2010-12-26 21:37:16

▼買い目について

テーマ:★投資編

 掲示板に質問がありましたので、その私なりの回答をしてみたいと思います。(^^ゞ



<質問>


私はいつもメリハリなく軸から馬連で6点ほど買っていて回収85%くらいをうろうろしております・・・大体何点くらいまで絞ればいいんでしょうか???本命、中穴、波乱で点数も変わってくると思いますがよかったら皆さんの意見をお聞かせ下さい。




<回答>


 私の場合は特に何点までと言う事は決めていないんです。(^^ゞ普通に予想した場合にまずは点数を気にすることなく、軸から流していきます。この「点数を気にすることなく」と言うのは、沢山買うと言う事ではなく、的中させることに重点を置いた際に必要なヒモ馬が何頭いるかということです。原則としてBOXはほとんど買う事がないので軸からヒモ流しと言う観点で以下全てを読んで頂きたいと思います。




 まず、予想する際に「当てる」と言う観点が働きます。単純なことで当たらなければ儲かることも出来ないので前提条件になってきます。この「当てる」際に軸馬が来る前提として、ヒモを絞り込んで行きます。この時点ではまだオッズは見ていません。




 そこでヒモ馬をピックアップしていった際に、当てれると自分で判断したときの点数が基本的な買い目になります。



 つまり、2点買えば当てれると思うときもあれば、6点買えば当てれると思うときもあるわけです。このあとに初めてオッズを照らし合わせることになります。基本的には払い戻し均等で設定して考えるので、2点買って「400%」だったり、6点買って「800%」だったりします。よって、質問されている部分で本命、中穴、波乱とありますが、これは後からついてくるもので、オッズは回収が取れるのか取れないのか位にしか考えていません。(^^ゞ

 払い戻しを均等に設定していることから、レースが終って的中したときには、「500%でGET!」とか常に「%」での記憶しかなかったりします。どう言うことかというと、あまり配当での記憶はありません。例えば万馬券を当てたとしても、「600%」程度だったりもしますし、10倍の馬券を当てても600%の回収だったりするからです。(^-^;




 まずは買い目を出してからオッズを照らし合わせ、回収が取れるのか取れないのかと言う事だけに着目しています。繰り返すようですが買い目としては、自分の中でココまで押さえれば間違えなく当てれると感じるラインです。弱気になって、あれもこれもとヒモを選んでいるようでは恐らく回収が取れないと思いますので、その線引きは個人個人に差があるとは思います。(^-^)




 回収値を出した後、その回収値が自分の目的とする回収値を下回った場合に、買い目をさらに絞り込むかどうかと言う事に着目します。しかし、買い目を削ると言う事は自信を削っていることになります。




 どう言うことかといいますと、例題として挙げるならば以下のように考えて見てください。




 5点買いで当てる自信があるレースがあるとします。自信度100%と言うものは競馬なので存在しないかもしれませんが、ここでは分かりやすいように5点買えば100%当てることが出来るだけの自信があるとしましょう。(馬券を買う時は気持ちとしては常に100%当てる自信を持ちながら買うのはたぶん普通だと思います。(^^ゞ)

 しかし、この5点を買って払い戻しを均等に設定した時に、希望の回収値が取れなかったとします。例えば、希望の回収値は500%だとして、この5点を買ったのでは300%しか取れなかったとしましょう。





 そこで何としても500%の回収値を取りたいので、1点削ることが出来ないかを考えます。今は100%の自信をもった5点買いですが、ここで1点削ると自信度は80%になってしまいます。つまり、自信度にリスクを負う感覚を持ちます。ただ、自信度80%にすることで希望の500%回収を取ることが出来たならば、そこで決断を求められます。自信度80%でGOサインを出すか、20%落ちることを嫌って見送るかです。





