お知らせです!

テーマ:
日高祭20実行委員会からのおしらせです!


①日高郁人20周年記念ソング発売
{7469B55B-DECD-495D-AB14-0F4411085BCD}


日高郁人20周年を祝して沖縄の人気バンド「かりゆし58」ベース&ボーカルの前川真悟さんが作詞作曲した「太陽のひと」(唄:茜の海〈前川真悟&あびこめぐみ〉)CDが大会限定200枚で発売となる。このCDは日高の入場曲となっているIKUOさん作曲の「RED ZONE IKUTO HIDAKA Special Ver.(CD初収録)」そしてノーマルVer.との両A面シングル。SRS特典の記念品として封入されているのでSRS席購入済みの方はお間違いなく。
価格は1,500円。

前川真悟さんコメント「日高選手、20周年おめでとうございます‼︎この度、プロレスラーとしての成人式に花を手向けるように曲を贈らせていただきます!親愛なる日高さんに心からの敬意を込めて‼︎」


②開場時間が16時に変更&コスプレ祭。
{C4617DCC-8C8C-44A1-98BC-323DDDEBE334}


当日のコスプレ祭に参加する横山佳和がコメントを出した。
大会では開場時間を16:30から16:00に早め、イベント開始時間の17:00まで横山佳和と日高ガールズとともにコスプレ撮影会が開催される。なお、イベント開始後も随時撮影可能となっている。

「日高の20周年興行でコスプレ祭りあるんだろ???俺がフルコスチュームで参加してやるよ!てめぇらもコスプレして3月15日は豊洲PITに集合な!コスプレで日高郁人の20周年を祝おうじゃねーか!ただ言っとくけど、俺のはコスプレじゃねえからな。そこんとこ夜露死苦!!!‬」

バリバリリーゼント、フルコスチュームの横山と撮影会が出来るまたとないチャンス。参加資格はチケット購入者で何らかのコスプレをすること。
またあなたのレスラーズ東京タワー大会にも参加した“芝商店街のアイドル”プラネットオシリスさんも日高郁人20周年のお祝いにとコスプレ撮影会に参加が決定した。


③バトルメン出演
本日22時よりFIGHTING TV サムライ「速報!バトルメン」の日高郁人が出演。

AD

昨日は日高祭20にご出演頂く、IKUOさん、かりゆし58の前川真悟さんと週刊プロレスさんの対談でした。


IKUOさんには当日入場曲RED ZONEほかを演奏して頂きます。真悟さんは日高郁人20周年の曲を作詞作曲して、当日は私の妻のあびこめぐみと唄って頂きます。

またこの曲をIKUOさんのバンドが演奏するという1日だけのスーパーコラボ!

お二人はなんと昨日が初対面でした!


デモを少し聴かせてもらいましたが、熱い!僕は真悟さんの熱い詩や言葉が大好きなんですが、その詩が自分や妻の事を書いている。そしてこの唄は全てのプロレスラーとその家族への応援ソングだとも感じました。1日限定コラボ。是非会場でライブで聴いてください!!


お二人とのご縁を繋いでくれた妻と取材後に記念撮影。



「日高祭20 日高郁人デビュー20周年記念興行」

日時  :2017年3月15日(水) イベント開始17時00分(16時30分開場)

                                  18時30分プロレス開始

 

会場名 :東京・チームスマイル/豊洲PIT

     東京都江東区豊洲6-1-23

     TEL:03-3531-7888

     アクセス:電車/ゆりかもめ「新豊洲」駅北口より徒歩2分/東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6番出口より徒歩13分

     車/首都高10号晴海線「豊洲出口」より3分※近隣に有料駐車場有

     

主催  :日高祭20実行委員会

後援       :益田市

協賛       :Air Calin/浅草 壱番屋/アルマックスジャパン株式会社/株式会社岡田建興ジェイシー

協力  :マセキ芸能社

応援  :株式会社ディー・エル・イー/株式会社テライ/株式会社松永牧場/株式会社メイプル牧場

提供・運営協力:プロレスリングZERO1

お問い合わせ:株式会社ショーンキャプチャー tel:03-5364-9015(14:30~19:30)

