時々、TDRの風景観察

TDRの風景観察から始めたブログですが、
年パス更新を停止中の為、ブログタイトルを「時々・・・」に変更しました。


テーマ:

今日は ツール・ド・美ヶ原 に参戦してきました。

 

昨年は、ほたか20時間耐久MTBレース と開催日が被っていて、

黒い翼を生やした誰かさんにそそのかされて(?)、

ゆるゆる に参戦しましたので、2年振りの参戦です。

 

昨日の前日受付日の土曜はとても良い天気でしたが、

今日の予報は、朝方小雨で、その後曇りでした。

 

夏の天気は朝方に雨が降りやすく、

その後急速に回復して天気が良くなるから

それほどひどい雨にはならないだろうと読んでました。

榛名の高原で育った勘が働きました。

読んだというまでもなく、予報通りですけどね。

 

とはいえ、待機時間に濡れるのは避けようと思い、

なるべく会場近くの駐車場に入れようと考え、

駐車場がオープンする4時には駐車場入場待ちの列に並びました。

 

選んだ駐車場は、松本市民球場です。

スタート地点のすぐ隣にある野球場です。

 

 

この場所は当たりでした。

野球場を囲むように点在して駐車スペースがありましたが、

場所によって当たりはずれがありました。

もうちょっと遅かったら、球場周りとはいえ、

舗装ではない地面の駐車場になるという危険性もありました。

雨の日の地面駐車場は・・・。  避けたいものです。

 

 

この一角は8台くらいしか止められませんでした。

ですが、すぐ右側に駐車場出口はあるし、

なんといっても正面に、バックスクリーンの観覧席が屋根となって

雨がしのげるスペース(軒下)がばっちり広がってました。

当然、このスペースを使わせて頂きました。

自転車を組み立てるのも、

ローラーに乗ってアップするにも、

自転車にゼッケンを取り付けるにも。

 

 

 

 

そうそう、

大会の時には自分の参加ナンバーのゼッケンを付けるのですが、

基本はウェアの背中に着けて、

あとはヘルメットにゼッケンシールを貼ったりするのですが、

この大会ではヘルメットではなく、

自転車の前面に2つ目のゼッケンを付けました。

背中に着けるゼッケンと一緒に、

ちょっと小さめのゼッケンが用意されていて

モールが3本付いていました。

モールでゼッケンを車体の前面に付けるように!との指示がありました。

 

 

裏から見た図

 

3D空間に上手く平面のゼッケンを配置する。

これはセンスを問われるな!と感じました。

上の2つのモールはハンドルに付ければ良いので問題は無かったのですが、

下の一本をどう結びつけるか! がポイントでした。

 

正面から見た時にモールが見えていたらダサいと思ったので、

上手く隠れるように、なお且つゼッケンが安定するように。

結局シフトワイヤーとケーブルワイヤーに引っ掛けたのですが、

なんか今一でしたね。

ま、落ちたり、飛んで行ったりはしなかったのでOKでしたけどね。

 

 

他の人の例として、勝手に撮らせて頂きました。

こういったゼッケンの付け方は

珍しいな~! 何故なのかな~! と考えてみて、閃きました!!

 

昨今、大会で自転車の盗難が発生しています。

車両にゼッケンを付ければ、少しは盗難が防げるのではないかとの

考慮からではないでしょうか?

背中と頭にはゼッケンを着けていても、自分のカラダが盗まれることはありません。

誰の所有物かを明白にすることで

少しでも盗難のリスクを減らそうという考えなのではないでしょうかね?

盗難までは行かなくとも、間違いを防ぐという役目もありますしね。

今後、このスタイルが増えるのではないでしょうかね。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

今日は駐車場オープンと共に乗り込んできたので、

時間的な余裕はたっぷりとありました。

 

雨や路面からの水はねに濡れる事を想定し、

足回りや腕などにはマッサージオイルを塗りこんで はっ水加工しました。

アロマオイルがベタベタしなくなるくらいまで擦り込むのですが、

結構時間が掛かるのでいつも手を抜いてました。

ですが、今日はたっぷりと時間をかけてスリスリできました。

 

ローラーも、いつもは車の横でチマチマとやっていましたが、

今日は開放感がある場所で人目も気にせず出来たので

いつもよりも念入りにやりました。

 

ローラーでアップを終えた後にちょっとお腹が・・・。

駐車場に来る前に軽量化は済ませたのですが、

たんぱく質を摂ろうと思って豆乳を投入したのが裏目に出たようです。

ですが、これも奇跡のように、野球場のトイレがすぐ近くにあり、待ち人0人状態。

大会会場のトイレには長蛇の列ができるというのが普通なのですが、

まさかの0人。

貸切状態で難なくクリア!!!

その後はお腹の具合は落ち着き、気持ちも落ち着いていました。

 

 

雨もあがったし、なんかツイてるんじゃね!俺!!

との過信が生まれましたね。

 

いやいや、ブロガー魂が働いたのでしょう!

今回もバッチリとネタを仕込ませて頂きました。

 

 

ネタはこちら!!

これを見てネタの意味が判る人は偉い!!

 

番号が手書き!!    ノンノン!

 

娘からブン取った時計がペコちゃん!!    ノンノン!!

 

目覚ましが3時前!!     ノンノン!!

 

 

さ、ツール・ド・美ヶ原の復習をしましょう!!

