1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

喉からCD音源以上とはこういうこと?

テーマ:My favorite
2016年09月29日

先週、探偵物語全27話を観終わった。

 

1日1話ずつ仕事が終わって家に帰った後に観るのが楽しかったなぁ音譜

 

最終回は26話までのいい意味でのいい加減な感じとは全く違い、内容が暗く重くて心にずっしりとくるものがあったしょぼん

 

探偵物語 最終回 ※ネタバレ注意

 

 

 

9月は探偵物語の「BAD CITY」、「Lonely Man」から始まり、Youtubeで昭和の隠れた名曲に出会う機会の多い月だった。

 

 

オススメの3曲

 

テレビやライブなどの歌がCDよりも優れている事を「喉からCD音源」、「喉からCD音源以上」という。

 

これから載せる3つの動画は昭和50年代のものなので「喉からレコード音源以上」と例えるのが正しいのかもしれない。

 

 

まず最初は・・・

 

渡辺真知子 しばたはつみ ブルー

 

 

 

 

渡辺真知子さんの「ブルー」という曲を、渡辺真知子さんと、しばたはつみさんの2人で歌った時の映像ラブラブ

 

 

渡辺真知子さんの「ブルー」は1978年8月に発売された曲なので、渡辺さんが22歳、しばたはつみさんが26歳くらいの映像だと思う。

 

 

動画の後半に出てくる女性は伊東ゆかりさんで当時31歳くらいかな。

 

 

こういう大人な雰囲気を持った20代の女性って現代日本にはもうほとんどいないんじゃないのかなショック!

 

 

渡辺真知子さんも上手いけど、しばたはつみさんも最高に上手いアップ

 

 

自分は1:51辺りからのしばたさんの歌う「あなたは何を感じているの」の部分が特に好き恋の矢

 

 

そして正面から撮影していたカメラが移動して2人を横から映す演出も凝っていて好きだなぁ得意げ

 

 

40年近く前の映像がこんなに綺麗に残っているのも凄いと思うし、もっとすごいと思うのは録音のレベルの高さ。Youtubeにアップされている最近の音楽番組の音より断然いいと思う。(イヤホン推奨)

 

 

 

レコード バージョンも貼っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

次は2曲まとめて発表・・・

 

雨に泣いてる・・・    柳ジョージ&レイニーウッド

 

 

 

柳ジョージ&レイニーウッド 「青い瞳のステラ 1962年夏・・・」

 

柳ジョージ&レイニーウッドの「雨に泣いてる」と「青い瞳のステラ、1962年夏…」

 

夜のヒットスタジオの映像テレビ

 

スタジオで雨を降らせたり、とうもろこし畑?のようなセットも凝っていてなかなかいい。

 

柳ジョージさんメッチャ渋い!!

 

 

「雨に泣いてる」が1978年発売だから、柳ジョージさんが29歳か30歳の時!?

 

 

そう思うと司会をしている井上順さんもこの当時まだ30代前半くらいなんだねえっ

 

 

「青い瞳のステラ 1962年夏・・・」も歌を聴いていると情景が目に浮かんでくる得意げ

 

 

レコード バージョンも貼っておきます。

 

雨に泣いてる

 

 

青い瞳のステラ、1962年 夏…

 

 

 

 

 

 

 

番外編

 

レコードもいいけどテレビ出演時の方がいい曲と言ったらこれ・・・

 

上田正樹 悲しい色やね ~OSAKA BAY BLUES.

 

 

 

 

本当に33歳頃の映像えっ!?

 

 

「悲しい色やね」は色んな年のものがアップされているけど、この動画が歌、演奏、音声すべてが最高だと思う得意げ

 

 

 

悲しい色やね 上田正樹

 

 

 

最後は・・・

 

大利根無情 / 三波春夫

 

 

三波春夫さんの「大利根無情」。高校生の時に聴いていたアルバムを引っ張り出して最近よく聴いています音譜

 

 

CDで聴くのもいいけど映像で観ると、この人の凄さが何倍もよく分かると思う。

 

 

三波春夫~俵星玄蕃フルバージョン~

 

 

この動画が一番人気みたいなので貼っておきます。

 

 

現代の日本のテレビ番組(特にバラエティ)が壊滅的な酷さなので、Youtubeで昔の日本の素晴らしい映像が沢山見れるのは感謝感謝ですニコニコ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

映画「君の名は。」が大ヒットした理由を考えてみた。

テーマ:My favorite
2016年09月23日

 

 

先週、映画「君の名は。」を観に行った。

 

「君の名は。」予告

 

 

ほとんど予備知識なしに観たので最初から最後まで新鮮な気持ちで観る事ができ、途中切ない場面もあったが、観客を無理矢理泣かせようとするようなベタな展開もなく映画が終わった時は清々しい気持ちで映画館を後にする事ができた。

