歴史を感じよう

日本史について個人的に感じたこと、調べたことを連載形式で書いていきます。また、神社やお寺、史跡巡りしたことも書いていきます。日本史以外の歴史にもふれていきます。そして…「オイラ、えいたろうの相棒のコアラだよ。是非読んでね。」


テーマ:
前回まではこちら⬇️




世は群雄割拠の戦国時代

わしは北条氏康(ほうじょううじやす)です。




1568年4月、駿河国・今川氏(いまがわし)より寿桂尼(じゅけいに)殿が亡くなったと報せが入りました。

{DC971B72-7E5E-4E05-A148-58267F937552}
寿桂尼

コアラ寿桂尼さんはこの時の今川氏の当主・氏真(うじさね)さんのお祖母さんなんだ。今川氏を影より支えて尼御台って言われていたんだよ。




その後、小田原城(おだわらじょう)に甲斐国・武田氏(たけだし)より使者が訪れたのです。



その使者は真田幸隆(さなだゆきたか)と申しました。

{AA44EE3A-C898-4F96-A5B1-8F787EA6EE39}
真田幸隆

コアラ真田幸隆さんの孫が後に大阪の陣で活躍した真田幸村(さなだゆきむら)さんなんだよ。



氏康「武田殿からの使者とはいかなる用か?」

幸隆「我が武田は駿河を攻めまする。」

氏康「それは三国同盟を破ることになるが…?」

幸隆「力無き氏真様に駿河を任せておくわけには参りませぬ。そこで北条様と駿河を分けたいと我が御館様が申しておりまする。」

氏康「信玄(しんげん)殿なら駿河を治めると申しておるか?」

幸隆「我が御館様と北条様と力を携えてなら治められます。」

氏康「…信玄殿に伝えよ。我が北条と今川は我が祖・早雲(そううん)以来の間柄。それを無下にすることはできぬ。わしは力無き氏真を見捨てることはせぬ。」

幸隆「…はっ。」


そこへ綱成(つなしげ)が来ました。

綱成「真田殿…万一、武田様が我が北条を攻めることがあるなら、この塩商人がお相手申し上げます。」

幸隆「!!そなたは…。」

綱成が塩商人に身を変え武田の躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)に行った時にあった武田の家臣は真田幸隆だったのです。



幸隆「…我が御館様に伝えておこう。」



コアラ後年、綱成さんと真田氏は不思議な縁で結ばれるんだ。





1568年12月、武田信玄の軍は駿河に侵攻していったのです。


信玄の駿河侵攻は用意周到で今川氏の家臣を調略し、さらに三河国の徳川家康(とくがわいえやす)と結び、駿河国を分割支配する密約をしていたのです。

{160F6506-EC6B-4FC1-BB2A-67F2B09FCA5F}
徳川家康

コアラ言わずと知れた家康さんだね。以前は今川氏に人質だったんだけど「桶狭間の戦い」の後、今川氏から独立したんだよ。




今川氏真は戦うことなく、軍を引き、駿河の今川館から掛川城(かけがわじょう)に落ち延びたのです。



この時、今川は慌てふためき、氏真の正室で我が娘・(せん)は輿に乗ることもできず、徒歩で掛川城まで逃げたのです。

{F5C28DDD-F901-4D0C-A57A-47682F99CBAD}




氏康「泉が徒歩とは…なんたる恥辱か!信玄め!」





戦わずして今川館に入った信玄にわしは怒り、翌1569年、氏政(うじまさ)を大将に兵を送りました。



信玄は常陸国の佐竹氏(さたけし)や安房国の里見氏(さとみし)らに北条を牽制するよう呼びかけましたが綱成の嫡男・康成(やすしげ)らがそれらを抑え、氏政率いる軍を撤兵させることはなかったのです。


綱成の策が功を奏したのです…。






つづく…
コアラ次回をお楽しみに〜





にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
コアラ宜しければバナーをクリックしてね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

えいたろうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。