質問形式です。

 

① いつも一番気にしている時間は?

 

スタート時間ではありませんよ~!

一番重要なのは下山用荷物が預けられる時間です。

上ったら下りなければなりません。

標高が高いところに上るのだから、ゴール地点は寒いのが普通です。

下山する時には上る時よりも厚着になります。

下るだけでは体が発熱する事はほとんどありません。

 

とはいえ、荷物を持っては上りません。

タイムを競ってますから、軽いに越した事はありません。

大会には下山用荷物を運んでくれるサービスがあります。

 

 

② ツール・ド・美ヶ原の荷物預けの制限時間は

何時だったでしょうか?

 

 

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

 

6時45分でした。

ニヒヒニヒヒニヒヒ

 

 

はい、みなさま お判りですね。

 

私、荷物預け制限時間を失念しておりました!!!

 

時間的に余裕があって、いろんな事がうまくいってたので、

のんびりと準備をしていましたら、

気が付いたら制限時間は過去の時間となっており、

荷物預けられない人となっていました。

ゲッソリゲッソリゲッソリ

 

 

しかも、周りを見回すと誰もいない・・・

元々、少人数だったのでしたが、

人っ子一人いない状態!!

耳を澄ますと、開会式が始まったような感じ。

 

駐車した場所は、大会会場と球場を挟んで正反対側なので、

会場のアナウンスが聞こえない場所なのでした。

 

一瞬、デイパックを背負って上ろうかとも考えましたが、

岡ピーじゃないんだから!と冷静に考え、

それほど気温も低くないし、何とかなるだろうと

必要最小限に絞り込んで、背中のバックポケットに詰め込む作戦を敢行しました。

 

着替え用の半袖インナー、アームカバー、タオル、長指のインナーグローブ

をビニール袋に入れて、ぎゅぎゅっと丸めて左のポケットに。

携帯電話、車のキー、BCAA、GPSロガーを右のポケットに。

薄手のレインウェア(上着のみ)を、

ツール缶の中身の工具類を出して詰め込み、以上!!!

 

後ろから見たら、やたらと出っ張ってる背中だと思われたでしょうが、

自分では見えないのでOK!!

見て見ぬフリ ではなく、見えてなくて知らぬフリ してました。

 

 

 

でもって、自転車を持って集合場所に移動しようとしたら

いきなり携帯電話が  地震が来ます! とアラーム発令!!

野球場の下で身構えましたが特に揺れを感じなかったので

そのまま集合場所に移動しました。

木曽の方で震度5の地震があったようです。

 

 

 

何度かゼッケンを付けた安全ピンが飛んだりしつつも、

お偉いさんなどが挨拶をしているのを横目に

無事に待機列に自転車を並べられてスタート準備が整いました。

整ったと言えるかどうかは・・・

 

 

そんな状態のくせに、偉そうにスタート地点をチェック!

ここは、スタートゲートを抜けるとすぐに計測開始です。

 

 

この大会では出発の前にラウンドガールが出てきます。

ラウンドガールがリハーサルしてました。

人の事言えないけど、こんな直前にリハかいな!!

 

 

まずはチャンピオンクラスのスタートですが、

今年から(?)、実況の方が入り、

チャンピオンクラスの有力者などはコールされてスタート位置に並んでいました。

こういう演出はやっぱり盛り上がりますね。

 

実況の方はこちらの方でした。

お名前は忘れてしまいましたが、なかなか良い声してました。

胸に入っているアミノバイタルを飲むように勧めてくれましたが、

周りにいる人たちはすでに飲んでいて(試供品として配布されてた)

ちょっと寂しそうでした。

 

 

リハーサルの成果がバッチリと、

ラウンドガールのおねーさんがお仕事してます。

 

 

チャンピオンクラスのスタートを見てから

自分の位置に戻り、しばらくしてからスタート位置へ

チャンピオンの後は、女子、ジュニア とスタートし、

その後が男子の年齢が高い方から。

私は51歳~60歳の男子E組 の最終組 E-4 でした。

 

各大会によってスタート順はいろいろありますが、

ツール・ド・美ヶ原 はちょっと個性的です。

我々 E-4 がスタートすると、次は何故か一番ピチピチでヤングな 16~20歳。

その後が21~30歳、31~40歳と続くのです。

 

という事は、我々がスタートした後から

バリバリの若い兄ちゃん達が後ろから来て、

バンバン抜いていくって事になります。

これは参りますね。 ペースが乱される!

 

なーんて、心配はいらないほどあっという間に抜いていくので

事実上、問題はありませんでしたが、

バリバリの若い兄ちゃん達にとっては

障害物が多くて大変でしょうね。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

で、雨にも降られず、風にもいじめられず、

最後のヒャッハーな下り区間はガスっててコースが良く見えなくて、

少しは怖い思いもしましたが

無事にゴールしました。

これは私ではありませんよ。

 

受け取る荷物も無いし、当然今回はコーヒー部も無いので、

ゴール後に提供されるトマトをかじりながら、

下山列ができるはずの場所にほぼ一番乗り。

 

ポケットに入れて運んできたアンダーに着替え、

汗で濡れているサイクルジャージをそのまま着て、

アームウォーマーをして、

ウィンドブレーカー代わりのレインウェアを羽織って待機。

 

ガスってはいますが、雨も風もないので、全然OKでした。

なんだ!下山荷物無くても行けるじゃん!!  

