フラメンコギタリスト樫原秀彦のブログ 

日々の気づき
忘れるもの忘れないもの
変わるもの変わらないもの


テーマ:
「First impression」
パコ・デ・ルシアのフラメンコギターを初めて聴いたのは24歳ぐらいの時だった。ブラジルの鬼才 エグベルト・ギスモンチやラルフ・タウナーといったECM系のギタリストに夢中だった僕の耳にパコのギターの音色はどこか異質で、その響きの中に強靭な意志を感じる事はできても、掴みどころの無い異文化の音楽という印象であった様に記憶している。
その頃、若さ故だったのかニューヨークにある女性と駆け落ちをして、何故か極度の人間不信に陥り、失意の只中で見出した希望は「言葉の無い音だけの世界」。僕の興味はJAZZという音楽の世界で如何に即興演奏が出来る様になれるのかに集約されていた。故に僕はその時、パコ・デ・ルシアの音楽をスルーした(^o^)。

「敬愛」
それからしばらくしてイゴーという
ロシアからニューヨークへ亡命してきた自称ジョン・マクラフリンの一番弟子で、パコを崇拝する空手家でJAZZとFLAMENCOの二刀流ギタリストから、フラメンコギターとJAZZの音楽理論と作曲の仕方を教えてもらうことになる。
世のフラメンコギタリストにとってパコという存在は神であり、父であり、師であり時に大切な心の友であると思うけれど、イゴーがパコの偉大さを語る時の嬉しそうな顔や、パコのフレーズを弾いて聞かせてくれた時の情熱や、パコの私生活での人間味溢れるエピソードを喋る無邪気で幸せそうなイゴーの笑顔をずっと忘れないだろう。
僕の人生はイゴーとの出会いが無かったらどんなだっただろう。今となってはもうどうでも良い事だけど。

⚫️以前の記事 「なんでかフラメンコ」
http://s.ameblo.jp/hide-flamenco/entry-11514339917.html



「天才」
パコの事を表して「天才」という
言葉を耳にする度に違和感を感じる。パコは間違いなく「努力」の
人だった‼︎ 僕は身をもって知っている。フラメンコギターの技術を習得する為に費やした時間と労力がどれ程のものかを。日々進化し続ける為にやり続けなければない練習がいかに大切かを。勿論それがパコ・デ・ルシアの奏でるフラメンコギターともなれば、自分とは次元が全く違うんだけどね。三次元と四次元ぐらいの違いだろか(-_^)

「革新的な歩み」
2週間ぐらい前かな?東京に住んでいる音楽プロデューサー兼作曲家&ピアニストの兄から熊本地震以来、久しぶりに電話がかかってきた。
熊本では電気館で10/22から上映される映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」を観た兄は、いろいろな側面から偉く感動していてテンションがやけに明るかった。僕は何だか凄く嬉しかった。今日も大阪の友達から映画の感想のメールがあったりして、パコの映画を観て僕の事を思い出してくれるとは、、、本当にありがたい事だなと思う。
兄との会話の中で印象に残ったのはパコが自宅でMacを使ってるシーンについてだった。
パコの創作活動は常に革新的で
微塵の妥協も自らに許すことのない
ストイックな姿勢。時代の潮流を読む嗅覚とテクノロジーへの対応力の高さ。同時代を生きるフラメンコギタリストやフィールドの違うアーティスト達への愛に満ち溢れ、力強いけれど繊細で美しく、深い悲しみと歓喜に満ちた多くの素晴らしい作品を世に残してくれた。10年に1枚のペースでとんでもない作品を創り続けたのだ。パコの遺作となってしまったアルバム「Cositas buenas」は間違いなくパコがMacを駆使して創った努力の結晶だろう。フラメンコ以外の音楽から影響を受け研究し続けたパコならではのコード進行。躍動感溢れるリズムの中で構築されていくメロディーとハーモニの集大成を聴くことができる。なんてったって多重録音が進化してパコが2人いて音楽やってんだから贅沢の極みなのだ!



ただ僕のお薦めのアルバムを1枚だけ言いなさいってなると前作の「Luzia」になります。このアルバムはフラメンコギターに一生を捧げ、フラメンコを芸術の領域にまで昇華させる事に尽力したパコのフラメンコ魂を感じることが出来るとんでもない作品です。
特に7曲目のブレリアと8曲目の盟友カマロンに捧げたロンデーニャは
秀悦で、これほどの演奏と曲が地球上に生まれる事は今後ないんじゃないかと思います。苦難の果てに地位や名声やお金を手にしたパコが最後まで求め続けたものは何だったのだろうか?願わくば僕もパコと同じものを求め続けています様に。



最後にライブ告知です。
以下、電気館のFacebookより抜粋
★「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」公開記念ライブのお知らせ★10月22日(土)~公開「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」の公開を記念して、初日上映終了後にフラメンコ・ギタリストの樫原秀彦さんのソロ・ミニライブを開催致します!
 現在、デンキカン受付にて、公開記念ライブチケットを販売中☆
こちらのチケットは、映画代&ライブ代込みで2,100円です!
 10月22日(土)
18:00~19:40「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」
上映終了後、映画の余韻に浸りながら、ライブを楽しまれてみてはいかがでしょうか♪?

