2015-01-27 22:25:28

▼3歳戦の指数攻略法

テーマ:★指数活用法

お疲れ様です(*^^)/


hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━┓
    3歳戦の指数攻略法

┗━━━━━━━━━━━━━┛


 いまFacebookのファン限定でhide指数お試しキャンペーンをやってるのでお試しで利用されている方はもちろん、これから指数を使おうと思っている方、いま使っている方に向けて3歳戦の指数攻略法を解説します。



 まだhide指数を一度も使った事がない方はFacebookのファン 限定企画で2週間無料のお試しキャンペーンをやってるのでご利用下さい。



 3歳戦の指数の使い方は少々特殊です。



 3歳の500万やオープンにはクラス間を複雑に使っている馬が多数出てきます。新馬勝ちしていきなりオープンを使う馬もいれば、新馬→オープン→500万といったような使い方をしてくる馬もいます。普通は降級の時期でもない限りは現級馬か昇級馬の2パターンとなりますが今の時期の3歳に限ってはクラスというのがとても曖昧です。



 また指数の特徴としてクラスの高いレースに出れば指数は自然と高くなります。これはもちろん相手関係が強いために引き上げられるという事もありますが、能力以上に指数が上がり過ぎてしまう事があるのでそれを解決してあげなくてはなりません。古馬でも格上挑戦をした後に自己条件に戻ってくると指数が過剰に高い事があります。そんなのは滅多にないことですが2~3歳戦に限ってはクラス間の行ったり来たりがとても多いのが特徴です。




3歳戦の指数は新馬・未勝利戦の指数で考えよ!




サンプルで1/24中山9R若竹賞の出馬表をとりあげます。



この出馬表で注目するのは新馬・未勝利での指数です。この中に90を超える指数を出している馬が数頭います。

90エミネスク

91ペルセヴェランテ

90ルナプロスペクター



 あとは80後半がちょいちょい居ます。注目となるのはこの90位の指数を出してきた馬たちです。

 91だから一番強いってわけではないのでだいたい90くらい出ていればこの3頭の優劣は展開一つで変わってきます。



 そこで注目したのなルナプロスペクターとエミネスクです。



 指数会員の方には開催前夜に会報としてお送りしたオマケでこの2頭の名前をお送りしたので記憶にあるのではないでしょうか。



 この2頭に注目した理由は、まずエミネスクの前走のチェックコメントを見てみると東スポ杯で4着でした。この時の106という指数はあまり気にしていません。もちろん未勝利戦よりもしっかりと指数を上げているという点は評価しますがこのメンバーの中で指数が一番高いということは使っているクラスが違うので気にしませんし、それが予想の決め手となることはありません。ここは3歳戦と古馬戦との大きな違いです。



 なぜ2歳や3歳戦を特に得意としていて人気薄を軸にして狙って当てる事ができるのかというと、新馬未勝利での能力を予想材料として多く用いていて、なおかつエミネスクのように前走で重賞を使っていた馬などのチェックコメントを活用しているからです。話を戻すとこの東スポ杯の時のチェックコメントを見てもらうと「+11.24後方から外に出して直線競馬で鋭く長い脚。直線半ばで鞭を落としたが追ってシッカリ伸びている。鞭があれば3着以内もあったかも。」というコメントを残していました。直線でムチを落としてしまって最後は手追いだけで脚を伸ばしていましたので面白いチェックコメントです。



 細かくレースを見ているからこそ気づくようなコメントです。たまたま画面に映ったのを逃しませんでした。



 未勝利戦での指数も90ですし前走コメントからも面白い馬なのでエミネスクは狙い目の一頭になりそうと考えます。




 次にルナプロスペクターですが、2戦続けて90という高い指数で新馬未勝利を使っています。1戦1勝馬だと人気になりやすいんですが、2戦1勝馬だとそこまで人気にならないのに指数は顕著にこの馬の能力を表しているのでこの馬は強いのに5人気と低評価でした。


 また中山の芝は真ん中辺りが伸びていたので11頭立ての外枠でこの位置から競馬をして押し上げて行けば自然と馬場の良い所を通して行く事が出来るだろうという予想に繋がります。なので人気になってないルナプロスペクターは狙い目!