なんて、思いはしませんでしたよ~!

結果的に!  ですからね~。

 

 

ゴール後、荷物受取りが無いというあまりのシンプルさの為か、

足に付けた計測チップを回収してもらうのも忘れてました。

下山列が出来て、並んでいる時に隣の人に指摘されました。

ま、家に持って帰らなきゃ大丈夫でしょう! という事で、

計測チップは下の完走証発行場所で返却しました。

 

 

下山の際は、

愛媛から参加しに来たという人とお話しながら下ってきました。

あとで確認したところ、愛媛からの出場者はその人だけでした。

ご苦労様でした。

 

途中の美鈴湖の近くにある喫茶店ピラータに立ち寄って

恒例のミネストローネを頂きました。

酸味があって暖かいスープが沁みました。

 

大会会場に戻ると、まだまだバイクラックはガラガラ。

一番乗り(降り?)は、

ここの所続いている最終組での下山とは異なっていて新鮮でした。

 

完走証と参加賞の水とお菓子を受け取り、

暖かいトン汁を頂いて会場を後にしました。

 

駐車した付近はまだ誰も戻ってはいませんでした。

一番遅く出て、一番早く帰ってきました。

 

枇杷の湯という日帰り温泉で汗を流して、

長野道、中央道を快適に走り、渋滞に会わずに

3時半には川崎に着きました。

 

参加されたみなさま、

お疲れ様でした~!!!

 

今回知っている人で唯一の参加者だった ふじさん は、

朝の雨で気分が乗らずにDNSしてしまったそうです。

残念でした~!

 

 

 

 

え、結果???

 

 

・・・

 

 

うーむ、一昨年からの3分落ち、

1時間 27分 22秒 でした。

世代別で 299人中 37位 でした。

具だけ先に食べてしまった 具無しのトン汁

 

激坂区間を上っている時は もうやめてやる! って思ってたんですけど、

美鈴湖あたりから調子よくなってきたので

一昨年を越えられるかと思ってたんですが、

結果的には、富士ヒルに続き、またまた惨敗でした。

チェッ!! って感じでした。

 

まぁ、雨じゃなかったし、初の下山荷物無しでも大丈夫だったしで

御の字としておきましょう。

 

荷物預け時間は忘れないようにしましょうね~!!!

 

 

 

2017年のツール・ド・美ヶ原 は無事に終了しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

夕飯を食べていると、家のドアを叩く音が!

 

 

宅配便でした。

時間指定でお届け物が届きました。

 

 

まーた、おとーさん、何かポチったの~!! とか言われつつ、

何も頼んだ覚えないんだけどな~!! と、反論の余地もなく

荷物を手渡されました。

 

 

アマゾンさんに頼んだものは全て届いてるはずなんだけど、

なんか忘れてたかな? と、

半信半疑に自分の行動を振り返るがどうにも思い当たらない。

 

 

あれ?

アマゾンさん、ちょっと 変わった?

かわいくね!!

前髪があるよ!

 

 

 

あれ、 手書きだよ!

アマゾンさんもずいぶんと砕けたな!!

 

 

 

 

よーく見てみたら・・・。

 

 

 

む む む ・・・

なんか違うぞ!

 

 

アマゾンだと思ってたけど・・・

 

 

 

アヤゾン!! でした。

 

 

 

アヤゾン って・・・

しかも、どー見ても 手書き!!

 

 

 

 

なんと!!!

中には 請求書まで・・・

勝手に送ってきて、請求書まで付いてるとは!!

 

 

どーなってんのよ! アヤゾン って!!!

チョー ブラックじゃね!!!

 

 

おそるおそる請求書を開けてみると・・・

 

 

なんと、過激な請求!!!

 

 

 

送り主は、

昨年の ゆるゆる20時間耐久MTBレース の参加企画者であり、

大会が終わるとすぐさま解散宣言をして

風のように去っていった 幻の部長

ayaさん でした。

 

 

風のように去った後は

某大手の密林社をパクったような

会社を立ち上げていたのですね。

 

 

内容物は、昨年余ったTシャツ2枚と、

カフェKIKI の応援幕 でした。

 

aya 元 部長!

しか!と受け取りましたぜ!!

応援幕 と Tシャツ。

 

 

再来週の ゆるゆるMTB20時間耐久レース

頑張ってきますぜ!!

 

 

とか何とか言いながら

ふらっと ほたか牧場に 元部長が登場する事を期待しています。

なんてったって、群馬LOVE のはずですから。

 

朝、集合場所にいたら、びっくりするけどね!

某N食堂で モツ定モツ大盛り! って叫んでたらもっとびっくりしますね!!

元部長の事だがら 読めません!!

サプライズを期待しています!!

 

 

 

という事で、

来週末に迫ってきたイベントの準備が着々と進んでます。

 

 

その前に、

今週末は ツールド美ヶ原 がありますけどね。

昨年は ゆるゆる と被ってしまったので断念しましたが、

今年は日程がズレたので両方に参加します。

 

 

どちらも ゆるゆる と頑張りまーす!!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士ヒル、終了しました!

 

結果としては・・・

 

昨年より2分落ち!!!

80分58秒!

 

シルバーからは遠ざかりました・・・。

ヘリウムさんには申し訳ないが、

これが今の実力なんでしょう!!

インチキ自転車店に返品だな!!

