彼を知り己を知れば百戦(あや)うからず

 勝利する条件は五つある。第一に、戦うべきか否かを知ること。第二に、兵力に応じた用兵を行うこと。第三に、君主と人民、君主と将軍など上下が目的を一つにすること。第四に、軍の態勢を万全にして敵の不備を突くこと。第五に、将軍が優秀で、君主が軍に干渉しないこと。この五つを知ることが勝利の条件である。
 従って、敵を知り己を知るものは負けることはない。己を知って敵を知らなければ戦いは五分と五分であり、敵の己も知らなければ戦うたびに必ず苦戦をしいられる。

 

 

続いての言葉

 

昔の善く戦うものは先ず敵に隙を与えず敵の隙を待つ

 昔の戦上手は、自軍に隙を作らず敵が隙を作るのを待つ。自軍の態勢が万全であれば敵は攻めようにも攻められない。つまり、戦上手は敵の態勢が万全なときは防衛を堅固にし、敵が隙を見せれば攻めるのである。
 だから、勝ち方を知ることで、戦いそのものを行うことではない。攻撃と防御は一体のもので、敵に隙を見せない段階が防御であり、敵が隙を見せたときが攻撃段階である。従って、戦上手は、自軍が劣勢なときは兵力を巧みに隠し、優勢なときはすかさず攻め込む。このようにして自軍を保って勝利を全うするのである。

 

 

※ トレードで考えると

兵力・・・・資金。  資金に応じた建玉

買いが優勢か、売りが優勢か見極める。

わからない時は戦わない。

勝ち逃げをいとわない。

できるだけ伸ばすが、”長居は無用”の時もある

AD