                      Email:info@shawncapture.jp

発売日 :発売所

​・e+(イープラス)http://eplus.jp/scapture/(パソコン&携帯から、ファミリーマート各店)

・ローソンチケット(Lコード 32209)

・チケットぴあ(Pコード 594-180)

・後楽園ホール  03-5800-9999

・ホカクドウ(中野ブロードウェイ2F) 

ほか

料金:

・$200,000席(マイホームがついてくるVIP)

・$20,000席(南国ツアーVIP『ビジネスクラスで行くニューカレドニア4泊5日の旅』)

・$2,000席(ご縁の国しまねツアーVIP)   

・SRS        ¥20,000(最前列)記念品付

・RS          ¥8,000

・指定A     ¥6,000

・指定B ¥4,000

・立見席 ¥2,000 ※会場最後方になります

入場時にドリンク代と致しまして、別途500円かかります


【日高祭20対戦カード】

3月5日(水)イベント開始17:00  試合開始18:30

◆日高郁人20人がけ

◇日高郁人&藤田ミノルvs丸藤正道&ディック東郷

◆船木誠勝vs伊藤崇文

◇田中将斗&鈴木秀樹&HUBvs佐藤耕平&葛西純フジタ”Jr”ハヤト

◆曙&宮本裕向&木高イサミvsモハメドヨネ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ

◇第0試合

原学vs阿部史典

◆キックエキシビションマッチ

寺戸伸近vs小林さとし


◇ゲスト

電撃ネットワーク、IKUO、ニッチェ、前川真悟(かりゆし58)、あびこめぐみ


◆発起人

澤宗紀


◇スペシャルナビゲーター

松本圭世

千葉で出前授業。

テーマ:
オッキーと千葉県八街市の川上小学校に出前授業に行って来ました。

オッキーと出前授業は久しぶり。
毎年しまねツアーの前に島根県下で1人で行なっている出前授業。

僕のオリジナルは「有言不実行」のお話しと手を繋いで輪になってのジャンピングスクワット。
「友達の手は温かいでしょ。みんな生きてるんだ。だからいじめはしちゃダメだよ」のメッセージ。

授業後は給食を頂きました。
美味しかった!

{01537FBF-CADA-4A20-A559-A83229EEE096}

川上小学校の校長先生をはじめとする先生方、そしてこのような機会を作って頂いた石井先生。
ありがとうございました!

生徒の皆さんも一生懸命話を聞いてくれてありがとう!
昨日はZERO1後楽園ホール大会にご来場ありがとうございました!
休憩時間に発起人・澤宗紀と日高祭20の追加対戦カードを発表させて頂きました。

{C8240705-3DEC-4870-BFED-624886F9558A}


これで20人がけの残り数名以外の全カードが出揃いました!


6人タッグマッチ 30分1本勝負
曙(王道)&宮本裕向(666)&木高イサミ(BASARA)VSモハメドヨネ(NOAH)&バラモンシュウ&バラモンケイ(フリー)

6人タッグマッチ30分1本勝負
田中将斗(ZERO1)&鈴木秀樹(フリー)HUB(フリー)VS佐藤耕平(ZERO1)&葛西純(FREEDOMS)&フジタ”Jr”ハヤト(みちのくプロレス)

キックボクシングエキシビションマッチ(2分×2R)
寺戸伸近(Booch Beat/Krush-55kg級王者)VS小林さとし(KICKBOXING ZONE代表)

日高郁人20人がけ戦参戦選手
モハメドヨネ、宮本裕向、木高イサミ、フジタ”Jr”ハヤト、HUB、バラモンシュウ&バラモンケイ、伊藤崇文、藤田ミノル
※入場順未定



既報対戦カード
第0試合 シングルマッチ15分1本勝負※18:15頃から
原学(フリー)VS阿部史典(スポルティーバエンタテイメント)

シングルマッチ30分1本勝負
船木誠勝(フリー)VS伊藤崇文(パンクラスism)

メインイベント
タッグマッチ30分1本勝負
日高郁人(ZERO1)&藤田ミノル(フリー)VS丸藤正道(NOAH) &ディック東郷(フリー)