 

コンタマさんも昨年より体重2kg増しで、タイム2分増しという事でしたので、

私もほぼ同じような結果でした。

1kg = 1分 の計算式が当てはまったようでした (泣)

ま、そもそも基本的なタイムが15分くらい違うけどね!!

 

 

で、今年の印象は、

寒かった!!

 

昨年が暖かすぎたというのが正しいんでしょうが、

五合目では、風が吹いてて、日差しが無くて

標高の高さを改めて実感しましたね。

 

上っている時には当然気にならないのですが、

ゴール後からは風よけがポイントとなりました。

久しぶりにレッグウォーマーを履きました。

やはり、山を舐めちゃいかんですね。

 

下山で下に降りてきても空気が冷たく、

車を置いてある場所までレッグウォーマーはつけっぱなしでした。

これまでは下に降りてくると暑くなって

途中で脱ぐのが普通だったんですけどね。

今日は上でも下でも、似たような気温でした。

ま、それでも雨が降らなかったので

天気としては良しとしましょう!

 

 

そんな風が吹く五合目でも部活動は行いましたよ!

山コーヒー部!!

 

 

 

昨日、わざわざ「道の駅 富士吉田」まで水を汲みに行って、

小さめの富士ヒル下山袋に、なんとかパツパツのデイパックを詰め込んで、

必死の思いで五合目まで運び上げた水で淹れましたよ!!

(運んだのはトラッですけどね)

 

 

駄菓子菓子!

 

コンタマさんが来てくれた時にはまだ湯沸かし中だったし、

その直後に びーちゃん が登場したのは良いのですが、

その後、待てども待てども誰も現れず、

コーヒー淹れたけど、飲み人現れず の状態となり、

結局、寒くなってきたので、片づけて下山したのでした。

 

 

コンタマさんは先に降りるという事で、

みなさんでどうぞ!と、

メロンパンラスクを大量に差し入れてくれました。

コンタマさん、ご馳走様でした!!

さすがに二人では一袋も食べきれなかったので

家族へのお土産とさせて頂きました。

コーヒーが間に合わなかったのが残念です!

 

 

で、淹れたコーヒーはどうなったかというと、

 

たまたま超有名人のキクミミさんが通りかかり、

「ほたかゆるゆるMTBレースには出ないんですか!?」と

話しかけたついでに、

キクミミさんとそのお仲間さん達におすそ分けしました。

みなさんに喜んで頂けて、

山コーヒー部の部活動はまた一つステップアップ(?)しましたとさ。

 

で、キクミミさんは「ほたかゆるゆる」に

昨年は出なかったけど、今年は出るかも?みたいな事を言っていました。

でも、さすがにこの格好で出るとは思えないので

出てるかどうかは判らないんじゃないかな?

 

 

 

本日、ただ一人、山コー部活に参加したびーちゃんですが、

頑張ったせいで足がバキバキ。

五合目にびーちゃんロボットが現れて、いろいろな動きを披露していました。

 

ブロンズゲットに感極まる!の図

うそうそ!!

足が固まっちゃって、これ以上上半身が曲がらないのだそうです。

 

 

 

結果に満足できず、泣き崩れる!の図

 

 

ヤケクソになって石にかじりつく!の図

うそうそ!

突っ伏してハムストリングをストレッチしてます。

 

 

スバルラインめ、86で逆襲してやるぜ! の図

うそうそ!

何してたんだったけかな?? 忘れちゃった!

 

とにかく、ロボット化したびーちゃんの動きは面白かったのでした。

本人はバッキバキで痛くて仕方なかったようですが・・・。

私は笑って見守っておりましたとさ!!

 

 

 

今回の富士ヒルではいろいろな人ともお会い出来ました。

 

前日からの流れで、

岡ピー、びーちゃん、ゴンタさん、のりさん

 

昨日はTKNさんともお会いしました。

 

 

今日のゴール後、荷物を受取りに行こうと思ったら、

昨年、赤城の時にご一緒した ふじさんにも会えました。

ふじさんでふじさんに会う!

ネタとしても素敵でした。

 

下山してきて、サービスの吉田うどんを食べてから車に戻ると、

再度、コンタマさんと奥さんのえりどんさんに遭遇。

車の止め位置が5、6台隣という近くだったのでした。

 

 

ほぼ同じタイミングで通りかかったのが

チェレステ23さん。

チェレステさんは八ヶ岳の時にもお会いしました。

あの時も偶然だったので、縁があるんですね~。

 

 

心残りなのは

縄師のスケケンさんと、その奥さんのじゅりさんに会えなかった事。

まぁ、参加している事を知ったのが今朝なので

仕方ないですかね。

 

 

 

と、まぁ

成績は振るわなかったのですが、

いろいろと思い出深い、

私としては、最後の富士ヒルとなりました。

 

 

参加されたみなさま

お疲れ様でしたー!!!

 

来年はおそらく出ませんよー!!

おそらくね!

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

さぁさぁ、まもなく富士ヒルですよ!

 

目一杯気合いが入っているみたいですが、

それほどでもないですからね〜。 

 

いつもの鈍感力で、

日常のちょっと延長上のイベントへの参加です。

気を入れ過ぎて、力んでしまってはいけませんからね!

平常心ってやつですかね~!!

 

なーんて言ってても、

イベント(遊び)が近づくと

テンションが上がっちゃうのは仕方ないですね~。

お楽しみですからね。

 

天気予報も雨マークが消えて来たかな?

