少数民族黒モン族に会いに 旅の綴り

【最終日 ベトナムハノイの人々の暮らし編】


少数民族黒モン族に会いに行く旅も最終日。ハノイの朝をぶらぶらします。

色んな国に行くと言う事は自分の目で見て、色んな事を感じれます。今回の旅仕事のヒントにもなりました。



その国の事や人々をもっと深く知りたくなるので、世界史の教科書で学んだ事がより身近な物になります。 

 



朝5時頃ハノイ駅到着。移動の多かった旅ですが疲労はありません。ただ膝が怪しい・・・



朝5時30分ですが、街はすでにバイク、車、すごい数の人達。ベトナムの人は早起きなのでしょうか?

 

「カン!カン!カンッ!」あの骨、、朝からヘビーすぎます。



さっきまで真っ暗だったんですが一瞬で明るくなりました。路上では商売が始まっています。



皆さん露店で朝食タイム。



カールおじいさんの空飛ぶバイク。飛ばされて行ったら大変ですね。



アヒルもバイクで運ばれて行きます。



色んな所で色んな人が商売をしています。ベトナムは建前上は社会主義ですが、ドイモイ政策で商売、経済は活発です。



テト(旧正月)の飾りの一つだそうです。お母さんたちは桃の花選びに夢中です。



そして、買った花はバイクにくくりつけ。



いや、くくりつけすぎっ!



市場はにぎわっています。



こんな朝早くからやったら、そら寝るよな。



朝9時でこの賑わい。



さてフライトの為空港に向かいます。ハノイ駅から空港まで高速バスが出ています。初日の寝台列車用ハノイB駅の裏にある「ハノイA駅(Le Duan通り)」です。



ハノイ駅向かって左、オレンジの停留所が目印です。



高速バス到着。ノイバイ国際空港まで約1時間。



このカメラと泥まみれになったリュック、お疲れさま。



さあ4日間の旅は終了で、仕事モードに切り替えます。ラオチャイ村絶対にまた行きます!


おわり


企画プロデュース:サンチル オーガナイゼーション

【ホームページはこちら】http://hidamary.konjiki.jp/  

【Facebookはこちら】https://www.facebook.com/hidamary

AD

少数民族黒モン族に会いに 旅の綴り
【3日目 美しすぎる景色のラオチャイ村を後に編】

 

 


今まで各国旅してきましたが、風景や観光地、建造物や泊ったホテルに対して思う感情はいつも「もう一度行きたい」でしたが、今回の様にひとつの村で過ごし人にふれあった旅では「また会いたい」という初めての感情が生まれました。


いずれ少数民族の文化もだんだんと便利に進化して行くのでしょうが、出来る限りいつまでも『知る人ぞ知る手つかずの場所』霧であって欲しいと思います。



タヴァン村でホームステイ。霧に包まれた清々しい朝です

 



朝5時ぐらいからニワトリが大声で眠りを妨害してきます(笑)

 



さあ村を後にサパへ向かいます。折角なので来た道を約5時間徒歩で戻ります!




「なにしてるの?」と俺を見つけてみんな集まってきます。シールをプレゼントすると「これが良いあれが良い」と目をキラキラ




そしてケンカ(笑)

 



おでこに貼るのは世界共通でしょうか!?

 



村の人々の暮らしが垣間見れます。




民家の庭先でブタの解体作業が!家に入らせてもらい1時間ぐらい見ていました。



強く感じたのが、体をふいたり洗ったりを繰り返して、とにかく十分すぎるほど綺麗に丁寧にしてあげてから捌いていきます。




今まで家族の一員だったブタなので、という思いでしょうか。考えすぎかな?




色んな文化に触れる、これぞ旅ですね。




へそ出しルックで。

 



おやつのサトウキビをかかえて。




どかんで遊ぶ少年、素敵です!リアルドラえもんの世界。




子供達はなんでも遊び道具になります。ちなにみこの年代の子でもバイク運転していましたよ。





もう何日か過ごしたい気分です。




この藍と刺繍のモン族の民族衣装がどうしてもカッコイイので、買ってしまいました。





5月頃は苗で『緑一色』に、11月頃は稲で『金一色』になるそうです。絶対また来たいと思います。




「お~~い!」と誰か追いかけてくるなと思ったら、昨日のソウ軍団!再会です。




日本から持って行っていた紙風船をプレゼント。紙風船が膨らむ事でそんなに爆笑するなんて(笑)




何かの縁で出会って仲良くなりましたが、また会う事があるかわかりませんが、思う事はみんなとにかく幸せであって欲しいと思います。




今日は観光客が多いですね。




さっきの橋があんなに遠くなりました。




道中人が誰も居ない、ブタの親子と出会いました。




何頭もの水牛を一番後ろでムチ打って行進させる少年!ペーターみたい!




