データを読み込み中です。
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
Sat, October 29, 2005 23:31:42

未来のスターを見てきました。

テーマ:スワローズ

11月18日には大学社会人ドラフトが行われます。

スワローズに希望枠で入団するであろう、早稲田大学の一塁手、武内晋一。

噂の一塁手がどんなもんかと思い、今日は早慶戦で武内を観察してきました。


武内1

バッターボックスへ向かう武内。この打席は死球でした。


武内2

盗塁する武内。見事成功。


武内3

センター右への3ベース。下は3塁へ走る武内。

武内4


今日見た感想としては

・打撃 ★★★★☆

今日の成績は 死球・右飛・死球・右中間三塁打

本塁打へのこだわりを捨て、アベレージを狙うようになった武内。

球に逆らわず広角に打てるようになったのは大きいです。

低い弾道で伸びる打球はアベレージヒッターのもの。本塁打にこだわらないという選択は正解だったと思います。

勝負強いというのも心強いです。今のスワローズには、勝負所で決めてくれる選手が必須ですから。

プロに入ったら、常時3割+10本~20本というようなバッターを目指して欲しいです。


・守備 ★★★★★

武内のグラブさばき、非常に上手いです。

打撃が良くても守備が足かせになり、上にいけない選手は多いですが、武内に関してはその心配は無さそうです。

バウンドしたボールの処理は見事なもの。フットワークも鋭く、安心して一塁を任せられます。

幸いスワローズには固定された一塁手がいないので、武内にとっては大チャンスでしょう。

ラミレスが抜けた後のレフトとしてもいけるかもしれません。


・走塁 ★★★☆☆

これは思っていたより良い。

脚の速さ自体は、体格からも想像がつくように特に。

しかし、虎視眈々と次の塁を狙う積極性あり。

今日右中間に放った3ベースヒットでの走塁も、無駄のない走塁でなかなかのものでしたよ。


感想としては、また早稲田からホープの登場か!?といったところ。

どの点でも大きな穴が無く、即戦力として充分期待できます。

是非とも一年目からレギュラーを取るくらいの活躍をして欲しいものです。

まあ、まずはドラフトで指名しなければいけないのですが。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Fri, October 28, 2005 22:55:18

初芝さん、未だ終わらず。&成本スタッフ入り

テーマ:マリーンズ

昨日「初芝さん、本当にご苦労様」なんて書いたのですが。


本日、福浦が腰の影響でパリーグオールスターを辞退。

これを受けて初芝さんが代わりに出場することになったようです。

また現役生活が伸びましたね。

これは観に行くしかないですわな。



一方スワローズの話題。

スワローズは来期のスタッフが発表されました。

以下オフィシャルより転載。

2006年度のヤクルトスワローズのコーチングスタッフは以下の通りです。

              背番号 氏名    生年月日(年齢)    出身校
監督             27 古田敦也  1965年8月6日(40歳) 立命館大
ヘッド兼投手コーチ    72 伊東昭光  1963年4月2日(42歳) 帝京高
投手コーチ         79 成本年秀  1968年9月11日(37歳) 京都産業大
打撃コーチ         77 八重樫幸雄 1951年6月15日(54歳) 仙台商高
打撃コーチ         73 杉村繁   1957年7月31日(48歳) 高知高
守備・走塁コーチ      83 馬場敏史  1965年2月10日(40歳) 柳川高
守備・走塁コーチ      82 佐藤真一  1965年8月7日(40歳) 東海大
バッテリーコーチ      71 中西親志  1960年11月6日(45歳) 相可高
コンディショニングコーチ 93 海老野貴勇 1965年7月21日(40歳) ユタ州立大