 

 

日ごろ何気なく見ている東京の風景も、新海誠監督の手によって描かれると、こんなにも美しく愛おしい街だったんだと思えるような素晴らしい世界に描かれている。

 

新海誠監督

 

 

映画「君の名は。」は2016年9月23日現在、興行収入91億円の大ヒットとなっています。

 

 

興行収入が多い=名作 という訳ではないでしょうが、「君の名は。」は2010年以降で公開された日本のアニメ映画の中では1番良かった作品だと個人的に思います。

 

 

映画「君の名は。」が大ヒットした理由を考えてみた。

 

映画「君の名は。」の大ヒットした理由はどこにあるんだろう・・・

 

もちろん新海誠監督が手掛けた脚本が素晴らしかったことが一番の理由でしょう。

 

次に挙げられるのが、新海誠監督作品を日本のアニメーションを代表するスタッフが集結し支えた事が大ヒットにつながる大きな要因だったと思います。

 

「君の名は。」にかかわったスタッフ

 

「君の名は。」にはたくさんの日本のアニメーションを代表するスタッフが関わっていますが代表して2名の方を挙げさせて頂きます。

 

 

キャラクターデザイン・オープニング作画監督・オープニング原画を、

テレビアニメ「あの日みた花の名前を僕たちはまだ知らない。」や、

映画「心が叫びたがっているんだ。」などのキャラクターデザインを手掛けた田中将賀(たなかまさとし)さんが担当。

 

 

 

 

 

作画監督・キャラクターデザインを、

宮崎駿監督作品「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」などで作画監督を務めた、安藤雅司(あんどうまさし)さんが担当されています。

 

 

自分は作画監督を務められた安藤雅司さんこそが「君の名は。」大ヒットの裏の立役者だと思うんです。

 

 

安藤雅司さんとは

 

安藤 雅司(あんどう まさし、1969年 - )は、日本のアニメーター。広島県出身。

 

日本大学芸術学部を中退し、1990年研修生の二期生としてスタジオジブリ入社。その才能を評価され、若干28歳で『もののけ姫』の作画監督を務める。

 

2000年にはジブリの自主発行誌『近藤喜文の仕事~動画で表現できること~』を責任編集。リアルな絵柄を得意とするので、宮﨑駿とは作風が対立することもあり、2003年からフリーに。その後は今敏監督作品に参加していた。

 

2014年、『思い出のマーニー』で、2001年の『千と千尋の神隠し』以来、13年ぶりにジブリ作品で作画監督を務める。

 

作品リスト

劇場アニメーション

おもひでぽろぽろ(1991年、動画)

紅の豚(1992年、原画)

海がきこえる(1993年、原画)

総天然色漫画映画 平成狸合戦ぽんぽこ(1994年、原画)

On Your Mark(1995年、作画監督)

もののけ姫(1997年、作画監督)

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年、原画)

千と千尋の神隠し(2001年、作画監督)

東京ゴッドファーザーズ(2003年、作画監督)

アニマトリックス(2003年、原画)

イノセンス(2004年、原画)

パプリカ(2006年、キャラクターデザイン・作画監督)

鉄コン筋クリート(2006年、原画)

ももへの手紙(2012年、キャラクターデザイン・作画監督)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年、原画)

かぐや姫の物語(2013年、作画)

思い出のマーニー(2014年、脚本・作画監督)

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-(2014年、原画)

百日紅 (2015年、原画)

君の名は。(2016年、作画監督)

 

テレビアニメーション

怪傑ゾロ(1996年、原画)

OVERMANキングゲイナー(2002年、原画)

妄想代理人(2004年、キャラクターデザイン・作画監督・原画)

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(2004年、原画)

電脳コイル(2007年、原画)

うさぎドロップ(2011年、原画)

ハイキュー!!(2014年、原画)

 

ウィキペディア 安藤雅司 参照

 

 

新海誠監督は「君の名は。」以前の作品では長編アニメの制作経験は少なく、「もののけ姫」(興行収入304億円)や「千と千尋の神隠し」(興行収入193億円)などの作画監督を務められた安藤さんが協力された事は本当に大きな助けになったと思います。

 

 

安藤雅司さんはスタジオジブリ時代の大先輩「近藤喜文さん」を尊敬し、1998年に47歳という若さで亡くなった近藤喜文さんの意志を継ぐ人物とも言われています。

 

 

近藤喜文さんの名前を知らなくてもこの作品は知っていますよね?