http://respect-film.co.jp/pacodelucia/










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「LIVE情報 ♪」 の記事

テーマ:



FLAMENCO LIVE
2016/9/24/Saturday
Door Open 19:00
LIVE 20:00&21:00

Corves(コルウス)
熊本市中央区新市街13-8
AZUMAビル1F-B
096-355-1570

¥2500(1drink付き)

⚫プロフィール
Universal Flamenco Orchestra
 *ユニバーサル フラメンコ オーケストラ*
樫原秀彦 Flamenco guitar
樫原由美 Vocal
柴田樹 Percussion

フラメンコギタリスト樫原秀彦・ボーカル由美を中心に、スペインのフラメンコ音楽を基軸にしつつ、その表現領域を更に広げ、ジャズ、クラシック、民族音楽、ロック、ヒップホップ等、多種多様なアーティストと共にユニバーサルな音楽を創造し自由と世界平和を提唱するハイクオリティー音楽ユニット。
樫原秀彦はN.Y.にてジャズスクール卒業後7年半の音楽修行中にフラメンコギターの深い悲しみと美しさに魅了されフラメンコギタリストへと転身、ボーカル由美と結婚後帰国。2001年より東京を拠点に活動を開始。伝統的なスペイン語のフラメンコ曲だけでなく、哲学的・精神的・社会的メッセージを込めた日本語でのオリジナルフラメンコ曲は唯一無二。その他TVCM等の音楽制作、アルバム「Silencio〜静寂」「流れ行く先に〜3.11」リリース。
2015年、由美の故郷熊本へ移住し自然豊かな金峰山の自宅兼スタジオを拠点に、熊本在住のミュージシャンと共に新たにUniversal Flamenco Orchestraを立上げ精力的に活動中。




FLAMENCO concert
フラメンコ☆コンサート@ お菓子の香梅 ドゥ アート スペース菊池店

2016年10月1日(土)
開場 13:30〜
開演 14:00〜

大人 ¥2,500 ・ 高校生以下 ¥1,000
(当日券のみ)

Universal Flamenco Orchestra
ユニバーサル フラメンコ オーケストラ
フラメンコギター : 樫原秀彦
ボーカル : 樫原由美
パーカッション : 柴田樹
Special featuring
フラメンコ舞踏家 : 林田紗綾

会場
お菓子の香梅 ドゥ アート スペース菊池店
熊本県菊池氏隈府1102-4
☎︎ 0968-26-5600

★駐車場は会場近くの市民広場駐車場をご利用ください。

【お問合せ】
☎︎ 090-4726-3928 (樫原)
yum9.nya-ko@i.softbank.jp





魂に響く!
フラメンコ コンサート
Flamenco Concert

2016年10月16日(日)
14:30 開場
15:00 開演

チケット¥2,500 ( 当日¥3,000 )
*コーヒー付き*

会場
なんかん仲間表現空間
熊本県玉名郡南関町関村字仲間1125-1
【チケットご予約・お問い合わせ】
☎︎ 0968-53-1481
☎︎ 090-2852-5249 (島崎)

出演
林田紗綾 : フラメンコ舞踏家

熊本出身、幼少の頃より熊本バレエ研究所にてクラシックバレエ、後にフラメンコを始める。
2000年渡西、マノロ・マリン、ファナ・アマジャ、ジョランダ・エレディア、マリア・アンヘレス・ガバルドン等数々のアーティストに師事。
スペインにてタブラオやフラメンコフェスティバル、ペーニャへ出演。
2003年帰国後フラメンコスタジオ エストゥディオ・アレグリアスを開設。
東京・熊本を中心に舞台やタブラオで活動中。オペラ”カルメン”の振付・出演やスクールコンサートなども積極的に行う。
2006年「熊本市制100周年記念人づくり基金」の援助を受ける。熊本県文化懇話会会員。
2010年第19回新人公演(日本フラメンコ協会主催)バイレ ソロ 部門奨励賞受賞。
2011年第46回熊本県文化懇話会賞・新人賞受賞。

Universal Flamenco Orchestra
( ユニバーサル フラメンコ オーケストラ )
樫原秀彦 : フラメンコギター
樫原由美 : ボーカル
柴田樹 : パーカッション


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本地震からもうすぐ5カ月が経つんだな。
自分に出来ることをやるしかない。
「とにかく音楽を奏で続けよう」
と決めてから休む事なく走り続けています。
まだまだ余力はある!

熊本に来てからは女性の素晴らしい
共演者とのご縁に恵まれている。
少しロマンティストで輪廻転生を信じる自分としては、園田さんとは前世で何らかの関わりを持っていた様な気がしてならない。本人にその話しをしたら一笑にふされたけれど
(笑)。



芸術の秋にお薦めのLIVEです。
僕自身、園田さんとまた一緒に
音楽が出来ることに
ワクワクしている。
楽しみだ!


