2007-10-14 00:53:08

中間管理職(主任クラス)が絶対してはいけない事

テーマ:介護人心の叫び
にこ今日は「踊る大捜査線 2」を見入ってしまいました。DVD持っているのに・・・。描かれている警察の世界と福祉の世界も共通する所があるのではないかなーと思っています。私も「室井さん」みたいになりたいなーと常日頃思っています。

おかげ様で介護ブログランキング 11位になりました。本当にみなさんのクリックが励みになります。

私は、事業所では施設長ですが、法人全体では№2です。

トップとの意見交換をしながら法人を動かしていく訳ですが、難しいのが


人材育成


日々これに頭を悩ましております。ガーン


 さて、私の経験から【中間管理職(主任クラス)が絶対してはいけない事】と題しました。トップにも当てはまると思います。ズバリ!


社員の前で弱音を吐かない

確かに、管理職は肉体的にも、精神的にも疲れます。人一倍仕事をするでしょう。だけど、社員のいる前で「自分は仕事をしているー。」とか「休みが無いー。」とか「辛いー」とか言ってはいけないと思います。


現に、私の法人のトップも上記のような事を会うたびに連発するので、正直テンションが下がります。(経験上)


経営を全面に出さない

 介護報酬が下がり、経営が苦しいのは解ります。しかし、会社の舵取りは経営側がする事です。現場の介護職員さんには多少経営も理解して欲しいですが、その日の介護に精一杯取り組んで頂きたいです。だから私は、職員会議などで経営面を伝えますが、日々の勤務では一切口に出しません。だって、それを言われたらやる気なくしますよね。精一杯、頑張っているのですから。


人材育成に関しては後日。

↓私も購入した本です。勉強になりました。良かったら是非。えへへ

「伸びる」職員実践教室―保健福祉の職場が変わる仕事術/久田 則夫
¥1,995
Amazon.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングに参加中!共感してくださった方はクリックで応援してくださいね。


PR

コメント

[コメントをする]

1 ■お久しぶりです。

上司が弱音。。。をはくのはよくないと思います。
でも、経営状況については、私のところでは説明をしてくれます。
知っていないと、私は営業もしているので、どのよに利用者の獲得を図っていかないといけないか?!
とかがあるからです。
会議で経営状況の説明はよいと思います。

2 ■仰る通りですね。

こんにちは!!あさくらのブログにコメントありがとうございます。返事のコメントが遅くなりまして申し訳ありませんでした。

中間管理職が部下の前で弱音を吐いてはいけない。身に染みてよーくわかります。あさくらも以前の営業では中間管理職でしたので。トップの迷い、弱音は組織全体に不安や動揺を与え、弱体化を招きますね。

あさくらも今は単なる介護職員ですが、後輩の前では愚痴らないようにしてます。

3 ■ROOMさんあさくらさんありがとうございます。

ありがとうございます。
正直、このポストは向き不向きがあると思います。
いくら有能なワーカーでも、管理能力と業務能力は別ですよね。私は以前、有能なワーカーに主任ポストを委ねましたが、有能であるがゆえに繊細。で、燃え尽き症候群一歩手前までにしてしまった反省があります。
前総理、小泉さんがおっしゃるとおり、「鈍感力」って必要だなーと感じました。
私はB型です。走りすぎてしまう悪い所があります。トップにはあまり向かないのかな?でも私が持ち合わせない計画性とか緻密というスキルを持ったA型の部下を置き助けられております。

4 ■やっぱりそうですよね!

うちの主任と師長に言って下さい!とくに師長…主任はもっと意見や考えを統一してほしい!私は誰に相談したらいいんですか!?
私は中間の中間の下っぱ…もう、うんざりです。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード