大園英樹のショーミのハナシ-logo+whiteline

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-23 17:02:42

残念です!

テーマ:ブログ

残念です!

今年の12月、常にファッション業界の最先端を行く

世界的に有名なパリのカリスマセレクトショップ

『コレット』が閉店するというニュースが!

 

その記事を読んだ時、コレットにウチの製品が

並んだ日のことを思い出しました。

 

 

 

 

 

あれはたしか2002年、ヨウジヤマモト社の仕事を

させていただくようになって間もないころ、

パリで行われた“Y‐3”ブランドのオープニング

パーティーに参加させていただきました。

 

その時、ヨウジヤマモト社K部長がマダムコレットの娘さんで

クリエイティブディレクターのサラさんを紹介してくださったので、

ボクはどんなモノづくりをしているかを熱く語りました・・・

とかっこ良く言いたいところですが、K部長が通訳をしてくださったんです。

 

サラさんは興味を持っていただけたようで、

「何か面白い提案があれば聞くよ!」って言ってくれました。

 

帰国後いろいろ考えたんですが、

ヨウジヤマモト2002~3AWパリコレクションで

デニムに京友禅をさし、その上からボクのマジック

ウォッシュ加工で色を落としてヴィンテージ風にする作品を

お手伝いさせていただきました。

その手法を使わせていただこうと思い、

Y社に許可をもらい京友禅の老舗“千總”様のアパレル部隊

“あーとにしむら”のIさんにご相談に伺いました。

そこで生まれたのは、西洋では不吉でタブー・・・

でも日本では吉兆柄とされる生き物、コウモリ・ムカデ・カラスをモチーフに

手書き友禅をさし、マジックウォッシュを入れるというアイデアでした。

 

その日から図柄の構成、友禅染との相性のいいデニム生地探しなど、

サラさんへのプレゼンに向けての準備が始まりました。

 

 

 

 

あーとにしむらさんとスポテッドホースのコラボ!

 

Iさんと年が近いこともあって相性はかなり良く、

サンプルは想像以上の出来栄えになりました。

 

が・・・写真を撮ってなかったんです・・・一枚も!

 

そしていよいよプレゼンの日、フランス語の通訳の方をお願いし

万全の態勢でコレットに乗り込みました!

 

サラさんアポイント時間通りに出てきてくれ、

まずは和やかにスタート!のはずが???

「ジュボジョボ・・・」何を言ってるのかは解りませんが、

 

なんか怒ってる!

通訳の人、顔面蒼白!

 

ボク「どないしたんですか?」

 

通訳の人「「ボクのフランス語が気に入らないと

言って怒ってます」」

 

ボク「ほな英語でしゃべったらどうですか?」

 

通訳の人「「ボク英語できません!」」

 

ボク「そんなアホなぁ!」

 

・・・どないすんねん、終わってるやんけぇ~・・・

 

サラさん(英語で)「オオゾノ、エイゴデチョクセツシャベリマショウ!」

 

ボク(英語で)「ワタシタンゴシカワカラナイ」

 

サラさん「シャベレテルヤン!」

 

ボク「ヘタクソイウテオコラントッテヤァ」

 

と、こんな片言の英語でのプレゼン、掛率など数字の部分は筆談を交えて

気長に付き合ってくれたサラさん、この友禅デニムを気に入ってくれ、

その場で発注してくれることになりました。

 

欧米では契約書が必ず必要と聞いていたのでその話をしたら

 

サラさん「ソンナモノイラナイワ、ワタシハコレットノサラヨ!」

 

この言葉はこれだけ有名な私が嘘をつくと思う?と

言ってるのか、それとも金なんか払えへんでぇ、

置いたるだけで感謝しいやぁ!と言ってるのか???

悩みましたが、

 

ボク「ワカッタ、ツクルワ!」

  「ソシタラ、シハライハエンデオネガイネ!」

 

サラさん「ヨッシャ、エエヨォ~!」

 

これだけです!

すごい器のでかい方です!

約半年後、無事納品し店頭に並んだ一週間後、

たまたま友人がパリに行くと聞いたんで、

どうなってるか偵察を頼んだんですが、

2,3本残ってるだけって、連絡をもらいました。

 

すごい販売力、恐るべしコレット!