 

 

「耳をすませば」の監督を務められた方です。

 

 

 

安藤さんは2003年からフリーになったあと今敏(こんさとし)監督作品に多数参加されています。

 

東京ゴッドファーザーズ(2003年)

 

 

 

パプリカ(2006年)

 

 

 

 

妄想代理人(2004年)

 

今敏監督の作品はスタジオジブリ作品と比べ声優のクオリティが高いと個人的に感じます。

 

残念なことに今敏監督も2010年に46歳という若さで亡くなっています。

 

自分は近藤喜文監督や今敏監督の作品が大好きなので、この2人の作品に関わっていた安藤雅司さんが「君の名は。」に関わっている事で、この作品の素晴らしさが裏打ちされたような気がしてうれしくなってしまいました。

 

 

安藤雅司さんへの評価

 

 

新海誠監督

 

安藤さんはさすがのひと言ですよね。

これだけの力の入れ方と真剣さで向き合わないと、映画というものには立ち向かえないんだっていうことをあらためて安藤さんの仕事で示していただきました。

君の名は。公式ビジュアルガイド

 

 

安藤雅司さんと仕事をしてみて――

 

 圧巻でしたし、自分がアニメーション作りを何もわかっていないことを――もちろん、安藤さんはそういう言い方はしないですけども、改めて突きつけられた気がします。あと、やっぱり戦っているフィールドが違うんだなと思いました。

 

監督には監督のフィールドがあって、作画には作画が突き詰めるべきフィールドがある。その突き詰め方が凄まじいんですよ。シンプルな印象を言ってしまうと、安藤さんの凄まじい仕事のやり方というのは—実際のところはわからないんですけど、きっとスタジオジブリの遺伝子なんだろうなと思いましたし、あるいは宮崎(駿)さんの遺伝子なんだろうなとも感じました。

 

とにかく全力なんです、作品に対して。監督に仕えるわけでも、キャラクターに仕えるわけでもなく、作品に仕える。公開までまだ1年もある状態で、出社してきたら、お茶を飲む前に紙をめくって鉛筆を走らせ始める。それを帰る直前までずっと続けるんです。これほどの真剣さで向き合わなければいけないのか、と思いました。徹底して自分を追い込んで、どこまでも芝居を追及する。その姿勢には本当に驚かされました。

アキバカルチャマガジン[Febriフェブリ]

 

 

――安藤雅司さんについては「ジブリの絵の作り方を見せてもらった」と監督も絶賛されていましたが。

 

田中さんのキャラクターの深夜アニメ的な「エッジ」な部分というか、コアなファンはいるけどアニメファン以外にはまだそんなに馴染みがない絵というものを、田中さんとは違う世界でずっとやってきたジブリの人たちが動かしたというところの新鮮味は、画面を観ているだけであるような気がします。

 

田中さんのキャラクターでも100%彼の絵というわけじゃなく、安藤さんの解釈が入ったことでやっぱり少し「大衆向き」に柔らかくなっているし。また一方で、それ以外の作画マンの方々もやはりジブリ出身の方がたくさんいらっしゃって、そういう方々が描くとやはりジブリ寄りの絵になるわけです。それをまた、作画監督の安藤さんがぐっと田中さん側に引き寄せる。

 

そういう綱引きの中で産まれてきた絵が、観てみると、日本のアニメーションのいろんな文脈を豊かに含んでいる。本当に複雑な味わいがある画面になっていると思うんですよね。その豊かさみたいなものは良い意味でまったく計算外だったし、予想も期待もしていなかった部分で。安藤さんのスケジュールがちょうど空いていたとか、田中さんがちょうど詰まっていたとか、そういうタイミングがあって生まれた効果だったので、僕の力は1%も関係していないんですけども(笑)。客観的に見ても、とても面白いものになったんじゃないかと思います。

 

『君の名は。』には、日本のアニメーションの文脈が豊かに含まれている 新海誠監督インタビュー「フィルマーズ」スキマ時間に楽しむ映画なひとときをあなたに・・・

 

 

 

キャラクターデザイン担当 田中将賀さん

 

安藤さんといえば、僕にとっては雲の上の人なので恐縮でしたし、とっても贅沢なお話だと思っていました。ただ、やはり僕もデザイナーというよりはアニメーターなので、自分で作画監督を手がけられなかったということに対して、正直、期待と不安の両方があったんです。でも、蓋を開けてみたら、遥かに良い部分が上回っていて。デザイナー冥利につきるというか、上映の間、幸せでリッチな時間を過ごさせていただきました。

君の名は。公式ビジュアルガイド

 

自分のデザインしたキャラクターたちをこんな上質なアニメーションにしていただけて、デザイナー冥利に尽きます。安藤さんは、ちゃんと作品に特化したリサーチをなさって、下準備をしてから作品に臨むんです。

当たり前の話なんですが、「あれだけのキャリアの方が、僕のデザインをここまで研究なさっている」という様子を目の当たりにできて、とっても刺激になりました。

新海 誠Walker

 

 

ここまで「君の名は。」の作品自体にはほとんど触れず来ましたが・・・

 

 

 

この映画の特徴として「携帯電話(スマホ)」を作中にうまく利用しているというのが見どころの1つとなっているのではないかと思います。

 

携帯電話を持っている事が当たり前の時代になってからは、映画でのすれ違う2人や会えない2人などの演出が難しくなったと思います。

 

しかしこの映画では携帯電話がなかった時代には体験する事はなかった喜びや喪失感をうまく描いています。

 

DVDが出てからテレビで放送されてからという方も多いかも知れませんが、劇場で1800円払って観に行くのも決して損ではないと思いますよ!

