2014-11-06 20:22:05

▼指数と展開の関係(どの馬が今回パフォーマンスを引き出せるか)

テーマ:★指数活用法

┏━━━━━━━━━━━━━┓
    指数と展開の関係

┗━━━━━━━━━━━━━┛


こんにちは、hideです。


質問などにもお答えしていて解説に良い例のレースでしたのでブログでも解説したいと思います。

これは今週更新した勉強回顧の「馬券分析」でも取り上げて解説したレースです。




★指数とはなにか?

 指数とは過去のパフォーマンスです。hide指数はレースリプレイを全て見てそれぞれの馬にアナログ補正を加えています。つまり、負けていても厳しい競馬をしていた馬は指数が高くなってますし、恵まれて好着順だった馬は指数が割り引かれているのでその馬のその時のパフォーマンスが着順以上に正確に数値化されたものです。


 着順がよければ指数が高いというものではないということです。力を出し切れなかった馬が次のレースで展開や条件があえば巻き返しがあることが分かります。




★今回どれくらいの指数が出せるかを割り出すのが予想

 指数はあくまでも過去のパフォーマンスなのでそれを用いて今回どれくらいの指数で走る事が出来るかを考えるのが指数を使った予想法です。指数を初めて使う人の多くが使い方を間違えてしまうのは指数の高い通りに買ってしまいがちだということです。指数自体が先ほども触れたようにアナログ補正を加えて強い競馬をした馬に高い指数となっていますが、それはいわば本当の着順を示したものになります。


 つまり、指数の高い順に買うということは競馬新聞を見て着順のいい順に買うようなものです。もちろん競馬新聞に掲載されているのはただの着順なので正確な力量ではないですから指数通りに買う方がよっぽど確率は高くなりますが大事なのは今回がどれくらいの指数で走れるかを考えてあげる事になります。



 そこにはコースの特徴、展開、馬場状態、騎手などさまざまなファクターが存在します。そういったファクターを用いて予想する時により正確な馬の能力を知る事で正確な予想に繋がるので指数は必要不可欠なアイテムです。


 ここで押えてもらいたいのは指数は馬の能力を表示したものであっても、大事なのはそれを発揮できる環境に今回あるかどうかという事になります。




 これらを踏まえて参考レースとして先週日曜日に行われた京都12Rを解説していきます。




★11/2京都12R

勉強回顧では開催当日の昼に午後の全レースの狙いポイントであったり、逆に買いづらい理由などについて触れています。そこで当日に更新した内容が以下の通りです。

-----勉強回顧当日更新の内容----

■京12R→期待値×△。ちょっと前に行く馬が多い感じがします。外を回しそうな先行馬は取りこぼしがあるかもしれないので軸にはあまりしたくないです。前崩れになればトータルヒートのような脚が後半で生きてくるような展開まで考えられそうです。ガンジーも距離短縮で持続力強化につながるので消耗戦になれば後半はジワジワ伸びてくるかも。一発狙いなら差し軸で狙いますがロスの少なそうな先行馬から狙う方が馬場としては粘り込みの可能性が高まるのでそれならアドマイヤヤングが外ロスは少ないかもしれません。(気になる一頭:トータルヒート)

-------------------------------



 という短評をこのレースでは書いています。



 このレース自体は買いやすいかと言われれば結構難しい部類に入ります。解説の前にどういうレースが馬券として買いやすいかについて少し触れましょう。



★指数的に買いやすいレースとは?


 指数を用いて買いやすいレースは指数の高い馬に有利な状況が揃っているようなレースです。指数の高い馬が限られていて、その馬に有利な展開や馬場状態であればあるほど不安材料がなくなります。


・指数の高い馬に向く展開

・指数の高い馬に向く馬場状態

・指数の高い馬にマイナス要因がないレース



 このように指数の高い馬にマイナス材料がないレースこそ馬券としては信頼度の高い馬になりますのでそういう馬がいるレースこそ買いやすく、勝負もしやすくなります。ただ、そういうレースばかりがあるわけではなく、場合によってはそういうレースが1日に1つもないことだってありますので工夫をしながら買えそうなレースとそうじゃないレースを分類していきます。




