2015年度ミカエルカレッジ講座

 「赦し」 

講師:アンドリュー・ウォルパート

2016年2月8、9、10日

 @ひびきの村メインホール


【申し込み・問い合わせ】 ひびきの村 事務局
TEL.: 0142-25-6715
E-mal: info@hibikinomura.org




北海道伊達市 シュタイナーを学ぶ ひびきの村 ミカエルカレッジ講師、関 倫尚です。


アントロポゾフィー、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ビンチ、ラファエロ、パーシバル(聖杯伝説)、シェークスピアと深くて面白い講義をしてくださると評価の高いアンドリュー氏の来道が決定しました!!!


 英国エマーソンカレッジで18年間教鞭をとったあと、ヨーロッパ、アジア、北欧と大人気の講師アンドリュー氏が北海道ひびきの村にやってきます。


 2016年は、シェークスピア没後400年の節目です。


アントロポゾフィー業界の中で、シェークスピア研究の第一人者のアンドリュー氏、
シェークスピアについて2016年2月8、9、10日の三日間、深い人間観より話していただく予定でした。


 ところが、多血質なアンドリュー氏、やはりパーシバル(聖杯伝説)についても、ミケランジェロについても話したいとのことで、担当のみっちー氏、髪の毛が抜けるほど考えました。(既に光を放っていますが・・・笑)


 今の時代にとって大事なことはなんでしょうか?


シュタイナーの使命であった輪廻転生とカルマについて、意識的に理解することではないでしょうか?


 今回のテーマは『赦し』です。


あなたは、嫌いな人を赦し、自分をゆるすことはできますか?


がんばり過ぎで、がんばる事が大好きな昭和生まれの人たち、人のこと、そして、自分のことをゆるせますか?


 今回は、アントロポゾフィーという深い人間観より、『赦し』ということをテーマに、シェークスピア、ルネッサンス芸術、パーシバル(聖杯伝説)について、あのアンドリュー氏に語っていただきます。


 こんな機会を目にしたあなたはついてる人です。


是非、一緒に『赦し』について考えてみませんか?


 今年度のミカエルカレッジの締めくくりともなる講座です。またとない機会です。たくさんの方々のご参加をお待ちしております。


「赦し」

 講師:アンドリュー・ウォルパート

2016年2月8日(月)~10日(水)




9時10分~25分 朝の会

9時30分~12時45分 講義




受講料は、こちらをごらんください。
http://ameblo.jp/hibiki-no-mura/entry-12029007802.html

併せて、ひびきの村での滞在費用については、こちらをご覧下さい。

「滞在・訪問」について


【申し込み・問い合わせ】 

ひびきの村 事務局

◎TEL 0142-25-6735 電話をかける
※電話受付時間は、月~金 10:00~12:30、15:30~17:00です。
(留守電の場合は、お名前とご連絡先をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)


◎FAX 0142-25-6715


◎e-mail:info@hibikinomura.org

AD