二軍監督         80 小川淳司  1957年8月30日(48歳) 中央大
投手コーチ        84 伊藤智仁  1970年10月30日(35歳)花園高
打撃コーチ        76 角富士夫  1956年5月31日(49歳) 福岡第一高
打撃コーチ        74 荒井幸雄  1964年10月13日(41歳)横浜商業高
守備・走塁コーチ     89 猿渡寛茂  1949年4月28日(56歳) 三池工業高
守備・走塁コーチ     85 水谷新太郎 1953年12月7日(52歳) 三重高
バッテリーコーチ     70 上原茂行  1973年3月7日(32歳) 龍谷大
トレーニングコーチ    99 内藤重人  1965年12月28日(40歳)アリゾナ州立大
育成コーチ        97 高橋寛   1951年12月20日(54歳)江津工高


この中で注目は成本がいきなり一軍のコーチ入りしていることです。

以前選手でしたし、勝手知ったる仲ということなんでしょうか。

伊東コーチがヘッドと投手コーチを兼任する影響がどこで出るかが気になるところですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, October 27, 2005 20:38:43

初芝さん、本当にご苦労様

テーマ:マリーンズ

マリーンズファンなら、今日の朝日新聞朝刊は永久保存ですよね?


なんだか知りませんけど朝日はマリーンズに結構優しいです。

テレビ中継はウンコウンコですけど、本日の朝刊には感謝感激です。

なんと、我らのファンタジスタ、初芝清様が手記を寄せていらっしゃるのです。

詳しいことは今日の朝刊を熟読すべし。

持ってない人は今すぐコンビニに走って朝日新聞をゲットせよ!




その一方で、悲しいニュースも。

今日の東京中日スポーツに


「有言実行になって良かった。ホッとしたよ」

アジアシリーズについては「断ろうと思っている」と出場辞退する考え。

出場を要請される可能性もあるが、「もう、そこまで気持ちが入らないから。今日で終わりだと考えている」


とありました・・・。

初芝さんの最終打席は、2005年10月23日に江草から放ったサードゴロということになりそうです。

9月19日に引退を発表してから実に一月以上プレイした初芝さん。

「引退発表してから一番長くプレイした選手にしよう」

マリーンズ奇跡の大逆転優勝の口火を切り、日本一すらも掴んでしまった初芝さん。

本当に今までありがとうございました。

今は満身創痍の身体を、ゆっくり休めてください。


初芝さん ご苦労様

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Wed, October 26, 2005 23:45:47

どんなときも初様がついてるぜ 日本シリーズ第4戦

テーマ:マリーンズ

マリーンズ@甲子園



マリーンズ日本一!

マリーンズ日本一!

マリーンズ日本一!




プレイオフの時よりは遙かに冷静ですけど。

やはり一番の強敵はホークスでしたね。あれだけの経験をさせてくれたホークスには改めて感謝です。


まずは中継に苦言。

MBSは死ね!

パリーグのことを何も知らない駄目解説+超虎寄り実況でイライラ。

早々にTV消音+ラジオに切り替えて良かったです。

しかも最後の最後まで虎擁護、ヒーローインタビューも途中できるという最低の中継。

さらに笑うのはTBSラジオのアクセスで、「あなたは今年の日本シリーズに納得していますか?」というお題を出す始末。

「あなたは今日の毎日放送の中継に納得していますか?」というお題にした方が良いんじゃないですか?(プププ



もう一つ言いたいことが。

どうやら「試合勘」というものがあるようですが、そんなの解りきっていたことで、それに対応するのがプロだと思いますけど。

それに何日も空いたことで、むしろ酷使されまくりの中継ぎ陣を休ませられたという利点もあるのですがそこは華麗にスルーですか?

マリーンズはプレイオフの激闘で幸一に小坂がリタイアと、満身創痍だったんですけどね。

それに「試合勘」で言わせていただければ、まともに試合に出ていない早坂、塀内、正人はどうなるんでしょうか?ボンクラな私にわかりやすく説明していただけますでしょうか。

そもそも10年20年やってきて、それに今年も146試合をこなしたにも拘わらず、20日も経たない内に「試合勘」というものは無くなる程度のものなんですか?