 このことを踏まえてもらうと今回の京都12Rは決して買いやすいレースではないのでそれをどう考えていくかというのが予想の面白い部分になります。




 それではこれらも踏まえていよいよレース予想の解説をしていきます。



 といっても、先ほど掲載した勉強回顧の当日更新で書いた通りなのでそれを少し細かく解説していきましょう。




 この画像が指数出馬表です。クリックすれば大きく表示されると思います。


 予想する時になにを見ているかというと最初にコースを目にします。ここではダート1400mとなるのでそのコース図を頭の中に思い浮かべます。



 次に展開を考えるのですが、ここでこの出馬表を用いたポイントとしては馬柱に背景色がついていますね!赤、青、緑、白の4色です。


赤=逃げ

青=先行

緑=中団

白=後方


 と、おおまかに色分けされています。通過順位を元に色分けされているものなのでそれぞれの馬の細かい動きに関しては通過順位をもう一度細かく見て行く必要はありますが出馬表をパッと見て第一印象で展開のイメージが湧いてきます。



 このレースは短距離という事もありますが背景が赤や青が目立ちますので先行馬が多いという第一印象を受けます。




ポイント:ここまでの予想の行程ではまだ指数には一度も目をやってません。



 先行馬が多いということはペースが速くなりやすかったり、外枠になればなるほど先行馬が外々を回し続けてロスが多くなる事が考えられます。




 そこで指数を見てみると6枠に前走指数の高い馬が目につきます。



 ここで思うのは「こいつらは指数は高いけど外を回す事になりそうだなー」ということです。



 つまり…



 指数通りのパフォーマンスがこの2頭は今回出し切れないんじゃないかという判断に繋がります。簡単にいえばこいつらは指数を割り引いて考えた方がいいという事です。



 以下はTARGETの出馬表画面ですが、オッズを取得してみるとその2頭が人気を集めていました。


11/2京都12R①



 ということは、、、、指数は高くて人気になっているけど、、、、危険なんじゃないの??って事になります。




 この時点で指数の高い馬がパフォーマンスを出し切れないので勝負レースではなくなります。場合によっては買うには危険なレースです。裏を返すならばこの2頭が人気していてぶっ飛ぶかもしれないならば他に適切な馬がいれば狙って取れる穴になるんじゃないの?っていう流れが出来ます。もちろん、自信を持って買えるワケではないのでオッズ妙味がありそうならちょこっと穴狙いで参加しても良さそうという感じになってきます。




 ここまでの流れを理解してもらうと分かると思うんですが、指数にばかり目が行ってしまうとその人気の2頭に目が行ってしまい、そこから馬券を買いたくなってしまうかもしれません。しかし、そこには展開を考えたりとか、今回その馬に指数の割引が必要だという事が全く含まれていない事になってしまいます。



 もう一度念を押しておきますが、一番大事なのは”この指数の高い2頭には展開が向かないので割引が必要→だから買わない・見送る”ということさえ出来れば危険回避が出来ているので何ら問題がありません。ここを買わなくても他のレースで条件の良いものを当てて儲かればプラスになるので買わなければいいという判断さえ出来れば満点です。




 そこからちょっと応用として、それを知りながらも狙って行くとしたら、、、という話になっていきますので予め頭の中を整理してここから先は読んでもらえればと思います。





・人気馬が危険

・他に面白い馬がいれば穴になる→いなければ見送り




 このレースの展開と他の馬の指数を参考に考えると当日更新で書いた通りなんですが、まず目につくのが外枠のトータルヒートです。前走指数はそこまで高くはないですがこの馬はどちらかといえば近走は中団くらいから競馬をしています。外枠だから外を回すんじゃないの?と思われがちですが、これだけ先行馬が多ければこの馬よりも内枠の馬がスタートから前に行ってしまう事が想像されるのでトータルヒートはスタート直後から自分の内側にスペースが出来る事が想像されます。つまり前に行く馬を行かせておいて自分は内側に少し寄せて馬群の中に入れるという選択が出来ます。先行争いをしている外枠の馬は常に自分の内側に何頭も馬がいるので内に寄せる事が出来ず終始外を回し続ける事になるので直線で脚にお釣りがなくなって後半に伸びれなくなってしまいます。それとは違い馬群の中に入れて脚を溜める事が出来ればそういう外を回していた馬が直線で失速すれば脚を溜めていた分だけ伸びて来れるのでトータルヒートに逆転の余地が出てくると考えられます。




 展開予想って面白くないですか?





