2010-12-26 21:44:24

▼買い方を学ぶ(第3弾)<その1>

テーマ:★投資編

 …と、言う事で第3弾です。(^^ゞ


 今回は各レースでどのようにして投資していくかと言う事に触れてみたいと思います。馬券を買う上で大切なのは沢山当てる事ではありません。当てたときにどう儲けるかと言う事が大切な要素になります。




 つまり、以前からよく言うように期待値の幅がどれくらいあるかと言う事です。競馬なんかは外れて当然ですし、その中で何回か当てるだけで十分に儲けることができるのも競馬です。全部当てて儲けようなどと欲張ってはいけません。当てに行こうとすると、無駄な買い目が増えたりします。そうなると、自然と当てたときの回収率も減ることになるので当ててもたいして儲からなかったりします。




 ほとんどの人がこのパターンにはまっているがために儲かっていない感じです。つまり馬券を買う際に強弱が無さ過ぎます。以前にこのテーマで「勝負レース」と「買いレース」を明確にして馬券を買うこととお伝えしたことを覚えているかと思います。あれは、レース単位での強弱を指摘したものです。




 今回は買い目単位での強弱です。常に原則としてどの買い目が的中しても同じだけの払い戻しを受けることができるように資金配分をまずはします。




 これはどういうことかというと、買い目が何点かになると言う事はそれぞれの買い目に的中するチャンスがあると言う事です。つまり、トータルした場合で考えると、まずは当たった時にキッチリと目標とする払い戻しを受けることが重要です。




 この回収率設定を各自で決めておく必要があります。これは各々の的中率や狙い目などによって算出する必要があります。以前に期待値の話で取り挙げたように、自分の的中率に対して回収率の設定を行います。例えば、的中率が25%であれば最低でも400%以上の回収設定をしなくてはプラス収支にはなりません。仮に20%の的中率ならば500%の回収設定が必要となってきます。馬券を買う際にこれら自分の回収設定値に満たないレースは基本的には買うだけ無駄という結果になります。




 この時に大切なのは自分が設定している回収値よりも出来るだけ高い回収値が設定できるように上を目指すことです。例えば、的中率が25%の人は先程言ったように400%以上が必要となりますが、あるレースで回収を設定したところ500%あったからと言って押さえを追加したりなどでわざわざ400%にする必要はありません。そんなヤツはいないだろうと思うかもしれませんが、実際にはこのように安心を買いに行く人が大半です。点数が増えれば、それだけ当たる確率が増えるのは確かですが、儲けが減ることに繋がります。回収を計算した時点で買い目は決まっているわけですから、わざわざ安心を買って点数を増やす必要はありません。これをしてしまうと爆破力に欠けることになるので、このような買い方をする人は永遠に勝てないかもしれませんね。(^^ゞ





 このように回収が多い場合にはまだ良いのですが、逆に少ない時が今回のテーマとも言える部分になります。選択肢は2つあります。1つは「回収が取れないので見送る」、2つ目は「回収を自分から作り出す」です。絶対に間違ってはいけないことは、低い回収値のままで投票すると言う事です。400%がボーダーラインの人が300%の回収値しか取れないレースを買う事だけはいけません。それならば、基本どおりに見送る方が賢明です。では、「回収を自分から作り出す」とはどう言うことでしょう。これは、何個かパターンがあります。1つは買い目を限界まで削る。2つめは買い目の一部を元返しに設定して本線と押さえを作る。3つ目は馬券の種類を変えて考える。





 他にも手段は色々とありますが、この3つのパターンが基本となります。これらの手段を用いて買い目と投資額を出して納得がいくものとなれば投票に至りますし、納得がいかなければ見送りとなります。

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。