日高郁人20人がけ戦参戦選手
 豊田真奈美、大谷晋二郎、田中将斗、佐藤耕平、KAMIKAZE、菅原拓也
※入場順未定

{C0654F1A-4A12-4452-B3F9-A1484D21862F}



タイトル: 「日高祭20〜日高郁人デビュー20周年記念興行」
             (ヒダカフェスニジュウ)
日時  :2017年3月15日(水) イベント開始17時00分(16時30分開場)
                                   18時30分プロレスリング開始

会場名  :東京・チームスマイル/豊洲PIT
     東京都江東区豊洲6-1-23
     TEL:03-3531-7888
アクセス:電車/ゆりかもめ「新豊洲」駅北口より徒歩2分/東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6番出口より徒歩13分
          車/首都高10号晴海線「豊洲出口」より3分※近隣に有料駐車場有
主催  :日高祭20実行委員会
後援  :
協力  :マセキ芸能社
応援  :株式会社ディー・エル・イー/株式会社テライ/株式会社松永牧場/株式会社メイプル牧場
提供・運営協力:プロレスリングZERO1
お問い合わせ:株式会社ショーンキャプチャー tel:03-5364-9015 Email:info@shawncapture.jp
 

発売所
・e+(イープラス) http://eplus.jp/scapture/(パソコン&携帯から、ファミリーマート各店)
・ローソンチケット      0570-084-003(Lコード 32209)
        ・後楽園ホール 03-5800-9999
        ・ホカクドウ(中野ブロードウェイ2F)
     


料金: 
■$200,000席(マイホームがついてくるVIP)
■$20,000席(南国ツアーVIP)
■$2,000席(ご縁の国しまねツアーVIP)   
■SRS(最前列)¥20,000(記念品付き)
■RS           ¥8,000
■指定A      ¥6,000
■指定B    ¥4,000
■立見    ¥2,000 ※会場最後方になります
入場時にドリンク代と致しまして、別途500円かかります

【席種】
SRS ¥20,000  
東西南 最前列

RS ¥8,000
東西2〜6列
南2〜5列
南東1〜7列
南西1~7列

指定A ¥6,000
南6〜10列 
南東8~14列
南西8〜14列

指定B ¥4,000
南11〜14列

立見 ¥2,000

明日は18:45より後楽園ホール大会!

近藤修司との久しぶりの対戦に燃えてます!!

{5F143D35-6F44-4B91-951C-664172FE5041}

休憩時間には、澤宗紀・日高祭20発起人がリング上より残り2試合を発表します。

皆さまお楽しみに!
私も楽しみです!!

【日高祭20 対戦カード】
◇日高郁人&藤田ミノルvs丸藤正道&ディック東郷
◆船木誠勝vs伊藤崇文
他 2試合
◇第0試合 原学vs阿部史典
◆日高郁人20人がけ(1分予定)
vs豊田真奈美、大谷晋二郎、田中将斗、佐藤耕平、KAMIKAZE、菅原拓也 他

【席種】
{0CBF2C56-FD5B-48E2-82E1-2D69F5843AF4}


SRS ¥20,000  
東西南 最前列

RS ¥8,000
東西2〜6列
南2〜5列
南東1〜7列
南西1~7列

指定A ¥6,000
南6〜10列 
南東8~14列
南西8〜14列

指定B ¥4,000
南11〜14列

立見 ¥2,000

タイトル: 「日高祭20〜日高郁人デビュー20周年記念興行」
             (ヒダカフェスニジュウ)

{E6EB4D3E-8BB6-4356-BB6C-18B4213D69B4}


日時  :2017年3月15日(水) イベント開始17時00分(16時30分開場)
                                   18時30分プロレスリング開始