これが2~3歳戦の美味しいところ!




 前走指数だけを見ていると使っているクラスが違うので目に行く馬が違ってきてしまうと思います。新馬未勝利戦の指数を基準にしつつ昇級後のレース内容などを付け加えて考える時にはその時の指数よりもチェックコメントの内容を重視します。こういう予想の組み立てをする事で馬券のアプローチに繋がります。



 これを、指数の高い順に買ったらダメだった…というのは勉強不足以外のなにものでもありません。

 この指数を使って上手に当てている人は山ほどいるので自分の力不足を認識してどうやってそれを当てているのかを考える事が馬券上手になる最短ルートです(^^ゞ




 と、言っても買うレース全部が当たるわけじゃないんです(^▽^;)




レースは必ず観よう!



 実は例題として取り上げておきながらもこの若竹賞はハズレてるんです。



 ただし、これは意味のあるハズレなんですよね。レースをよく観ずに結果だけで判断したりすると次に繋がらないので要注意です。結果だけみて、「なんでこういう結果になったのか?」→「結果からどういう予想だったら良かったのか?」というのは意味がありません。



このレースの結果は、



1着⑪ルナプロスペクター

2着⑩コティニャック

3着⑥エイムハイ

4着③エミネスク



 レースを実際に見ればこの結果は運でした。実際のレース内容ではルナプロスペクターのベリー騎手がかなり強引に乗った事でエミネスクが窮屈になってしまって一旦減速してしまっての巻き返しの4着でした。スムーズならば2着はあった内容、悪くても3着だっただけの脚はありました。(実際レース映像でみれば勢いなどからもすぐ分かります)

 また審議がかなり長かったのもレースを見ていた人は記憶にあると思います。こういうのは結果をWEBで見るだけでは感じられない部分ですのでせめてリアルタイムで競馬を見れなかったとしてもレースリプレイを見てレース内容を把握しましょう。





 買い方としてはルナプロスペクターとエミネスクの3連単2頭軸マルチだったのでエミネスクに不利がなければ11-3-10(241.2倍)、11-10-3(325.2倍)でした。



 どうしても競馬なのでこういう事はあるから外れるのは仕方がない事です。逆にこういう事で当たる事もあるのでそれはそれで相殺だと思います。



 競馬の結果に”タラ””レバ”は不要で「それがなければ当たっていた」とかそういうのはどうでもいいんですが、次に繋がるかどうかという事の方が大事です。もちろん、こういう外し方をしたら普通に外すよりも数倍悔しいですけどね(^^ゞ 


 こういうのは運がなかったと思えばいいだけです。予想が悪かったわけでもなく、想像通りにレースが運んで最後の最後で予期せぬ不利が結果を変えてしまっただけですので仕方がない事です。

 逆パターンで当たる事もあるんですけど、そういう時は本来ならば外れていたけど、たまたま不利があったので当たってラッキーだったと素直にそれを受け入れる事こそ次に繋がるので客観的に謙虚でいることです。



 悔しい結果になっちゃいましたが配当的にもいい狙いだったということで満足のレースです。





続いて同日の京都10R若駒Sです。


 注目していたシュヴァルグランが取り消してしまったのが残念でした。この馬は狙いたかったんですけどね~。そんなこともあったのでもう一度頭の中を白紙にしてからの検討となりました。



 そこで注目したのはアダムスブリッジでした。



 このレースも同じように新馬未勝利の指数に注目すると79~80くらいが目安です。ただ、ここは少頭数でそれを満たしている馬が多いんですよね。




チェックコメントに素質が隠れている!