今回は冷静なので、気になった部分を書いてみました。

こんなことを言う連中の思惑を粉砕するマリーンズナイン、超GJ。

試合はプヨ隊長マンセー!ってことで。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Tue, October 25, 2005 21:50:44

どんなときも初様がついてるぜ 日本シリーズ第3戦

テーマ:マリーンズ

マリーンズ@甲子園



3試合連続10得点!

なにこれなにこれ。凄すぎですよ。



マスコミが口を揃えて「甲子園に行ったら流れが変わる」とか言っていましたが、勢いだけで勝ち進んだ訳ではないのではないので全く心配していませんでした。

幸一も戻ってきましたし、私たちが勢いづきこそすれ、相手に勢いが行く要因はありません。


とか言いながらも、コバヒロはプレイオフでの2戦と違い、やや制球が甘い様子で少し心配でした。

2回に1点を失って同点に追いつかれましたが、その後は制球が甘いながらも変化球がキレて3回以降持ち直しました。

プレイオフ以降、小林宏之という男が投げていると実に安定感抜群で安心できますね。


一方攻撃。2回に4番様ことサブローが2ベースの後、ベニーが犠飛と、効率の良い攻撃で今日も先制。

4回の2点はラッキーでした。アウトと宣告されても仕方のないタイミングでしたが、1死満塁から里崎が併殺崩れの間に1点。

さらに最初の打席で連続安打記録が切れた今江がボテボテのサードゴロも、あまりにボテボテすぎて逆に間に合いました。

相手さんは6回から早くも藤川と投入して流れをなんとか掴もうとします。

ところがこれを逆に味方に付けるのが今のマリーンズ。あのホークスとの激闘の成果は伊達ではありません。

回を跨いで投げることになった藤川を一気に襲います。


里崎のセンター前ヒット(記録は失策)の後に今江が2ベース。ここでボビーは代打攻勢に出ます。

今日の勝敗の分かれ目はここだったと思います。

大塚の代打フランコは、藤川得意のフォークボールに手を出さずフォアボール。

好投していた宏之を思いきって下ろして代打に出した橋本も、低めのカーブに手を出さず、ストレートをカットして9球目のストレートをセンター前に弾き返すことに成功。

*追記:やはりストレートが得意な橋本にストレートしか投げられない状況(満塁でフルカウント)になった時点で勝負有りでした。そう考えると、満塁を演出したフランコの功績も大きいです。しかもフォークを見送ってフォアボールというのが余計大きい。


今日圧勝できた原因はここでしょう。見極めが得意な2人を代打で出し、それが見事にはまったことがこの回の大量点に繋がりました。

福浦の満塁ホームランも、この2人無くしてはあり得なかったでしょう。


甘いながらも粘り、結局僅か3安打に抑えた宏之と、思いきって勝負に出たボビー。

そしてその期待に応えたフランコと橋本、みんな今日のヒーローです。



さあ、あと一つ、あと一つです。

勝って兜の緒を締めよ、パリーグ代表として恥ずかしい試合は厳禁です。


「初芝を、引退発表してから一番長く現役を続けた選手にしよう。」


ボビーの言葉を実現させましょう。初芝清にもう一度栄光を!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, October 24, 2005 19:33:30

川端慎吾、入団へ

テーマ:スワローズ

川端のヤクルト入団決まる

ヤクルトが高校生ドラフト3巡目で指名した市和歌山商高の川端慎吾内野手(18)の入団が23日、決まった。

契約金4500万円、年俸480万円で仮契約した。背番号は「36」。(金額は推定)



川端君入団へ。

スワローズの背番号36と言えば、あの池山隆寛が背番号1を受け取る前につけていたものです。

2年間空いていた36番が再びフィールドで見られることになりました。

「池山の様な大型遊撃手に」なんて思っていたのですが、球団も同じ考えだったりするのでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, October 23, 2005 21:51:54

