小松菜農家 hideのブログ

発祥の地=江戸川区で小松菜を作る農民のブログ


テーマ:

おはようございマス♪


さて・・・『下』で終わるのか。

終わらなかったら、そのあとはどーなるのか・・・




うん、本当にどうでもいいw


というわけで、下で終わらせて次の話に行きたいデスw

長くなるかもしれないけどさ・・・。


27日の『キッチンが走る(全国放送)』の放送日までに

これを終わらせて、被災地支援の話を書きまくりたいっ!!!




何が復興終了だ。




なんでこんなに番組減ってるんだ。

(テレビ番組は視聴率取れないと意味がないからほっとけ。)




ひとりひとりが被災地とつながる必要があると思います。

ひとりひとりとまで言わないけど、一つの街と一つの街。

それくらいはアリだよ。アリ。まぁ10日後みてらっしゃいっ!w



※といいつつ、上中下で終わりませんでしたw

下の下。とかにしようかなw





で、農薬の話。



この後のルールはまたいつもと一緒で

・松永先生の話した言葉自体は紫色で、ハイライトは

(口語を文語に変えて編集する程度。)


・俺のツッコミや個人的感想は灰色で、ハイライトは黒色で。

で行きマス。





でっ!



繰り返しますが、(昨日の日記に書いたように)

農薬を使用するときは様々な試験を行って無毒性量を求めて

これを更におおよそ1/100したもの・・・これが人が一日に食べていい最大量。


これを越えちゃいけませんよ。



ということになりまして、実際の食べる量というのは

この辺り(無毒性量のところを指して)よりうんと少ない量になります。



このことが厚労省、農水省ともに確認されています。


(これ、栄養学、医学、おおくの化学にも同じ理論になると思う。

基本中の基本ね。老若男女、誰が食べてもOKということになるための量の出し方。

だから、日々、色んなものを自由に食べても農薬で誰も中毒になってないってことね。)



で、繰り返し繰り返しこれを見ていただいたのは

やっぱりたくさん食べさせてはいけませんよ。

ということが重要なんですね。



小松菜農家 hideのブログ



間違って使って、変な使い方して、無毒性量を越えてしまっては

ダメなんですね。正しく使う。きちっとルールを守って使う。

そうすれば無毒性量になる。ということになります。


これがまさにリスク管理なんだということです。


しつこいようですが、原液はすごく濃度が高い。

これ、飲んだら死ぬかもしれない。時々自殺される方がいますが・・・

農薬メーカーは今は自殺されないようにですね、農薬にわざわざ

苦い味を付けている。飲まれないように。




(これで、野菜にも苦味がつくかというとつきません。


絶対つきません。保証します。

正確にいうなら、野菜に残る数ppmの濃度では人間の舌で判別できません。

『農薬かけたから野菜が苦い』という人いるなら、試しに1tの中に1g~5gの塩を溶かして

しょっぱいという味覚を持つ人のみ。1tは無理だから・・・コップに塩1粒くらい?

よくわからんけど、計算してみてくだされ。いや、実際舌で感じるの無理だけどね。

とにかく野菜において、そういう次元の味がつくことはない。いずれ実例を出します)





苦ければ、どうしても吐き出してしまう。

それで、自殺されないようにしよう。と工夫しているのですが

それでも飲んでしまう方いらっしゃる…。




_| ̄|○ ガックシ





※飲むなら美味い酒飲めばいいのにねw



それにしても、どこにでも持ち運び。ということを考えると

ある程度濃い濃度のものを販売せざるを得ない。


そうすると、皆様方自身(農家自身)がちゃんと

希釈して適切に使うことによって、収穫時になると数ppmになる。


50万ppmが数ppm辺りまで皆様方が適切に使うことによって

濃度が落ちる。だったら大丈夫。自信をもって消費者に売れる。



小松菜農家 hideのブログ
※パソコンで是非。



ということになります。


この流れに沿って、残留基準というのも厳しく管理されている。

ということなんですね。




・・・で、この話を一所懸命して


| ゚Д゚*) 管理されてるんです!!!


