読みなおしてみると面白い。最高w自分の話だからなおさら。

今文章で逐一旅の全容を書き直してるんだが、その理由。

1、自分のため。
2、実は帰ってきて以来誰にも旅の詳しい話をしていない。いや、出来無いわけじゃないけど。
3、忘れる前に書いておきたいことが多い。

なんであの時の俺はこうだったんだろう、みたいな選択肢を持つ中での心境とか案外イケてる。
なんで世界一周しなかったんだろうとかも、最初は悩んでたんだなーみたいなのとか。
なんで「これでいいや」って思えちゃったんだろうとか。

他の人にはどうでもいいはずのことなのに、自分に取ったら大事な回想録。
それでいいならと、今度本にして身内に配ることにしたwww

逐一プレゼンするのも厄介でめんどくさいしね。

----------------------帰ってきてから時々思う。また旅に出たい。

でもさ、もう手遅れなんだと思う。
自我が強くなりすぎて、目も肥えて、心は無限に続く穴が開いてる。
こんな俺が今何をしようとて、そこに実はならない。

今じゃない。今はただ呆然とここで夕日を見ていたい。
AD

うっひゃーーー

テーマ:
うわ!!旅したい(笑)

日本はいいけど、旅したいーーーーー滅茶苦茶知らない人に話しかけたい衝動。
そんなことしたら、
旅先=気さくな人
日常=異常者。

最近は下手に話しかけるだけでも、罪。

最近はいろいろな転向機会があり、まあまあエンジョイできてる俺です。

が!が!!!!やはり刺激。つくろう刺激!ファンキー刺激!!!!!

ああーーーーーーーーーーーーーーメッチャクチャヤバいことやりたい!!!!

と、いうわけで、日常生活のちょっとした鬱憤でした。

でもまあ今の仕事に不満があるとかじゃなくて、最高に楽しいんです。

頑張りは形になるし、形になったら評価受けれるし。

AD
お久しぶりです!!まさかここを定期的に読んでくれてる方がここにいるとは思わないのですがww

実は就職しました。

農業系ガソリンスタンド系自由気儘動く仕事です!!!

そんな自分でも未だに理解出来ていない自分の仕事ですが、

なかなか楽しく、そしてなによりやり甲斐というものを

時分で見つけて心身満足させるために毎日ぎりぎりまで働く気持よさ。

そんなわけなんですが、そっちもブログを付けることにしました。

URL等は今後ここに掲載予定です。

『農地を駆ける少年』ですかね題名はww



さてその昔、ある出版社の方とこんな話をしました。

旅本を出版したいならまずは書くこと!

その時は何故か全く気乗りしない感じでした。なぜなら旅先にいたときの話ですから。

旅は終わってみると「あーなるほど」という経験値を与えてくれます。

行く前は「旅に見返りを求めない」などと豪語していたのですが、

帰ってきてみると一概には言えませんが、旅そのものが大いなる財産になっているということに気付かされます。

きっとこの先俺はもう旅に出ることはないんだと思います。

時分には十分すぎる経験と、今後の人生をニタニタと旅を思い出しながら語れる仲間をゲットしたからです。

しかし、もう一つ今後ボケルことを想定して、思い出を形に残しておきたいと思うようになりました。

その形の一つが本であり、写真です。

実は小姓、日本をだいぶ長い間旅しておりました。

そんな最高の経験も、形に残しておくのは悪いことじゃないんじゃないかなーと今さらながら。

-----------------------------------------------------------------------

!!!!
こんなに長いブログを書くはずじゃなかったのに。

人生は何があるかわからない。

ひでき
AD

3月の4日

テーマ:

こんな題名の歌があったっけ。


約11ヶ月ぶり。


帰国します。


こんなにかけてたったの5カ国。


俺にはこんなたびしかできないことがわかった。


それでも自信満々に言えるよ。


俺は間違いなく充実した11ヶ月を送った。


2週間予定の韓国は、現地人の優しさに負け1ヶ月。

1ヶ月予定だった中国は広大な国土と最高の仲間たちの出会いに負け3ヶ月。

2週間予定だったネパールは山の魅力に負け1ヶ月。

そしてちょっとだけの予定が約半年になってしまったエジプト(笑)


沈没?いいじゃない。

関係ないね。


どこにどれだけ行こうが、まったく関係ない。


俺は仲間を探すたびをしてたんだ。


その点俺は完璧海賊王レベルの出会いがあったし、

この出会いは一生物にする自信だってある。


11ヶ月旅でお世話になり、お世話して、戯れて。

そんな出会い約500人。


おなかいっぱいですwww


俺と出会ってくれた人、みんなにみんなありがとう。

そしてこれからもよろしくお願いします。


ひでき。


P.S ダハブには今モーリー君が俺と同じくダイブマスターになるべく

トレーニング中です。

遊びに来れる方、ぜひいらっしゃってください♪

今回のエジプトのデモをニュースを御覧の皆さまから心配のメールをいただきまして、
大変ご心配をおかけしています事、ここでお詫び申し上げます。

現在まだエジプトのダハブに滞在しております。
シナイ半島の南部ということもあって、デモの影響が全くと言っていいほどありません。

毎日陽気な太陽と、気持ちのいい浜風に吹かれ、ダイブマスターとして海に潜っています。

毎月七日のバーベキューではこんなタイミングにも関わらず、13人の日本人たちが一つの火を囲み、
のんびりくつろぎました。

さて、本題ですが3月の14日に帰ります。
約一年。

いろんな出会いと、多くの思い出をお土産に凱旋帰国。

3月中は忙しなく動き回るつもりです。
東京にも何度か行くつもりです。
思い直し、卒業式にも出るつもりです。


今後の本拠地は、新潟です。

帰りたかった、故郷に4年ぶりに生活をしに帰ります。

日本でやりたい事が手いっぱいです。
そのために皆さんから多くの力をお借りするかもしれません。その際はよろしくお願いします。

思い起こせば、
時間がない、から時間はある。になった瞬間に俺の旅は終わっていたのかも知れません。
でもそれは妥協ではなく、大きな畑を耕し終わった後の感覚に似ています。

これから何を植えても、育ててもいいんだ、という爽快感にさえ思います。
僕はこれからをファーマーとして生きていくつもりです。

いいのかな、だめなのかな。で悩まず、まあいいか、やっぱり駄目か、でもいいや。
という危険なoptimist精神を掴んだ俺はきっと、1年前の俺よりよっぽど強し。

ひでき。