サパに到着しました。市場もあります。各地の村からみんな出稼ぎにやってきて夕方戻って行きます。




さようならサパ&ラオチャイ村!サパの中心には教会もありました。PM5時、サパ→ラオカイのバスに乗ります。




ラオカイ駅到着。今晩9時に寝台列車でハノイへ戻ります。

 

つづく。


企画プロデュース:サンチル オーガナイゼーション

【ホームページはこちら】http://hidamary.konjiki.jp/

 【Facebookはこちら】https://www.facebook.com/hidamary

 
AD

てづくりプレゼントプレゼントにもOK!音譜

世界に1つの!てづくりジェルキャンドルをつくろう♪


明日からの2月18日(土)・19日(日)は、

加古川グリーンモールべふ(イトーヨーカドー加古川店)にて手作りジェルキャンドル体験開催します!


加古川グリーンモール様はこちら→http://www.green-mall.jp/

1F フードコート前にてAM11:00~PM5:00まで開催ですニコニコ

18色カラーサンド、貝殻、天然石は入れ放題!

カワイイ♪カッコイイ♪5種類のグラスを選んでスタートです。約150種類のガラス細工でデコレーション♪ビー玉やダイヤモンドもあるよ。


小さなお子様でも『自分のちからで』簡単に作れます♪

  

まだまだ寒い季節ですが、、あたたかい館内で是非ゆっくりショッピングと一緒に、ジェルキャンドル体験をお楽しみくださいませ。
 

さらに!

素敵な『光』が灯る、LEDをプラス♪永遠に灯るLEDキャンドルの完成です!
 

世界に1つの宝物&思い出づくりo(^▽^)o みんなでワクワク、親子でもワクワク!
 

みんなでワイワイ、親子でもワイワイ♪

自分だけの思い出作り!忘れられないワクワク・ドキドキのてづくり体験を是非お楽しみ下さい!



企画プロデュース:サンチル オーガナイゼーション

【ホームページはこちら】http://hidamary.konjiki.jp/

【Facebookはこちら】https://www.facebook.com/hidamary



【2月開催】手作りジェルキャンドル体験SHOP 

ハーベストの丘 (大阪府堺市)→毎日
スキージャム勝山 (福井県勝山市)→随時
エクシブ鳴門 (徳島県鳴門市)→随時
御影クラッセ (神戸市東灘区)→2月4日・5日
☆茨田東小学校PTA【出張開催】(大阪市鶴見区)→
2月8日
神戸どうぶつ王国 (神戸市中央区)→2月11日・12日
川西阪急百貨店 (兵庫県川西市)→2月11日・12日
グリーンモールべふ (兵庫県加古川市)→2月18日・19日
☆公益社 甲子園口会館【オープンイベント】(兵庫県西宮市)→2月19日
☆日本生命保険 大阪支部【企業イベント】(大阪市北区)→
2月23日
神戸どうぶつ王国 (神戸市中央区)→2月25日・26日
イオンモール姫路大津 (兵庫県姫路市)→2月25日・26日

【2月開催】スノードーム(アクアドーム)体験SHOP

沖縄むら咲むら (沖縄県読谷村)→毎日
スキージャム勝山 (福井県勝山市)→随時
エクシブ鳴門 (徳島県鳴門市)→随時



AD

少数民族黒モン族に会いに 旅の綴り
【2日目 徒歩約5時間山を越え谷を越え到着編】



標高1600m雲の上の街サパに到着。ここを中心とする回りの山岳に12ほどの村があり、少数民族が伝統と誇りを持って暮らしています。


民族衣装によって、黒モン族、白モン族、花モン族、また赤ザオ族等に分かれています。約5時間かけ山走る人を越え谷を越え、ラオチャイ村を目指します!




朝6時頃ラオカイに到着。寝台列車は結構揺れますが、不思議と熟睡できました。ここからバスに乗って約1時間サパという街まで行きます。



7時頃サパに到着。ここサパは中国との国境に近い標高1,600mの山岳の街です。雲の上の街と言われ約130年前は地図に無い街だったそうです。お昼頃には少数民族が各村から出稼ぎに集まってきます。



「村までガイドするよ」と1番に声をかけてきたマオ。20歳です。彼女と一緒に村までトレッキングします。



朝食を食べてから少数民族のラオチャイ村を目指します!サパを少し進むと完全に別世界♪



朝は雲に包まれています。



「左に行けばイージーロード、右はネイチャーロード、どっちにする?」迷わずネイチャーロードで!



夜露で地面はぬかるんでいます。山は得意だったのですが、何回かこけてしまいました(笑)野生の動物がいっぱい!アヒルに会ったり、



野生の水牛とすれ違ったり!