どんなときも初様がついてるぜ 日本シリーズ第2戦

テーマ:マリーンズ

タイガース@千葉



なにこのミサイル打線。


試合前に「福浦ベンチ入りせず」というニュースが飛び込みました。

替わりにファーストには昨日ホームランも、全く話題にされなかったプヨ隊長。

セカンドには正人に替わって塀内が入りました。


1回に今岡のエラーで1点ゲット。

2回には昨日から5連続安打となる今江の安打をきっかけに追加点。


一方の守備。阪神打線は全くあっていないスイングで、点を取られる気配無し。

6回に赤星、鳥谷に連打を浴びますが赤星は3塁でストップ。レフトはテレンコだったので突っ込んでいたら間違いなく1点入っていたと思われます。3塁コーチャーのボーンヘッドじゃないでしょうかあそこは。


ここで流れは変わって一気に鴎へ。

これまで好守に阻まれていたものの、当たり自体は悪くなかったのでいつかは打てるだろうと思っていましたが、まさかの1回で3本塁打。

私が嫌だった投手の一人、江草をも打ち込んで今日も2桁得点。今日も快勝です。


いきなり日本シリーズで緊張しないかと心配していたヘイちゃんでしたが、キャッチング、スローイング共に落ち着いていて昨日の正人と共に幸一の穴を埋めてくれました。ヘイちゃんGJでした。


それにしてもなんでドラゴンズが2位なのか解らないような試合でしたね。

今岡のタイムリーエラーとか、藤本のバント失敗とか。こんなに粗い試合してましたっけ、タイガースって?

藤本の好守もあって、前半は辛うじて僅差でしたが藤本がいなかったらもっと点差が開いていたような気がします。

一日試合が空くことで少しは相手も落ち着くでしょうから、第3戦は今日のようにはいかないですかね。

しかし宏之は最近神がかっているので大丈夫でしょう。

もしかしたら本当に甲子園で胴上げとなるかも。

いえいえ、王者は驕らずですな。連勝しても油断せず頑張りましょう。


最後に、初様を出したボビーマジGJ。

僅差の試合でなかったのが悔やまれます。神は無用な殺生はしないのでサードゴロでしたが普通ならスタンドですよ。

初様の守備が見られなかったのだけが心残りですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, October 23, 2005 17:46:57

第66回 菊花賞

テーマ:競馬

1着 ディープインパクト

2着 アドマイヤジャパン

3着 ローゼンクロイツ


ディープインパクト強過ぎ。

スタートが良すぎて、メインスタンドに来るまで行きたがってしようがなかったディープは、いつも通り最終コーナー辺りで先頭集団へ。

前半脚を使ったにも拘わらず、好位抜けだしで先頭に立ったアドマイヤジャパンを軽く交わして三冠達成。

あーもう早く海外行きなさいって。海外で走るディープインパクトの姿が見たい!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, October 22, 2005 21:24:55

どんなときも初様がついてるぜ 日本シリーズ第1戦

テーマ:マリーンズ

タイガース@千葉



濃霧でコールドゲームという、壮絶なネタをいきなりかましたくれたマリンスタジアム。

こんな球場が大好きだちきしょう。


クソダフ屋および転売屋のせいでいくらか空席がありましたが、幕張にいた人間は今までで一番多かったのではないでしょうか。

私はモーターショウに行くついでに、グッズを買うためにマリンにいたのですがそれはもう人の多いこと多いこと。

皆さん余ったチケットを狙っていたようで、そこかしこに「チケット求む」の文字が躍っていました。

なお参考にダフ屋に聞いたところ「5万」という常軌を逸した価格を言っていました。こんなのに皆さんの貴重な金を落とすのは非常にバカらしいので大人しく家で観戦しましょう。



