1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-26 18:02:28

いつの頃だろう

テーマ:ブログ

84番目の詩。心のままに書いてみる。

 

いつの頃だろう

僕はあなたに憧れるようになった。

もう人生も残り少なくなって

憧れは僕の人生になった。

 

正直な生き方が

もっとも我が儘だと言われても

だれに嫌われても

もう全く平気な自分がいる。

 

僕の憧れの人は

もっとも優しく強い人間だった。

僕はあなたを主とは呼ばない、

あなたは僕の魂の友達だから。

 

僕の拳一撃であいつは倒れた、

暴力と理屈で僕は自分の身を守った、

人を破壊してもちっとも幸せではなかった。

あなたは、互いに愛し合いなさいと言い残した。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-23 09:50:26

アーサー王はいなかった

テーマ:ブログ

83番目の詩。真実とは何かを思いながら。

 

アーサー王はいなかった、

それは桃太郎と同じこと、

かれらは伝説上の人物だから。

だから聖徳太子もいなかった。

 

侵略者のサクソン人に、

大切な古里と民族を守るため、

端から死を覚悟し、

闘いを挑んだ勇者がいた。

 

鉄の武器を振るい、

朝鮮半島から渡来した異民族に、

大和から派遣された王子が

闘いを挑み自由を守った。

 

異民族が政権を奪い合い、

殺し合いを常としていた。

お互い理解し合い

和が大切だと説く人物がいた。

 

アーサー王は伝説の人物、

桃太郎も聖徳太子も伝説の人物。

しかし、千年以上もの時を経ても

愛する行為は真実として語り継がれている。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-21 09:35:54

哲学とか思想とかは

テーマ:ブログ

82番目の詩。言葉の意味を考えながら。

 

哲学とか思想とかは

結局、恣意的な世界。

政治だって言葉の意味を無視して

意味のないシステムを死守している。

 

現場で命のやり取りを目の当たりにし、

「戦闘」という言葉が使われた。

政治家はその意味を正しく理解し、

「武力衝突」に書き換えた。

 

戦闘では波風が立ち、

武力衝突ならば波風が立たない。

生と死が生々しく苦悩しても、

死体がころがっていても波風が立たない。

 

僕の国では意味は政治家が決めるものなのだ。

現場の戦闘は武力衝突に決められた。

僕の生と死もシステムの奴隷たちが決めるのだろう。

嘘つきめ、生きている限り愛の意味だけは僕が決める。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。