ちょっとうれしいぞー!

 

 

大会ホームページを見ると

昨年の 90分切りチャレンジ FR90 参加者の集合写真が出てますね。

 

 

昨年のFR90には TK.Nさんが参加していたので、

集合写真を撮影している風景を撮影してました。

バックステージですね。

 

TK.Nさんは今年も FR90 に参加されるのかな?

 

 

で、昨年のゴール後はこちらの看板裏で

 

 

こんな具合でまったりしてました。

 

今年も同じような場所がKEEPできたらいいな~ と思ってますので、

ゴール後、荷物を受け取った後は来てみて下さいねー。

コーヒーサービスがあるかもよ~!!

天気が良ければですけどね~。

 

なんてったって5合目なので、

天気がどうなってるかは行ってみないと判りませんのでね。

天気が良い事を祈りましょう!!

 

グーグル・アースの俯瞰で見ると

このあたりね。

 

 

 

 

さてさて、ゴール後よりも

スタート前の方が暇だったりするので、

荷物預けて、自転車を並べたら

このあたりにいようかな と思ってます。

自分の整列場所からはかなり離れてますけどね。

 

 

グーグル・アースで

 

 

 

更にドン!

ちょっとした階段を上った高台になっているようです。

詳しくは覚えていませんが

なんとなくテーブルのような、ベンチのようなものがありそうなので

そのあたりにいようかな と思ってます。

 

 

ちなみに、当日は KIKI ジャージ にしようと思ってます。

見つけやすいと思いますので。

 

それでは、出場されるみなさま

頑張って五合目を目指しましょう!!

 

よろしくお願いしまーす!!

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
ん・・・
 
我が家の部屋に見慣れぬ物が・・・
トレーニング・グッズに紛れて・・・
 
 
 
これは いったい・・・

 

Bーちゃんち  ???

 

いやいや

 

ビアンキ でしょう!

文字足りてねーし!!

 

 

 

どこかで見たような・・・。

 

 

 

ドナドナ ドーナ ド~ナ~

青空 載~せ~て~!

 

 

これからどこ行くんでしょう!!?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりにランドに行ってきました。

パレードだけ見に行きました。

KS活動ですから、おとーさんは場所取りでお地蔵さんです。

 

お地蔵さんを解放されたわずかな時間でちょこっと撮影。

 

 

花壇にはクレオメがたくさん

盛りにはちょっと早いですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこの時期はバラですね。

 

 

ここに咲いているのは

ディズニーランド・ローズでは無いと思いますが

たくさん咲いていました。

 

 

 

 

城前の花壇はシーズンイベントのデコレーションで花盛り

 

 

 

 

 

 

 

ミニチュア風に

 

 

 

 

こちらは城前のランド・ローズです。

固まって咲いている感じがパレードのフロート(山車)をイメージしているとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縦位置のミニチュア風

 

 

 

 

 

 

あ、お気に入り場所のバラを見に行くの、忘れた!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週末に開催される富士ヒル。

 

そろそろ下準備を始めようかなと

何気なく大会ホームページを覗いてみたら

参加案内がUPされていました。

 

もっと前からUPされていたのかな?

 

ハルヒルなどは参加案内が郵送されてきますが、

富士ヒルはホームページからダウンロードして

自分でプリントアウトするスタイル。

合理的っちゃ合理的ですね。

 

自宅でプリントアウトするとインクがもったいないので、

会社で印刷しますけどね。

業務上横領罪にあたりますが、見逃してね!

 

 

で、いろいろと確認しながら見ていると、

あれれ?

前日受付時の会場が駐車場だけになってます。

 

昨年までは隣の陸上競技場のトラック全体を使って

サイクルEXPO なるイベントが大々的に行われていましたが、

今年から(だけ?)は駐車場内で完結してしまうようです。

 

個人的感想から言いますと、

この陸上競技場を大々的に使う ってところに

富士山 = 日本一 的な大胆さを感じていて、

初めて参加した時には正直ビビりました。

やっぱ、違うなー!! と。

 

トラックに沿って整然と並ぶイベントブースに

規模の大きさを感じました。

それだけ参加者が多いんだな~ と!

 

トラック内側の芝生が綺麗で、気持ち良かったというのも事実です。

 

ですが、今回のパターンが基本スタイルになるとすると、

あんまり規模の大きさが感じられなくなっちゃいますね。

 

ていうか、

サイクルEXPO の範囲が狭すぎて、

イベントスペースと人のバランスが取れなくて

ごちゃごちゃになっちゃうんじゃね!!!

って感じました。

 

なんてったって参加者 10,000人 ですからね。

前年よりも参加者数を増やしているのに

イベントエリアが狭まっているというのは・・・

あれれ??? ですよね~!!

 

去年、岡ピーが試乗車で走りまくっていた

試走コースも変わってますね。

 

 

 

で、大会当日の出走待ち場所も変わっていました。

やはり陸上競技場は使えなくなってますね。

その代わりに野球場の外野の芝生エリアを使う事になってます。

 

陸上関係者からクレームでも入ったのでしょうかね?

