HICA(広島県インテリアコーディネーター協会)は、インテリアコーディネーター有資格者自身が研鑽を重ね、お互いの情報交換を通じてスキルアップをはかることにより、インテリアコーディネーターという職能の社会的地位の向上と住文化の向上に貢献する目的で、(社)インテリア産業協会の支援の下、2001年1月に設立いたしました。

当協会は、広島県下東西を結ぶ業界初の横断的なインテリアコーディネーター職能組織です。


ただいま、会員様募集中キラキラビックリマーク


詳しくはHICA Webサイトをご覧くださいニコニコhttp://www.hica-j.info/


テーマ:

4月15日・16日の2日間、当日の様子をアップします。

 

天気にも恵まれたうららかな春日和で朝から多くの方が来場さられました。

1日目は子供連れのご家族が多く会場は活気に溢れていました。

 

ブースにも多くの方に立ち寄っていただきました。双子用のベビーカートを引いた方でも楽に内部を回って見ていただけましたニコニコ

 

 

 

動線はゆったりと取りました。

 

 

 

フライングソファも多くの方に心地よさを体験していただきました。

合間にくつろぐ柴田さん。

 

 

 

黒い壁面には「こんなあかりあったらいいな」というワークショップをしました。

大人も子供も夢中で描きました。

オリジナル壁紙が出来上がっていきます。

 

 

 

2日目は1日目と違い大人の方だけでの来場が多く見られました。

本気で家作りを考えられている方も多くブース滞在時間も長くゆっくりとあかりとインテリアのお話をすることが出来ました。

 

 

 

 

 

来場いただいた方、ありがとうございました。

 

レポート:小田綾子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

皆さまこんにちは

広報担当 柴田です。


2017年第一回目のインタビューさせていただいたのは

賛助会員さんの大光電機株式会社 中四国支店の松永支店長様です。


平和公園のすぐそばにある大光電機さんのショールームにて

 

広島営業所の主任をされている渡邉享子さんもご一緒にお話を伺いました


こちらが

とても笑顔がステキな松永支店長です🎵



美しい照明が並ぶショールームでインタビュースタートですビックリマーク



今のお仕事を選ばれたきっかけは?
アンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーライン

柴田 )      「今の会社に入られたきっかけを教えてください」



松永支店長 ) 「きっかけですか~、28年前に入社したんですよ。ちょうどバブルの頃でした。

          プロダクトデザインや建築が好きというのがうちの会社に入社する人の共通

          するところなんですけど、人から見てもらえる仕事、ずっと仕事が残る仕事が

          したいなと思っていたんです。照明のお仕事は商空間、住空間の場所で自

          分のした仕事を人から見てもらえるし、ずっと残るんですよ。そういう理由か

          ら今の仕事を選びました。」

 

 

柴田 )     「確かに!照明は商空間、住空間どちらにも欠かせないインテリアエレメントで

          す。しかもそれはずっと残るお仕事ですよね。そこへ集う人、暮らす人、皆さ

          んに見てもらって素敵だねって評価もしてもらえますね!」

 

 

松永支店長 )「照明が好きだから入社したという人はあまりいませんね、入社してから照明に

         ついて学んで好きになるという人が多いです。日本で照明についてを学べ

         るのは大学のゼミくらかな。だからうちの会社では様々な研修制度があるんで

         すよ。」

 

 

渡邉さん )      「研修制度はとても充実しています。学びたいと思ったら色々なことが学べる

          環境が整っているんですよ~」

 

 

柴田 )           「そうなんですね。確かに照明を学べる場所はあまり聞きませんね。社内で研

         修制度があるんですね。どのような研修があるんですか?」

 

 

松永支店長 ) 「色々ありますが、照明の知識、マーケティング等スキルアップに役立つ研修

          を行っています。学ぶ集団という任意の集まりがあって講師がいてみんな熱

          心に学んでいますよ。」

 

 

柴田 )             「学ぶ集団…社内研修制度!学びたくても忙しくて学べないことも多いです

          から社内での研修が沢山あるのは良いですね。羨ましいです~」

 

 

松永支店長 ) 「タイミングにもよりますが、お客様にも学びのおススメの本を差し上げたり

          もしているんですよ。」

 

 

柴田 )            「えっ!おススメの本をいただけるんですか?!