 

 

新海誠監督自ら『君の名は。』大ヒットの理由を読み解いているみたいなのでリンクを貼っておきます。

 

『君の名は。』大ヒットの理由を新海誠監督が自ら読み解く ダイヤモンド・オンライン

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Lonely Man

テーマ:My favorite
2016年09月12日

先月くらいからTUTAYAでドラマ「探偵物語」を借りるのが習慣になっていて、週1本(4作)ぺースで観ているTV

 

 

 

 

今までSMAP×SMAPでキムタクが「探偵物語」のパロディーをやった(1998年頃)のしか観た事なくて、初めて観た時「キムタクの声とそっくり!!」と思ったえっ

 

 

 

 

『探偵物語』(たんていものがたり)は、1979年9月18日から1980年4月1日まで日本テレビ系列で全27話が放送されたテレビドラマ。

 

 

ドラマ自体はけっこう内容がハチャメチャなんだけど松田優作演じる工藤俊作や、服部刑事、松本刑事などキャラが濃い登場人物が沢山いて観ていて楽しい。

 

 

 

当時の松田優作の歌声

 

『探偵物語』が終わった直後のようで工藤俊作が歌っているみたいでかっこいい得意げ

 

 

このドラマを観ていて一番気になったのがオープニング&エンディング音譜

 

探偵物語 オープニング&エンディング

 

ドラマ「探偵物語」自体は観た事がなくても、この歌はどこかで聴いた事があった。

 

 

最初聴いたとき英語で歌われているので海外のバンドが歌っているのだと思っていた得意げ

 

 

調べてみたらSHŌGUNという日本のロックバンドで、芳野藤丸さんを中心に腕利きスタジオ・ミュージシャンで編成されたバンドだった音譜

 

 

ドラムを担当されていた山木秀夫さんはB'zの「ねがい」や「熱き鼓動の果て」などにも参加されている方だったdrumset

 

 

YouTubeにSHŌGUNがテレビ出演された際の動画を、この1,2週間で何十回も聴いている音譜

 

 

『男達のメロディー』 SHOGUN

 

すごく気に入ったので新宿のタワーレコードでコンプリートアルバムも買っちゃった得意げ

 

2曲目に唄っている「LONELY MAN」は・・・

 

何度聞いても「わんさげーんにょろにょろ〜ん」って聴こえる苦笑い

 

 

アップした映像は1980年頃のものだと思いますが、ギター&ボーカルを担当している芳野藤丸さんは何歳だと思います!?

 

 

 

答えは1952年4月生まれだから、だいたい28歳くらい!!

 

渋くてかっこいいなぁ~音譜

 

 

この動画は当時TBSで放送されていた「サウンド・イン“S”」という番組で、続きの動画も発見べーっだ!

 

 

今のテレビではありえないくらい豪華なメンバー、歌、演奏、コーラス音譜

 

 

 

 

松崎しげるさんは当時30歳くらいえっ

 

 

 

 

しばたはつみさんは28歳くらい得意げ

 

 

 

3人ともまだ30歳前後なのに、なんなのこの大人の色気はえっ!!

 

 

4:00~のハモリは現在活動しているどの歌手が合わさっても勝てそうにないねショック!

 

 

ももクロ 桃神祭2016 ~鬼ヶ島~ 松崎しげる、高木ブーも登場!

 

時代は変わったねしょぼん

 

 

 

『男達のメロディー』 SHOGUNの動画に書かれたコメント。

 

・本物ですね! スタジオミュージシャンのプライドが感じられます。 最近のテレビではバンドなのにカラオケで演奏の振りだけとか、 エアギター、エアバンドなどの偽物が囃し立てられてますが・・・ 生演奏でこれだけのクオリティーを保てるのは超一流です。

 

 

・今の歌手には出せない格好良さ。 男が格好良いと思う男が最強。

 

 

・モテ狙いじゃない、男っぽさを追いかけた男達が目立つ良き時代

 

 

「女性が喜びそうなもの」が求められる今の日本のテレビ。この時代のようなかっこいい大人が出てくる事はもうないだろうねしょぼん

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。