• 28 May
    • 5/29 過去は変えられないが、未来は変えられる。

      これは、考え方を変えることにより、痴愚結論になります。 そのためには、脳の働きを詳しく知る必要があります。 1.脳は勘違いする。 2.脳は錯覚する。 3.脳は思い込みをする。 4.脳は不都合なことを忘れる。 等々 いやなことも、事実としてあったが、その時の感情を楽しいと思いこむことによって、思い出を変えることができる。 このことを指して、過去は変えられるといったのです。 投資家は、過去の失敗から学ぶ。 【相場観】 コーンの買いは損切になりそうです。 ゴムの買い玉の利食い場所は数日前までは大したことはないと考えていたのですが、修正しなければいけないかもしれません。 【kappaのテクニカル分析、ボリンジャーバンド】 保ち合いの時は;-1σ割れ~-2σの間で買い、プラス1σ~プラス2σの間で売り.これの繰り返しでうまくいくときがある。 トレンド発生時;+2σを超えたところで買い、利食いは内緒(+1σ~ミッドラインがヒント。おまけの、もう一つ、バンドウォークが終わったと思えるところ)  -2σを下回ったところで売り。 トレンド発生時と、保ち合いで、使い方が全く異なります。 なぜそうなるの??? ようく、考えよう。

      1
      テーマ:
    • 5/28 相場に何を求めるか?

      お小遣い稼ぎ、巨万の富 友達を作る ゲームを楽しむ 趣味 時間つぶし 老後の頭の健康、頭の体操、ボケ防止 等々 それぞれの目的に合った活動を割いて、有意義に過ごすことが肝要です。 相場は人間を鍛えてくれる。 【相場観】 金、売り転換か プラチナ売りか ガソ売り継続 ゴム買い継続 コーン買い 大豆買い 農産物;豊作見込みなら8~9月にかけて底値形成、本格的な買いはそれ以降 為替は大きく動きました、アメリカの利上げ観測がその原因。 ドル円昔の高値124円どころが一つの節目、其処で3回程度叩かれて、切り抜けるか下げるか、見所です。

      4
      テーマ:
  • 26 May
    • 5/27 転換日

      為替円安ドル高 ゴム、買い転換 金買い転換と思ったら安い。 オイル系売り維持 コーン買い維持 大豆売り維持 灯油買いのガソリン売りの鞘取り 判断基準は;エリオット波動【欠点はしょっちゅう見直しをしなければならない】 平均足。実態が短くなったら転換を疑う、転換したかな・まだかな、という目線です。 日足、週足、月足で判断するようにしましょう。

      テーマ:
    • 5/26 東京大学野球部の勝因

      監督によると 平常心。 トレードも同じようなものでしょう。 移動平均線の上なら買いが有利、 したなら売りが有利。 これに傾きを考慮すると精度が上がるでしょう。 RSIなどを考慮するとよいかもしれません。 オイル系;売り転換かもしれません

      1
      テーマ:
  • 25 May
    • 5/25 教育の原点

      ある数学の先生が、できの悪い生徒に向かって; この程度の問題をいつまで手こずってるんだ!? お前バカなのか!? そんなんじゃ一生希望校なんて受からないぞ!! こう怒られている最中、どこからかふらっと近付いて来た学年主任の先生… この先生は、生徒から根暗的な存在として認知されていて、基本は物静かな先生です。 普段から、授業中も声が小さくあまり何を言っているのか分からない事も多々。 しかし、そんな内気な学年主任の先生が、執拗に怒られている私の側にふっと近付き、こんな言葉を投げかけて行ったのです。 ◯◯先生… ”そんな簡単な問題”が早く解けるために、”そんな簡単な問題”を深く理解させてあげて次のステップアップした問題を解ける様にするために、僕たち教師がいるのではないでしょうか? ”そんな簡単な問題”を早く理解させれる様な教え方を摸索するべきでは? 生徒に向かって”バカ”はダメです。 立ち位置を見誤らない様にしましょう。 叱り怒り続けたって問題は解けませんからね… どこかで聞いた?見かけた本?言葉 教育は社長の仕事。 ふと思い出しました。

      3
      テーマ:
  • 24 May
    • 5/24 相場は総力戦

      お金の管理、 時間を味方につける活用方法、 知っているテクニカル分析のより一層の進化、教科書にない一工夫、 ファンダメンタルズの活用。 野川徹さん造語の、環境認識、 一目で見ると、今の値位置はどこにあるのか、 ボリバンで見るとどういう立ち位置なのか、 エリオット波動で言うと、どこの波にいるのか、推進波か、修正波か。 一目がわからなくても、利益を出す人がいる。 ボリバンの使い方が下手でも利益を出している人がいる。 エリオット波動がわからなくても、相場で利益を出し続けている人がいる。 得意技に磨きをかけて、得意技だけで利益を出し続けることができる。 そして、日経は、押しを入れるか、押し以上の下げを見せるかもしれない。 そして大納会の値段は、年初の値段より高い。

      テーマ:
  • 23 May
    • 5/23 株価の時価総額とGDPとの比較

      GDPと同じくらいになったら、天井圏とか。 株価の月足、エリオット波動の上昇5波動目、いつ調整が入ってもおかしくない時間帯に突入。 しかし、押し目を付ける修正波の後、上昇の7波になる可能性もあります。 週足で、上げか下げかを判断し、日足でタイミングを計るとよいとはm聞きますが、具体的にどうするのか、今一、よくわからないkappaの相場観でした。

      テーマ:
    • 5/22 得意技を持て!

