小松菜農家 hideのブログ

発祥の地=江戸川区で小松菜を作る農民のブログ


テーマ:

おはようございマス┏o ペコリン♪




タイトルすげーでしょw

農家から農薬について語られることは

ほとんどない今の世の中。





何故かと言うと、『農薬』というものがすべて一括りで

全て悪いもの。という風に考えられているから。

(と俺は思う。)


よって農産物の良し悪しにおいて

生産者、流通、消費者の多くがそれを基準にしている。



それが消費者にとっての『農薬』というもの。


いや、消費者の多くはもう少し賢いかw

多くの流通で売るために必死になっている人とか

自然・天然こそ100%安全って思っている人にとってか。



まぁどういった人にとって。というのは大して重要ではなくて

実際に無農薬という表記が存在し、そこに命がけの人々がいるので

間違ってはいないだろう。だが、農薬が『無い』ことに命がけで

こだわる割には・・・農薬というものについて




あまりにも知られていない。

知らないものを否定しているということになる。


注)そもそも『無農薬』という表記自体が農水省によって

禁止されている。いまだそういった表記をしている人は

勉強不足といっていい。




今日から何回かにわけて、その農薬というものについて

農家の思うこと知っている限りを書いてみようと思う。

最後まで読むと




『農薬ってなんですか?』



この質問に今よりも答えられるようになる。

いや、答える機会が相当少ないと思うがwwww

更に、それが無いことの『無農薬』の価値について

より解るようになる。←これは重要。



最初も言ったけど、こういった話が農家からされることは珍しいと思う。

誰もしたがらないからね。で、俺は科学者でも農薬の製造メーカーの研究者でもない。

たかが農民。だから、化学式を出して医学的にどうこうは説明できない。


逆にしたとしても、それは皆さまには全然伝わらない。

代わりに、現場の人間として、概念はしっかり伝えられると思う。

けど、そんな煙たがられる可能性のある話を、何故今になって数回にわけて

書こうと思ったきっかけは・・・



化学物質過敏症の方とのメールのやりとりからである。
そのメールのやりとり後に改めて思うこと。

①農薬の使用の有無で農産物の良し悪しを決めるべきではない。

②農薬を否定する人、農薬を怖いと思う人ほど農薬を知らない。

③そもそも慣行栽培、有機栽培、○○栽培等は生産者・販売者側のジャンル分けであって

農産物自体に、その安全性において完全に一律の差が生まれることはない。



この辺り。


①は個人的主観が強いかもしれない。実際そういった物差しで農産物を

見る人がいるだろうし、居てもいいが、じゃー、何を持って農産物の良し悪しを

決めるべきか。それは



生産者の知・無知。理解・非理解。



これに尽きる。これはどんな産業にだって当てはまる。

何故か農業においては謎な部分が多く、オカルト的な話が

広まりやすい。農産物なんて、それで生計を立てなければ

大体誰にでも出来る反面、自然環境のあやふやさ故



『どんな農産物が正しいのか』




というものが決定づけ難い。

もしも、いい農産物とは何かを正確に知りたければ

岡本氏の連載を熟読してくれるとありがたい。

とっても為になる。


コチラ


②はたぶん一般論に当てはまるだろう。

恐らくほとんどの人は農薬というものを一括りに農薬として認識している。

簡単なことなので、早速これは明日の『農薬とは②』で説明したい。


③に関しては今言っても理解されないかもしれない。

が、この誤解が生んだ消費者への影響はとても大きいと思う。

個人的には『安全・安心』を上乗せした輩が生まれた瞬間から

最早被害だとも思える。



このシリーズ全体読んでもらえれば、農薬というものを一括りにしていること

一括りにして否定することの無意味さ、また、その農薬を使っていないという

『無農薬』というものについて感じ方が変わることは間違いない。



序章の最後に一言。


このシリーズは農薬を安全なものだと肯定するためのものではない。

自然に100%安全なものがないのと同様、当然農薬にも100%安全はない。


この世に100%の安全物質は一切ない。



極論言えば水とて死ぬ。

全ての物質は量の問題を避けられない。



そう、このお題は


一般消費者の方々に農薬というものを知ってもらうために書くものである。

あまりにも知られていない故、恐怖の対象になっていると思うから書くものである。

闇にしておく必要はまったくなく、簡単に知れるなら知った方がいい。


それを元に更に否定する人、理解を深める人がいてくれればそれでいい。




ただ知らないで否定したり怖がったり

その使用の有無に一喜一憂するのは哀れすぎる。

更に知らないのをいいことに、そこにオカルトな付加価値を付けて

販売する輩の行動は目に余る。


農薬を販売における差別化の付加価値にする場合

ほとんど『安全・安心』という言葉が付きまとう。


安心するのは個々の自由だ。

が、不確定な農産物において100%の安全を売り物にするのは

あまりにも根拠がなさすぎる。



安全を売り物にしている人こそ

相当胡散臭い。早くやめて欲しいものだ。



農薬というのは一体なんだろうか。

明日も読んでくださいw ← 初めて言ったw


農薬とは① ~はじめに~

農薬とは② ~農薬の概念~

農薬とは③ ~奇跡の外し方~

農薬とは④ ~鍵穴合わせ~

農薬とは⑤ ~農薬の使用有無に関しての安全性~

農薬とは⑥ ~何故農薬を使うのか~

農薬とは⑦ ~具体例~

農薬とは⑧ ~化学物質とは~

農薬とは⑨ ~農産物の流通の歴史①~

農薬とは⑩ ~付加価値~ ← お蔵入りしそうだったw

農薬とは⑪ ~農産物の流通の歴史②~

農薬とは⑫ ~経営における無農薬という付加価値~

農薬とは⑬ ~資材における有機という価値~

農薬とは⑭ ~農薬を使わないで栽培する方法①~
農薬とは⑮ ~農薬を使わないで栽培する方法② by メクレ~

農薬とは⑯ ~農薬を使わないで栽培する方法③ 生物の拮抗~

農薬とは⑰ ~農薬を使わないで栽培する方法④ 肥料分と昆虫…

農薬とは⑱ ~中締め~

農薬とは⑲ ~生産者のブレ幅~

農薬とは⑳ ~化学物質過敏症とは~

農薬とは21 ~消費者からのメール①~

農薬とは22 ~消費者からのメール②~

農薬とは23 ~消費者からのメール③~

農薬とは号外 ~映画『奇跡のリンゴ』の観方~

農薬とは24 ~消費者からのメール④~

農薬とは25 ~消費者からのメール⑤~

農薬とは26 ~消費者からのメール⑥~

農薬とは27 ~まとめ~

農薬とは28 ~このシリーズを書いて~








AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。