トラックを回ってスタートしていくのが

結構気持ち良かったんですけどね。

 

トラックのあちこちでパンパン、

パンクする音が響いていたのも一昨年の思い出です。

自分のところにパンク神が降臨しない事をマジで祈りましたからね。

 

でも、イベントスペースに出店しているお店が目の前にある為、

スタート直前にトラブルがあっても対応が早く出来るのは

良い事だなーと感じてました。

これも昨年からちょっと変わったんですけどね。

 

 

 

荷物預けの場所も野球場周りとなってますね。

という事は、

富士急ハイランドや北麓駐車場が駐車場に指定された場合、

まずは荷物預けする為に北麓公園の一番高いところまで

上らなければいけない って事ですね。

 

となると、

公園よりも下に位置する駐車場よりも

上に位置する駐車場の方が、

荷物預けには有利でしょうね。

有利というか、 楽 というか・・・。

 

 

 

ま、いろいろな都合があるでしょうからね。

 

 

偉そうな事は言えませんが、

やっぱりトラブルが無い事を祈りたいですね。

トラブルには巻き込まれたくないですから。

 

 

ストレスを感じる事無く、

気持ち良く参加できる大会である事を願います。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

単なる偶然なのか、神のおぼし召しなのか・・・

ここのところ、ちょっと気になっていた

背骨

について、

先日、図書館で本を借りてきて読んでいたのですが、

なんとなく気になって

背骨の事をネットで検索してみたら

なんと今日(5/27)は 背骨の日 だったのです。

(この記事を書き始めたのは 5/27 昨日でした)

 

なぜ 5/27 が背骨の日なのかというと

背骨は 5個の腰椎と 12個の胸椎と 7個の頸椎から構成されているので

その数を並べると

5127

1 をスラッシュとして考えると

5/27

という事で、5/27 を背骨の日と制定したそうです。

 

本当ならば構造上の上から数えて

7125

7/25

じゃないのー! ってツッコミたくなりますが、

すでに 7/25 は

*~*~*~*~*~*~*~*~

最高気温記念日 、かき氷の日 、日本住宅公団発足記念日 、

うま味調味料の日(味の素の日) 、知覚過敏の日 、

はんだ付けの日 、体外受精の日

*~*~*~*~*~*~*~*~

と盛りだくさんなので目立たないと思ったのでしょう!

上下をひっくり返して 5/27 の方を選んだのでしょうね。

勝手な推測なんですけどね。

 

この日時設定、ナイスです。

実は背骨を構成しているそれぞれの骨の数が

どうにも頭に入らなかったんです。

なんとなーく覚えにくいなー!と思ってて

覚える事に拒否反応が出ていたんですが、

もうバッチリ覚えられました。

 

頸椎 7

胸椎 12

腰椎 5

 

笑っちゃうくらい、スーっと頭に入りました。

 

 

覚えたところで何かの役に立つ訳では無いのですけどね。

 

 

背骨をうまく使って

パフォーマンスを向上させたいと願っている

今日この頃です。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車関係のイベントが多かった昨日。

天気も良く・・・

あまりに良すぎて群馬県南部は最高気温33度

初夏は通り過ぎ、完全に夏でした。

 

実家裏の道路がコースであるハルヒルに

5回目の参加となりました。

 

来る人拒まず姿勢を貫く太っ腹のハルヒル

今年の参加申し込みは7647名

募集定員は5000名なんですけど・・・。

10000人を目指しているとか・・・

 

私にとってはお祭りなので

可能な限り参加しようと思ってますけどね。

 

で、今年のお祭りに付き合って(?)くれたのは

この二人。

だいちゃんと岡ピーの二人

なぜか3人揃ったら信号機カラーだったとさ!

 

 

お祭りなので前夕祭から始まりますよー!

 

青空食堂は3人貸し切り

さすがに真夏日の直射日光下で焼肉なんて自殺行為なので、

今回は納屋の軒下の日陰で開催しました。

 

私はその後の榛名湖畔まで車の運転があるので当然ノンアル。

センチュリーライド後の岡ピーもなぜかノンアル。

誰かさんだけがアルコールをクピクピ。

 

その結果!

4時過ぎには芝生の上で寝始めたが、

毛虫に襲われるぞ! と脅かされてビビり(虫嫌い)、

座敷で爆睡する人 約一名

だいさくの だい は大の字の だい

 

 

昨年の失敗(温泉のチェックイン時間オーバー)を反省し、

コースの下見とミッションを完了すべく早目の温泉行き。

 

5時半に湖畔に向かうと良い感じの夕景

{CAC82C60-CB55-4DF3-9254-B45EBE7428B2}
 
 
湖畔にある温泉施設  ゆうすげ は
ヘルメットを持参すると100円割引

タオルも付いてますので、利用しない手はないです。

 

 

ひとっ風呂浴びて、前夕祭で燻されたカラダを清めてから、

今年のミッション遂行!

実家の前は坂が終わった後の平地で加速する場所だし、

進行方向とほぼ平行にしか貼れないので、目立ちません。

 

今年は進行方向の正面に見えるよう、

一之鳥居の横のコーナー奥に貼りました。

 

一応大会事務局には 貼りますよ! との旨を伝えておきましたが、

こういう許可は警察なんですよね~。

ゲリラ応援幕です!!

