フラメンコギタリスト樫原秀彦のブログ 

日々の気づき
忘れるもの忘れないもの
変わるもの変わらないもの


テーマ:
今年から始動した新ユニット
2月に行った2本のLIVEは大盛況だった
ユニット名は須藤かよグループ ASO
に落ちつきそうだ。
3人が奏でる音魂は必聴の価値ありです!




ブラジルの光
ジャズの風
フラメンコの炎

EARTH MUSIC〜地球音楽
地球に生まれし美しき音魂

ピアノ 須藤かよ
サックス 伊澤隆嗣
ギター 樫原秀彦

⚫️2017年 4月23日 日曜日

山都町図書館ホール
熊本県上益城郡山都町城原169-1
0967-73-1616

昼の部
開場 13:30
開演 14:00
夕方の部
開場 16:00
開演 16:30

大人 ¥2000
就学前児童 無料
小中高生 ¥800

昼の部&夕方の部 (演目は異なります)通し割引 ¥3000
問い合わせ
090-1790-8817



⚫️2017年 5月12日 金曜日

長崎次郎喫茶室
熊本市中央区新町4丁目1-19 長崎次郎書店2F
096-354-7973

開場 19:30
開演 20:00

大人 ¥2500
就学前児童 無料
小中高生 ¥1000
問い合わせ
090-4732-7161
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本地震からもうすぐ1年が経ちます
震災直後に県外から支援金を送ってくれた
友達。心配や励ましのメールや電話をくれた友達。
その節は助かりました本当に‼︎
「ありがとうございました」心より
おかげ様でなんとか元気に過ごしております。

約2年ぶりに東京に帰る事にしました
久しぶりなのでイロイロとワクワク
しています(-_^)
今回は熊本に移住をしてから大変お世話に
なっている東京出身で現在は熊本在住
生粋のJAZZピアニストで熊本の宝と言われている 園田智子さんと一緒に帰京します。
園田さんの力強く洗練されたピアノは
必聴の価値ありですし僕と園田さんが
織り成す即興での音の会話はとても
ユニークです。

JAZZピアノとFLAMENCOギターのコラボと言えばミッシェル カミロ&トマティートが世界的に有名ですが、それとは全く異質なコラボになっていて、、、、、
語弊を恐れずに言っちゃうと歓びも悲しみも
希望も絶望ももっと深い世界にいっちゃってます。



兎にも角にも僕にとって園田さんとDUOで
LIVE活動が継続出来ている事は
奇跡であり無情の歓びなのであります。そして東京へ今のタイミングて
一緒に帰れるとは完璧過ぎ(-_^)

ただ全てが順風満帆かというとそうでもなくて
まあ、書きませんけど苦労していることも
多々あるにはあります。でも大丈夫。


一緒にLIVEをやりだした初期の頃
園田さんは自分達の音楽を表して
「これはJAZZとFLAMENCOの異種格闘技だね!全く言語の違う者同士が、なんとか解り合おうと会話をしている」とよく言っていたのだけど
平和主義者である僕は内心「俺、闘うの嫌なんだけどなー」とは思いつつ遠慮して「そうですね」と答えていた時期も あったりなんかして、、、
でも、数多く一緒にLIVEをやっていくうちに
随分と仲良くなって今では何でも話せる
間柄になりました(^o^)





音楽は「愛」です
愛という大木には様々な枝葉があって
「敬愛」から生まれる音楽には
いつも優しさと思いやりが溢れて
循環している。
 
いつの日か「博愛」が神の愛ではなく
人類の愛になることを希求し
僕はこれからもギターを
奏で続けていきたいと思っています。

ということでご機嫌なLIVEやるので
ヨロシクお願い致します
助けてもらったご恩を今、僕が自信をもって
お届けできる音楽で返すことができたら幸いです。
久しぶりに会えるの楽しみにしています‼︎

「共振の記憶」
JAZZ PIANO
Sonoda Tomoko

FLAMENCO GUITAR
Kashihara Hidehiko


3/26 Sunday
天然房 もっぱん 天草
Start 15:00 ¥2500
熊本県上天草市大矢野町中10764-1
0964-59-0107

4/13 Thursday
Sweet Rain JAZZ 中野
Open 18:00 Start 20:00 ¥2500
東京都中野区中野5-46-5 岡田ビルB1F 03-6454-0817

