なんでも瓦版

スポ-ツ何でも有り気になること。?


テーマ:

 大阪市の同和地区医療センターだった民間の旧芦原病院(浪速区、民事再生手続き中)へのヤミ貸し付け問題で、当時、助役だった関淳一市長が、問題の発端とも言える4億9000万円の〈ヤミ債務保証〉について、市健康福祉局幹部から報告を受けていたことが、わかった。

Click here to find out more!

 関市長は3日夜、緊急会見し、同和行政を巡る一連の不正、不祥事の管理責任と合わせ、自らの報酬を6か月間50%カットすることを明らかにした。

 市によると、健康福祉局は2003年度、同病院がみずほ銀行から融資を受けた際、外郭団体の「市医療事業振興協会」(医振協)に債務保証を依頼。医振協はそれに応じたが、公益法人会計基準に反して、決算書などに記載しなかった。これをきっかけに翌年度、医振協などを絡ませたヤミ貸し付けが行われた。

 同和行政の見直しに向けて市が設置した外部委員主体の「地対財特法期限後の事業等の調査・監理委員会」がこの日開かれ、市幹部がヤミ債務保証について「当時、健康福祉局の担当助役だった関市長に報告されていた」と説明した。

 会見した関市長は「記憶にないが、(問題を)把握して対応策をとることを怠った責任は極めて大きい」として、自らを減給とする関連議案を9月議会に提案する方針を示した。

 また、市は、飛鳥会事件や旧芦原病院の補助金不正など、同和行政を巡って発覚した不正・不適正事案14件について、関係職員の大量処分と、少なくとも計約4000万円にのぼる損害賠償請求を行うことを決め、同委員会に報告した。

 損害賠償の請求相手は、飛鳥会理事長の小西邦彦被告(72)(詐欺罪などで起訴)側のほか、市健康福祉局の当時の中山芳樹局長や旧芦原病院関係者ら。(読売新聞引用)

飛鳥会の小西被告は 以前テレビで見たが 凄い豪邸で 車もベンツ 名義は家族とか押収されないように変えてあった 国は同和の会の人に制度融資としてるが実際には返済はなく 保証協会が認めています挙げているのです 今は廃止になったが

病院の決算書も大阪市の職員が作成して ヤミの金が同和に流れていました これは政策が悪く 我々の税金を配っていたのです 人権問題をさかのぼれば差別があったのは事実だが 2000年まで国.県で同和の人に プレゼントしていたのだ 長野県では

田中知事になり すぐ廃止されたが国の制度 政治家含め 酷いことしていたのは 日本国の国です


ブログランキングranQ 草津ナウリゾートホテル
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

hide69さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。