せぇよ!とでも言わんばかり
にドデカイ顔が現れる・・・。
そして第二次大戦からベトナム戦争までのアメリカ史の映像が流れる。
いい歳こいたアメリカ人か近代史に興味がなければ感慨も無いかもしれぬ。

例の髑髏島(日本語にするとよりバカっぽいな)へ入るまでは結構退屈。
人物紹介がてら仕方無いけど、あまりここは面白くない。
でも、サミュエルがドアップになった時は無駄に迫力があります。
キングコングがもう一頭いるようなもんです。
っていうか、顔のド迫力だけならCGの大猿にも勝っている。

島に到着してあるミッションをしていると、ついにヤツが登場する。
コングの初登場での大暴れは期待以上に凄かった。
今までよかサイズが遥かにデカい上に運動性能も物凄い。
なんかエヴァとか使徒にリアルに襲われたらあんな感じ違うかね?

予告通り、この島にはコングだけじゃなく色々な怪獣というか
巨大生物が潜んでいる。
中でも巨大グモがキモかった。あんなんにだけは殺されたくないね。
しかし最後に戦うアイツ以外はコングに比べたら小粒ですな。
劇中の台詞でこのコングは成長期って言ってたので、まだデカくなるんやろな~。
例のゴジラが100Mくらいあったからそこまで成長すんのか?

事前情報でこの映画には「地獄の黙示録」オマージュがあるって聞いていたけど
思った以上に細かい所まで盛り込まれてました。
時間と気力があったら一度あっちを鑑賞してから観るとより面白いかも?
映像的にもかなり意識した造りになっている。

アクション面に関しては期待していた以上だった。
後半はアクションシーンの連続で、人間も思った以上に健闘していた。
予告で言ってるようにこの島では確かに最弱だけど頑張っております。
とある人物が日本刀をぶら下げていて、こんなん役に立つのか?
と思っていたけど意外な見せ場があったりも。
しかし、外人が持つとめっちゃ短く見えるな。

映像ではコングのカッコ良さを引き立てるように工夫されていたと思う。
2014年版ゴジラでは暗い中、何やってるか分からんのが多かったが
今回はその反省があったのか月明りや炎に照らしだされるコング・・・。
この絵がめっちゃ決まってます。
特に二回ほどあるサミュエルとコングの対峙シーンがシビレるほどのカッコ良さ!
怪獣格闘シーンも過剰なほどのサービスっぷりで大満足でした。
今回のコングは最後まで硬派なイケメンっぷりを見せてくれる。

あとエンドロールの後にも一応オマケ映像が付いてます。
ゴジラも含んだモンスターバースなだけに今後の展開を予感させる
とある映像が流れます。
おお!アレやアレも出てくんのか?と期待が高まりました。

ピーター・ジャクソン版では島での怪獣やら巨大生物のスペクタクル部分が面白かったけど、結局昔っからの呪縛があったと思う。
なら、怪獣だけやっちまえ的な今作。
昔のコングにあったドラマや悲哀は無くなったけど、コレはコレで面白かった。突っ込み所だらけだし、ダレるところもあるっちゃあ~あったけど。
ぶっちゃけバカな映画だけど、こういうのが好きな方は満足いくと思います。

 

ちなみにコレを観に行ったのは水曜日で、ちょうどレディースデイ

そして学生さんらの春休みにぶつかってしまい映画館は人で溢れ返っていた!

でも、コングを観たのは僕も含めてオッサン主体。

男性率が8割くらいの比率でした(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。