Crazy in my mind

Kissは交わしたけど 名前も知らない Is it love? それとも・・・


テーマ:

先日、取引先の営業の女の子と仕事(と称して?)で一日同行してもらった。

 

 

その日は銀座付近で仕事だったので、海外の有名ブランドが出店しているレストランにランチを食べに行ったごはん

 

 

自分たち以外にこの店に来ていたのは、おしゃれなマダム達ばかりだった女性

 

店の雰囲気はとっても大人っぽくて、周りのお客さんたちの会話も全然邪魔にならなくて・・・

 

2人して「中○人観光客にはずっと知られないでいてほしいねお願い」なんて話をしていた。

 

 

お店の料理はイタリア料理で、普段高級料理など全く食べない自分でもおいしいと思える料理だったニコニコ

 

 

 

 

 

 

一緒に行った女の子は、学生の時イタリアに留学するくらいイタリアイタリア好きな子で恋の矢・・・

 

 

いわゆるハーフの子なのでお店の雰囲気にもとっても似合っていて、自分の彼女でもなんでもないけど一緒にいて誇らしい気持ちになってしまったデへ

 

 

食事を食べ終わった後、自分が席を立って・・先に会計を済ませて・・席に戻る前に日本人のスタッフにちょっとしたお願いをしたオネガイ

 

 

自分が席に戻った後さっそくそのお願いを実行してくれたアップ

 

 

ずっと他の席の外国人の接客をしていたダンディーなイタリア人スタッフが自分たちの席に来てくれたニコニコ

 

 

食事を運ぶときに何度か来てくれてはいたんだけど、今回は何を頼んだかというと・・・

 

 

ダンディーなイタリア人スタッフITALIAは彼女にイタリア語で話をし始めた!!

 

 

彼女は最初は驚いていたけどすぐにイタリア語で話をされていたaya

 

 

自分は2人が何を話しているのかほとんど聞き取れなかったけど、イタリア人スタッフは彼女の事をとても気に入ってくれたみたいで名刺を渡してくれた(名刺を見たら他の日本人スタッフよりも偉い人だった)音譜

 

 

帰る時にはエレベーター前まで見送りに来てくれて・・・やっぱり男の自分から見てもイタリア人男性はかっこいいなぁ~と思った得意げ

 

 

普段のお昼代より何倍も高くなってしまったけど、彼女もとっても喜んでくれたので本当に行って良かった音譜

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、松潤から中居君宛に送ったメールがどう間違ったのか自分宛に届いてしまっていたえっ

 

 

松潤!!送り先間違えてるよアップ

 

 

本当に実現したら面白いかもニコニコ 

 

 

 

 

 

今から4、5年前には篠田麻里子さんから連続して誘いのメールをもらっていた時期もあったなぁ~得意げ

 

 

 

 

 

 

メールといえば・・・先週、通勤電車で助けを求めて来た女の子(細かい事情は省略します)を助けてあげたら、お礼に?メールアドレスを教えてくれたニコニコ

学○院大学の子でけっこうかわいかったなぁ~音譜

 

 

今週は月曜日から取引先の女の子と会って一緒にお昼を食べに行ったり、夜は仕事で暴風雨の中、横浜国大の名誉教授のおじいさん先生のご自宅に行って、お礼にお茶をごちそうになったり(戦時中、天皇陛下と同じ学校だったので一緒に日光に疎開された話などを聞いた)・・なかなか面白い出来事が続いている得意げ

 

 

これでいて給料が良ければ人生をもっと心から楽しめるのになぁ~しょぼん

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年の大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」。大ヒット映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画をはじめ、目新しい企画が数多く盛り込まれた内容となった一方で、視聴者からは「なんかグダグダだな」「明らかにリハ不足」との感想も目立った。

 確かに、4時間30分に及ぶ長い放送中には、ネット上で飛び交った「グダグダ紅白」という揶揄の声を象徴するようなシーンがいくつも見られた。・・・

今回の紅白「グダグダ感」の正体 鴻上尚史氏「人間の生理無視」

 

 

 

チャンネルザッピングしすぎて紅白歌合戦まともに見てないけど、チャンネル固定して見たいと思うような内容ではなかったことは確かだったショック!

