山彦耀Ⅱのブログ

2008年4月、吉野山桜ウォークがご縁で登山会(山耀会)を立ち上げ以降、月1回の登山を催行し、2016年10月には100座踏破。山に魅て花に授かる情けかな!山に魅て百の耀き身に纏う!をキャッチフレーズに登山記を書いています。2014年10月までは山彦耀ブログをご覧ください‼︎

NEW !
テーマ:

11日「山の日」奈良県警、山岳遭難で注意喚起

1年ぶりに参加のY・Sさんが遅れだしました。ブランクが長すぎましたね。体力をつけるには月1回の登山は必須です

奈良県内では7月末までに30件の(前年比5件増)山岳遭難が発生。32人が遭難し(前年比7人増)、6人が死亡(前年比5人増)

8月14日にも山上ケ岳から下山中に30歳の男性が岩場から約20m滑落し、携帯電話で119番通報して救助を求めた。和歌山県防災ヘリにより救助された

この登りは堪えましたね

遭難場所別では大峰山系が半数を占め、葛城山、台高山系と続く

9:27分、稜線に出ました

30件の遭難件数のうち、登山届を提出していたケースは3件とどまる

立ち休憩

県警はインターネットや、スマートフォーンを使ったQRコードからの提出も可能にし、登山届の利用促進を図っている

Yリーダーの軽やかなフットワーク

11日に、管内に大普賢岳や山上ケ岳などを抱える吉野署は、午前7時から大台ケ原山頂など4ケ所で、啓発チラシなどをなどを配布

蝉しぐれの森を進みます

県警航空隊も参加し、上空のヘリコプターからマイクを使って、登山客らに遭難防止を呼び掛けた

Yリーダーをアップ

五條署も大峯山系・釈迦ケ岳の登山口などで登山客に安全指導をした

9:58分、鉄塔

流れ落ちる汗を拭う初参加のUさん

生駒署でも、生駒駅など市内の駅4ケ啓発チラシを配布するなど、安全な山登りを訴えた

休憩ごとにお菓子などが振る舞われます

担当者は2回目の「山の日」、充分な装備の大切さや、登山届の提出を意識してもらえば、と話していた

初参加のN氏は団扇持参

初参加のUさん、思ってたより「キツイ」

山耀会の2倍「222回」の開催

赤文字は、8月11日付奈良新聞より

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)