「共振の記憶」
JAZZ PIANO
園田智子

FLAMENCO GUITAR
樫原秀彦


2016年10月7日(金)
LIVE 20:00&21:00
¥2500(drinkオーダー)
Jazz inn おくら
熊本市中央区南坪井町1-12
096-325-9209

2016年10月8日(土)
Open19:30
LIVE20:00&21:00
¥2500(drink付き)
ペア料金¥4000
ギャラリー・キムラ
熊本市中央区水通町3-5B1F(上乃裏通り)096-327-0166
090-4732-7161(樫原)

2016年10月9日(日)
Open14:30
LIVE15:00&16:00
¥2500(1drink付)
ペア料金¥4000
Dolce サロン ドルチェ
熊本市中央区本荘6-12-31
(専用駐車場有)
096-373-0088
090-4732-7161(樫原)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた皆様、遺されたご家族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。
4/23日現在も800回を超える地震が
続き三半規管がイイ感じで酔っぱらってくれていて
疲れてはいるけど僕も妻も猫も元気です。
平穏であった筈の日常が突然に非日常へと変わったけれど
現実に起こっている全てを
在るがままに受けとめてみたら
今、再び愛を説かれている
僕の心はとても穏やかです。

川内原発がいまだに止まっていない
現状の中で、東京から移住してきた自分には幾つかの選択肢があったけれど、自分をあたたかく迎え入れてくれた熊本の人々と運命を共にすることにしました。
それにしても、さあーこれからという時にまた、俺の人生って浮き沈み激し過ぎんじゃねー!?まさかの被災者かよ!ですが、、、、、、
今回ばかりは自然界さんも本気の様だし人間も本気で生きないとね(-_^)

自分が思い描いていた永続的な世界
人間社会における音楽、芸術、文化を含めて様々な分野で価値の転換が起きるのではないかという「希望」も持っています。



熊本県外から安否を気遣うメールや電話を頂きました。本当にありがとうございました。支援を申し出てくれている友人が、たくさんいるので信頼できる寄付先を紹介させて頂きます。

①避難所への物資供給、無農薬米、野菜での炊き出し等、「手から手へ」命に関わる直接的な支援を申し出て頂ける方は僕達夫婦が一緒に行動している「地球農園」代表 園田みつよし と、生粋の熊本人達が立ち上げた「ハレルヤ熊本」に寄付をお願い致します。
ハレルヤ熊本 代表 東田トモヒロ
https://www.facebook.com/hallelujah.kumamoto/
熊本銀行
武蔵ヶ丘支店
普通預金3081089


そして、僕の個人的な話です。予定していたLIVEやイベントは軒並み中止となりました。これから行われるチャリティーLIVEは当然ながら収入にはなりません。自転車操業ながら何とか音楽で生計を立ててきた我が家の経済的損失は正直なところ甚大ですが、音楽を通して沢山の出会いやご縁があったこの熊本で、これからも良いLIVEをやり続けたい! 熊本の人々の心の復興に微力ながら貢献していきたいと思っています。

②僕個人の生活と今後の音楽活動を
直接的に支援して下さる方はこちらに寄付をお願い致します。m(_ _)m
ゆうちょ銀行
カシハラ ヒデヒコ
店名:七一八(ナナイチハチ)
店番:718
預金種目:普通預金
口座番号:2603288
記号:17140  (ゆうちょ銀行からお振込の場合)



こんな自分を心配して下さっている
皆さん1人1人に「本当にありがとうございます」心より。
長期戦になりそうな気配がするけど
引き続き健康第一で頑張ります!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年に東京で結成した
Universal Flamenco Orchestra
昨年から活動の拠点を熊本に移したことで
自分には、もったいないくらいの凄腕の
メンバー達と一緒に音楽が出来なくなって
月並みではあるけれど失ってしまったものの
大きさを感じる日々が長らく続いていました

それでも、いつか必ず僕にとって
の希望の地、この熊本で
Universal Flamenco Orchestraを
再結成したいという思いをずっと
心の中に持ち続けていました

少しだけ時間はかかってしまったけれど
ようやく熊本で活躍している精鋭達と共に
再出発する事ができます。
どんなLIVEになるかは全く予測不能‼︎
音楽への情熱だけが道しるべです。





Universal Flamenco Orchestra
2Days LIVE 2016

5月26日(金)
19:30 開場
20:00 開演
5月27日 (土)
16:30 開場
17:00 開演

料金:¥3000
(当日券のみ)

Gallery Attic
熊本市上通り町7-11
Omokiビル2F(1Fはサンマルクカフェ)

樫原秀彦 Flamenco guitar
樫原由美 Vocal
葉山yoh耕司 Alto&Soprano Sax
野田沙織 Violin
竜ま Percussion
柴田樹 Percussion



新しく生まれ変わった
Universal Flamenco Orchestra
何卒、ヨロシクお願い致します(-_^)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。