2011-05-07 18:34:04

5月7日 【研修】山梨県笛吹市はなの森植樹ツアー

テーマ:活動報告

■本ブログは、NPO法人響 緑化推進事業 (どんぐりチーム) のブログです■

こんにちは。
ブログ2回目のお気楽どんぐり隊員のぴろきちです。

5月7日(土)に人生初の植樹体験をしてまいりましたー
今頃初体験とはどんぐりチームとしていかがなものか、はさておき。

今回の研修遠足の山梨県笛吹市はなの森植樹ツアーは、
ただのツアーやただのお山ではございませぬ。


リボーンエコツーリズムのてんぷらバスで行く、
Present Tree for はなの森植樹体験ツアー


なのです~
シークレットのスペシャルゲスト、マイ箸作り、温泉までありという
盛りだくさんツアーということで初植樹にもうってつけ。
参加即けってーい
(リボーンさん、Present Treeさんについてはレポートのなかでご紹介いたします)

…ということで、レポートのはじまりはじまり

わくわくしすぎて眠れずに朝を迎え、朝6時半に響事務所に集合。
(本当は前日きちんと睡眠をとって備えないといけません。よいこはまねしない)

今回の植樹には、響の苗木さんたち200本も参加です。



苗木さんたちの旅支度の前に、芽吹いている子にご挨拶。かわいい
さすがにこの子はまだ連れていけないので、
連れていく苗木さんたちの旅支度に入ります。



はなの森に植わる苗木さんたちをみんなでネットにつめます。


苗木さんたちをドナドナ…ではなくバスに積み込みます。

このバス、ちょっと見たら普通のバスですが、なんと、

  てんぷら油で走っております。

ええっ、天ぷら油でバスが走るんですか?と思われた方へ、
リボーンさんHPより、よくわかる解説です。


天ぷら油リサイクルバスでCO2±0!
「通称:天ぷらバス」は、ご家庭で揚げ物などに使った植物油・
または消費期限切れの油などを、捨てずにリサイクルして精製した油、
BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)を燃料として走るバスです。
BDFはCO2を排出するものの、大気中のCO2を吸収して
成長する植物から作られたため、±0と国際的に見なされています
(カーボンニュートラル) 。

天ぷらバスでいくエコツアーはほかにもいろいろあるそうです。
国内外のエコツアーにご興味のある方はぜひぜひ

リボーン<エコツーリズム・ネットワーク> http://reborn-japan.com/

この日の油は給食に使われたものだということで、
ハラペコどんぐりチームは匂いをチェックせずにはおれません。

 
これが多分普通の嗅ぎ方。            そこまでするか(笑)の嗅ぎ方。


はなの森に到着~。なんだか今はちょっとかわいそうな見た目のかわいい山です。
数十年後に立派な里山になるよう、落葉広葉樹を植えます。
この「はなの森」はPresent Treeの植栽地のひとつです。
http://www.presenttree.jp/lineup/lineup10.html

プレゼントツリーとは…(リボーンさんHPより)


「樹を植える」ことそのものをエコ商品化し、日常生活の中で贈り物をするという機会に
ギフトしてもらうことで、気軽にエコアクションに参加できるしくみです。
認定NPO法人環境リレーションズが運営しています。
「プレゼントツリー」プロジェクトでは、現在日本国内9エリア13ヶ所の植栽地に樹を植えて、
森林循環をめざしています。なぜその地に樹を植えるのか、なぜその樹種を植えるのか、
それは植栽の場所によって違います。
今回「植樹体験ツアー」を開催する山梨県笛吹市の植栽地では、
落葉広葉樹を植えて里山の景観を形成するお手伝いをします。



 
再びドナドナ…じゃなく、苗木さんたちをみんなで運びます。

 

日本野鳥の会特製の長靴自慢大会も開催中。  出番をまつ苗木さんたち。

 

開会式です~
Present Treeのプロジェクトをされている
認定NPO法人環境リレーションズ研究所代表鈴木敦子さんのご挨拶と、
山梨県の森林組合や地元の方々のご紹介などなど。
森づくりは、植えるだけでなく、育てていくことも必要なため、
Present Treeさんは、行政や地元の方とも連携をとっています。素晴らしい~