会場名  :東京・チームスマイル/豊洲PIT
     東京都江東区豊洲6-1-23
     TEL:03-3531-7888
アクセス:電車/ゆりかもめ「新豊洲」駅北口より徒歩2分/東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6番出口より徒歩13分
          車/首都高10号晴海線「豊洲出口」より3分※近隣に有料駐車場有
主催  :日高祭20実行委員会
後援  :益田市(申請中)
協力  :マセキ芸能社
応援  :株式会社ディー・エル・イー/株式会社テライ/株式会社松永牧場/株式会社メイプル牧場
提供・運営協力:プロレスリングZERO1
お問い合わせ:株式会社ショーンキャプチャー tel:03-5364-9015 Email:info@shawncapture.jp
 

発売所
・e+(イープラス) http://eplus.jp/scapture/(パソコン&携帯から、ファミリーマート各店)
・ローソンチケット      0570-084-003(Lコード 32209)
        ・ホカクドウ(中野ブロードウェイ2F)
     


料金: 
■$200,000席(マイホームがついてくるVIP)
■$20,000席(南国ツアーVIP)
■$2,000席(ご縁の国しまねツアーVIP)   
■SRS(最前列)¥20,000(記念品付き)
■RS           ¥8,000
■指定A       ¥6,000
■指定B  ¥4,000
■立見     ¥2,000 ※会場最後方になります
入場時にドリンク代と致しまして、別途500円かかります

{4FA89C3B-8E07-4381-9A7B-3179F7B8D610}

ホカクドウでも好評発売中です!

2017年3月15日(水)に開催される「日高祭20」のWEB番組「Road to 日高祭20」の第2回放送にて、 発起人である澤宗紀から大会追加対戦カードが発表されました。


①メインイベントに丸藤正道&ディック東郷

澤 日高祭20のメインイベントを発表させていただきます。日高郁人&藤田ミノルvs丸藤正道&ディック東郷で決定しました。


日高 藤田ミノルとの相方タッグでの試合はボクが望んだことですし、丸藤選手は、今までも何度か試合をしてきてるんですけど、昨年6月にメキシコでおこなわれたルチャワールドカップで一緒になったんです。その時に丸藤選手は初日でちょっとケガをして試合のあと歩けないような状況に陥ったんですけど、その2日後、決勝大会の時にはそれをまったく感じさせない試合をして、すごい人間力を感じたんです。相方タッグとしては、2005年にディファカップというタッグトーナメントの決勝戦で丸藤&kENTA組と対戦して敗れたんですけど、ボクと相方の名前をプロレス界に知らしめるような大会になったし、年末のプロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を受賞できたのもそうで、丸藤選手はそういう意味でもすごく、ターニングポイントで闘ってみたい選手だったのと、最近はヘビー級で彼はやってるんですけど、闘ってみたいという思いを発起人に伝えていたので、がんばってこのカードを決めてくれたみたいです。



{78278B51-D918-4135-8A04-61AF923B0B21}
ルチャワールドカップ閉会式での私と丸藤正道選手。


――ディック東郷選手をなんでそこにもってきたんですか?


澤(日高とは)お付き合いが長いというか、ファーイーストコネクション(FEC)というチームでも一緒でしたし。ボクと同じくらいに一度引退されてるんですけど、昨年また復活をして。そのまま引退してたらここでこのカードはないんですね。20周年というタイミングで復活したからこそできるカード。タイミングがうまく重なり合った一番いいカードだと思ってます。


――運命を感じますね。


日高 この20周年記念大会でもちろん日高郁人の今を見せるということもありますけど、20年リングで闘ってきた男の背中を見せるという点もあると思うので、この強敵を持ってきてくれたので、相方と力を合わせてなんとしても、20年の背中を見せた上で勝ちたいですね。



②第0試合で原学対阿部史典

澤 この大会の戦いの幕開けとなるカード。殺伐としたカード。第0試合です。同じくボクらが所属していた格闘探偵団バトラーツのちょっと上の先輩にあたる、日高さんの後輩ですね。原学対阿部史典。阿部選手は名古屋のスポルティーバというところの所属で、まだ若干20歳とかなんですけど、バリバリ、全日本プロレスやほかの団体で活躍している選手です。激しいバチバチした闘いをフェスの幕開けにぶつけていきたいなと。


日高 阿部選手は言うならば澤がプロレス界に引き込んだ選手。原学はバトラーツのジムに、澤が通っていたジムのアマチュアレスリングのクラスにいたんです。で、僕がプロレスに引き込んだんです。なので…。


