陶芸

ときたま日記-2010091413180000.jpg

先月作ったお皿が出来上がりました。内側だけ釉が付いています。これを使ったものはいずれまた、紹介します。


板作りです。いつもですが、板作りが結構色々と思いつくのです。

ときたま日記-2010091415040000.jpg

さて、今日はチェッカー状に作りたいと先生にお願いをして、黒い土と白い土を用意していただきました。
大きさを切り出して、整えていきます。

ときたま日記-2010091415040001.jpg

そして、積み重ねてゆきます。間は外れないようにドベを付けてゆきます。

ときたま日記-2010091415320000.jpg

作った板を全部積み重ねて、切り出します。そしてもう一度積み重ねてゆきます。


ときたま日記-2010091417080000.jpg

チェックになったので、今回イメージした植木鉢を作ります。完成した姿は上の写真です。さて、焼き上がりはどのようになるか楽しみです。


ときたま日記-2010091415230000.jpg

黒い陶土をもらって手びねりの植木鉢も作ってみました。
見えませんが小さな足が3個つけてあります。ひび割れ感はそのままで、どのような焼き上がりでできるかこちらも楽しみです。

土が形を変えて、火を入れて出来上がってゆくのは面白いですね。

いずれ、自分の窯を持って焼いてみたいですね。もっとも、その手前の技量の問題が残されてますが・・・。


AD

ときたま日記-tapioka

街中を歩いていると色々な看板を目にします。今回はあまり撮らなかったけど、一番気になったのはこの蛙の看板でした。

タピオカを扱っているお店なんですねぇ。タピオカのイメージってやっぱりそうなんですね。


ときたま日記-abata-

これは駅構内です。見たことのある絵ですね。
そう、映画のアバターですね。(実は私は見てない・・・)


ときたま日記-machi_naka

プラプラと散策


ときたま日記-machi_naka2

散策散策。


ときたま日記-bird

おっと、こんにちは

AD

まだまだ台湾



もう8月の話ですけど、まだまだ台湾ネタで。


ときたま日記-otera_nigiyaka


町の中にもたくさんの廟(お寺ではないんですね)、があるようで大きいものから本当に小さいものまであり、いつも線香が焚かれていました。そんな町の中でにぎやかに道の真ん中で祈祷(?)かなぁ、をやっていました。



ときたま日記-kousibyou

こちらは孔子廟です。学問の神様として有名で参拝客もとても多いそうです。絵馬がかかっていましたが、日本語のものが意外にも多かった。



ときたま日記-hasira

そんな孔子廟の柱です。他の廟でもそうですが装飾された柱がどしんとしています。龍のモチーフが多いですね。


ときたま日記-kousibyou_fue
そんな孔子廟で縦笛を吹いている方がいました。

でもこの裏側でウクレレで台湾語か北京語かわかりませんが「あ~やんなっちゃった」フレーズを弾いている人がいて、この曲は世界でも弾かれているのでしょうか?



ときたま日記-tairyuudou

その孔子廟の側にあるとても大きな廟が大龍峒保安宮があります。こちらにも多くの参拝の方々がいました。以前載せた龍山寺のように7本の線香いただいて参拝するようです。


気が付くとこのような廟がたくさんありました。



さてさて、小籠包を食べた後、台北のランドマークとして有名なTAIPEI101へタクシーに乗って向かいました。

ときたま日記-101
夕方の街にとんがるようにそびえています。


ときたま日記-101_2

下から見上げてみました。ここは高さ508mで、超最速のエレベーターがあり展望台へと一気に運んでくれます。ただし有料です。表示が36秒だったか
38秒だったか ほんとにすばやく上がってゆきます。待ち時間のほうが長いです。

ときたま日記-2010082321190000.jpg

展望台のショップに101キャラクターがいました。顔が101になってます。
ときたま日記-2010082321120000.jpg

これが展望室から見た夜景です。これは携帯でパチリ。



ときたま日記-101_3

台北の街は朝の開店時間が遅い店があり、その分夜がにぎやかに感じます。
ときたま日記-101_4

はてなマークんー なんだったかなぁはてなマーク

ときたま日記-101_5

これはわかりにくいけど、さらに上階で撮りました。屋上ですね。


ときたま日記-101_6
帰り道振り返ると雲に翳った満月に101が・・・