 

最後に、ちゃんと円で入金があったことを

ご報告いたします!!

 

 

 

(有)スポテッドホースクラフト 

大園 英樹

大阪府堺市堺区二条通2-17

TEL 072-229-8155

http://www.spottedhorsecraft.co.jp/

https://www.facebook.com/spottedhorsecraft/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-07-13 10:05:45

カッコいいループ!

テーマ:ブログ

カッコいいループ!

気になる人はめちゃくちゃこだわる部分がループ!

ぴん!ときた人はかなりマニアですね!

 

 

 

どの部分がどうなってるのがカッコいいループなのか?

 

ボクがカッコいいと思ってるだけかもしれませんが、

ステッチとステッチの間(真ん中)がぷっくり膨らんで、

両端がぺったんこになったループがカッコいいんです!

 

 

 

 

縫い上がっただけでも立体感があるんですが、経年変化で

膨らんだ部分と端っこが色落ちし、上下のテンションをきつくし

生地に食い込ませたステッチの周りだけに

インディゴが残って更に立体になっていくんです!!

 

ヴィンテージデニムでもここまで立体的で、

きれいな色落ちをしたループを見た記憶がないんで、

この部分のこだわりは日本で生まれたのかもしれません。

 

 

 

 

これは断面図をみれば一目瞭然!

写真では解りにくいかもしれませんが、

ステッチに挟まれた中央部分のみ生地の折り返しが重なっています。

この織り方と厚みが美しいループを生み出すために

ミシンに導くラッパ(ガイド)の構造を試行錯誤して

ミシン屋さんを通じラッパ職人さんに作ってもらうんですが、

腕のいい職人さんは最近めっきり減ったそうです。

 

 

 

コンピューターの時代といっても、

最後はやっぱり人間の手!

 

 

 

 

(有)スポテッドホースクラフト 

大園 英樹

大阪府堺市堺区二条通2-17

TEL 072-229-8155

http://www.spottedhorsecraft.co.jp/

https://www.facebook.com/spottedhorsecraft/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-06 15:58:40

生機(きばた)とサンフォ!2

テーマ:ブログ

・・・・・というか補足!

前回書き忘れたんで補足させていただきます。

生機とサンフォでもう一つ大きな違いがあります。

 

それは生地の“ねじれ”です。

 

皆さん、こんなの見たことないですか?

左身頃の裾が前までねじれてるヴィンテージデニム!

 

 

 

 

これは、綿(わた)を糸にする時に撚る(よる)方向が右側で

これをZ糸(ゼットし)といいます。

余談ですが、左側に撚った糸はZZ糸(ゼットゼットし)です。

 

通常デニム生地は右上がり(ノの字)に織られます(右綾)

左上がりに織られた左綾(逆ノの字)もありますが・・・

 

この右撚り、右織りが重なることで右へねじれてしまいます。

 

このねじれの“くせ”を取る加工を“スキュー”といい、

サンフォライズド加工時にセットで行います。

 

逆にいうと、サンフォ時にスキューをしなければヴィンテージのような

“ねじれ”を出すこともできます!

 

この“ねじれ”がないとだめ!というヴィンテージファンもいらっしゃいますが、

ボクは特にGジャンなど上着になるとスソの位置がへその真下じゃなく

だいぶ右にずれるんで、違和感を感じます。

 

ですから、OZONOデニムはスキューもかけています。

 

 

 

ちなみに、右撚りのZ糸を左綾に織ると、スキューをしないでも、

ねじれようとする“くせ”が相殺されねじれが出ません。

 

もひとつ余談ですが、同じ糸で右綾と左綾織りを作って

比較すると左綾のほうがなぜか光沢がでて上品な表情に

なります・・・

生地の世界

 

不思議です!

 

深すぎます!

 

 

 

 

(有)スポテッドホースクラフト 

大園 英樹

大阪府堺市堺区二条通2-17

TEL 072-229-8155

http://www.spottedhorsecraft.co.jp/

https://www.facebook.com/spottedhorsecraft/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。