2010-12-26 21:32:52

▼武 豊

テーマ:★騎手編

 騎手についてどれくらい考えているかと聞かれると答えるのは難しいです。予想する際に考えていないようで考えているものなので、その時に聞かれれば説明できるものですが、普段の時に聞かれると「ほどほどに考えている」程度の事しか言えません。(^^ゞ


 少なくともいえる事は誰が乗っているから買うとか、誰が乗っているから切るとかって事ではないということです。どの騎手だから、こういう馬はこう乗るとかそういうのを考えて予想に組み込んでいます。あくまでも、自分か買いたい軸馬をプラス材料として乗ってくれるか、マイナス材料として乗られるかによって馬券の買い方が変わったり、場合によっては見送ったりすることになります。



 全ての騎手を一度に取り上げるのも難しいですから、不定期で思いついた騎手を取り上げていこうと思います。文章量も多くなくポイントだけをまとめれるようなものにしていきたいので、これらを最終的に集約すれば騎手データ一覧みたいなのが出来上がるかもしれませんね。(^^ゞ あくまでも自分の感覚的な印象と現時点での判断の元になりますのでご了承下さい。騎手も日に日に乗り方が変わるので来年になれば同じように乗っているとは限りませんので付け加えておきます。(^^;;



 さて初回となる今回はリーディングジョッキーの武豊からにします。データ面からは取り上げるつもりはありません。あくまでも個人の印象と感覚、自分が予想するときに考えることです。




 豊の場合は言うまでもなく、最低限の仕事はしてくれるので買うほうとしては安心できます。しかし、確実に疑って入る時があります。それは追い込み馬に騎乗するときです。この騎手の特徴としては追い込み馬はトコトン後方から直線一気のレースをしようとします。それは芝でもダートでも同じです。馬場が前で後方の馬はどうやっても届かない時だっていくらでもあるのに、そんな時でもトコトン後ろからの競馬にこだわります。ここまでのジョッキーですから本人も届かないのが分かっているはずなのに、なんでこれにこだわるかは分かりませんが、豊が乗ることで人気するのですから前馬場の追い込み馬は人気でも不安視したくなります。なぜか印象深いのはテイエムセンリガンという馬です。条件馬でしたが、もう抹消になってしまったんでしょうか?(^^ゞ




 あの馬は確かに後方からで切れる脚を使える馬でしたが、ダートで明らかに前に有利な馬場で何度も1人気になります。そして豊が乗るので最後方から直線だけのレースをします。




 能力があるので差してはきますが、位置取りの差を考えてもそう簡単に1着になることはできないのは容易に考えられます。それでも豊人気というのは怖いものでダントツの1人気に押されるんですね。(^^ゞ (記憶だけで書いているので…たぶんダントツだったと思います…………そしてたぶんテイエムセンリガンだったと思います。(^▽^;) )




■最後方待機の追い込み馬はトコトン位置にこだわる


 こういう馬に乗るときは馬場次第では危険な人気馬にもなります。豊だから早めに動いて上手く乗ってくれるだろうという憶測は危険です。むしろこういう馬は外枠からなら蛯名に乗せた方が上手く回してきます。(^^ゞ 




■G1デーの豊は本番以外は期待値が低い


 これ以外のパターンで極端に買いづらいときというのはG1デーでしょうか。G1の日はG1で勝てるだけの馬の乗っていた場合、それまでのレースは練習に使うことがあります。どこの馬場が一番伸びるかなどシュミレーションして乗っているときがあるので、そんな時は買いづらいです。またG1の日は普段競馬しない人までがG1以外のレースを買っていたりもするので、やたらと豊の馬が人気します。普段競馬しない人でも知っている武豊を買うんでしょう。(^▽^;) なので、変な乗り方をされる可能性がある上に極端に人気するので買う価値としては非常に低いものにもなります。




■豊の通るところを見ておこう


 馬場を把握する上で豊が便利なのは、馬場の良い所を選んで走ってくることが多いので、どの辺りが伸びやすい馬場なのかというのが豊を見ていると分かりやすかったりします。(^^ゞ



 そういう意味でも豊の通すところなんかは午前中からでも着目しておくと良いかもしれませんね。



 ハッキリ言って豊の場合は基本的に馬をシッカリと走らせてくるので、買い時なんてのは「いつも」とくらい言えてしまいますので、「どんな時に買い」と言うことも今更ないでしょう。(^^;;



 逃げ馬は積極的に逃がすし、長距離は安定して走らせるので不安に感じる時以外はあまり考えなくて良さそうです。個人的には安心して買えますが別にプラス材料としては買わない感じはします。むしろマイナス材料の時の方が馬券的な妙味は広がるんじゃないかと思います。(^-^)



 とりあえず、こんな感じで騎手編を出来るだけ頻繁にやっていこうかと思います。豊に関してはパッと思い浮かんだものだけを取り上げているので、また思いついたときに第2弾でもやろうかと思います。




<<追記・補足>>


豊の動き   05/09/27

 阪神のダート1400mはやや特徴的です。


 先日の土曜日には豊が勝利を大量生産しておりました。相変わらず凄い騎手ですね。(^^ゞ


 朝の一発目の芝のレースから馬場の3分所を通しており、土曜日の芝では立て続けにその場所を選んで走っていました。豊は馬場のよいギリギリのところを探すのが上手い騎手ですので、こうやって立て続けに馬場を選んでいるのを見るとその箇所が一番伸びやすい所ではないかという推測を立てることができます。


 実際に土曜日は内から3~4頭目を通す馬が良く伸びていました。豊の通す所、特に何度も同じような場所を通している時には馬場を判断するための1つの目安となってきます。(^-^)


 騎手にはそういった馬場を選んで走る騎手もいれば、何も考えずに乗る騎手もいるので、そういった何も考えない騎手というのは展開的に考えて自然と何処を通しそうかと言うのを判断してあげると馬券に直結してきやすくなるでしょう。



 例えば、何も考えていない騎手が逃げ馬に乗れば自然と馬場の悪い内側を逃げる事になるでしょう。しかし、前から3~4頭目につけそうな先行馬だとしたら4コーナーでは自然と前にいる馬を交わそうと外側に持ち出すため、馬場の良さそうな所を結果的に回す事に繋がって来ます。何も考えてなさそうな騎手は中途半端に何かを考えて失敗しそうな騎手よりも素直な乗り方をしてくれるので予想をする側にとってみれば比較的都合が良い方かもしれません。(^^ゞ



 豊が芝でどこを選んで走っているかというのはいつでも注意しておいた方がいろいろと使い道が出てくるでしょう。(^-^)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

hide@勝ち組在籍方法!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。