4/14 Friday
Studio K
Open 19:00 Start 19:30 ¥2500
東京都杉並区高円寺南4-39-17
090-4732-7161

4/28/Friday
Open 19:00
Start 20:00
¥2500
Cafe Jarrett
熊本市中央区水道町1-19
ヴィラージュビル1F
069-273-6672






 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/3/10 の警視庁の発表による
東日本大震災で失われた尊い命は
15.894人。行方不明の方は2.561人。
2016/12/9現在、復興庁の発表による
全国の避難者数は約13万一千人。

「 生命の木〜 3.11」
オープニングを務めてくれるのは、
バイオリニストの野田沙織さんの独奏で
J・S・バッハの作品から
「無伴奏ヴァイオリンの為のソナタと
パルティータ」
「パルティータ第2番BWV. 1004」より
「第5楽章 シャコンヌ」です。





昨年、熊本地震で自ら被災をしながら
自分の役割を誠実に果たすかの様に
バイオリンを弾き続ける野田沙織さんの
ひた向きな姿はとても美しかった。

Universal Flamenco Orchestraの一員としても
一緒に活動をしてくれた沙織ちゃん。
一つ一つの音に意志があり
情熱的で力強いバイオリンの音を
LIVEの時に横で聴きながら何度も
鳥肌が立ってしまった。
とにかく魂が宿っていました(^o^)

6年目の3.11。
LIVEで同じ空間と時を共有して下さる方達に
バッハの「シャコンヌ」。沙織ちゃんが奏でるバイオリンの振動が
心の真ん中の奥深くに届きます様に。

きっと僕達を人を人たらしめている
大切な何かを感じて頂けると思います。



野田沙織(ヴァイオリン)

熊本市出身。
ルーテル学院高等学校芸術コース卒業。
大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻及び、
同大学認定専攻科修了。
第9回九州音楽コンクール金賞、審査員特別賞。
第6回ヴェルデ音楽コンクールヴェルデアーティスト賞(総合3位)受賞。
NHK交響楽団コンサートマスター、篠崎史紀による第1回MAROプロジェクト~篠崎史紀と大分の若き演奏家たち~オーディション合格、クインテットKとして出演。
第11回別府アルゲリッチ音楽祭
「若手演奏家によるコンサート」出演。
その他、芸短音楽科コンサートシリーズ「若さあふれるコンサート」、第45回卒業演奏会、第25回修了演奏会等に出演。ルーテル・アート・アカデミー出演。
これまでに山本由美子、梅原ひまり、荒田和豊、後藤龍伸、川瀬麻由美の各氏に師事。
現在、ヴァイオリン奏者としてクラシックからポップスまで様々なジャンルで九州を中心に活動中。後進の指導にもあたっている。
iichikoグランシアタジュニアオーケストラアカデミー講師、サンリオ・「リボンの国の音楽隊」西日本演奏メンバー。

「生命の木〜⒊11」
⚫️2017/3/11/土曜日
Open 19:30 Start 20:00
Charge ¥3000
(高校生以下半額)

⚫️長崎次郎喫茶室
熊本市中央区新町4-1-19
長崎次郎書店2階
096-354-7973

⚫️出演
Jeff Cairns : 尺八
須藤かよ: Piano

Universal Flamenco Orchestra
樫原秀彦 : Flamenco Guitar
樫原由美 : Vocal
野田沙織 : Violin
柴田樹 : Percussion
 
 
 
 
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3.11からもうすぐ6年が経つ今年も
この日にLIVEをやることにしました。
アーティストの端くれとして何が出来るのだろうか?
という自問を繰り返す日々は今も続いていて

たぶん死ぬまでそうなんだろう。
あの日を境に世界が一変した人。そうでない人。

それは人によって様々なんだろう。
僕の場合は前者であった。
6年目のの3.11にそれぞれの思いを持ち寄って
もし良っかたら一緒に同じ時を共有しましょう!