今年は国際森林年。
「国際森林年こども大使」に任命されている、
ミュージカル「葉っぱのフレディ」に出演しているお嬢さんがたによるパフォーマンスも!
↓フレディーズのパフォーマンス動画はこちら↓(掲載許可いただきました(^-^v)


↓どんぐりチームの活動紹介動画はコチラ↓undefined

さてさて、実は私、今年の始めに友達の息子にPresent Treeしました
その子と一緒に育っていってくれる木を友人一同でプレゼントして、
いつかその子が大きくなったらみんなでその木に会いに行こう
といまからワクワクしています
undefined
開会式のあとに、↑お手本つきの解説をしていただき、
実際にわかれた班には、監督さんが1人ずつついてくださって、
みんなの植樹を指導してくれるので安心安心

ということで、初めての植樹~

 
植えるのはこんなかんじの山の斜面です。

 
落ち葉や枝でいっぱいのところをかきわけて地面を出します。
(苗木さんを植えるときに落ち葉や枝が入り込んでしまうときちんと植わらないので)

 
そしたら鍬で掘ります。              カントクのありがたいアドバイス付

 
植えます。(植えるとこのアップを撮るの忘れました…)
ちょっとだけ茎のまわりをすり鉢状にして、水受けのようなかんじにして、
最後に周りの落ち葉をさらっとかけてあげて完成。

完成したらリボンを結びます。
(リボンを結んどかないと、下草を刈るときに一緒に刈られてしまう~)

カントクさんの指導の賜物で、初植樹にしてばっちり植えることができました!
上手上手と褒められました
カントクさんのお墨付きでございます~
(私、褒められて伸びる子です


 
はなの森に植わった響苗。            たくさん植えました~みんなちゃんと育ってね。

きちんと根付いてくれれば100年以上そこに立っていてくれるそうです。
どんぐり畑でお世話している苗木さんたちがこうして実際に植えられていくところをみると、
この苗木たちは何世代か先の子供たちのころに大きな森になっていてくれるんだなあと
ちょっとしみじみしてしまいました
地道で時間のかかる作業ですが、未来につながってるんだねーと思えます

…とか感慨にひたっている間に、
 
予定より1時間も早く植樹終了!みなさん手際よすぎ。
遭難疑惑(昨年植えた木を見に行ってただけ)のミホさんも下山。

 
お昼ごはんはおにぎりとほうとう

 
日の誕生日ガール、響の事務局長にみんなからPresent Tree
そしてなーんと、フレディさんたちの歌のプレゼントも

食後は間伐材を使ってのマイ箸作りワークショップ
 
わきあいあいチーム                わきあいあいチームその2

 
本格職人肌。「まがってないかな?」      一心不乱派。なにも聞こえません。

見本のお箸の細さを見るにつけ、
「手作り箸の職人さんってすごーい」
と思うほど、きれいに細くするのは結構大変でした。。。

できあがりは人それぞれ。
細くてスタイリッシュなものもあれば
太くてまるっこいのも
みんな、すてきなマイ箸ができました

今回の植樹は、個人の方、いろんな団体の方などで総勢90名ほど参加でした。
みなさんのおかげで、わきあいあい、楽しいひとときが過ごせました。

帰りは温泉に立ち寄り、天ぷらバスで帰路につきました。
 

晩御飯はもちろんみんな本日作成のマイ箸でいただきました
 


 



天ぷらバスでいく植樹ツアー、また行きたいなー

by hiroki

関係協力団体さんのblogにも当日の様子がupされています!
NPO法人環境リレーションズ研究所
贈り物に樹を植えよう!プレゼントツリーのブログ
musical 葉っぱのフレディ-いのちの旅-
Official Blog




■どんぐりチームでは、一緒にどんぐりの苗木を育てる仲間や、ボランティアさんの募集をしています。フォームより参加ご登録ください。

http://www.npohibiki.com/mailform/green-form.html
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hibiki-greenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:無題

>まきさん

ファンひとり獲得(がっつ)

3 ■Re:なんで

>だいひょさん

それは、お箸のデキがどやー!だったからじゃないっすか(汗

確かに、カンナなし、機械なしで、あそこまで細くできたら「どや」になると思われ。

2 ■無題

ぴろきちさんのブログ・・・スキです(//∇//)

1 ■なんで

響の副代表は、写真に写る時に必ずドヤ顔なんですか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。