2015-10-08 13:23:46

▼的中率UPの最短ルート

テーマ:★予想編

お疲れ様です(*^^)/


hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━┓

..........的中率UPの最短ルート

┗━━━━━━━━━━━━━┛


 予想上手になるにはファクターが散らばるのが一番好ましくありません。例えば重賞なんかは毎週いろんな競馬場の色んなコースで違った条件で行われますので予想ファクターが変わってきて当然です。そのように重賞だけにこだわっていると予想方法がまとまらず散らばってしまうので”広く浅く”になってしまいます。結果として熟練度不足となってしまいかねません。



 的中率をあげて、儲けを出すという事を徹底的に重視していくことでしっかりした下地が出来ると重賞のように色んな条件にも対応できることに繋がって行きます。



■得意分野を作ろう


 一番の最短ルートは徹底して1つの条件に特化することです。その1つとしてはコース別に得意分野を作っておくことにあります。


 各競馬場に1コースだけでも得意分野を作っておけばそれほど不自由することはありませんのでSTEP1としてはそこを目標とすることです。結局はそれの積み重ねで各競馬場で1つずつ得意コースを作れたら次は2つずつになるようにしていけばよいだけですが、数日・数ヶ月でどんどん増やして行けるものでもないので数年単位で長い目で見て行く必要はあります。徐々に引き出しを多くしていくことです。



 何よりも予想が散らばってしまうと吸収できる事も少なくなってしまって整理しきれなくなってしまうので一つの分野に特化して一つずつ潰して行くことが最短ルートです。




■得意コースだから全て”当てれる”ではない


 得意分野を作ったからといってそのコースで行われるレースを全部当てれるというのは認識違いです。得意コースを作る事で得られる最大のポイントは取捨選択が明確にできるということが利点になります。



 簡単にいえば、当てれるか当てれないかが判断出来るということです。



 つまり確率の悪い勝負を避け、確率のよい勝負だけに集中することができ、それを明確に判断出来るのが得意コースです。この判断が出来ることで確実に的中率は上がります。それまで闇雲に買っていたかもしれない馬券が精査されるので確率の良い勝負だけになりますから自然と的中率も回収率も上がります。



 最初のうちは1場1コースしか得意にできなかったとしても2年目、3年目とそれを続けていると自然と選択肢が増えてきますから最初のうちは選択肢が減るので我慢も必要です。



■導入当初はダートがオススメ


 得意コースを最初に作る時はダートコースの方が比較的オススメです。個々の好き嫌いでいいと思いますが芝の場合は特にどの部分が伸びているかなど考えることが多くなるのでそれに対応できるかどうかということもありますから、これから競馬を本格的に勉強しようと思っているような方にはダートから入る方が一定のパターン化されやすいので易しいです。




■それでも重賞が買いたい


 重賞やG1が楽しみなのは競馬ファンなら自然なので楽しみながらいつも参加したらよいと思います。重賞は重賞と割り切って考えるといいでしょう。毎回重賞が勝負レースになるというのはあり得ないです。重賞自体は難しいという認識を持っておいた方が良いと思います。トップレベルの馬たちが揃うので当然といえば当然です。積極的に買いたいと思える重賞は10~20個に1個くらいです。これも実は自然な範囲で1日に24レースある日でも積極的に買いたいと思うのは1~2個なので重賞でも割合としてはそんなものです。積極的にというのは当てる自信がそれなりにあるという事です。つまり、毎週重賞が勝負レースになるというのは期間を短くして言うならば1日単位の一般レースでいえば1レースから12レースまで全部勝負レースになると言っているようなものなので単純にありえないです。


 よって、重賞は楽しむものと割り切って、得意コースのレースで確実にプラスにし仮に重賞を外したとしてもそこでしっかりと採算が取れるようにしていくと負債を抱えることなく重賞も楽しむことが出来ます。特にこの形を導入していく上で最初の1年目などはそのように割り切っていくと良いでしょう。


 それを何年も続けているとたいがいの重賞のコースも得意コースになってくるので取捨が明確になってきます。難しいものは難しいと判断できますし、取れそうなものはそのように判断できるようになりますので何でも重賞だからといって闇雲に大きな金額を突っ込むこともなくなり、自信のあるレースとそうじゃないレースとで資金のメリハリも付けれるようになるでしょう。




■指数の高い馬が生きる展開を探そう


 得意コースを作るとコースごとにどういう馬が馬券に絡んでくるかが見えてきます。先行出来る指数の高い馬が結果を出しやすいのか、それとも指数の高い差し馬が結果を出しやすいのか。

 馬のパフォーマンスを表したのが指数なのでその能力を生かしきることが出来る条件にあるかどうかを判断してあげればいいだけなので、あるコースで逃げ馬に有利なコースがあれば指数の高い逃げ馬がいれば買えばいいし、いなければ見送ればいいです。前々から指数は高い順に買うものではないと言っているのはこの部分で逃げ馬に有利な条件で指数の高い逃げ馬がおらず、指数の高い追い込み馬が出ていたならば単純に考えてその追い込み馬を安心して買うことはできません。なぜならそもそも逃げ馬に有利な条件なら指数の低い逃げ馬が指数以上の力を発揮しやすい条件だからです。つまり、指数の低い条件のあう逃げ馬には指数にプラスアルファしてあげないといけませんし、指数の高い追い込み馬は割り引いて考えてあげなくてはならないので場合によってその2頭は指数の増減をすると同等くらいの指数として判断できることがあります。

 それよりは指数の高い逃げ馬に取ってみればただでさえ高い指数に条件もプラスされてさらに高いパフォーマンスが期待できるので安心して買う事が出来ます。


 どちらのレースを好んで買うかは一目瞭然です。



 この判断が出来るようになるためにも得意コースを自分なりに持っておくことが何よりも的中率UPの最短ルートとなります。



 過去のブログ記事にも東京ならどのコースが狙いやすいとか、それぞれの競馬場でシーズン前に書いている事も多いのでどのコースを得意分野の候補にしたいかなどはそういう記事を参考にしてもらうと良いと思います。



 ちなみに今週から始まる東京は芝なら1800mや1600m、ダートなら1600mが特徴的です。京都ならダートの1200mや1400mが比較的狙いやすくなります。京都の芝は内回りと外回りがあるので考え方を結構切り替えて行く必要がありますから初級としてはダートの方をオススメします。



 何よりも短期間で全てを吸収しようと慌てないことです。5年後10年後でも競馬は存続しているはずなので1つずつ潰して行くことです。結局、それをどのタイミングから始めるかだと思います。競馬歴1年目から始めるのか、競馬歴20年目から始めるのか。知識量は違うにしても始めたときがスタートラインです。知識量が違う分だけ競馬歴が長い人の方が吸収量や対応力は早いと思いますが短期間でなんとかしようとか思わないことが大事じゃないかなーと思います。




勉強回顧  チェックコメント&hide指数





Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法 http://www.hide-s.com/



■無料メルマガ>> a0000077893@mobile.mag2.com  に空メールで登録可


■hide指数入門こちら



■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。