ひびののひび

まったり生きてる主婦の日記。


【PR】


テーマ:


ひびののひび


志の輔師匠なら、こんな大胆な言葉もOKでしょう。


「今年の落語あります」


パルコ劇場一か月公演も終盤。

プラチナチケットきっちりゲットでございます。


ああ、やっと今年が始まる・・(笑)



ひびののひび


明治5年、西洋の太陽暦が突然採用された時の噺、

「質屋暦」が新作でした。


12月3日を以って、明治6年1月1日とする。

そらあーた、えらいこっちゃ!ですがな。


長いウンチクのマクラありーのの、ガッテン大笑い。

頭が良くなった気がする落語って他にない。



ひびののひび



「百年目」、聞いたのは談春師、米団治師あたりかな。


良く知らないとはいえ、まるで違う印象でござんした。

番頭に話を聞く旦那の懐の深さが、まぁ手ごわい。


独り立ちの夢を叶えてやる体で追い出してる気がする。

商売人たるもの敵を作ってはいけないのだから。


人間を描くってーことは、セリフにない心情を想像させること。

計算されまくった間がビンビン響くプロの技。



ひびののひび


手ぬぐい買って福引したら、ガランガランガラン・・


特賞大当たり~!

志の輔師匠直筆のサイン入りポスターもらっちゃった!


こいつぁ春から縁起が良いわい。



そういや、3つとも固定概念を覆えす噺。

常識ハズレが福をひく。


ベル


いいね!した人
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード