無意味な緊張

テーマ:

札幌出張してました。

今回は仕事と言うよりはお客さんとして行った感じですね。

お偉いさんから初めて会う先輩達が沢山でえらい気遣ったわ。


最初のうちに挨拶しておけばよかったんだろうけどなかなかタイミングがなく

仕事終わって懇親会で挨拶をすることに。

先輩達も新人の挨拶が遅いと思われてたみたいで

あちこちに頭下げて申し送れましたが・・・の連発。

その場はそれで和んだ感じになったんで問題なかったけど無理やりでも

最初に挨拶しとくべきだったなぁ。

変に緊張もする必要もなかったしね。

とにかく疲れたの一言でした。


ライブでCL見れなくてさっき再放送でチェルシー×バルサを観戦。

解説は我らが原博美氏。

彼はバルサファン。

彼の素晴らしいところは解説者の立場を忘れてバルサを応援してしまうところ。

結果はバルサが勝ったわけですが、チェルシーが先制するまでは中立な解説者。

先制後はにわかにバルサ寄りの発言。

バルサ同点時には、よっしゃ~!!と思わずぽろり。

そこからが、バルサの選手を褒める褒める。

バルサの何度か惜しい場面があれば、キタキタ~と発言し

危ない場面では、よく頑張った~と。

解説者の立場を忘れてバルサファンとしてのコメントが何度も飛び出す。

逆転ゴールのときには、よっしゃ~!!、最高のゴールだ~と出ちゃいましたね。

そんな原氏が大好きです。


今週もあと一日、頑張りましょう。。。

AD

痛いっす。

テーマ:

やっとA型も人からも開放されて後は本番を迎えるだけになったわけですが

週末が最悪です。。。後厄を食らう前兆なんでしょうか。


まず、土曜日。

夜にコンビニから車で帰ろうといつもと違う裏道を通ることに。

国道以外は一時停止が多いこの街。

その事はちゃんと分かってその日もちゃんと停止した?と思うけどね。

二つ目の一時停止通過後に、バックミラーに突如真っ赤な光がビカビカと。

まぁ、何か事件でもあって、急に俺の後ろに来たんだなと

そのまま帰ろうとしたら奴らは放送で何か言ってますわ。


 「前の黒い車~止まりなさい。」


前の黒い車ね、俺の前の車かなぁ思っても前には車はいないし。

え~なんだべと思いながら止まることに。

パトカーに乗せられて


 「一個目の一時停止はきれいに止まってたんだけどね~、二個目がね・・・」


スルーした覚えはないけど、多分徐行で行っちゃったんでしょう。

無意識に運転してたからちゃんと覚えてないけど止まった気もしなくもないし。

このビミョウな判定とポリさんの言い方にイライラしながら指紋を取り

罰金振り込む紙もらって帰るわけですよ。


ただ悔しいからもう一回同じ道通ってきました。

通ってるときに同じパトカーとすれ違うしね。

絶対奴らは点数稼ぎやってるだけじゃん。

だから余計にイライラ。。。


んで日曜日。

発表会資料もメドが立ちナイターにでも行こうと夕方からゲレンデへ。

夕方六時くらいにゲレンデ着いて、久々滑るボードでちょっと調子に乗り~

ちょいと大きなジャンプ台でジャンプ。

着地成功!!のはずが、着地後に凹みがあってこける。


そして軽く肩を打つ。

久々の脱臼。

今まで自分で肩を入れてたから大丈夫だろうと

いつものように肩を入れてみるも入らず。

とりあえず痛いなか滑り下りてレスキュー隊のいる部屋へ。

もうこっちは痛いし、鼻水も出た状態で部屋に入っても

彼らはちょ~まったりしてること。

そこで救急病院に連絡してもらう。


友達に病院まで送ってもらって、待つこと一時間半。

その間ずっと肩外れっぱなし。。。

何度もタップしてるのにずっと脇固めを外してもらえない状態みたいな。

おそらく内科医が当番だったみたいで、彼は何もしてくれず

レントゲン技師呼ぶのに待たされ、整形外科医が来るまでまた待たされ。

整形外科医は一瞬で肩を入れてくれたけど、肩外れてる時間長すぎて

今でも痛いし。


肩入れてもらって帰ってサッカー見ようとしたら

天気が悪いのか知らないけどスカパーが映らず。

天気にも見放され、またそれにイライラして寝ることに。

本当散々な週末ですわ。

しばらく気をつけます。


AD

A型の人

テーマ:

いや~疲れました。

もう三週間くらい更新してないですね。

疲労とストレスでうんざりですよ。


9連休明けからは発表会に向けての資料作成の毎日。

その間はほとんど会社の外に出ず毎日ワードとエクセルとの格闘。

エンドまで3週間近くあるから大丈夫かと思いきやなかなかうまくいかず。


資料のチェックで役職の人二人からOKをいただかないといかずな

状況からスタート。

まず一人目は結構すんなりOK。

一発目の資料作るのに二週間くらいかかったんですけどね。

そこで結構安心してたらもう一人が甘かった。。。


いきなり文章の意味が分からないから始まる。

まぁ、こちらにも落ち度はあるから見やすく書き直して再提出。

そしたら今度は内容に対する訂正と細かい文章の言い回しに対する訂正の山。

んで、イエスマンになり、言われた通りに直します。


これで大丈夫だろうと持って行ったら今度は最初と言ってることと

違うことをおっしゃられること。

この時点でリハーサル前日。

原稿の本筋が見えてないのでもちろんパワポも0枚。

まぁ原理くらいは作れたんだろうけど。

しゃ~ないからその日は徹夜で会社で仕上げるわけですよ。

会社に霊が出るとの話を聞いていたから夜はちょっと怖かった。


昼過ぎから発表で昼前にパワポも完成してちょっと気抜いたのがいけなかったね。

上書き保存しないままの状態でパワポが消えてしまう事態に。

しかもこっちはテンパってるのに例の人は

この内容じゃ~うちが悪いみたいな感じじゃないかと

ちょっとご立腹なさってます。

この時点でリハ30分前。

一応こっちはどこがおかしいか聞いて直してんのに、これですよ。

ここでブチ切れても何も始まらないんで

リハだけ乗り切ることに集中したんですがリハはグダグダ。

所長とかの目の前で訳の分からない発表をしてしまいました。

そりゃ一回も練習してないからね。

それが昨日で今日は少し疲れを取ってました。


もうエンドが近いので今日明日で最悪押し切るとは思うけど

何とか例の人を納得させたいね。

明らか知識は向こうが上なんでよっぽどじゃないと納得してくれないんだけど

一度A型の脳が回転しだしたら細かいとこも気になって仕方ないんでしょう。

こっちが作っている間に向こうも考えているから色々考えるんでしょう。

話を聞くと一貫した考えで確かに納得できるんだけど

それにしても本当細かいこと。

一回スイッチが入るととことん細かい細かい。

でも上司ですからうぜ~とかは言えないしね。

そこがリーマンの運命かな。


ん~とりあえずは一段落ついたらまた更新しますわ。

はやく開放されて遊びまくりたいね。

AD