ずっとfacebookに入り浸りでアメブロすっかり放置しておりました。
さて、このブログ、アクセス解析を見ると、4年前の「夏休み映画大会」の記事が未だに閲覧回数が多いのには驚きます。
そこで今回4年ぶりの夏休み特別企画!
「BSN夏休み子供劇場」の思い出をお送りします。
「BSN」とは地元のローカルテレビ局「新潟放送」のことです。

僕が子供の頃、BSNは毎年夏休みの時期になると午前10時頃から、子供向けの特別編成「夏休み子供劇場」を放送していました。実は僕はこれが楽しみでしようがなかったのです。
というのも、当時「子供劇場」と銘打つには勿体ない位上質のSF・科学番組を毎年、放送してくれたからです。

今もなお世代を超え、新作映画が作られ続けているSFドラマの名作「スタートレック/宇宙大作戦」
原子力潜水艦「シービュー号」が活躍する海洋冒険ドラマ「原潜シービュー号/海底科学作戦」、
異星人の地球侵略を「サンダーバード」のスタッフによる精巧なミニチュアワークで描き「未確認飛行物体=UFO」という呼称を子供心に印象付けた特撮ドラマ「謎の円盤UFO」、
そして科学者・カール・セーガンの身振り手振りの解説と宇宙空間の美しい映像が印象的な科学番組「コスモス/宇宙」など・・・
今振り返っても豪華なラインナップでした。

「夏休み子供劇場」と名乗るならキッズアニメなどを放送するのが普通の編成だと思うのですが、当時のBSNの決して子供に媚びない番組セレクトが、僕にはとても刺激的で、未だにSF映画の大好きなオッサンになってしまったのはその影響が大きいのです(^^;)
 ただし「子供には難しい、ふさわしくない」というクレームでもあったのか(?)80年代半ば以降の夏休み子供劇場は「まんが日本昔ばなし」など、いわゆる子供向けらしい「当たり前」の編成になってしまったのが個人的には残念でした、とはいえその頃はもう高校を卒業し、夏休みもなくなったので全く観なくなってしまいましたが(社会人は仕事してる時間帯ですからね)

あれから約30数年・・中でも「コスモス/宇宙」は特にもう一度観たい作品の一つですが、未だに日本ではDVD化されていません。
YouTubeに一部動画がありましたが、今観ても素晴らしい内容で、DVD・ブルーレイが発売されたら是非日本語吹き替え版で全編見直してみたいものです。

※追記:「COSMOS」は米国ではDVDが発売されていますが、やっぱり日本語吹き替えの方が馴染み深いです・・

未だにこのテーマ曲を聴くと小学校の暑い夏を思い出してしまいます。

原潜シービュー号 海底科学作戦オープニング
AD