 

 

ミッションを遂行した後、

実家に戻ると兄貴夫婦が待っていてくれて

そこから一緒に2次会開始。

 

兄貴は明日、初心者コースのゴール地点でのスタッフ。

今年は6時半に直接現場に行けば良いらしく、

昨年までは選手である我々よりも早く仕事が始まっていたのだが、

今年は余裕アリアリ。

 

まんまと兄貴のペース トラップにはまったのか、

無くなると次々に出てくる姉貴の わんこビール トラップ にはまったのか、

昨年よりも早くから飲み始めたので早く寝ようと思ってたのに

気が付いたら昨年と同じく 11時!!

始まりが早かった分、それだけ多く飲んでましたとさ!! orz・・・

 

 

 

 

 

なんとか起きれて、

なんとかアップして

なんとか最終軽量化して

なんとか無事にスタート地点までたどり着けました。

 

 

 

 

そして無事にゴール!

 

 

部活用のテーブルも無事に確保できました。

お湯を沸かして、最初のコーヒーを淹れて一人でまったり。

 

 

 

だいちゃん 登場

 

 

岡ピーも登場!

 

3人でコーヒー飲んでまったりしているところへ

応援部隊のmichiさん登場。

新潟名物 笹団子を引っ提げての登場です。

 

 

近くではチャリダーの撮影中

炎天下の下で宮沢崇史先生によるローラー講習???

その手前のベンチで寝る男

 

 

炎天下の下でまったりしますが

なかなか下山は始まりません。

 

昨年よりも、下山列に並ばずに

湖畔脇でウダウダしている人が多いように感じました。

年々、ここのテーブル争奪戦は厳しくなるかもしれませんね!

 

 

 

長時間待って、下山待ちの列に動きがあっても

すぐには下りられません。

コーヒー飲んで、おにぎり食べて、

バナナを食べて、笹団子食べて

おなかも膨れて、まったりにするにも飽きてきた頃に

ようやく下山待ち整列場所に移動。

 

昨日から食べて飲みまくってるのに

ヒルクライムして完全消化されてしまったのか、

カレー(だいちゃん)と、うどん(岡ピー)を食べました。

 

その後、

おねーさんから冷やし甘酒を頂く! の図

 

 

私は固形物を食べる気になれずにハルヒルようかんのみ。

あとでカツサンドを頂きましたけどね。

 

 

ずらりと並んだバイクラックに掛っている自転車の台数も減り、

下山待ちスペースに余裕が出てきても

荷物運搬用トラックの影でまたまた まったり。

日なたは暑いが、日陰にいるとちょうど良く、

そよ吹く風が気持ち良い。

心地よい疲れと気持ち良さで、もうサイコー!!

ここでもウダウダしてました。

 

michiさんもウダウダに付き合ってくれて、

我々が仕方なくという感じで最終下山組の列に並ぶまで

ご一緒してくれました。

 

赤城で逢いましょうね~!

冷たいノンアル、よろしくね~!!

と再会の約束をしてお開き。

無事に山コーヒー部活動を終えたのでした。

 

 

最終下山組の列に整列すると

我々の後ろには20人くらいしかいない。

売店も撤収。

本当に最後の最後。

 

下山待ちの整列場所に架設されたテントでは

上武大学 スポーツ健康マネージメント学科の学生さんによるマッサージが行われており、

長蛇の列が出来ていたのだが、さすがに2、3人の待ち人だけ。

あと6分で最終下山開始とのアナウンスがあったが

これはチャンスとばかりに最後の客としてマッサージを受ける。

効果のほどは・・・だが、こういうサービスは嬉しいです。

おねーさんだったしね!

 

 

無事に灼熱(?)の下界の榛名体育館までたどり着き、

完走証を頂いて、ハルヒルは終了しました。

完走証の裏面は白紙で、おまけは当たりませんでした。

残念でした!!

 

 

 

完走タイムは密かに目標としていた 53分切りを大きく上回り、

51分30秒!!!

 

年代別順位は 33位 でした。

v(^-^)v

50歳代出走者 913名中の順位なので、上々です。

リザルトの最初の1ページ目に名前が載るのは嬉しいです。

 

 

だいさく VS 岡ピー 対決を難なく制した岡ピーの

次なる標的は私との事。

寄る年波との戦いに明け暮れる私に新たな敵の襲来です!

成長目覚ましい岡ピーの今後の動きに目が離せません。

 

センチュリー走ってなければ、レーパン履いてれば、

あっさりやられてしまうかもしれません。

 

噂によると、今年の富士ヒルで

押しましょうか? とか、遅いっすねー! とか、

ちっ!使えねーな!! とか耳元で囁きつつ

あっさりと抜き去ってゆく 岡ピー が見られるとか見られないとか。

岡ピーの急成長ぶりにヒヤヒヤしている私です。

 

 

 

 

帰りは3人一緒に、きんどー号で大宮経由、池袋行きルートで帰る事に。

センチュリーライドと、ヒルクライムを堪能した岡ピーも

ホルモン焼きを持って帰りたいがために!!

 

満載された自転車の隙間を縫って、野菜を詰め込んだ きんどー号。

関越の渋滞を避けて、渋滞が無かったはずの東北道に回ったが、

羽生での10台玉突き事故による渋滞に思いっきりビンゴ。

 

利根川を超えるのにヒーコラして、

6時間掛って川崎にたどり着きましたとさ!