今回のLIVEに参加してくれるカナダ人の
尺八奏者 Jeff Cairnsさんと出会ったのは
昨夏の事。金峰山在住18年のジェフさんとは
ご近所さん同士。
山暮らしも人生も 音楽家としても
僕の大先輩なのだが、、、


最近、どちらかの家で定期的に即興セッションをする様になった。
その時間は僕に豊かさと精神の安定を与えてくれる。


ある日、セッションを終え2人で静かに
山を眺めながらコーヒーを飲みつつ
ジェフさんにいろいろな事を尋ねてみた。
天災や自然現象の事。
熊本地震や川内原発の再稼働の事。
そしてスピリチュアリティーについて。


ジェフさんからの返答は、僕が明確に言語化出来ない事もクリアーに伝わってくるものだった。
生命あるものは等しく尊いと思うのだが、
いつの日か人類が地上から消滅しても
唯一残るものがあるとすればそれは、
「言葉」なのかもしれない。


ジェフさんには当日、即興セッションの前に
「Fukushima」について語って欲しいと
お願いをしてみた。もちろん快諾だった 。


No improvisetion No life ‼︎
そっと目を閉じてジェフさんが奏でる美しい
尺八の音色に耳を傾けて欲しい



 

そしてもう一人心強いアーティストが参加してくれる。

ピアニストの須藤かよさん。
僕達の共通点は一般的に言われている
東京から熊本へやって来た3.11移住者であり
現政権が次から次へと強行採決を繰り返す
トンデモ法案に反対するデモに参加したりしていて、、、


僕達を繋げてくれたのは
ブラジルの鬼才 エグベルト ギスモンチだった。

僕達は共に彼の音楽をこよなく愛している。


LIVEはミュージシャンを丸裸にする場所である。
音の向こう側にその人の思想や哲学、
人間性や葛藤が見えてくる。
オーディエンスを甘くみてはいけない。
偽りは容易く暴かれるものだ。


なんか段々と熱くなってきてしまったが、
開かれた感性 、卓越した技術と作曲のセンス
繊細さと情熱を合わせもった躍動感溢れる
ピアノの音色 。
断言する須藤かよは本物のアーティストだ!


ちなみに、かよちゃんは国立音学大学卒!
俺は東海大学体育学部中退!
まあそこはいいか(^o^)

 

第二部でピアノ&尺八&ギターのTrioで

完全即興。他2曲をお届けします。

 

 



 


出演者紹介は次回に続く、、、、

Special Thanks
フライヤーをデザインしてくれた
西崎敬祐&美晴 夫妻
写真を提供してくれた住友勝弘さん
心の友達!いつも本当にありがとう。


「生命の木〜⒊11」
⚫️2017/3/11/土曜日
Open 19:30 Start 20:00
Charge ¥3000

(高校生以下半額)

⚫️長崎次郎喫茶室
熊本市中央区新町4-1-19
長崎次郎書店2階
096-354-7973

⚫️出演
Jeff Cairns : 尺八
須藤かよ: Piano

Universal Flamenco Orchestra
樫原秀彦 : Flamenco Guitar
樫原由美 : Vocal
野田沙織 : Violin
柴田樹 : Percussion












 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨年の末に新しいユニットが誕生しました。
ピアノの須藤かよさん。サックスの伊澤隆嗣さん。そして ギターの僕。
3人の共通点は3.11を機に伊澤さんは群馬から。僕とかよちゃんは東京から熊本へ移住をしたミュージシャンであること。
その他にもアーティストとして人間としての共通点を多く見出せるのだけど省略(^o^)
時の流れの中で偶然が重なり合い
長い沈黙を経て出会あった3人が
これからどんな音を紡いでいくのだろうかと思うと胸が熱くなってくる。この歓びを誰かとシェア出来たらいいな(^o^)





僕達が伝えられるものは
「音の真髄」なのか⁉︎
昨年末に金峰山の我が家での初リハーサルを終えて降りて来たのは
「螺旋」という言葉だったけれど⁉︎
取り敢えず最初のLIVEを2月17日にやります
「新しい旅の始まりだ!」
この旅がヨーロッパ、南米へと繋がっていく予感がする。。





2017/2/17/Friday

「Dedicate to Egberto Gismonti」

Kashihara Hidehiko
Guitar
Sudo Kayo
Piano
Izawa Takatsugu
Sax

Open 19:00
Start 20:00
¥2500

Cafe Jarrett
熊本市中央区水道町1-19
ヴィラージュビル1F
069-273-6672






 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。