澤 いわゆる同じお互いの孫同士に相撲を取らせるような。


日高 プロレスじゃないんだ(笑)。まあだから学は澤のことが大嫌いで、阿部選手っていうのは、澤を慕ってきたわけですよね。だから阿部選手からしたら先輩、師匠が嫌いだっていうことで、学からしたらかつての大嫌いだったらライバルの教え子の対戦になる。


澤 やばいですね。何か凶器を仕込んでくるかもしれない。



③20人がけの対戦相手が一部決定。

澤 決定している選手、まず一人目、女子プロレスから豊田真奈美選手です。


日高 一人目からハードな相手だな。


澤 性別的には女性なんですけど、女子プロレス界という荒波にもまれまくって、それを覆してきた、業界を渡り歩いてきた重鎮です。この方、日高さんと共通点がございます。


日高 豊田さんもボクと同じ島根県益田市出身。先輩で、ボクが高校生の頃にはデビューをされてたので、益田ではスーパースターですよ。ボクやっぱり島根県にちなんだ石見銀山とか高津川とか技の名前につけてますけど、豊田さんはじゃパーニーズオーシャンスープレックスとかつけてますからね。日本海です。島根県は日本海に面しているので、それにちなんで。


――日本海を背負っているような方。ほかには?


澤 そのあとに出てくる順番はわからないですが、ZERO1から大谷晋二郎、田中将斗、佐藤耕平、KAMIKAZE、菅原拓也。この選手たちが20人がけのところにでてきます。しかもさっき発表した丸藤正道&ディック東郷戦もありますし、この一日でだいぶ老け込んじゃうんじゃないですか(笑)。


番組URLはhttps://youtu.be/vJDktlu9u0w

{6E37263B-5059-4D14-B3A6-F8C671302D4E}



既報対戦カードは船木誠勝vs伊藤崇文。


デビュー20周年。

テーマ:
本日無事にプロレスデビュー20周年を迎えました。デビュー戦の相手を務めてくださった師匠FUNAKIさん、先輩、後輩をはじめとする仲間たち、家族、そして何より応援して下さる皆様のお陰で20年やってこれました。3月15日に20周年興行・日高祭20ありますが、まずはご報告と感謝を。

{34C5E31E-E455-4158-A740-5F79A14AF2E8}



ZERO1はツインメッセ静岡大会でした。
試合前にリングでアップしながら、20年前は緊張してただろうなとか、ワクワクもあったよなとか思うと感慨深かったです。

世の中に、当たり前なんてないと思ってます。
この仕事が、この憧れのプロレスラーという仕事が20年も続けてこれたのも、奇跡。そして、周りの人の支えがあってのこと。浜口会長、そしてFUNAKIさんがよく仰っていた、感謝の気持ちを忘れないということ。噛み締めています。

その昔、大谷晋二郎が言っていた。
「20年って簡単じゃないよね」
今日、自分がその立場になり、改めて感じています。

夢だった憧れの仕事に就き、一生懸命にリングで自分を表現して来て20年が経った。プロレスラーはリングの上からお客さんに何かを届ける仕事。そんな僕たちにお客さんはどこか自分の姿を投影してくれていると思う。だからこそ、プロレスラーはどこか夢の中を戦い続けるのだ。
そんな男だから、これからも家族には迷惑をかけるだろう。

{70E39649-7F27-4331-B0A2-70186CC5F021}



今日はリスペクトする先輩、田中将斗さんと組んで、将軍岡本、KAI組と対戦した。
身体の大きい2人から手荒な祝福を受けた。

明日は高校卒業後にプロレスラーを夢見て鍛錬を続けた大阪で試合をする。

プロレスラーに憧れ、プロレスラーに成り20年が経ち、今日も明日もプロレスラーとして…。

努力は運をも左右する。
前後裁断。

プロレスラーは日高郁人は明日からも夢の中を活き続ける。

この20年も、そしてこれから先も、支えてくださる全ての人に感謝。
僕は幸せ者です。
ありがとうございます。