連日のニュースで”福岡の男子中学生がいじめを受けたことが原因で自殺した”と報道され、その中で、信じられないような調査に実態を目の当たりにしました。

ここ数年のいじめの発見数が30,000代の件数があるにもかかわらず、年間140人前後の自殺者の中で、




いじめが原因とされている自殺の数が”0”



ということ。




”そんなこと、あるわけないだろっ!!”




と、一人でテレビに向かって言ってしまいました。


現場も、役所も、寝ぼけてるのかいな?




20年ほど前に、いじめ(同じクラスの子たちからの無視、仲間はずれ)を受けたとき、


”どうやったら死ねるんだろうか・・・”と考えたことのある人間が、少なくとも、ここに1人います。




死ぬ決心がつかなかったこと、死んだら家族が悲しむと思ったこと、という理由でまだ生きている人間がここにいます。


死ぬ決心ができて、家族のこともそれほど好きでなかったなら、もしかしたら私はここに存在していなかったかもしれません。




どうか、現場の人間も、役所の人間も”事なかれ主義”には走らないでください。


現実を見てください。ちゃんと調べてください。




それから、いじめられている人がいることに気付いたら、どんな小さなことでもいいので、力になってあげてください。


見てみぬふりをすることは止めてください。


難しいと思うかもしれませんが、私にも出来ました。





AD