ひとまず、無事に帰りつけたので良しとします。

通常の3倍の時間が掛りましたが、

無事に帰れてこそがイベントの終わりですからね。

 

みなさま、お疲れ様でしたー!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

ありがちなタイトルですが、

本当にヤバかった というか、運が良かった

という話です。

 

トレイル・デビューだったGW最終日

絶景を堪能し、ひとしきり走って、

別尾根の、次なるトレイルへ進もうとした時の事でした。

 

そこは国道脇からの、石がごろごろした細い道でした。

ゴロゴロの不安定な細い道をMTBで上ります。

 

この真ん中の細い道です。

 

実はこの道、

今ではこうなってます。

石垣の上に、落下防止が目的の

柵というか、パネルというか、鉄板が立てられています。

 

ガードレールの支柱くらいの丸パイプを支柱として

鉄のパネルが括り付けられているという

かなり無骨なフェンスです。

 

この時、もうひとっ走りしてからお昼ごはんという事で、

このあたりに詳しい男性陣は先に行き、

かのあさんとYuuさんと私だけとなり、

ちょうど女性陣に挟まれる形で私が上り始めました。

 

ちょうど斜面の中間くらいに来た時でしょうか、

ふらっとバランスを崩してしまい、

なすすべも無く、MTBごと右側に倒れてしまったのです。

 

進行方向は下から上へ、

右側へ倒れたという事は道路側に倒れたのです。

詳しく覚えてはいませんが、

上の写真でいうところの真ん中あたりだったでしょうか。

 

無骨なフェンスが目線の高さくらいだったらよかったのですが、

タイヤの接地面より下だった事は覚えています。

そうなると、倒れたというよりも

落ちた! に近い状態です。

 

なすすべも無い状態の あっという間だったので

ハンドルは握ったままの状態で、そのまま落下です。

 

あっと思った時に、

一瞬、無骨なフェンスが間近に見えたのは覚えてます。

しかも、支柱のポールも見えました。

 

見事にフェンスに激突しました。

横ではなく、上から・・・。

 

 

 

 

 

ここからが奇跡です。

 

 

まず、フェンスが無かったら国道まで落ちていたでしょう。

直接的に落下していなくても、バウンドして落ちたと思います。

 

フェンスがあったおかげで落ちずに済みました。

落ちたところに車が通っていたら、間違いなく・・・。

。(;°皿°)

 

 

 

落ちはしなかったのですが、フェンスにはぶつかりました。

自力で立ち直れて、体と自転車をチェックしたところ、

自転車はほぼ無傷でした。

 

自分は首というか顎を打っており、

顎に違和感があるものの、噛めるし、口は動くしで、

特にリタイアするようなダメージは感じなかったので

そのままMTB遊びを続行しました。

首に丸い痕は付きましたが、出血もなく、
当然その後のご飯も食べられました。

自分の食料は車の中に忘れていたけどね!

食料を恵んでくださったみなさま、ありがとうございました。

 

まぁ、強く噛むと痛かったんですが、

食べられないという訳ではありませんでしたから。

 

 

 

で、この時の奇跡!

 

いきなり骨格図

首に付いたアザと痛みからすると、

この黒丸の部分がぶつかってます。

 

丸い形がくっきりと浮かびあがっていたので、

支柱に首と顎がぶつかったようです。

瞬間的にポールは見えたので間違いありません。

 

この丸い部分で、自転車を含めた落ちた自分の質量を支えたのです。

荷物を含めて80kgくらいの重量に加速度が加わってます。

計算は苦手!

 

ちょっと位置がズレていたら・・・

首が折れても、頭を打っていても、目を打ちつけていても

おかしくありませんね。

( ̄Д ̄;;

 

 

フェンスは鉄製の板だったので、

マリーアントワネットのように

スパッ! といってもおかしくはありませんでした。

(゚_゚i)

 

 

今度は筋肉付き画像です

 

さすがに打ちつけているので、肉は腫れました。

一週間くらい 小太り爺さん あ、まちがえた こぶとり爺さん 状態でした。

 

ですが、口は開けられたし、話は出来たし、物は食べられたので

機能性は落ちたものの壊れはしませんでした。

 

あたり所が良かったとしか言えません。

 

骨が折れてもおかしくないような場所でしたが、

骨に影響は出ませんでした。

固い部分だし、可動部が近かったので

うまく力が逃げたのかなと思います。

 

 

 

また、円の中央にあたる顎の角の部分は

少しですが出っ張っています。

激突したのが ガードレールの支柱のように、

パイプの上が蓋されている支柱だったとしたら・・・

おそらく顎は砕けていたでしょう。

(((( ;°Д°))))

 

なんと、支柱に蓋は無く、中空き状態だったので

顎が砕かれるのは免れたのでした。

 

 

 

兎にも角にも、

不幸中の幸い、九死に一生を得た としか言いようがない、

実はヤバかった状態だったのでした。

 

 

とにかく、一緒に行ったみなさんに迷惑をかけずに済んだので

良かったのでした。

 

 

 

 

で、最後に も一つ奇跡が、

 

奇跡が起きた場所は国道脇なので

グーグルマップのストリートビューでも見れました。

最初の2枚の写真はストビューから拝借してます。

 

しかも、私の下手な説明では判らないだろうという事を見切ったかのように、

進む方向によって、フェンスのある、無しのストリートビューになっていたのでした。

ストリートビュー・カーが通った2つの時期が交差する場所で、

上り、下りで使用前、使用後的なストリートビューが見れるのでした。

これも十分 奇跡のような気がします。

 

 

もしかして、俺、神ってる!!?

もはや死語・・・?

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。