      使い倒せ。 使いこなせ。 名人達人の域に達するまで。 同じようにことを、野川さん、新井さん、松下さん、川口さんが言っていました。 征木さんも、一目とボリンジャーバンドの2本です。 kappaが見ているものは、移動平均線、平均足、ボリバン、MACD,RSI、 あまり多くを見ても、傾向は同じだし、確認作業みたいなものです。

      1
      テーマ:
  • 22 May
    • 5/21 システムか、裁量か?

      いっぱい儲けることができるのは・・・・裁量です。 そして破産するのも裁量です。 裁量といっても、ルールがないと、成功するトレーダーにはなりません。 著名人で裁量なのが、エルダー博士です。 【相場】 オイル系・・・・もみ合い、仕掛けづらい 金・・・・戻り売り遊離か。 コーン・・・・??? わからないときはやらない。 保ち合いを見つけたらチャンスと思え・・・・・・今は放れのところに逆指値注文を入れて、高みの見物がよいのかも。

      テーマ:
  • 21 May
    • 5/20 本能には勝てない

      北房と恐怖心には勝てない。 だから、投資家は損をする。 損から、投資家は学ぶ。 人間は失敗から学ぶようにできている。 何を学ぶか? 本能に打ち勝つためのルール作りの必要性を学ぶ。 勝てるルール、大数の法則で勝てるルールを作る。 負けやすいときを知り、その時間帯はトレードしないというルールを作る。 賢者は歴史に学ぶ、というが、普通はそうはいかない。 相場師の多くは自らの失敗から這い上がってきた。 河童の川流れ・・・・・kappaも失敗ばかりする。 心しなければ。 【相場】 保ち合い、流れに乗りにくい時間帯。 こういう時は逆張りが有効。 損切りポイントを見つけるのが難しい。 ならば、トレードしなければよい。 今日はここまで

      1
      テーマ:
  • 20 May
  • 18 May
    • 5/18 日々前進

      トレードでは、進化していかないとマイナスになる可能性があります。 過去数十年、トレードルールを変えていないというグループもあるとは聞いていますが、 検証はし続けていることでしょう。 誰かの座右の銘;寸進あって後退なし。 久しぶりに 【昭和の相場師の眼】 迷ったら移動平均線と相談です。 昭和の相場師も移動平均線で勝負していました。 コーン;週足・・・売りから買い転換か?      日足・・・買い 大豆;週足・・・・売り維持     日足・・・買い ゴム;週足、日足共に買い 金;週足、日足共に・・・・買い   逆張りの売りを考えるところ    ストップロスを忘れずに 銀;金と同じ 白金;週足、日足共に買い パラ:週足、日足共に買い ガソ:週足・・・買い    日足・・・売り 灯油;ガソと同じ 原油:ガソと同じ。

      テーマ:
  • 13 May
    • 5/13 教則本ー4 エリオット波動

      5波上げ、3波下げは教科書に書いてある通り。 修正波、2波と4波、調整波のb波は、ペナントとかの3角保ち合いを形成しやすい。 欲張りな考えであるが、損失を出す覚悟でやれば、下げ相場を獲ることができそう。 保ち合いの時は完全にマイナスになるだろう。 上げたら買い、下げたら売り・・・・・機能するとき、時間帯がある。 2波、4波、b波の修正波動の時は、はなれを待つべし。 前のトレンドが継続するときが多い。

      2
      テーマ:
  • 12 May
    • 5/12-2 教則本ー3 相場の一生

      目的、目標を決めれば、成功は近い。 相場の一生。 底練り100日 ゆっくりした上昇。10対1の割合で上げ下げを繰り返しながらゆっくり上昇 安定上昇。途中修正安を入れながら30度ぐらいの角度での上昇 1;1の上昇 1:2の上昇 ・ ・ ・ 1:10の眼を見張る上昇。クライマックス。天井3日。 世界恐慌の時の教訓;利食いましょうという言葉を効かないで、上がっている今、なぜリグわなければいけないのか?と言って。その次に来る暴落にあって、大損、破産した人もいた。 下げ上げを繰り返しながら、谷底へ。 山高ければ谷深し。谷深ければ登れない。 日経は、3万9千円の高値を超えられない保ち合い相場の最中 とみれば、売り狙いでしょう。sell in May,come back in September 英語は間違っている可能性大です。 Sell in May and go away . But remember to come back in September! これが正しい英語のようです。 エリオット波動理論の勉強も必要でしょう。 そういう波動、値動きのどこを利益にしたいのか、ようく考えましょう。 そのためにはテクニカル分析も必要でしょう。 【相場観】 金;上昇か 白金;上げきれない模様 オイル系;天井保ち合いか? コーン;底値探り

