ひぼろぎ逍遥

http://ameblo.jp/hiborogi-blog/


テーマ:

155 百嶋神社考古学では住吉三神をどう考えるか

20150115


久留米地名研究会 古川 清久


住吉神社という海の神様を祀る神社があります。

住吉三神 を祀る神社 で、一部に息長足姫命(神功皇后)を併祀のものもありますが、一般には底筒之男命、中筒之男命、表筒之男命を祀るとされています。

一般にも、何やら海人族の三人の兄弟とか、海底と中層と海上を支配する神とか、潮の満ち引きを象徴するもの…といった楽しい考えで納得されているようです。

この住吉の神に関して三神を分離し、それぞれに属性を与えておられる方は恐らくおられないのではないかと思います。

ところが百嶋神社考古学では全く異なります。

というより、住吉の神の起源は大阪の住吉神社と考えられているようですが、北部九州にこそ起源があり、その現地を丹念に調べてこられた百嶋先生の話には極めて具体性があり、神社研究の中枢部におられたことから、当時でも最も神社に精通していた賢い神職の(これは百嶋先生の表現でしたが)非公式(秘密)の集まりから、直接、生の情報が入っていたようです。


百嶋神社考古学における住吉の神


まず、底筒男命(ソコツツツノオ)中筒男命(ナカツツツノオ)、表筒男命(ウワツツツノオ)に神格上の違いがあるのでしょうか。実はあるのです。

一部の神職に、このことに気付かれている方はおられるようですが、底筒男命が最上格であり、残りの二神は臣下でしかないのです。

また、これは住吉神の別の側面から見たものですが、元々、住吉の神は一神であり、彦火火出見(山幸彦)と豊玉姫(タゴリミホ)との間に生まれたウガヤフキアエズが担当していたが、三種の神器を高良玉垂の命に返還することをもって、新住吉が誕生するに至った…(「高良玉垂宮神秘書」)と言うのです。

百嶋先生のこの部分に関する講演中のドキュメントを元菊池(川流域)地名研究会メンバーの「牛島稔太のホーム・ページ」からお読みください。


155-1

その時は、開化天皇とは申しません。住吉様としてお立ちになった、先輩住吉様と交替なさるのです。先輩住吉様とはウガヤフキアエズ のことです。そして交替なさって新しく住吉となられたのが開化天皇です。


また、「ひぼろぎ逍遥」079「玉名市大浜の外嶋宮は二人の住吉大神を祀るのか?」においても、この住吉の神(二人の住吉様の問題)を取り上げていますので関心をお持ちの方はご覧ください。

これなどを読まれればお分かりになると思うのですが、このように北部九州の住吉の神に関する話には極めて具体性があるのです。

では、百嶋先生が最後に残された神代系譜の一部をご覧いただきましょう。


底筒男命  開化天皇(1775) 久留米高良大社の祭神=高良玉垂命

中筒男命  崇神天皇(1805) ツヌガノアラシト(大山咋命の子)

表筒男命  安曇磯良(1815)  大川風浪宮の祭神



年齢は崇神や安曇の方が上ですが、開化天皇の配下であったと聴いています。

しかし、神社の現場では三神がセットで祀られており、それがいつからどのような形で始まったのかは不明です。

このような形で祀られると誰が主祭神であるかが全く分かりません。

各々の住吉神社で主たる住吉様がおられるのですが、聴いている範囲でお話をしておきます。

底筒男命を祀るのが壱岐の住吉神社、大阪の住吉大社(三大住吉の一つ)、中筒男命を祀るのが博多の住吉神社(これも三大住吉の一つ)、表筒男命を祀るのが下関の住吉神社(これも三大住吉の一つ)となるのです。

ただ、有明海の島だった場所に鎮座する宇土市の住吉神社のように中世以降の勧請の場合の判別は不能です。ただ、その勧請前にも住吉の神が置かれていた可能性はあるのですが…。

まずは、玉名市大浜の外嶋神宮などから考えるしかなさそうです。


155-2
画像クリックで拡大










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

久留米地名研究会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。