 その中でなぜアダムスブリッジに注目したかというと、前走コメントは「12.6道中内待機、馬群の中から気合を入れて追っ付けながら徐々に加速すると長くいい脚使う。ギアチェンジタイプで急な加速は出来ないが緩い流れをトップスピードまで持って行けた事は評価。消耗戦の方が向くが上手くギアチェンジ出来るかがカギ。」というものでした。

 1戦1勝馬なので人気になりやすいのであまり好きではないんですが、1人気ではなかったのでここは少し考える余地が出来ました。このコメントを見てもらうギアチェンジタイプの馬なのでこういう包まれない枠で押し上げて行く競馬が出来るとトップスピードに乗せやすいです。前走は内枠から馬群の中をギアチェンジしてきましたが今回はこの枠ならノビノビとギアチェンジして行く事が出来るので前走以上の競馬が出来る事が期待出来ます。こういうタイプは先に動けさえすればトップスピードを長く使えるので突き放す競馬も出来る馬です。しかも位置取りの悪い馬が多いですから積極的にさえ運べればチャンス十分です。



 相手には同じく新馬未勝利で79という高めの指数を出せていて前走コメントに鋭い脚を評価しているストーンウェアと、新馬戦で79の指数を出していて前走では外に持ち出してから一歩ずつ伸びる堅実な脚を見せたジャズファンクの2頭を相手に選びました。



結果は、


1着⑥アダムスブリッジ

2着③ストーンウェア

3着①ジャズファンク



 このレースは配当的には安かったですが少頭数である事と”脚の使い方”をチェックコメントで判断することでそれほど難しくなく当てる事が出来たレースです。レース直前でちょっとオッズが落ちてしまったのは残念でしたがここは指数を基盤にしつつチェックコメントを活用した狙いにしたものでした。




 このように2~3歳戦は新馬未勝利の指数比較と、チェックコメントの内容から素質と特徴を把握する事で簡単にアプローチ出来ます。


 とはいえ、全ての3歳戦が狙えるわけではなく、指数を見てもコメントを見ても軸になりそうな馬がいなかったり、似たような馬が多かったりしたら見送りです。



 未勝利戦はもちろん、500万条件、オープン特別、重賞まで3歳戦は狙い目なので指数とチェックコメントを活用して取り逃さないように!




 こうやって狙っても全部が当たるわけではないですから、3個に1個当ててプラスにするような気楽な気持ちで狙って行けばいいと思います。




これは一例なので、去年の2歳戦でも新馬戦の内容からレッツゴードンキの素質を評価しましたが、その後はご存じのように人気薄7人気で札幌2歳Sを2着、その後は強い事がバレてしまったので人気になってしまいましたが阪神JFを2着など強敵相手に好走。


最近ではシンザン記念のロードフェリーチェを新馬内容で高く評価して9番人気で激走しての2着。この9人気とか逆になんでこんなに人気がないかが分からないくらいですので会員の中では盛り上がった一頭です。



チェックコメントの中には宝馬がたくさん


 新馬戦の一鞍をみればレースぶりからその馬の素質を見抜くのが得意分野です。よって、こういう人気にならない素質馬というのも多々隠れています。もちろん人気になっちゃうのもいますけどね(^^ゞ 逆にたいして強くないのに血統人気して凡走してくれるような馬もいるのでそういうのは逆の使い方が出来ますし、チェックコメントでもそんなに強い馬じゃない、と残したりするので弱い良血馬の判断も早いです。



3歳戦も弥生賞を超えるくらいからかなり戦歴が多くなってきて強い馬がバレてしまって人気になってきてしまうので特にあと1ヵ月くらいは稼ぎ時です。3月以降もレースによっては狙えるのがあるのでそこも気を抜かずに拾って行きましょう!




こんな感じで指数の高い順に買うわけではない!


これが正しい指数の使い方です!




 指数を始めて使う時はどうしても指数の高い順に目が行ってしまいがちですが、指数は過去のパフォーマンスなので大事なのはそれを参考にして今回のパフォーマンスを考えてあげる事です。



 レースリプレイを見てる時間は日本で3本の指に入る自信があるので信用して指数とチェックコメントを使ってみて下さい。(*^^)/ 儲け所としてはこの時期は3歳戦にも着目していきましょう^^




勉強回顧  チェックコメント&hide指数





Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法! http://www.hide-s.com/



■無料メルマガ>> a0000077893@mobile.mag2.com  に空メールで登録可


■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。