ちゃんと残留基準を下回っていれば、大丈夫なんです。

という風にご説明するとですね・・・消費者から必ず言われるのは







『解ったっ!安全なのは解った。けどなんです』



『農薬なんて、安全だろうがなんだろうが、わざわざ付け加えるような

ことしなくていいじゃないですか!』



『そんなもの付け加えなくていいじゃないですか。

やっぱり嫌なんです!』



なんですっ!!!!』







って言われるんですね・・・。

で、その気持ち、ごもっともですけど・・・


農薬を使うのは理由があるからです。

と、説明するんですね。


農薬を使わなかったときの収量がどれくら下がるか

これはもう皆様方、身を持って知ってらっしゃると思いますが





あのー・・・大変ですw

(まぁ大変です)







やっぱり無農薬。

努力されてる方、たくさんいらっしゃると思いますが

でも・・・大変。で、これ作物によってかなり違うというのは

みなさん方もよくご承知でー・・・で、意外にこの辺り

消費者知らないです。


野菜によって全然違うんですね。



小松菜農家 hideのブログ


これ・・・是非パソコンで見てよ。

なんかさ、無農薬とか自然栽培とかやっている人が

どうやって色々調べたか知らないけど、たぶん自分ちだけだよね。


このデータって『日本植物防疫協会調査(1990~2006年)』

という17年間で収集したデータ。疑わしかったら、俺が直接聞きマス。

どこの産地でどうやってとったか。


こういうデータって結構ちゃんとしてるんだよね。

このデータとることを仕事にしてる人がいるんだ。

(傍目から見るとくだらないようにみえるけど、データなんて

使わなきゃくだらないことなんだけど・・・w

でも、だからこそ正確な数値が出てる。絶対ではないけど

少なくとも農家一人が言っていることよりは遥かに正確)



どこぞの誰かがいい加減に言いたい放題言っているのとはだいぶ違う。

俺が見た中で一番酷かったのは『自然栽培は収量無限』とかいうのが

一番過激だったけど・・・おかしいw無限はないwさすがにない。


まぁいいや、オカルトは置いとこう。どう考えても無限はない。

多くは言っているだけに近い。または、目の前の現象を、地球全土に

当てはまる自然の現象だと思い込んでいるだけ。


あらゆる土地の様々なデータを取って、やっとデータになる。





えー、リンゴとか桃。

やっぱり果樹は甘いですから、虫も菌も大好きですよね♪


ということは農薬を使わざるを得ないという部分はあります。


ここまでこう色々数字を挙げて詳しくお話すると

『あー・・・そうかもね』というふうに少し理解して

いただけるのではと思います。


で、消費者にお話しするときはこのくらいに頼まれるのですけども

たぶんですね、農薬で皆様方の実感として、もしかしたらあるのは


やっぱり除草剤の恩恵



ですよね。

で、東京都のみなさんもたぶん昔は田んぼでお米を作ってらっしゃったかと

思いますが、やっぱり田んぼでの除草時間というものの推移を見ますと

今と昔で全然違います。


戦後すぐ50年くらいの除草時間と、今の除草時間比べると

今の除草時間の方が1/28くらいになってるんですね。


ちゃんと調べた方がいて、そのくらい減っている。

その減ったことによって、他の野菜や花などを作る余裕。

多様な農業生産につながって、それはイコール消費者の恩恵。

ですよね。消費者の食卓が豊かになる。暮らしが豊かになる。



除草時間が減るというのは、そういった恩恵を生み出しているんですけど

そこら辺は消費者の方々知らないので、消費者はどうしても理解できない。


あるいは、昔から農村によくいらしたのは、腰が曲がって

本当にご苦労されているお年寄りの女性・・・たくさんいらした。


今はもう颯爽としてますよね。

腰が曲がる・・・これ色んな理由はあるんですけども

やっぱり、物凄い重労働であった田んぼでの草とり。というのから

解放されたというのはやっぱり大きいんですね。



それって、女性があんなに重労働で、お年を召してら大変な思いをするのと

『今』というのを比較したときには、やっぱりこの(除草剤の)メリットというのは

私は否定してはいけない。と思うんです。



で、消費者にそれを説明するとわかっていただけるんですね。


ここまで、農薬のメリットご説明しましたが・・・

最近、もっと色々メリットあるよね。色々出てきてます。


農薬を使うことによって食の安全が向上するという場合がある。

ということを小麦の話を例にあげて話をしようと思います。


『リスクは天然・自然にもある』ということを理解してないと

屁理屈にしか聞こえない話だけど、ちゃんと勉強してると

ふつーに理解できる話です。



食品の安全について・序章

食品の安全について① ~『天然・自然は安全』はウソ~
食品の安全について② ~補足~

食品の安全について③ ~具体例の前にまた補足~

食品の安全について④ ~具体例・じゃがいものリスク~

食品の安全について⑤ ~具体例・塩や砂糖~

食品の安全について⑥ ~ユッケ・レバ刺しが問題になったわけ~

食品の安全について⑦ ~何故浅漬け=白菜に大腸菌が~

食品の安全について⑧ ~箸休め~

食品の安全について⑨ ~番外~

食品の安全について⑩ ~農薬について・上~

食品の安全について⑪ ~農薬について・中~


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。