試合前に降っていた小雨も上がり、無事開催された日本シリーズ第1戦。

先発は前回素晴らしい投球を見せた清水直行。

今日もスプリットにカットボール共にキレがあり、コントロールも低めに決まり安定感抜群。

速球も146を記録するなど力があり、前回に勝とも劣らないピッチング。

悪かった点も前回と同じで、緩い球が甘いところに入ってしまったこと。

今回は相手がシーツだったので助かりましたが、次は緩い球を投げるときの制球に気をつけたいですね。

逆に言うと、それ以外欠点らしい欠点が見あたりませんでしたね。

エース失格とか言ったのは誰ですか。私ですよ。容赦なくブーイングして下さって結構です。私が悪かった。


打線はまたもや粘って粘って球数を投げさせる事に成功。

制球が定まらず、勢いで押す相手にはとにかく球数を投げさせて失投を狙う。お見事な攻撃でした。

西岡は2打席で21球も粘り、今江は高めの甘い球をガツンとスタンドへ放り込みました。

若手なのにこれだけのプレイができるのは、プレイオフでの経験があってこそでしょう。つくづくプレイオフに感謝です。

この2人の好プレイはこれにとどまらず、今江の三塁線への見事なバントヒット、西岡の右方向へのプッシュバントと、2人でバントヒットに成功。

今江のヒットは点に繋がりませんでしたが、西岡のバントヒットは点を失った直後の3点に繋がりました。

若手にやりたい放題やられてさぞ井川もショックでしょう。


替わった橋本にも、お祭り男里崎とかわいいベニーがホームラン改め霧ムランをお見舞いして試合が中断→終了。

結果的には圧勝でゲームを終えました。


今日は直行と打線の爆発が目につきますが、私の注目点である守備でも好プレイが出ました。

まずは1回に西岡が金本を併殺に仕留めた場面。センターに抜けそうな当たりを取るだけでなく、素早くベースを踏んで送球した西岡も見事ですが、その送球を華麗に捕った福浦も素晴らしい。

その福浦は3回に無死からランナーが出たときも、ランナーの動きをきちんと見てアウトを取る塁を選んでいましたね。流石です。

8月の浦和で康介の完封勝利を消すエラーを犯した正人はエラーせずにワンバウンドを処理。

どれもそう華麗な守備ではなかったので注目されることはないでしょうが、西岡、福浦、正人の3人の守備は見ていて爽快でした。


本日は東尾の酔っぱらい解説、絶叫アナ、ド下手な集音というテロ朝クオリティ炸裂で相変わらず最低な中継ではありましたが、勝ったので今日だけは許してやろう。

しかしアナウンサーよ、カウントはちゃんと確認しようぜ・・・。S1B2から三振はあり得ないですよ。



それはともかく。

マリーンズ、無事初戦突破です。

明日も勝ちましょう。頑張れ俊介!

エキサイティングリーグ、パ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Fri, October 21, 2005 20:30:58

地味様発進!

テーマ:マリーンズ

日本シリーズ第1戦予告先発 2005/10/21 (金)


日本シリーズ第1戦予告先発

第1戦(22日)の予告先発は、マリーンズが清水直、タイガースが井川と発表されました。


さあいよいよ明日は日本シリーズ開幕です。

マリーンズ対スワローズだったら最高だったのですが、まあそこは来年のお楽しみということで。


先発は地味様こと清水直行。

前回はセットポジションからノーワインドアップで投げるフォームに戻して見事勝ち星を挙げています。

ノーワインドアップになったことで球威が落ちるかと思いましたが、140中盤を連発していたので今回も心配なさそうです。

地味様の場合はメンタル面がどうなるかという点が最大の課題なのですが、プレイオフであれだけの投球を出来たということがチキンエースの名を返上するきっかけになると信じています。

相手の井川には交流戦で完封負けを喫していますが、後半はスタミナ切れを起こしたような感じでした。

世間ではレギュラーシーズンから時間が空いていることがマイナスに働くのではと言われていますが、井川の場合はプラスに働くのではないかと危惧していているところです。

どうせ左の井川ですし、初芝先生を是非スタメンサードでお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。