人生を楽しもう

ハォーイ


みなさん、こんにちは。


毎日、暑いサンタロサです。


きのうは、子供達と奥さんを連れてナスブの海に行ってきました。


イャー、夏休みの最後の日曜日ということで、プライベ゜トビーチですが


人の多い事、多い事、まるで真夏の江の島状態でした。


また駐車場から浜辺までの階段が二百段くらいありまして、おかげで


今朝は、ふくらはぎが筋肉痛です。


奥さんもおんなじ状態みたいです。


普段の運動不足が原因ですよ。も少し奥さんともども、運動する必要があるね。



さてと、この運動不足はあっちにポイしてと




今日のお話は、人生を楽しもうってお話



だいたい、日本に住まないでわざわざ、このフィリッピンに住んだり


定期的に、この国を訪れる日本人って、なにかしらこのフィリッピンに魅力を


感じてるからと思うんだけどね。


人それぞれに、この国の楽しみ方が違うけど、ゴルフを楽しむのもいいし


きれいな海でスキューバを楽しむこともイイと思うし、日本では若い女の子に相


手にされない初老のオジちゃんも、この国では相手にしてもらえるし


気候のイイこの国で、作物を育てたり、園芸を楽しむこともアリだよね。


ただ、自分が楽しいからと言っても、他人に迷惑をかけるような言動は


しない方がイイと思うよ。


それと、これは特に若い女の子と楽しむ人に言いたいけれど、彼女たちは


貧しいがゆえに、そういう事をしていることも自覚しておいてね。


ある日本人が自分の家の若いメイド?を紹介した時に


「これが、このまえ見つけた一万ペソの女です。」


「もちろん、昼は掃除に洗濯、夜はあっちもありです。安いでしょ。」


なんて紹介しましたけど、この言動は人間の尊厳をまるっきり無視してますね。


イヤ、この日本人は人間の尊厳という言葉さえ知らないでしょうね。


やはり残り少ない人生ですから、楽しい人生をおくりたいと思うのは、みんなの


共通の願いですが、そこにはルールがあることを自覚するべきだと


おもいますね。



追記  明日から日本に行きますので、10日間ほどブログはお休みです。



今日のフィリッピンの教訓


「人生を楽しむにもルールのある事を忘れずに」


だいたい、日本人の付き合うフィリッピン人の人って、学歴の低い人が多いよね。


そういう人に向かって、バカにするような言動をする日本人がいるけど


そういう人はいつか、フィリッピン人から、手痛い目に合う確率が高いことも


認識しててね。



AD

思い出づくり

ハァーイ。


みなさん、こんにちは。


きょうは、マカティの旅行会社に家族のビザを取りに行ってきました。


ついでに子供達の日本までの航空運賃もはらってきましたよ。


長男が今年は16才になっているので、大人料金になったから


支払う私は、大きくなったと言う気持ちと、大人料金は痛いなぁ~。という気持


が入り乱れてます。


去年に引き続いて、今年も家族で日本に行って、大阪のユニバーサルジャパ


ンスタジオに行く予定です。


毎年、家族で日本に行くのは、経済的には負担だけど、息子たちが大きく


なった時に、父親の国 日本を思い出してくれればいいな。なんて思ってます。


ついでに私の事も、思い出してくれると嬉しいですね。


自分が父親になって、自分の父を思い出すのは、高価なオモチャを買っても


らった事よりも、近くの山に家族でオニギリを持って遊びにいった事のほうを


思い出します。


子供の頃の楽しい記憶というのは、家族で楽しむ事が大事なんだと、やっとこ


の年になってわかってきました。


そういうことで、今年も来週から日本に行ってきます。


子供達が楽しんでくれれば、私も幸せです。



今日のフィリッピンの教訓


「家族の絆を深めるのは、家族で同じ楽しい時間を共有すること。」


フィリピン人の家庭は、貧乏だけど家族の笑い顔をよく見ます。


家族で同じ場所で、同じ時間を共有することで家族の絆が深まると思います。


昔、丸いチャブ台を囲んで、家族全員で食事をしていた日本も同じでした。


いつの頃からか、日本は子供と会話する親が少なくなりましたね。


たまに会話すると思えば、勉強しろ、勉強しろ ばかり


こんなのは親子の会話じゃないですね。





AD

ハァーイ。


みなさん、こんにちは。


毎日、暑い日の続くフィリッピンのサンタロサです。


もう車を駐車していたら、車に乗るときはサウナ状態ですから


イヤになります。


しかし、最初に車に乗るのがどれほど暑いか、わからない奥さんと子供は


今日は、アラバンのフェスティバモールで長男のアイパットのガラスを修理


しましょうね。なんて言ってくれます。


アンタラは冷房がきいてから、車に乗ってくるけど、最初がどれほど車の中が


暑いのか、わかってんのかぁ~ !


なんて、心の中で叫んで、家族を乗せてアラバンに向かう私でした。


アラバンのモールについて、マックの修理センターに行きまして


「ガラスにヒビが入ったので、交換したいのですが、できますか ? 」


と聞くと


「交換はできます。交換費用は18,000ペソです。」


「修理には10日間ほどかかります。」


なんてスタッフが言うので、ビックリしまして、なぜならここに来る前に


マックの販売店によって、一番安いアイパットの新品の値段が22,000ペソだっ


たのを見てきたところだったのです。


しかしここで思いついたのが、ここはフィリッピン なにもマックの直営の修理店


じゃなくても、このモールにはパソコンの修理やがたくさんありますから


そちら行くことにしました。


携帯電話のガラスの交換もやってますから直営店よりイイと思うね。


そうすると、やっぱりありました。


アイパットのガラスの入れ替えは手間賃込で 2,500ペソ です。


時間も一時間まってくれれば、交換できます。との事


さっそく交換してもらって、一時間後には受け取ることができました。


フィリッピンでは、各メーカーが直営の修理店をだしてますが、そうじて


値段が馬鹿みたいに高いので、修理が必要な場合はこういうお店で


修理したほうがお得だと思います。


でもね。マックでアイパットを見ていた次男が、


ダディ、僕ももうすぐ学校でアイパットが必要になるから、買ってくれない ?


なんて言いだして、結局 次男にもアイパットを買ってやった超甘のパパ


でした。 今月はダディにとっては地獄の月です。




今日のフイリッピンの教訓


パソコン、携帯電話の修理は、直営店はとっても高い。」


これって、各メーカーの販売戦略なんだろうね。


修理費を高くして、それなら新品を買うよ。と消費者に思わせるんだろうね。





AD