          それは良いことを聞きました~!!」

 

          皆さん、タイミング合わせてくださいね(笑)

 

 

 

こちらは大光電機さん主催の照明塾の写真

皆さん図面をお持ちになり照明について学ばれています

 

 

大光電機さんのカタログです

 

 

 

現在の仕事の担当(部署)は?
アンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーライン 


お仕事でのやりがいを感じる時は?
アンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーライン 

 

 

柴田 )         「今はどのようなお仕事をされてるのですか?」

 

 

松永支店長 )    「高松、松山、岡山、山口、山陰、広島の中四国全県を担当しているですよ。

           だからほとんど出張に出ていますね。社員を育てること、学ぶ機会の提供

           も大事な仕事です。」

 

 

柴田 )              「中四国全県ですか~出張が多くて大変だと思いますが、お仕事でやりがい

           を感じる時はどんな時でしょうか?」

 

 

松永支店長 )  「やりがいを感じる時は、やっぱりいいものが出来た時ですね!色々考えて

          考えて形になった時、そしてそれを自分が携わった仕事だと家族に言える。

          その時に一番やりがいを感じますね~。」

 

 

柴田 )     「支店長が今のお仕事を選ばれた時の、”残る仕事・見てもらえる仕事”という

          のが今のやりがいに繋がっているのですね。ご家族にとっても頑張った仕事

          を見せてもらうというのは嬉しいですよね~とても素敵です」



生まれ変わったら何になりたいですか? 
アンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーライン   

 


松永支店長 ) 「生まれ変わってもまた同じ人生を歩みたいですね。」

 

 

柴田 )             「また同じ人生が良いんですか?きっと素敵な人生を歩まれているん

          ですね!」

 

 

松永支店長 ) 「いえ、一度歩んだ人生だからそれを活かして、前世よりももっと良い自分に

          なれると思うからね~(笑)」



柴田 )           「確かに~!ほんとですね、全く別の物になるとまたゼロからの人生になって

          しまうけど2回目なら前世の経験値でより良い自分を生きてける…うーん、考

          えたこともなかったです~」

  


会社のPRをどうぞ! 
アンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーラインアンダーライン 

松永支店長 )   「プロの皆様に向けたご提案、ソフトの部分に力を入れています。

            大光電機は皆様に望まれているものを提供していきます。

            長く使っていただけてご満足いただける良い品質のものをご提供していき

            ます。そしてデザイン性の高いものを作りたい、ご紹介していきたいと考え

            ています。照明についてお気軽にご相談ください。ショールームでは様々

            なシーンでのシュミレーションが出来ます。ショールームのご利用もお待

            ちしております。」

 

 


 大光電機さんのショールームではこんなシュミレーションできます!

 

 

 



ダウンライト、ペンダント、間接照明

 


 

 

店舗シュミレーション

 

 

天井の高さも動かせるのです!



お料理が美味しく見える照明や洋服の見映えが良く見える照明など

様々なシュミレーションができるそうですよ。

 

 

広島のショールーム

「ライティングコア広島」はこちらをクリックしてご覧ください。
 

 

この度のインタビューで

「学び続ける、進化し続ける大光電機さん」というのが私の一番感じた事でした。

私も学び続けよう!進化していこう!そう刺激を受けたインタビューでした。

 

松永支店長、渡邉さん

この度はインタビューに答えていただきありがとうございました!

 

 

次回のインタビューは一般会員さんです。

お楽しみに🎵

 

 

広島インテリアコーディネーター協会のHPは➡ こちら!  をクリックしてください

 

 

広報: 柴田

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、広島県インテリアコーディネーター協会の小田会長と、

わたくし荷物持ち松本の2人で九州入りしてきました。

 

目的は「九州インテリアコーディネーター協会の拡大交流会」

九州のIC協会は横のつながりが盛んで、毎年一度、代表が集まっては

お互いに活動報告をしたり懇親を深めておられるそうです。

 

今回はその拡大バージョンということで、

九州はもとより

関西、岡山、香川、愛媛、そして私たち広島からも初参加させていただきました。

会場は大分県立美術館。

この場所がとっても素敵で・・・
世界的に活躍される建築家 坂 茂(ばん しげる)さんの設計。

ガラス張りで透明度の高い、フレキシブルで可変性に富んだ爽快な空間。

会場到着と同時にテンションあがりまくりでしたよ。

 

今回のテーマは 「 住育と社会貢献」

 

住育ということで各県から

「こんな部屋ほしいな絵画コンテスト」や「ケーキ箱のお部屋作り」など

子どもたちにむけたイベントの報告があり、広島でもやれたらいいなぁと

野望を燃やしてしまいました(笑)

このイベントに参加してくれた小学生が、10年後、一緒にインテリア業界で

働いてくれるようになればホント素晴らしいことですよね!

