加古川市の経済誌

テーマ:

先の3月19日に発表されたTKマーケティング調査によると

 

加古川市内のスーパー、飲食店、理美容店の満足度を

 

名指しでランキングしている。

 

まずスーパー部門だが上位3店のみご紹介しよう。

 

顧客満足度第1位    ダイレックス加古川野口店

 

理由として

30歳代主婦「野菜の鮮度が他のお店よりいいです。

               購入して何日後も鮮度が落ちません。」

 

40歳代主婦

「お肉の脂を裏返して隠したりしていないし、色味もいい。」

 

50歳代独身男性

「オープン当初は目玉がなくってがっかりしてたんですが、

近頃は企業努力が感じられ、お買い物が楽しいんです。

       ヘビーユーザーですね笑」

40歳代男性「私は耳が聞こえないんですが、ここの店員さんはマスクをつけて接客しないので助かります。

イオン系列はマスクマンが多くて、口の動きがわからない。」

 

30歳代主婦「感じの悪い店員さんがいないですね。気持ちよく通えます。」

40歳代男性「お惣菜が安くて美味しいです。明日は早く行ってこれとこれとって笑」

 

数々の店舗が苦しんだ激戦区で早馬の如く

地域密着店舗となったダイレックス。

営業期間の長さで満足は得られない。

加古川市の新人でも本気の経営改革を実行

すれば、消費者も必ず呼応する。

次回は第2位をご紹介します!

AD

下品な口コミにご用心

テーマ:

かつてペニオクで何人かが干されたが、

 

近頃は素人間でも操作的な口コミが増えている。

 

特に美容理容系の口コミがひどい。

 

お客にポイントや割引を与える見返りに良い口コミを書かせる。

 

ウェブ上で、口コミの良い店へ実際行ってみたが期待はずれだった。

 

というのはよくある話。ポータルサイト側は基本悪い口コミは削除する。

 

無秩序なユーザーの悪意も存在するため審査も重要だが、

 

逆にいい情報だけを無制限に掲載することも虚像のようで気味が悪い。大本営と言うべきか。

 

つまりポータルサイト的にも、ユーザーの真実なんて何の利益

 

にもならないのだ。元来口コミとは 文字通り、

 

時間をかけてゆっくり口から口へ伝わるもので文字にするものではない。

 

早く利益が欲しいがために有る事無い事口コミを文字にしてしまう。

 

判断力に乏しいユーザーにも問題があるが、基本文字にした口コミは不毛だとゆことはわかっておいた方がよさそうだ。

 

AD

あなたの妻が望むこと

テーマ:

定年を迎えたお父様お疲れ様でした。。。さて今から何しよう。。。


優雅に暮らす。。。言葉にすればたやすいですが


一つ忘れてはならないのが奥様の気持ちです。


お顔がひきつってらっしゃらないでしょうか?


「仕事が。。」「お前たちを食わせてる」「疲れているんだ」そして


無口なお父さん。要注意!突然「ハンコをついて!」と言われるかも。


有名な話で、「誰のおかげで飯が食えてるんだ!」とくだをまく夫に


夜帰宅するとテーブルに、汚れたワイシャツまたは作業服と


調理前の野菜、お肉、米粒を置いた妻がハンコを迫り


堪り兼ねた夫が土下座したという笑い?話があります。(実話)


ここで、女性が生きていくために何が必要か考えていきましょう。


家事は女の仕事。確かに日本ではそうかもしれません。また逆に


「二度手間だから触らないで!」と怒られるかも。


じゃあ何ができるのでしょう?それは単純なことです。


①”脱いだ服を洗面所へ運ぶ”


女性は段取りに手間取るとイライラが募ります。


②”排水溝の髪の毛を定期的に処理する”


女性は髭剃り後洗面に広がる小さな髭かすが大っ嫌いです。


女性は美しいものが大好きです。


③”トイレットペーパーを芯のままにしない”


女性には母性本能が備わっていますが夫には例外です。


(基本他人です)


④”言葉の暴力を振るわない。”


「太ってるな」「不細工やな」「昔は。。」など、


 あなたが言われてただ嫌なことが女性には数万倍嫌であり、唯一


 残っていたあなたへの”情”も消え失せていきます。


⑤”多少無理をしてでも会話を作る。


またはよく頷き聞き上手になる。”


  女性はなんでも話すことでストレスや不安を発散します。


  そっけなくすると「私に興味がないんだ」と殻に閉じこもり


 こじ開けようにもあなたの力では二度と開けることはできません。


  これは夫婦間で最も需要な要素です。叩き込んでください。



最後に”褒めることです”


嘘を言ってまで褒める必要はありませんが


日頃から思っている、「今日なんか綺麗だな」


「ヘアスタイルが変わったなぁ」「今日誕生日だな」

   「この料理美味いな」「いつもすまないな」など


    言葉にすることです。はじめは照れくさく、


    なんで俺が折れなきゃなんないの!


     と諦めかけるかもしれませんが、


     奥様の笑顔や照れる姿を見ると


「言ってよかった」と必ず充足感に満ちるはずです。



ご夫婦のこれまでの苦労が、満ち足りた美しい日々になることを


     この田勝、心から祈っています。


PS、かくゆう私も、ハンコを迫られた口です。イヒ!


     偉そうにすんませんでした!











今では国道沿いへ移転されたHICOさん。

いつもありがとうございます!

それはそうと前にあった場所を居抜きされて

新しいサロンができたみたい。

その名は スピードトリミング なつ子。わかりやすくていいなってか

ここの店長さんはHICOのうちさんの

元オープニングトリマーさんだって!

へえお知り合いなんですね!

加古川もサロンがいっぱいできてるけど

ここはちょっと変わってる!

なんか流行りそうな予感!(勝手な見解。)

利便性と低料金か魅力的だな!