 こうやって全体の動きを考えてあげる事でどこにスペースが出来るかがイメージできます。すると6枠の2頭は前走しすうからは割り引いて考えなくてはならないのに対し、それらを馬群の中から見て行けるトータルヒートには指数を上乗せして考えてあげる事にも繋がります。




 続いて、当日更新で名前を挙げたガンジーについてです。

 この馬は距離短縮になるので一番の心配は追走出来るかどうかという点です。ここでポイントとしては距離短縮となる馬は持続力強化に繋がります。簡単に言えばなかなかバテなかったり、ジリジリ脚を伸ばして来れたりすることが多いです。よって、前半の位置取りが悪くなったとしても前に行く馬が直線で垂れるようならばジリジリと伸びてくる事が期待できますし、仮に先行でも出来たら簡単にはバテない事が考えられます。そして人気になっている2頭よりも内側の枠にいますので先行できればそれら2頭をさらに外側を回させる事も可能になりますので穴として面白そうな馬ということで取り上げてます。勉強回顧会員にはほぼ当日のちょろっと触れた短評だけでこの事は理解できる方が多いので限られた時間で更新作業をしていますのでここまで詳しく当日に書くことはほとんどありませんが、詳しく説明するとこのような意図となります。



 そして最後に名前を挙げたアドマイヤヤングは安定した先行力があり、指数的に見ても決して低い指数ではなくそれなりに高い指数を3連続で出す事が出来ています。指数の色で見てもらっても前走が黄色、前々走も黄色、3走前が赤となっていて指数的には十分に通用します。そういう安定した高い指数を出せていて安定した先行力のある馬で人気馬よりも内側の枠にいるということでロスの少ない先行策を取る事が出来るんじゃないかという展開予想にも繋がりますので人気になっていた2頭よりは人気もないですし枠も良く位置取りも安定しているとなれば今回もそれなりの指数で走れれば十分に逆転の余地があるという考えに繋がってきます。




 よってこの3頭を馬券の上位候補として名前を取り上げました。




 後は個々人の買い方によって、もちろん人気になっている指数の高い馬を紐に加えたり、他の指数の高めの馬や展開的にロスの少ない馬などを買い目に加えて工夫をする事で馬券として成立するようになります。もちろん、、、、指数の高い馬に展開が向くレースではなく、展開的に逆転があってもおかしくない馬をピックアップしているので馬券としてもオッズ的な妙味があれば、、、、です。



 自分が選択したのはロスの少ない安定した先行力のあるアドマイヤヤングと馬群の中に入れて伸びて来れたら面白いトータルヒートの3連複2頭軸にして紐はやや手広くという結論を出しました。特に紐には内枠の馬が紛れを狙って割って入ってくる可能性があるので紐穴として切りづらかったというのがあります。切りづらかったために3連単マルチにすると点数が多くなりすぎてしまうので3連複にしてやや配当が低くなったとしても無理に絞って穴を取り逃すよりは…という考えの下です。



11/2京都12R②

11/2京都12R③

 結果としてはガンジーが前で運んで行けたのは意外でしたが、理想の競馬をしました。前で運べば距離短縮なら簡単にはバテないのでいい位置で運んだと思います。

 当日更新で取り上げた3頭が上位を独占というのは偶然でしかありませんのでこれは出来過ぎな話です。この結果はたまたまですがこうやって意味のある展開予想をする事で指数をみながらパフォーマンスを発揮できるかどうかを考えてあげればこういう良い結果に繋がる事も多々あるという事です。



 ちなみに、3連単は42,480円でした。もちろん3連単は取ってませんよ(^^ゞ 




 このように指数を使って上手に生かしてもらえればと思います。




 最後にポイントとして…



★指数表の配信を受けたら”使わないと勿体ない”と思ってはいけない

 競馬新聞を買ったら全レース買わないと新聞代が勿体ないとはさすがに思わないかもしれませんが、それと同じで指数出馬表の配信を受けたら全レース買わないといけないというような使命感を持たない事も大事です。

 指数だけを見ているとなんか買えそうに思えてきてしまうかもしれませんが、本文で解説した手順を見返してもらっても分かるように、予想の手順としては 「コース図を思い浮かべる→展開を考える→指数を見る」という手順を踏んでいます。つまり、指数を見る前に買いたくないと思うようなレースも多数存在しますので指数から見ないというのもコツの1つです。



 特に指数をこれから使ってみたいと考えている方は初めて指数を手にした時にすごく馬券を買いたい衝動にかられる人もいるかもしれませんので「あ、このことを言ってたんだ」と本文を少しだけ思い出してもらえると自然とレースを選ぶ事にも繋がって良い結果に繋がっていくことと思います。


 また、現在指数を使っている方で本文に心当たりがある方はいま一度指数の使い方を整理して見直してみて下さい。



 指数を使っている方全員がいい形で使ってもらえるように多数のブログ過去記事がありますので復習してみると発見があるかもしれませんのでお勧めです。





hide 勝ち組在籍方法!



Facebookは毎日1記事更新中です。よかったら見て下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki






hide@勝ち組在籍方法! http://www.hide-s.com/



■無料メルマガ>> a0000077893@mobile.mag2.com  に空メールで登録可


■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。