 

広島県インテリアコーディネーター協会(以下HICA)も

常々、一般の方にインテリアに興味も持ってもらえるように・・・という

活動を心がけてはいますが、子どもたちへのアプローチとは目からウロコでした。

あぁー、こういう活動、広島でもやりたいな~・・・

 

そのほか、企業やインテリア団体の取り組んでおられる

社会貢献のお話もいくつか聞きました。

本業あっての社会貢献。

私たちプロは、その道を極めていき、

それがひいては社会に貢献できる仕組みをつくれたら一番ベストですよね。

どの活動にしろ、つづけることが大変!!

 

日々の業務 プラス 社会に目を向けた活動ができるように

私たちももっともっといろんな意味で鋭気を養い活動の幅を広げていきたいものです。

(みなさんどうやってお仕事以外にそんな時間を捻出されているんだろう・・・と

思ってしまう私はまだまだ、努力も信念もたりません・・・)

 

各地のコーディネーターさんたちの活動報告を聞くことで

たくさんたくさんの刺激をいただきました。

 

 

さてさて、日が暮れるまでみっちりお勉強した後は・・・

お楽しみの懇親会!
別府鉄輪温泉での温泉地獄イタリアン。

実はこの「温泉地獄イタリアン」の響きにノックアウトされてしまい

小田会長のお伴に手を挙げた私。

楽しみで楽しみで。。。。(笑)

 

湯けむりもくもくの鉄輪温泉到着。

明治からの建物をとってもおしゃれにリノベした「湯治 柳屋」

落ち着いた設えの数々にインテリアコーディネーター魂がうずうずです。

 

 

シャンパンで乾杯したあとは、地獄イタリアンに舌鼓。

その後、露天風呂でまん丸のお月さまを見ながら、

インテリアコーディネーターあるある話がはずみました。

 

湯上りはみんなで車座になって夜更けまで酌み交わして大親睦会。

同じ職域で集まって話すって、悩みや日々感じていることが同じなので

初対面の私たち広島組もすぐにお仲間に入ることができました。

 

↑写真一部、長崎県インテリアコーディネーター協会のHさんの撮られた写真を拝借いたしました。
 

さてさて、長文ブログ翌日に続きます。

 

翌朝、

湯治宿ならではの地獄釜で野菜やお肉を蒸して自炊した朝食をいただき

湯けむりの鉄輪温泉をガイド付きで散策しました。

明治の旅館建物を上手にリノベしてギャラリーにされている冨士屋ギャラリーさんへ。

ここでもみなさん、コーディネーター目線で

本物レトロのインテリアを活かしたリノベーションにくぎ付けでした。

 

場所をうつして湯布院へ。

紅葉にちょうどどんぴしゃで景観の美しい湯布院では、

御三家と呼ばれる高級旅館へご案内いただきました。

 

まずは「玉の湯」さん。

ここで玉の湯会長と亀の井別荘相談役の2人からお話しをききました。

かつての寂しい温泉郷湯布院を40年かけて町づくり、

ブランディングされた立役者のお二方のお話を

直線聞かせていただくというあり得ない企画!!
80歳を超えられる2人がイキイキと今後のビジョンを語られる姿に

色々響くことがあり感動のあまりうるっと涙してしまいました。

何か変えていく、コトをなすというのは大変なご苦労ですよね。

 

 

玉の湯さんでランチをいただき、

亀の井さんではこのたびの震災後にリノベしたギャラリーを拝見し

山荘 無量塔さんではカフェタイムを。

 

どの旅館も建物も、設えもほんとにほんとにすてきで

またまたみんなしてうっとり。

私はインテリアの中でも家具が専門なので、

各旅館でのテーブルやイスにくぎ付けでした。

どこに行っても、上質で温かみのある本物のインテリアが

心安らぐ空間を満たしていました。

 

つくづくインテリアのチカラってすごいなぁと実感いたしました。

私たちのコーディネートする住宅や店舗にも

取り入れたい要素がたくさんでした。

 

今回、各県でご活躍のインテリアコーディネーターさんたちと

二日間ご一緒させていただいて思ったのは、みな、価値観が似ているので

同じものに目がとまり、同じ感想をつぶやくということ。

地域は違っても、同じように日々、お仕事がんばってる仲間がいるというのは

なんだかとっても元気がでました。

 

大分県インテリアコーディネーター協会の川野会長をはじめとした

みなさまの心づくしのおもてなし、細やかな気配りのおかげで

素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

HICAの会員のみなさんにも、ぜひこのような

県をまたいで親睦を図り、互いに情報交換、

研鑽しあう機会を体験していただきたいと強く思いました。

 

 

このたび参加させていただき、本当にいい経験ができました。

ありがとうございました。

 

長文失礼しました。

広報担当:松本

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。