 

宇多田ヒカルさんは緊張で声出てないし、椎名林檎さんに至ってはなぜ喪服で紅白歌合戦に出ているのはてなマークガーン

 

 

今の紅白歌合戦に足りないものは?

 今の紅白といってもこの10数年?なにが足りないっていうと・・・

「年末感」

「定番感」

「安心感」

だと思う。

 

2016年の「ゆく年くる年」も新宿バスタからの中継だったし、全然雰囲気出てなかったよねガーン

 

紅白に分かれて争っている感じが全くないし、知らない曲ばっかりで聴いていて全然面白くないしょぼん

 

大御所の歌手が排除され、若い歌手ばかりで安心感がないダウン

 

 

自分が望んでいる紅白歌合戦とはこんな感じ↓

 

 

 どうしてこんなにもてるんだろう/ホンダラ行進曲 植木等

 

この動画は東京オリンピックを翌年に控えた1963年12月31日、第14回目のNHK紅白歌合戦の動画音譜

 

植木等さんの  「どうしてこんなにもてるんだろう/ホンダラ行進曲」

 

見ているだけで元気がもらえる音譜

 

曲が始まるとお客さんが自然と合いの手を入れてしまう所もすごくいいニコニコ

 

 

お客さんの楽しそうな笑顔ニコニコ

 

ちなみにこの時の紅白歌合戦の視聴率は81.4%だって!!ショック!

 

 

なぜこの時代の日本はこんなにも輝いて見えるのだろうキラキラ

 

星野源 「ライバルは、1964年」 Hello Song AC CM

 

 

 

ライバルは1964年。とてもいいCMなんだけど、今の日本人では1964年の日本人に絶対に勝てないと思うしょぼん

 

だってこの時代の日本を支える中心となっていた世代(40代)と言えば大正生まれだよ!!

 

大正生まれの男性といえば戦争で7人に1人が命を失った日本の歴史上最も過酷な世代。

 

この世代が日本の戦後の経済を支えてきたと言っても言い過ぎではないと思う。

 

普通だったら戦争に駆り出されていつ死んでもおかしくない環境に何年もさらされてようやく生きて終戦を迎えられたら・・・いつか国に損害賠償を求めてやる!!って思っちゃうよね汗

 

今の自分たち世代はどうあがいても大正世代の男性には勝てないと思うかお

 

 

ちなみに動画のハナ肇とクレイジー・キャッツは昭和一ケタ世代。

 

上に貼った動画当時(1963年)の年齢は・・・

 

 

ハナ肇 1930年2月9日  真ん中の人 (33歳)

 

植木等 1926年12月25日 右の大きな写真と左後ろの人 (37歳)

 

谷啓   1932年2月22日 右前の人 (31歳)

 

犬塚弘 1929年3月23日 右後ろの人 (34歳)

 

安田伸 1932年9月19日  右真ん中の人 (31歳)

 

石橋エータロー 1927年9月30日  左真ん中の人 (36歳)

 

桜井センリ  1926年3月20日  左前の人  (37歳)

 

 

みんな見た目より10歳くらい若いのか苦笑

 

 

今回の紅白歌合戦出場者で、当時のハナ肇とクレイジー・キャッツと一番年齢が近いグループはというと・・・

 

 

 

 

!!

 

大野智  1980年11月26日(36歳)

 

櫻井翔  1982年1月25日(34歳)

 

相葉雅紀 1982年12月24日(34歳)

 

二宮和也 1983年6月17日(33歳)

 

松本潤   1983年8月30日(33歳)

 

嵐は年齢より見た目が10歳くらい若く見えるね目

 

今は下手すりゃ40代でも20代に見える人がいたりするからねシラー

 

 

でも自分はハナ肇とクレイジー・キャッツの方が見ていて安心するんだよね得意げ

 

Rhapsody in Blue 01 クレイジー・キャッツ (植木等ショー)

 

 

"HANA Hajime & Crazy Cats" - The members' solo performances

 

個々の演奏の腕前もプロ顔負けですアップ

 

 

スーダラ伝説 植木 等 スーダラ節/無責任一代男/ドント節/だまって俺について来い/ハイ それまでヨ

 

この時の紅白歌合戦、植木等さんのおかげですごく楽しそうニコニコ

 

 

ヒット曲が生まれない時代ってほんとつまらないねしょぼん

 

 

今年もいきなり愚痴ばかりですみません苦笑

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。