 ここで間違った取り方をされたら困ってしまうので、念のため注意事項を入れておきます。「自信度100%ならば希望に満たなくても回収率300%で買えばいいじゃないか」と思った方がいれば注意してください。以前のメルマガ内容を参照していただければ分かるように、この例題の人は500%に回収を設定していることから、恐らく自身の的中率は30%前後なはずです。つまり、自信度100%で買い続けた場合に的中率が30%前後と言う事になります。自信度=的中率ではないので、ちょっと計算をすればお分かりになるでしょう。(^-^)





 この例で言うならば、自信度100%で300%の回収がとれ、実際の的中率は30%ですから、長い目でみれば総合の回収率は90%になります。数学が得意ではないので、たぶん合ってるとは思うんですが少し不安も…。(^^ゞ




 たぶん90%ですね。(^-^;




 よって、この1回だけではなくて、今後も何個かこのようなレースが出てきて買った時に、総合回収率ではこれらのレースが足を引っ張る結果となるのがお分かりいただけると思います。あくまでも計算上の話ですが、的中率30%で回収設定が500%ならば、総合では150%の回収を得ることができますが、これらの回収率300%設定が入ることによって、150%以下の総合回収率になってしまう可能性があるので、レースとしては見合わないレースと言えるかと思います。





 馬券の買い方としては、本命、中穴、波乱などオッズを重視して狙っていく人も多くいると思いますし、それ自体を否定することも全くないですから全然否定などはしませんが、私個人の方法としては、まず「オッズに踊らされない」という考えを持っています。





 実はここまではステップ1なんですね。(^^ゞ






 ステップ2になると少し複雑になってきます。それと、自分なりに計りというか天秤のような感覚のものを持つ必要が出てきます。恐らく経験で誰でも持てるものだと思いますし、経験を積むことでもっと正確な天秤になっていくのかもしれません。





 これ以降の説明は当面の間は取り入れないで頂いた方がよいかと思いますが、何となくご自分の感覚で分かるようであれば、気にしてみてください。





 ステップ1までは自信度100%を前提としていました。つまり、自信度100%=的中率30%です。





 ステップ2を取り入れると、自信度毎に的中させる感覚を持つようになります。




 自信度が70%なら、的中率は10%ある…とかですね。そうした時に、この例題の人のステップ1での回収設定は500%でした。しかし、この自信度70%に関しては1500%の回収設定が求められます。よって、買い目を決めてオッズと照らし合わせた時に1500%の回収が取れるようであれば、素直に「買い」という結論がでるわけです。




 また、この逆で自信度が120%あったときの的中率は50%あるのであれば、回収率が300%しか取れないレースでも、総合回収率に換算すれば150%が取れる結果となります。(^-^)





 問題はこの自信度と言う感覚を自分で厳しくとらえることが出来ているかと言う事に繋がります。これを応用すれば、強引に買い目を削って行って、自信度を減らし、回収設定が上がることで自信度の感覚さえ自分で把握できているのであれば、総合して150%の回収になるようにすることが出来てきます。当然、自信度が落ちるレースで勝負はしづらいので、勝負レースには自信度100%や120%のレースを選ぶことが多くなると思います。しかも、自信度100%でも回収が2000%取れるレースだってあるので、こういうレースこそが「オイシイレース」といえると思います。(^^ゞ





 配当は一般的に言えばソコソコの波乱になっているような回収なのでですが、自信度は100%なので各オッズがどれだけの配当であったかなどは気にしなくなります。(^-^)





 「何倍ついた」と記憶しているよりも、「何%」の回収があったレースだといずれは記憶するようになるかと思います。むしろ、当たったときには予定している金額が払い戻しされるので、払い戻し金などは本当に記憶しなくなるもんです。(^^ゞ


 タラタラと書いてしまいましたが、ちゃんとご質問のお答えになっていましたでしょうか?(^-^;




 ステップ2に関しては再三言うようですが、いきなりはお勧めしません。恐らく、これが感覚的に現状で捉えられている人はすでに実行しているかと思われます。いきなり挑戦して痛い思いをしてしまうよりは、自信度100%と思えるようなレースを自分の求める回収率でシッカリと買う、回収が取れなければ潔く見送るという段階を経てから試していただきたいと思います。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。