2010-12-26 21:46:16

▼馬券は自分の得意分野を活かせ!

テーマ:★投資編

 どれだけ同じファクター・材料を使って予想をしたとしても、予想結果は人それぞれの結果になる。それで当てる人もいれば、外す人もいる。だから競馬は面白いとも言えるのだが、みんながみんな同じ真似をしていたところで、人には向き不向きの予想法があるのは確かではないか。


 その中の1つは、穴党、本命党などもそうである。同じ材料(新聞・ソフトなど)を使ったところでどちらに属しているかによっても狙いは大きく変わってくる。これに正解と言うモノは存在しない。実際に低配当狙い(本命党)で馬券生活をしている人もいれば、穴狙いで馬券生活をしている人もいる。また、配当に関係なく取れる馬券を摘み取っていくと言う理想的な方法もある。



これは、穴党・本命党と言う表現で取るとオッズばかりが頭に浮かんでしまいますが、正確に表現するならば、以下の2種類だと思います。




●期待値重視型(回収率重視)
●的中重視型(的中率重視)




 大きく分けるとこの2つに属している事になるのではないでしょうか?問題は自分がどちらに属しているかを把握する事です。




 このメルマガの初期段階で書いた覚えがあり、HPの「お勉強」の方にも書いてあるが、まずは自分を知ることがその打開策ともなるので、初期から読んでくれている方は自己分析をすでにして頂けている事と願うばかりです。





 収支をプラスに出来るかどうかの部分はソコが大きく携わっているのは確かだと思います。予想方法で同じファクターや材料を使ったとしても、結論が千差万別なのはこの部分が強いからだと思います。また、どのようなスタイルにしていくのかなどの方向性を初期段階では決めておかないと予想に対する芯がシッカリしていないので応用的な使い方も出来なくなってしまい、場合によってはそれまでのスタイルまでもが音を立てて崩れてしまう恐れがあります。





 JRAには現在7種類の投票形式があり、アレもコレもと色んな種類の投票形式に手を出して儲けるほど器用な人はよほどの馬券上手ではないかと思います。(^^ゞ





 これも不思議な事だが、何故今までは馬連で当てる事がそんなに自慢になることなのかが疑問だ。これからは馬単や3連複で当てた方が偉いのだろうか?また、なぜ人はG1を当てたがるのか?G1だと投資額が増えるのか?しかも、馬連じゃないと価値がないものなのか?





 注目すべきことは当てる事ではなく儲ける事であるので、G1に無理な投資をする必要はないと思っています。(^^ゞ年間で20個くらいのG1が有るわけですが、この全部が買えるレースになるとは毛頭思えません。2場開催で1日24レースあったとしても、その中で買うのは5つ程。それを考えれば、G1で1年を通してまともに買えるレースは私なら4つか5つほどでしょうし…。




 さて、話が少し逸れてしまいましたが、元に戻しますと期待値重視型(回収率重視)と的中重視型(的中率重視)の2種類のパターンに大きく分ける事が出来ます。いわば、このバランスが馬券での勝ち負けをキッチリと表してくれる事となります。馬券で負けていると言うことはこの部分のバランスがキッチリと取れていない事が原因です。



 まずは自分の予想でどの部分が秀でているのかを再確認する事が大切です。他人が他の方法で成績を挙げているからと言って、必ずしも自分に合う方法ではないので、その判断が出来るか出来ないかは重要な事になります。良い例で言うならば、掲示板などでも良く取り上げられている「複勝転がし」ですが、これは向き不向きが露骨にでる投資法です。





 なぜならば、馬連であれば10回に3回当てることで、十分に採算のあう投資法ですが、複勝、しかもコロガシとなると極端な話では10回に10回当てないと採算が合わない投資法だからです。慣れてしまえば、これほど楽で簡単でリスクが少なく儲けの多い投資法はないんですが、逆に言えば、コレが出来れば連で買っても間違えなく十分な成績を挙げることが出来ると言うことです。ただし、この的中率と言う部分で自分の予想力が欠けていたならば、複勝転がしは「もろ刃の剣」で一向に儲けを捻出する事ができない事になります。

 そう言う意味でも複勝転がしに限らず、まずは自分の予想力に見合ったベストの買い方を探し出す事が重要です。新馬券の導入で馬単や3連複に配当的にも目が行きがちですが、前者はシッカリと単勝を取れる人、後者はワイドを少点数でキッチリと取れる人に有効な馬券だと思いますので、焦って飛びつかずに理想的な方法でまずは確実にプラスに持っていき、そこからアレンジを加えて儲けを伸ばしていくと言う方法を取っていくことが有効です。




 では、実際にどのような部分で判断していくかと言うと、やはり過去の自分の実績を徹底的に分析することが一番の近道になります。




1.軸馬の連体率・複勝率はどれくらいか?
2.馬連の的中率はどれくらいか?
3.今までの回収率はどれくらいか?
4.1レースあたりの回収率の設定はどれくらいか?




 こういった部分を分析します。例えば、1の軸馬の連体率が80%あるにも関わらず、2の馬連の的中率が20%であれば、確実にヒモ選びに問題があることになります。ただ、4の各レースの回収率の設定が500%以上であれば、的中率20%に対して回収率が500%設定なので、単純に考えれば3は100%になります。にも関わらず、3の通算回収率が80%であるならば、それは勝負弱いと言うことが想像出来ると思います。つまり、各レースに投資する額が必ずしも同額とは限らないため、勝負レースとして額を張っているレースで外している事が考えられると思います。ならば、全てのレースに投資する額を同一にすれば、最低でも100%は維持できると言うことが分かります。



 ただ、100%ではトントンにしかならないので、4の設定を少し高くするか、2の的中率を高くすることが直近の目標になると思います。後者であれば、当然1の軸馬選定も同時に高めていく必要があることになるので、その部分に力を入れていけば自然の3は100%を越えてくる事になります。(^-^)


 これはあくまでも理屈の部分になるので、こればっかりで全てが決まるわけでもないですが、自分の得意とする分野(予想法)とこれからどの部分を磨いていけば良いのかと言うことが少なからずともハッキリするので目指すべき方針が分かるだけでも確実な向上が見込めます。




 自分の弱点を把握し、その部分を補って行くことと、自分の得意とする部分をさらに伸ばして上げる事が、一番早い方法になります。チャットなどでたまに、アドバイスをしてくれと言われますが、その人に併せたアドバイスをするので、ほとんど言うことは違います。どんな予想をしているか、どれくらいの回収率かなどを聞くことに
よって対応策が全然違ってくるのが特徴的です。




 そのうち希望の方だけでも馬券診断などをしてみたいと思います。すぐにとなると難いですが、近々試しにやってみたいですね。(^^ゞ




希望される方がいらっしゃいましたら、メールを下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。