村まで約5時間だそうです。平地では無く山を越え谷を越えの大冒険。ようやく民家が見えてきました。



第一村人発見!半ケツで遊ぶ少年。どの子供もみんなとても元気です。



ちょうど中間地点に休憩場所がありました。



ここからの棚田の景色が最高!今は田植え前ですが5月頃は苗で緑一色なるそうです。



涼しい顔をしたおばあちゃんも登場。この距離もさすが全然平気そうです。



この民族衣装がホントカッコイイ!衣装を藍で紺に染めているので『黒モン族』と言われます


名前忘れましたが、マオがくれたサトウキビに似たかじると甘い食べ物。パワー回復です。



休憩していると子供たちが集まってきます。日本からお土産に持って行っていたシールをあげると大喜び。ほっぺに貼ったり、



得意げにおでこに貼ったり♪



大きな橋を渡って村へ入ります。



棚田が芸術的。



「道案内してあげるわ!」仙人の様に棒を操るソウ(右)達ちびっ子女子軍団。この子にとても懐かれました。



急な上り坂でも、みんな歩くのが早い。



「シンチャオ!」元気よく駆け寄ってくる鼻を垂らした昭和な男の子たち。



素敵な景色です。1月のサパは寒いと言われていましたが本日気温は14度ぐらい、ポカポカです。



村に到着して昼食を食べます。その間もソウ軍団はずっとそばを離れません。子供たちはみんなとても愛嬌があって、笑わすとすぐ爆笑します。



ここでガイドのマオとも別れて村をぶらぶらします。



ゆっくりとした時間の流れ。



のどかです。野生の鳥、牛、豚、犬。なんでもありです。



道端に水牛の巨大ウンチもいたる所にあって。



黒モン族。



赤ザオ族。大きい子供も親の手伝いが仕事です。畑に行ったり手作りのお土産品を売ったり。




男の子は自分達の世界でやんちゃに遊んでいます。たぶん女の子たちは小さい頃からままごと感覚で物売りをしながら、モン族の女性として生きて行く力を養っていくのかなと思います。




本日はガイドのマオの紹介で、タヴァン村の民家にホームステイします。民泊に近いです。今日は歩き疲れました、ゆっくり休んで明日も歩き回ろうと思います。


つづく。


企画プロデュース:サンチル オーガナイゼーション

【ホームページはこちら】http://hidamary.konjiki.jp/

【Facebookはこちら】https://www.facebook.com/hidamary


少数民族黒モン族に会いに 旅の綴り
【1日目 ハノイから寝台列車で約8時間編】


先月末、少し遅いお正月鏡餅休みを頂きましてベトナム最北部の山岳地帯へ旅に出ました。1年程前見た1枚の風景写真に、ここに絶対行ってみたいと思いやっと実現しました。
ハノイから寝台列車で約8時間、バスで約1時間、徒歩約5時間で少数民族の村に辿りつきます。大きいリュックとカメラを片手に4日間の旅のスタートです。



一人での冒険旅ですが、何か仕事に繋がるひらめきも見つかれば最高です。



香港経由しベトナム ノイバイ国際空港へ向かいます。



ハノイ到着!



今回の旅は流れに任せようと思っているので、1番最初に会った青年にハノイ駅まで送ってもらう事にします



本日1月23日ですが28日がテト(旧正月)だそうで、みんな正月の飾りつけの買い物に大忙しです。



ハノイ駅に到着。寝台列車でまずラオカイまで行きます。寝台列車の駅は「ハノイ駅(Le Duan通り)」ではなく、その裏にある「ハノイB駅(Tran Quy Cap通り)」なので注意!



出発まで街をぶらぶらしてみます。違う文化にビックリの連続。



どのお店絶対に子供が手伝いをしています。



ベトナムって感じ♪



ベトナムのバイク事情は本当にカオスです(笑)4人乗り、ノーヘル、信号無視、そしてこのバイク量!



一斉にGO!一つの生命体の様。クラクションが鳴りやみません。



ハノイ駅に戻り、寝台列車の出発を待ちます。



おばあちゃんがパンを売りに来たので買いました。1本10,000ドン(約50円)。



世界の車窓からのようで。



さあ乗り込みます。ここから約8時間ラオカイという場所を目指します。



欧米の観光客が多いです。



寝台列車初めてでワクワクします。



部屋です。4人部屋ですが俺一人貸し切り!ラッキーと思っていたら貸し切りと思っていたら、違う列車に乗り遅れてしまったイギリス人が緊急乗車で同室に。色々話しをし、PM10:00ラオカイ駅へ向けて出発です。



到着は約8時間後。明日はこんな素敵な景色に出会えるの
でしょうか!



つづく。


企画プロデュース:サンチル オーガナイゼーション

【ホームページはこちら】http://hidamary.konjiki.jp/

【Facebookはこちら】https://www.facebook.com/hidamary