      テーマ:
    • 5/12 相場師になる前に 教則本ー2

      何故相場をやるのか?  お金儲け 老後の資金、ほしいものを買うため  借金返済  ハラハラドキドキが好き  修行の場  頭の体操、ボケ防止のため  相場が好き  相場が趣味 それの目標はどこに置いているのか   もう一度、振り返ってみよう。 【相場観】方向感に乏しい値動き。 穀物;底打ち近いと見たが、そうでもないかもしれない。 オイル系、当面の天井圏とみたが、よくわからない。 わからないときは、やるな! というのが、師匠の教え。

      1
      テーマ:
  • 11 May
    • 5/11 相場観

      変な相場観を聞くよりもっと大切なこと  移動平均線の上か下か  一目均衡表で言えば、5本の線との絡み合い  遅行スパンと現値との絡み合いが特に重要とか  【最も大事な遅行スパンといわれているようです) あとは自己責任での対応です。 うまくいけば理を伸ばすことを考え うまくいかないときは損切途転を考える。

      テーマ:
  • 09 May
    • kappa流投資教則本ー1

      目次 序章 投資を始める前に 0章 投資・・・事業とするか、趣味とするか,  若さを保つため 事業には損失がつきもの 趣味はお金を払うもの 1章 相場の一生  戦後の日経225の月足  恐慌前後の相場  エリオット波動理論 2章 どの部分を利益に変え、損失、値洗い損失に我慢するか 投資スタイルを考える。 3章 投資に使うお金はいくらか 一回の売買でいくらまで損を出してもよいか その売買を50回繰り返せますか。 (50回繰り返し実行したとき、損益計算は利益ですか、損失ですか) その覚悟はできていますか 4章 テクニカル分析と、仕掛け・手じまいの売買ルール 5章 本当に、利益になりますか。 過去検証しましたか 6章  3章で述べた覚悟はできていますか。  心理学は勉強しましたか。  欲望を抑えられますか  恐怖心は克服できますか 7章 損切のルールはできていますか 損失の覚悟はできていますか。 いくらの取引量で参入しますか、1枚ですか、2枚ですか、10まいですか。 計算はできていますか 8章  何を知らなければいけないかわかりましたか。 知るべきと戸を知り、実行できますか。 できるできないが問題ではなく やるべきことを実行することが大事なのです。 ルールを破るのにも、どのルールで破るかというルールが必要です。 赤信号、みんなで渡れば怖くない・・・・怖くないかもしれないがすぬこともある。 赤信号、車が来ていないことを確認してわたる…だから安全。 安全はすべてに優位線する。

      3
      テーマ:
  • 07 May
    • 5/7 売買ルールで会社を分ける理由

      戦略が違うと、建玉が違う。買いと売り両方持つようになる。 何がなんだか、わからなくなる。 この会社は、トレンドフォロー、あっちは逆張りと決めておけば、悩むことなくトレードできる。 欠点;資金がいっぱいいること。 2千万円超えたら、分散戦略で行こうと考えています。 移動平均線;トレンド判定に使う。終値が移動平均線の上なら買い、買い継続。   逆なら売り、売り継続。 これに一工夫すれば、利益になると、新井邦宏さんは考えているようです。

      2
      テーマ:
  • 06 May
    • 5/6 売買ルール

      1.ボリンジャーバンド。  トレンドフォローでも、レンジ相場でも使える。 2.RSIも同様 但し、使い方に工夫が必要 3.一目 トレンド相場でも、レンジ相場でも有効。 A。 トレンド相場の売買ルール B。 レンジ相場の放れにつくルール C。 逆張りのルール。  行き過ぎから戻るところを獲る戦法。  よく発生する。値幅は大したことがないときが多い。

      テーマ:
  • 05 May
    • 5/5 ルールを守るために。利益を出す工夫

      取引会社を複数用意する。 A社:基本ルールでの取引。銘柄少なく 何があってもルール通り、取引を行う。 資金管理は大事だよ。 ※ 基本ルールが複数ある場合は、それぞれのルールに応じて会社を分散する。 トレード日誌は大事だよ。 ここで利益をいっぱい出せていれば、改良もやりやすい。 B社:改良ルールで取引、2銘柄以下。 何を改良したか、明文化。 トレード記録は大事だよ。 解かりやすいトレードルール 1、RSIの行き過ぎからの戻り。 2.移動平均線のパーフェクトオーダー 3.ボリンジャーバンド.ちょっとわかりにくいかも。 4.MACDのGC,DC

      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。